Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「外交」の光った任天堂カンファレンス。そして今年のE3の真の主役は『メタルギア』?

各社のカンファレンスが終わってみると、マイクロソフトは前座、任天堂が本番、SCEは後片付けの清掃係でしたね。話題としては、3DSが完全な主役になりました。Wiiを含めて据置ゲーム機は、カンファレンスにおいては完全な脇役でした。

今回、Wiiと3DSは対照的でした。

3DSについては従来と異なり、サードパーティとの協調路線を強調しています。このブログで再三うたってきた「外交」姿勢の改善はおおいに評価したいですね。任天堂としても、ビジネスの主軸である携帯ゲーム機がWiiのようになってしまうのは、(その可能性が低かったとしても)全力で回避したかったのでしょう。

『キングダムハーツ』等はもともとDSでも発売されていましたから、冷静にタイトルラインナップを見れば、DSやWiiの頃とそこまで大差ないのですが、小島監督みずから手がける『メタルギア』のような意欲作を呼び込んだことは成果といえます。

現時点では映像デモやタイトルのみの発表がほとんどで、ローンチ時にどこまでタイトルが揃うかは未知数なものの、岩田社長みずからがサードパーティとの協調路線を打ち出したのは良いことです。無論、任天堂の「外交」姿勢が本当に変化したのか、ローンチ時のタイトルラインナップ不足のリスクを回避するための方便なのかはわかりません。

しかし暴飲暴食の王様が君臨する王国から足早に立ち去っていく人々の足を止めて、もう一度話を聞いてみようかな、と考え直させるきっかけにはなりました。そのまま、人々が本当に王国にもどって、定着していくかどうかは、今後の「外交」施策によるでしょう。


一方、貴族たちの去った王国=Wiiはさびしい限り。最大の期待作『ゼルダ』が来年発売という事もあり、今年は盛り上がりに欠けることが判明しました。

『Wii Party』等のタイトル群にしても、従来からWiiで強かったパーティゲーム機感を強めるだけで、プラットフォームとしての幅の広がりを感じられません。ハードのサイクルが収束しつつあるのを感じますね。国民機PS2には及ばず。ま、もはや据置ゲーム機が国民機を担える時代ではないのでしょう。

『ゼルダ』については、リアル路線と再び決別して、大人リンクのまま、トゥーン化されており、『トワイライトプリンセス』と『風のタクト』の中間に落ち着き所を見出したようです。Wiiでどう頑張っても、HDゲームのようなリアリティある映像は望めませんし、残虐表現が強化される傾向が顕著なリアル路線に進んでも、ゼルダらしさには貢献しないでしょうからね。

そしてプロジェクトソラの謎の新作もついに公開されました。なんと『パルテナの鏡』の新作が3DS向けに制作されていたようです。完全新作を作っていたのかと思いきや、意外というか肩透かしな発表でした。映像を見る限り、桜井作品らしい雰囲気を感じる内容で、3DSの立ち上げにも大きく貢献するかもしれませんね。


E3全体でいうと、今のところ目を引くタイトルは『MGS RISING』のみ。人体切断のアクション、残虐性ともにチャレンジング。3DSのラインナップにおいても『メタルギア』の発表がインパクトを持っていたことを考えると、今年のE3は『メタルギア』が制した、小島監督のためのE3だった、と言っても過言ではないかもしれません。そういえば、前座よりも低劣な発表だったSCEも、PSPに関して『MGS PW』に強くすがっていましたね。

SCEについては、メディアの供給やネットワーク構想を取りまとめるまでにやはり時間が掛かっているな、という印象です。東京ゲームショウに期待しましょうか。


スポンサーサイト

コメント

SCEは8月18~22日のGamescomに期待したいですね。
昨年も新型の発表ありましたし、SCE的には北米よりも欧州を優先してる気がしますので。
おそらくPSP2もそこで発表?

