Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サード軽視、ゲーマー軽視の末路がこれか。割り切ればいいんじゃね?

夏商戦でPSP、PS3が共に躍進し、任天堂プラットフォームが大きく退潮しています。特にWiiは任天堂ファン以外にとって「今年で終わり」という印象が強いですね。

「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」が売切れ店続出!
今夏商戦(集計期間:6月28日~8月29日)の市場規模は、前夏商戦に比べてハードが18.8%減の124万台、ソフトが19.3%減の986万本と、両市場とも2割近く落ち込む厳しい結果となったが、その内訳を見ると、DSとWiiが落ち込む一方で、PS3はハードが4.3倍増の25万台、ソフトが 3.1倍増の181万本と急伸。またPSPもハードが11.1%増の29万台、ソフトが49.4%増の228万本と数字を伸ばしており、任天堂プラットフォームとソニープラットフォームの明暗がハッキリ分かれた。その結果、PSプラットフォームの販売シェアは、ハード市場で23.7%から45.2%へ、ソフト市場で25.8%から43.5%へ大きく上昇した。

発売予定のラインナップも寂しく、Wiiチャンネル構想も事実上の崩壊。「過去のソフト資産が遊べるゲームキューブ」になりつつあります。ハードスペックを考えれば、よく健闘しましたね、良かったね、パチパチ。と評すべきなのかな?

まー、スペックで勝負が決まる世界ではないのですが、魅力的なソフトが十分な数そろわなければ、途端に旧世代と大差ないゲーム機に落ちてしまう。世の中の流れを味方につけたような、神がかった勢いが無くなれば、ただ実体のみが残る。勝ったから忘れちゃったんでしょうかね・・・・。危機感なかったよね、Wii戦略。

ニンテンドー3DSの期待度は? ゲームコミュニティではTwitterが大躍進? 2010年夏の特大アンケート,集計の途中結果(2万人分のデータ)をドーンと公開
そういえば、4Gamerというディープなサイトにおけるアンケートの結果が公開されていますね。読者層の濃度を考えると、これをそのまま世間一般に敷衍はできませんが、ゲーマー層の現状を知る上では興味深いデータです。
データを見れば一目瞭然なのだが,昨年からのPlayStation 3(以下,PS3)の伸び率が凄まじい。これは,2009年末に発売された「ファイナルファンタジーXIII」や,新型PS3の投入など,複合的な要因によるものだと推測されるが,一方で,4Gamerの読者属性自体の変化も無視できない。
(略)
 ただ,他社の調査データや昨今のPS3向けソフトの売り上げ,あるいは別途調べたゲーム機の利用頻度の結果を見る限り,PS3がゲーマー層の強い支持を受けているプラットフォームになっているのは確かなようだ。とくに「利用頻度が高い」と答えた絶対数が,所持率を上回るニンテンドーDSなどを押さえて2 位(しかも,限りなく1位に近い)につけているのも興味深い。
PS3の大躍進は、うちの読者なら、言わずもがなの事象ではありますが、改めて確認できましたね。PSPと共に日本のゲーマー層のメインプラットフォームとして大活躍しています。

『モンハン3』発売前のWiiとPS3、今のWiiとPS3。サードパーティ市場については逆転してしまった感じですよね。大きく情勢が変わりました。ゲーマー軽視、サードパーティ軽視の姿勢を早期に改められなかったのがWiiの失敗点。手を打つのがちょっと遅すぎましたね。

そもそもサードパーティソフトにおける最大のキラータイトルだった『モンハン3』の約1ヶ月後に本体値下げをしている時点でおかしい。秋に値下げをして、年末の『FF13』までのお膳立てを整えたSCEとは真逆の姿勢。値下げする準備はできていたわけで、何故しなかったのか。なるべくしたくないという気持ちが、ここでWiiを盛り上げなければという気持ちを上回ったわけでしょ。何の言い訳もあり得ない。キラータイトルをどう扱うかは、みんなが注目します。『モンハン3』はある意味(Wiiのサードパーティ動向への)とどめでしたね。

ゲーム業界では開発に時間がかかるため、結果が表にあらわれるまで1年、2年かかります。データを見ると、HDTVの普及と共にPS3が伸びており、時間がPS3の味方をした結果に。


また広報面では、ゲーマー軽視の姿勢をいまだに改善できていないのが痛い。「万人向け」「誰でも遊べる」というポリシーは素晴らしいのですが、あらゆるタイトルの広報でそれを発揮されても、ね。

