Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DSに対する希望と絶望って、実はハードその物では無いんだよね。

E3での好評価から一転し、微妙な評価がつき始めた3DS。
ユーザーの感想はおそらく「高い」という1点に集約されているのでしょう。性能に関する評判も、高い割りにという感情が込められているように思えます。今後3DSは「あの値段で・・・・」「高い割りに・・・・」という評価をしばらく背負い続ける事になるのかな?

一方で業界人の不満は、実は3DSというハードウェアその物にはありません。問題はビジネスモデルや任天堂の対サードパーティの姿勢にあります。3DSの可能性に期待している人ほど、同時に3DSにおける相変わらずのビジネスモデルには失望してしまう。ハードが画期的でも、ビジネスモデルが古いままなら、片手落ちだろうと感じているわけです。

アルケミスト社長の苦言はネットのあちこちで話題になり、任天堂の旧態然とした姿勢が明らかになりました。そしてゲーム業界における著名なアナリストの平林久和氏も、同じような意見を持っているようです。

ニンテンドー3DSの特長は3Dではない・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第3回
であるとするならば、任天堂の収益モデルも変化するべきでしょう。販売するものがハードとソフトだけの時代ならば、(1)任天堂製ハードの販売、(2)任天堂製ソフトの販売、(3)サードパーティからの製造委託費……が収益源の3本柱でよかった。変数がない単純な足し算です。

しかし、2011年以降、ニンテンドー3DSが育っていくためには、任天堂が先行投資をしてリスクをとる、「規格外の企画」について柔軟になる、適正な利益配分を創造的に考えて、通信網やダウンロード販売、動画配信などが自律的に活性化するようにする。このような変化も、同時に起こさなくてはいけません。

ゲーム業界に依然として残る、見えない対立の構造。ハードが普及することによって、ソフト会社は利益を得る。ハードメーカーは、その利益が肥大化しないように、自社の利益を守ろうとする。このゼロサムゲームから脱却することが、次世代のビジネスモデルを生むまえの、当面の課題となります。

ああ、上の文章、学者が書いた抽象的な論文みたいですね。読みかえすと恥ずかしい。

自分らしく、俗っぽく書きます。

ハード普及の「おこぼれ」をもらったんだから「テラ銭」をいただくよ。
この、今までのやり方を見直しましょうよ。

ハードの会社もソフトの会社も、同じ業界なのだから仲良くしてくださいよ。
ハードの会社とソフトの会社が、利益の奪い合いをすることはないでしょう。
結局3DSの3D表示なんてものは、割とどうでもいいのですよ。Wiiにおける体感リモコンほどの価値さえ無いかもしれない。本当に期待されているのはビジネスモデルで、そして失望されつつあるのもビジネスモデルなのです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。