据え置き機関連の発表では特に光るものはなく
PSP2の発表もなかった今回
3DSがひときわ輝いて見えた、という感じでしょうか。

機能、スペックもさることながら
ラインナップで安心させるという
PS,PS2の頃にはきちんとみられたやり方をきちんとやったことは
評価できると感じます

どこかのメディアが今年のE3は任天堂のためにあるといっても過言ではない、みたいなことを書いていましたが、まさにその通りの結果になりましたね。最大の勝ちハードであるDSの正当後継機の3DSにタイトルが集まるのは当然なんですが、演出も上手かった。何といっても、これまでPS以外では全く出なかった小島氏が作るMGSシリーズ、というのは非常にインパクトがありましたし(出展されているのは3の移植みたいなので、これがただのサンプルなのか3を3DS用にして出すのかは分かりませんが)
ソニーに関しては…E3は北米向けで、valeやGoWシリーズの人の新作という向こうの人にとってのサプライズというのはあったとはいえ、3Dにmoveが長すぎました。今までの歴史みたいな関係ない話も多いし、「そこをあっさり流しちゃうの!?」と思わされるくらい贅沢な使い方で怒涛の新作ラッシュを仕掛けた任天堂とは対照的。せめてKZ3やLBP2を当日発表していれば…
とはいえ、ドンキーにカービィとWiiのラインナップは豪勢ですが、任天堂の有名シリーズが定期的に提供されることでますますサードの居場所はなくなりそうですね。今までは遠慮してたけど、ここ最近は任天堂がライト・コア向け両方の自社タイトルを発表していて、完全にサード誘致に関してはあきらめて開き直った印象を受けました。
そういう意味ではPS3はまだこれまでの同様にゲーマーの受け皿として機能するでしょうし、堅調な流れは崩れないと思いますが、このまま何もないとPSPは非常にヤバそう。ユーザー層の方が特徴的なハードなので、しばらくは大丈夫でしょうが、本格的に3DSが普及すれば完全に存在価値が……。さすがに発売前ということもあり配慮したのか、カプコンが3DSにモンハンの名前を出さなかったのが唯一の救いでしょうけど、まぁこれも時間の問題かなぁと。何しろカプコンですし(笑)
任天堂以外は日本人にとっては肩透かしもいいところのE3でしたが、FF・MGS・KH・バイオくらいしか世界で受け入れられる有名タイトルはなく、全て最新作を出したばかりなので致し方ないところでしょうか。純粋な日本人向けタイトルは、TGSでの発表に期待したいです。

家庭用ゲーム機は据え置きはPS3、携帯ゲーム機は3DSという流れが確定的になったのかな?PSPはライトユーザーのモンハン専用機になり、Wiiはノンゲーマーの体重計になり、箱はゴーイングマイウェイ、そこにソーシャルゲームが入ってくる、日本ではこんな感じの住み分けでしょうか。これは良い流れなんですかね?

マリオカートやどうぶつの森といったビッグタイトルをあえて(?)ふせてサードのタイトルを中心にした発表は良かったと思います。これらのタイトルが先に発表されてしまうとどうしてもそちらに気を取られますので。
ゲーマー心理としては今後のラインナップが充実しているハードに魅力を感じるもの。サード各社の有名タイトルがズラッと並んでいる所を見るとやっぱり期待してしまいます。任天堂1社だけ充実してたってつまんないんで。
解像度も上がってますし、3Dという表現もあるので今のDSほどユーザーも拒否反応は出ないとは思いますが、今なお安易にPS系タイトルを引っ張ってこようと思っているならば一考してもらいたい所。引っ張ってくるにしても3DSの特徴にあい、3DSで作った方がふさわしかった、という作品として完成させてほしいです。
もうひとつ気になるのはパルテナの鏡。元はかなり前の作品のようで、さすがに知りませんでしたが、そんな前の作品をなぜ今やるのか。ムービーを見て単純に面白そうと思ったのでなおさらそんな気持ちになります。完全新作として成功させたほうが今後色々展開がしやすいように思うんですが。やはりそこはタイトル買いするオールドゲーマーを意識しているのか?ダメじゃないですけど、わざわざプロジェクトソラが作らなくてもいいんじゃないか、と思いました。

Wiiは今更どうしようもないでしょう。試合に勝って勝負に負けた感のあるWiiですが、体感ゲームによる成功とともに、サードとの外交の大切さを任天堂自身が学んだハードだと思います。その反省が3DSやWiiの次(Wii HDではないです。HD対応になってもそれこそ今さらだと思うので)につながればいいんじゃないでしょうか。

>vodka さん
任天堂は、スマートフォン路線とは一線を画すことがハッキリしたわけで、今後5~6年はアップルがスマートフォン市場で暴れまくるのを止めることはできないし、同じ土俵で競争する気は無い、という意思表明ですね。

他社と同じ土俵に上がるよりも、異なる土俵を作る事に専念するのが、いかにも任天堂的。今後1~3年以内には、その選択は決して悪くない。しかし5,6年後を見据えると、致命的な判断になるのかもしれない。なかなか興味深い。

SCEは逆に、スマートフォン路線を無視するのは難しい立ち位置。さてどうするか?