数百万人が楽しめるゲームもあれば、一方で届くべき人達に届けばいいというディープなタイトルもあっていい。それが多様性なわけで、わざわざ濃度の高いゲームを取り上げて、「遊びやすさ」への努力をアピールするのは、なんというか、「教義」の宣伝のためにタイトルを犠牲にしているように見えて、非常に残念。プラットフォームホルダー自らが多様性を殺しているという自覚を持ってないのが恐ろしい。

3DSについては、「外交」の改善で、サードパーティのタイトルが集まりそうだから、期待するゲーマーがいるだけであって、それは別に「任天堂に対する期待」ではない。そこを勘違いしないのが肝要。

今の任天堂に期待するゲーマーはいないですよ。古くからの任天堂ファンだけでしょ。実体はWiiのゲーマー向けタイトルに表れています。まー、プラットフォームホルダーとしての任天堂にとって、自社がゲーマーに支持される必要は無くて、そこはサードパーティで補えばいいんですけどね。

自社がどう見えているかについて、冷静な視点を持てるかどうか。資金力、ブランド、そして普及台数への期待感を持ってるんですから、冷静に割り切っていけば、そこまで差し手を間違えることはない。人口分布としても、マーケットとしても、ゲーマー層は減少しているのだから、そこを開拓するような非効率な真似は自社ではやらなくて良くて、他社に任せればいいわけですよ。

「僕、成功したいし、カジュアルユーザーからも、ゲーマーからも愛された~い♪ サードパーティの皆さんも、うちを見習ってね~」なんて夢想するから、半端な事になっちゃうわけで、「台数とユーザーを集めるのが我々の仕事。口うるさいゲーマーの皆さんのお相手は他社さんにお任せしますよ。古くからのファンは大切にしますが、思い出商法で」と割り切っちゃえば、Wiiだってここまで酷い事にはならなかった。

え、身も蓋もないって?
でもさ、任天堂の「気持ち」の問題は置いといて、実態としてはそうなっちゃってるじゃん。ゲーム機の歴史と共に歩んできたというプライドは、普及台数や売上で満たしつつ、企業として賢い戦略に割り切っていくべきでしょう。

自分の姿を鏡で一度見たほうがいい。DeNAやGREEのようなSNS企業のほうがまだ「自分が何者で、何で食っているか」について自覚的ですよ。まあ自覚ありすぎて「パチンコと同じ」なんてペラペラしゃべっちゃうあたりが彼らの幼さなんだけど。いや、うらやむべき若さなのかもしれないが。


スポンサーサイト

コメント

次世代機としては順当に進化した360。時代を先取りしすぎたPS3。どちらも高価でした。
任天堂は性能を追わず、「ゲームという遊び」に不要と感じた機能は搭載せず価格を抑えた。
体感ゲームという新しい遊びを提案し、かつ他機種に比べて安価。この2点がWiiの爆発に貢献したと思います。多くの人に受け入れられたし、発売当時としてみればWiiの性能は十分でした。が、最初を抑えた分、後々のことを考えた拡張性だけは付けておくべきだったと思います。
結果、時間がたてばたつほど、追いつくことなく、ただ置いて行かれるだけのハードになった。
そういう意味では任天堂は当初、Wiiをここまで引っ張るつもりがあったのかは疑問です。本当は今年ぐらいには次を出すつもりだったのが、あまりにも売れすぎて次へ踏み出すタイミングを迷っているようにも見えます。さすがにもうそんなこと言ってられないでしょうけど。

モンハン3を振り返ると、本体値下げの件もですが、最低でもハードディスクは必要だったでしょう。
ポータブル版はともかく、据置モンハンはアップデートしてなんぼというソフト。モンハンに限らず、アップデートをはじめとする追加DLCは据置機では切っても切れないもの。特にゲーマー向けゲームともなれば。
モンハン3がWiiに移籍を発表した時、ひょっとしたらWiiでもオンラインゲームが流行るんじゃないかと思いましたが・・・。移籍発表から発売まで2年ほどあったと思いますが結局用意したのはクラコンプロなんちゅー物だけ。(あー本体クロもでしたっけ?あれのせいでどれだけ・・・)
サードからして見れば自分達が提供しようというソフトが「どういうソフト」なのか理解しようとしてくれない、と映ったでしょう。そりゃあ見離すのも当然。販売支援って本体同梱版出すことじゃないでしょう。

