Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地獄までついていくか」なのか、「NOと言うのもファンの務め」なのか。

E3の感想をまとめようかなと思いつつ、長くなりそうな感じで、書ききれてません。

そういえばE3のおかげで『ゼノブレイド』が微妙に空気化してますが、やはり初週売上が低調でした。

ゼノを冠されたタイトルは右肩下がりで推移してますね。
今回、任天堂の莫大なCM投下があっても、この始末。
1998年02月発売:PS「ゼノギアス」51.3万本
2002月02月発売:PS2「ゼノサーガ エピソード I 力への意志」30.1万本
2004 年06月発売:PS2「ゼノサーガ エピソードII 善悪の彼岸」18.4万本
2006年07月発売:PS2「ゼノサーガ エピソードIII ツァラトゥストラはかく語りき」11.9万本
2010年06月発売:Wii「ゼノブレイド」8.3 万本
ネットを見ると、これまでゼノギアスやゼノサーガを遊んでいなかったユーザーも遊んでいるご様子ですが、従来ファンはどの程度動いたんでしょうかね?

仮に本作の購入者のうち7割が従来作品を買っていた層とすると、8.3万×7割=5.81万。
この人数は『ゼノサーガ エピソードⅢ』購入者の48.8%に当たります。
かなり多めに見積もっても、こんなものかな?

『エピソードⅢ』購入者はかなりのコアファンでしょうが、それでも約半数しか動かなかった、という事は、途中で「モナド」という名称から「ゼノ」を冠する名前に変更して、従来ファンを釣る作戦は、微妙な結果かな。見抜かれていたとも言えるし、Wiiで出した事で幻滅されたとも言えます。

『レギンレイブ』と光景が似ているなと思うのは、サンドロットも固定ファンがついていて、その半分ぐらいが動いたかな?という印象だったこと。固定ファンの一部と新規層が「神ゲー」「神ゲー」連呼してたけど、固定ファンを丸ごと動かすパワーは無かった。

(僕の印象論としては、そういう認識。実際クチコミでは動かなかった。盲信者系狂信者が「神げぇぇぇぇぇぇぇぇっ!」と叫ぶ絶叫ゲームを楽しんでいらっしゃった、という状況ではないかな。楽しそうで何よりでした。)


ソフトの仕上げ方の問題かもしれないし、WiiのSDの問題かもしれないけど、固定ファンのついた会社(ブランド)やシリーズを利用するという作戦は、Wiiマーケットではそこまで強力ではない。

ま、『戦国無双3』や『テイルズ』の任天堂ハードでの苦戦を見れば、こういう結果も予想の範疇。固定ファンといえども、全員が「地獄までついていく」という考え方ではないでしょう。「NOというのもファンの務め」だと思います。

何をもって「地獄」と称するかは人によりますし、「地獄までついていく」派と「NOというのもファンの務め」派の比率も、実際にはケースバイケースでしょう。ただ、せいぜい半分ぐらいだと思っておけばいいんじゃないかな、と。


スポンサーサイト

コメント

むしろはファンは”ゼノ”だと思っていない

発売前から、ゼノシリーズと関係ないことはアナウンスされていましたし、
むしろ、エピソード3まで付き合った従来のファンが買わなかったのは当然なのではないでしょうか?

ゼノブレイドを購入したのは、
WiiでRPGを遊びたかった人と、
ゼノシリーズファンの情弱層なのでは?

>北坂若葉 さん
情弱と、あとはゼノと付けば何でも買うって人でしょうね。
まあ、そういう人はいるでしょう、残念ながら。冠だけですべてを許しちゃうような人はね。

とはいえ、僕の「仮に本作の購入者のうち7割が従来作品を買っていた層」という仮定は、かなり多めに見積もったもの。北坂さんがおっしゃるように、もっと比率は低いのかも知れませんね。

とすれば、あの冠作戦は大失敗という結論でしょうかねえ・・・・。

まぁ売り上げはまだ1週目ですし、2周、3週の売り上げで決まりはしますけど

ゼノはギアスとサーガE1で止まりましたね。
本当はE2も買うつもりではいたのですが、あのグラフィックのおかげで買う気がなくなった経験がありますね。
E3で大分マシにはなりましたけど

個人的にゼノシリーズの印象は
「巨大ロボットなどに乗ったりした戦闘もある」
といった感じでしょうか
今回の作品にはこれが感じられないかなと思います。
開発した本人はゼノ(昔のと)関係ないって言ってますけど、やっぱ意識したんじゃないかなって思います。
前の名前(忘れましたけど)なら新規RPGにしてはよく売れた。と思いますけどやっぱゼノの冠を被ってると微妙な売り上げに見えてしまいますね。

私は
4割がゼノの冠だから買った人
4割が久しぶりの大作? RPGだから買った人
2割が任天堂のゲームだから買った人
って所です。

暇だったのとそこまで神ゲー騒ぐなら買って確かめるかと思った情弱ですw
ゲーム内容に関してはすでにいろんなサイトでレビューされてるので割愛しますが、個人的な思いとしてはHD機で出せ。これにつきます。 
せっかくの広いフィールドもSD機という縛りの中では、やはりHDの綺麗さには及ばない。まぁそれだけHD環境が当たり前になったていうことなんでしょうけど。
任天堂は当分HD機を出す気はなさそうなので、自分の願望は叶いそうもないですが。

アマゾンなどのレビューを見ていると、従来のゼノシリーズのファンよりも新規層の方が多い感じですね。
テレビを見ている時間はそう長くないにも関わらず、朝・昼・晩と相当CMを見たので、個人的な感覚としてはFF13よりもCM量は多かったのでは?という印象です。
「罪と罰」や「レギンレイブ」のCMでも感じたのですが、正直Wiiのこの手のゲームのCMは、数が多ければ多い程、任天堂自らネガキャンしている様にしか思えないです…。マリオの様にグラフィックが関係ないゲームなら何の問題もないのですが、ゲーム画面を長々と映されても、今の時代にPS2と大差ない(実際には多少は上なのでしょうけれど、30秒程度ではその差が解る筈もないですし)映像を見せられても、言葉は悪いんですが、不憫だな、とすら感じてしまう始末。あのCMを見て、既にHD機を楽しんでいるユーザーが興味を示すのはかなり難しいのでは。
任天堂発売なのですから、大量のCMに回す資金があるのなら、値段をもう少し下げた方が良かったかもしれません。製作期間が長かった分、製作費はHD機と余り差がないのかもしれませんが、映像の面で相当見劣りするソフトに大差ない金額を支払うのは、ユーザーとしても躊躇いが出る様に思います(不況ですしね)
ゲーマー向けのソフトを何としてもWiiに繋ぎとめておきたい気持ちは解らないでもないのですが、任天堂にとっても、任天堂ファンにとっても、一般のRPGファンにとっても不幸な事態が広がるばかりで、正直誰もが損をする施策である様に感じます。
一度「ゲーマー向けでは儲からない」と切り捨てた層なのですから、今更未練を見せることなく、マリオとFit、ファミリー向けで満足している層だけに特化したソフトをリリースする方が、誰もが幸せになると思うのですが。

でも最近のWiiは面白そうなゲーム多くていいですね。
据え置き機は未だにもっていなくてWiiにかなり惹かれています。
売れてないというのも悲しいはなしですし、Wiiを買った暁には一緒に買ってみようと思います。

最近なぜ更新しないの?辛口のコメントや鋭い分析を待ちわびているのに・・・。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。