>のりのりさん
据置ゲーム機は完全にマーケットが分裂しました。修復は今世代では不可能で、次世代以降では、より極端になっていく可能性もあります。


>F91G さん
今年はPSPが円熟期を迎えますが、来年は3DSと客を奪い合う事になりかねないですね。解像度的に、3DSはPSPユーザーのニーズを満たしきるのは難しいものの、ある程度の層は奪い得るでしょう。

しかし性能面では、3DSはPSPを超えていますが、PSP次世代機であれば、じゅうぶんな差が作れるでしょう。もっとも、携帯機に対してユーザーがどれほどの画面を求めているか、にもよりますが。

PSP次世代機は3DSよりもiPhone4の側に近い立ち位置でしょうから、両機種にはさまれて、半端な機械と思われてしまうのが一番のリスクですね。


>Kハンター さん
PSP次世代機がどう立ち回るか、という点に掛かってきますが、サードパーティ各社の国内のビジネスとしては、据置はPS3、携帯は3DS&現行PSPというシフトになっていくのでしょうね。


> 唯一 さん
任天堂が珍しく、サードパーティに非常に気を遣ったカンファレンスでしたね。常日頃から「外交」という課題を挙げているブログとしては、非常に高評価でした。意地を捨てて、実利を取った経営陣に拍手。

> 今なお安易にPS系タイトルを引っ張ってこようと思っているならば一考してもらいたい
現時点では悲しいかな、
そういった悪癖は治ってないように見えますね。
コンプレックスに囚われて「定着」フェーズで失敗することの無いように、Wiiの失敗を繰り返さないように、注意していただきたいものです。

> パルテナの鏡
> わざわざプロジェクトソラが作らなくてもいいんじゃないか、
プロジェクトソラが作るのは完全新作だったんじゃないのか?
と思わずにはいられません。

最初から3DS向けに作っていた、といってますが、実際にはWii向け(ポイント+ヌンチャク)を前提としていた企画だったんじゃないかな~?という疑いを拭えませんね。3DSを万全に立ち上げるために、企画とプラットフォームを変更したんじゃないか、と。

邪推ですかね?

>Wiiは今更どうしようもないでしょう。試合に勝って勝負に負けた感のあるWii
>サードとの外交の大切さを任天堂自身が学んだハード
そうですね。
まさに任天堂にとって、大きな学びの得られたハードだったのでしょう。

リアル&ダーク路線に進んだ『トワイライトプリンセス』から一転、Wiiゼルダがトゥーンへ戻ったこともあり、任天堂としてはフォトリアル&バイオレンス路線向けのタイトルが減ってしまいます。その分はサードパーティで補うほかないでしょうね。

『レギンレイヴ』も部位切断の豪快さこそ話題にのぼったものの、チープすぎるため、バイオレンスゲーム好きに訴求するものではありませんでした。あくまでサンドロットファン向け。とはいえ、任天堂ハードで『メタルギアソリッド ライジング』が発売される未来というのも、なかなか想像しにくいものがありますが。

>>F91G 様
あのぉ…MGSはGC時代にツインスネークスで移植されています。
もちろんPS1よりずっと出来がいいです。

あと、日本と海外での評価の落差を猛烈に感じます。

海外での評価はもちろん3DSの評価は高いですが、見ているとカンファレンスの評価はSCE=任天堂、落ちてMSですよ。

任天堂に対しての批判としては「新IPがない」、「携帯ばっかり」というものが多く見られるので、やはり据え置きを海外は重視しているなあ、という印象です。
なおMOVEに対する評価は海外でも微妙ですが(笑)、3DとValveに対する熱狂ぶりはかなりのものだなと思いました。

個人的にはSCEは思い切ったやり方をしたなあと思いました
E3開始前に自社の目玉ソフトを連続で発表し、本番ではさらっと流し、サプライズは今まで散々PS3に毒づいていたValveのトップ、ゲイブ・ニューエルさんですからね
SCEの次期主力ソフトを前座にしてゲイブさんを立てた、って印象を受けました
彼も「これほど歓迎されるとは思っていなかった」と言ってましたし
で、トリを務めたのが、「TWISTED METALは作ってないよ、作りたいけど」とE3の一月前に発言してファン(含む俺)をガッカリさせたデビッドさんの「TWISTED METAL」の新作ですから
あっちの連中にしてみれば評価は高くなるでしょうね
ドイツで行われるGamercomではGT5を一押しにしてくると思いますが、PS3の薄型を最初に発表した場でもありましたから、今回もハードに関する発表があるんじゃないかなと思ってます