Wiiの理想型は、任天堂が体感ゲームで新規ユーザーを獲得し、サードのソフトがそのユーザーを「ゲーマー」へ成長させ、ファースト、サードともにWINWINの関係になることだったと思います。
最大の誤算はそれら新規ユーザーからゲーマーになった者がほぼ皆無だったということ。
数さえ増やせば後はどうにでもなると思っていたであろう任天堂。数にだまされたサード。
双方ともにWiiの客層の「性質」を見誤ってしまった。
Wiiの新規層がゲーマーにならないのならゲーマー層へのアピールはどうするのか?そこで行ったのがPS系ソフトを持って来るという手でしたが、これも失敗。僕はこの手によって、かえってPSプラットフォームの魅力をゲーマー層に伝えてしまったようにも思えます。PS2でプレイしていたシリーズならPS3でプレイしたいよね、みたいに。(もしくはPSPで十分とか)

突き詰めれば、結局Wiiは任天堂のためのハードであって他の会社の事なんて何も考えていなかったハードだったんだと思います。自分達に必要な機能はつけて、不要な機能は切る。そんなエゴの塊のような。
割り切りというなら、そもそもWiiのコンセプト自体、ゲームはひとりでチクチク楽しむものじゃなく、家族や友達みんなと楽しもう!というものだったのでRPGみたいなゲーマー向けとは最初から相性が悪かったはずなんです。「テイルズ?戦国無双?ノーサンキュー!Wiiのコンセプトにあったゲームを提案してください!」くらいの態度は最初からもっていなければいけなかったと思います。
今の惨状は欲に負けてブレた結果。
マリオコレクションなんつー取ってつけたようなもんで時間を稼ぐしかないのが痛々しい。(でも売れちゃうんだろーなー)
3DSがゲーマー層にアピールしてますが、もはやWiiが望めない分3DSに賭けるしかないんでしょう。

>唯一 さん
内蔵ストレージの低容量は、Wiiにとってかなり痛い判断でしたね。
SDカードを利用して、多少緩和されたものの、あれは本体ストレージにコピーして実行しているから、結局内蔵ストレージの小ささに足を引っ張られてしまいます。

Wiiチャンネルも・・・・まあ、あれは企画の問題かな。お天気チャンネルぐらいまでは良かったけど、Webサービスのコピペを延々つづけられても、不便さが際立つだけでした。任天堂らしくないサービスが続きましたね。

> ひょっとしたらWiiでもオンラインゲームが流行る
DSに毛の生えたレベル・・・・というか、ぶっちゃけ、DSのほうがよほど頑張ってますね。任天堂には、XBOX LIVEやPSNのようなオンラインゲームプラットフォームを作る能力が無い(つかやる気がない)のを露呈してしまった感じで、残念です。

> 「テイルズ?戦国無双?ノーサンキュー!Wiiのコンセプトにあったゲームを
> 提案してください!」くらいの態度は最初からもっていなければいけなかったと思います。
> 今の惨状は欲に負けてブレた結果。
そうですね。ノーサンキューまでいかずとも、オリジナルタイトルを促進する努力はもっと必要でした。

発表会等で持ち上げるのは、決まってPS系タイトルばかり。まあ当初PS3からタイトルが流出する動きもあったので、対PS陣営では即効性のあるパンチだったかもしれないし、かつてサードパーティを奪われた任天堂にしてみれば、「してやったり」で復讐心も満たされたのかもしれません。かつてFFが奪われたお返しに、モンハンを奪っていい気になったのかもしれない。でも幼い判断でしたよね。

タイトルの奪い合いは、同じ土俵で戦うという事。ゲームキューブ時代に懲りてなかったのかという。「任天堂は違う土俵で戦っている」とアピールしていたくせに、自分が横綱になったとたん、「さあ正々堂々、同じ土俵で戦おう!モンハン、テイルズ、無双カモン!」ではあまりに情けない。

唯一さんの「欲に負けてブレた」という評価は、非常に厳しいご意見ですが、まったく同意です。結局、あるプラットフォームが成功するかどうかは、そのプラットフォームで始めて大ヒットした作品が出てくるかどうかなんです。

PSPが蘇ったのも、据置ではそこそこだったモンハンが大ヒットしたおかげです。そういうタイトルがWiiで1本も出てこなかった。そういうタイトルを育てることよりも、PS陣営からタイトルを奪うことに夢中になってしまった。DSはサードパーティから、レイトンやイナズマイレブンが出てきたから、まあ、まだ良かったですよね。

PS1は『FF7』の移籍が大きかったとはいえ、バイオハザードが誕生したし、色々な新しいタイトルを育てましたよね。PS2でも、無双があった。そういうタイトルがプラットフォームを支えていく。

サードのタイトルを育てたって、よそに移られたらオシマイや、みたいな気持なのかもしれませんが、実はそうじゃない、って事をPS陣営は証明してますよね。テイルズも結局、供給側がどれだけあがこうが、ユーザーが望むプラットフォームに戻ってきました。選ぶのはユーザーですよ、ユーザー。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。