>>ゲーム企画屋様
ツインスネークスはMGSのリメイクですが、小島監督は演出部分はノータッチで、北村龍平監督が担当されてるので、ライジングのようなものと区別して、敢えてカウントしませんでした。誤解を招く発言で申し訳ないです。
小島監督作品としては僕らの太陽とかありますけど、任天堂ハードで、かつ本格的なディレクションをするMGSとなると初めてで間違ってないと思います。やっぱりDSのは3の移植で確定みたいなので、ツインスネークスと同じような感じになるかもしれませんが。

2010年は3D元年と言われているだけあって、携帯機にも3Dの波が。
やはり、どのように見えるのかが気になりますね。
3DS用のソフトすべてを3Dで作る必要はないと思いますが、「このソフトは2D表示のみです」と言われたら、あまり興味がわいてこないですがはたして・・・。


NatalあらためKinectと名前が決まりましたが、「Kinect」って言いにくいかなと。むこうの方たちは言いやすいのだろうか?

PS3やPSPに関しては特に何もなかったなと思っていたのですが、アメリカでの評価はそれほど悪くはないと言われていたりと、やっぱりE3ってアメリカ向けなんだなと。
やはり日本向けは9月の東京ゲームショウですかね。

>ゲーム企画屋 さん
> 任天堂に対しての批判としては「新IPがない」、「携帯ばっかり」というものが多く
3DSは、ラインナップを揃えることを重視したな、という印象で、新IPは時間も掛かるので、仕方ないのでしょうね。新IPとして最も期待していたソラの新作が『パルテナ』だったことは衝撃的でした。まあ、結局そういう路線なんだな、と・・・・。ずっとHAL研でも良かったような気もしますが。桜井氏という才能を逃したくない岩田社長の「愛」のなせる技なんでしょうか。


>通りすがり さん
> サプライズは今まで散々PS3に毒づいていたValveのトップ、ゲイブ・ニューエルさんですからね
サプライズというか・・・・。
ゲーマー向けというか、内輪向けの印象が強い発表でしたね。

とはいえ、それが一定の評価を得たのも確かなのでしょうね。日米の評価をざっと見ると、マイクロソフトが一番中途半端だった、という事かな。


>KKK さん
据置の3Dという点では、PS3が先頭切ってますし、日本における「3Dテレビ」と米国における「3Dテレビ」の期待感の違いが大きく表れたのでは? 日本人で3Dテレビを積極的に買おうと思っている人は少ないでしょうが、ホームシアター的な需要のある米国では据置機の3D対応は、3DSとは別の観点で、非常に好ましいことなのでしょう。

携帯機の3DSと据置機のPS3がともに、3D表示の普及に貢献するというのは、素晴らしい偉業であり、どちらも日本企業であることも良い兆候。今年のE3で最も注目したのはやはり『ライジング』ですが、メタルギアブランドの強さを再確認すると共に、やはり革新は日本から広がっていく、というゲーム産業の基本的な流れはまだまだ変わらない、と感じました。

まあ、ひいき目なのでしょうし、市場規模を考えるととてもそんな事に安堵はしていられないのですが。しかしゲーム業界内のソフトビジネスという観点では、欧米優勢のターンも終わりつつあるな、と感じました。苦しくてもHDを続けていた会社が何とか土俵の際で生き残り、徐々に巻き返しつつある、といったところ。

一方で、アップルやPlayfish買収したEAのような新興ビジネスへの取り組みではまだまだ負けており、本来新興ビジネスへ割くべきパワーを「3DSという旧来ビジネスの最後の砦」に逃避的に投資する事へのリスクも感じましたが、なかなか難しい経営判断。

(残念なのは、3DSがビジネス面で保守的だったこと。まあ任天堂らしいといえば任天堂らしい。)

まあなんだかんだで余力のある大手は逃避するでしょうね。そもそも、良くも悪くも腰が重いからこそ、大手なのだし。中小は、3DSで制作費がDSよりも上がってしまう分、逃避する余裕もない。新興ビジネスへ進まざるを得ないでしょう。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。