Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急がば回れ、ゲームファン重視のソフト開発がやはり重要

Wiiでサードパーティソフトが売れない事がまたしても実証されたようです。
Wii『戦国無双3』、“堅いタイトル”と予想したものの50万本に届きませんでした。

多くのゲームファンにとっては今さらの話題かな?
Wii『戦国無双3』が売れてないのは明らかな事実です。しかし世の中には、想像を絶するというか、少し異なる認識をもっている人達も存在していました。

直前の『FFCC』が絶不調だったため、『戦国無双3』がたったの25万本程度でも、マシに見えただけなんですよね。そういう勘違いというか、錯覚というか、妄想はなかなか微笑ましく、コメディとして秀逸でした。でも現実は変わりません。

パッケージとオンラインの両輪に注力 V字回復を目指すコーエーテクモゲームス
 コーエーという企業は、発売するほとんどのタイトルで、ある程度の利益を確保することに加え、無双シリーズのようにヒットするタイトルが大きな利益を上げます。全体で見ると高収益体質を維持し、赤字タイトルは作らないというのが伝統でした。
 ところが、2009年度は“堅いタイトル”も、予想した収益を下回るケースがありました。『戦国無双』(2004年発売)はプレイステーション 2(PS2)版で100万本超、『戦国無双2』(2006年発売)は約60万本を出荷しましたが、Wii用に出荷した最新作『戦国無双3』(2009年発売)は50万本に届きませんでした。
――『北斗無双』は好調なようですが。
松原氏:発売後2日目に出荷50万本を超えて、順調に追加受注をいただいています。『北斗無双』は2009年10月に「年度内に発売する」と発表して、何とか間に合いました。本当はもっと早く出荷したかったのですが、品質に妥協ができずに3月25日まで引っ張ってしまいました。
これが現実なんですよね。

プレイしてもいないのに、ネット上でたまたま出てきた悪評をコピペしてばらまいて喜ぶ輩もいらっしゃいましたが、それで『北斗無双』の売上が揺らいだと言えば、まったく揺らぎませんでした。一方で、ゲームファン視点で残念なハードで発売されたソフトは、ゲームファンの共感を呼ばないため、宣伝しても売れませんでした。ネット上で一部の人達が良作と礼賛しても、売れた、健闘した、と称えても、真実は変わりません。

コーエーテクモの社長みずから、こういう発言をする事がどういう意味をもつのか。
色々な受け止め方はあるかと思いますが、サードパーティの正直な心情を率直に吐露したのかもしれませんね。ユーザーフレンドリーな企業であるならば、答えは1つではないでしょうか。

ユーザーにとって最も望ましい、これが無双シリーズにふさわしいというハードに向けてソフトを供給する。そういう直球を期待したいですね。普及台数が多ければ、ゲームファンにとって望ましくないハードでも構わない、という発想(=邪道)は、一見近道に感じるかもしれませんが、やはり難しいのです。『無双』シリーズにとって汚点とならないように、PS3でのリメイクを期待したいですね。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

> 頑張ってください。
ははははは。
がんばります。


そうそう。
『無双マルチレイド2』という作品が売れなかったじゃないかという、くだらない書き込みをしている、ちょっと可哀相な人もいらっしゃって、失笑の極みでした。前作の評判がイマイチだった事を考えれば、仕方のない結果。

プラットフォーム選択を誤ってゲームファンの支持を得られなかった『戦国無双3』とは、性質の異なる現象ですが、まあ、要するに「Wiiでサードパーティソフトが売れない」という現実から目を背けられる材料があれば、何でもいいんでしょう。

コーエーテクモの社長みずからがショッキングな事態として語っている事の重みが理解できないようです。


まあ、そもそもゲームファンにとって、据置ゲームをWiiで発売される事は、劣化した映像を強制されるという悲劇です。PS3やXbox360があるのに、どうしてWiiで出すのか、ユーザーにとって何の意味も無いわけです。何の意味もないことをされると、白けてしまう。ゲーム会社って、ゲームを愛してないのかもしれないな、と疑念を抱かせてしまう。

『テイルズ』もまた、そういう悲劇に遭遇しました。テイルズという輝かしい実績をもったシリーズがDSとWiiというハードを経て、ちょっと輝きを減じてしまった。PS3版が出たことで輝きを取り戻すきっかけをつかんだわけで、期待したいですけどね。
『無双』もまた危機に直面しています。

DSやWiiは、ゲームに無関心な人達にゲームに興味を持ってもらう「ゲーム人口拡大」という大きなその偉業を成し遂げました。素直にたたえたい。

一方で、ゲームファン向けのゲームソフトをWiiに出す事は、ゲームに関心のあるゲームファンを白けさせる、ゲームへの愛や関心を低下させる「ゲームファン人口縮小」につながりかねない事も、またリスクとして認識したほうがいいかもしれませんね。

任天堂がゲーム人口を拡大する一方で、サードパーティがゲームファン人口を縮小させるという、本末転倒な事態に陥りつつあるのがWiiマーケットであって、そういう悲しい事態を避けるためにも、各社にはWii市場に対して子供向け、ファミリー向け、カジュアル向けを集中してもらって、その一方でゲームファンに「ゲームってこんなに熱いコンテンツだったよね」という事を再認識してもらうべく、PSP、PS3、Xbox360というハードにソフトを集約してもらう。もしかすると3DSもそこに含まれても良いかも知れませんが。

そうなると、今度カプコンが出すBASARA3なんかユーザーの境界がはっきりしそうですね。
Wii VS PS3 なわけですし
PS2時代(は言いすぎだけど)クラスの画質や音声とHD機で綺麗と良音になるのと、ユーザーはどっちを取るか、ある意味見ものですね。

アマゾンだとPS3版のほうが予約は多いご様子

でもBasara3はどうでしょうね?
私は最初PS3版を買おうかなと思っていましたが
PS3版にはオンラインCOOPがあったはずなのに
いつの間にか無かったことになって、
しかも公式サイトを見てもWii版とPS3版の違いが一言も書かれていない
公式サイトのSSをみてもそれがWii版なのかPS3版なのかすらわからない始末
カプコンからしてみればPS3版の方が良いよってなるとWii版の売り上げが落ちるから
って事での措置なんだろうけど、
最初PS3版で考えていた私はスルーに変更ですわ
つかPS3版は値段が高いだけみたいなカプコンのやり方はいい加減失望してきますね

>いつもはROM さん
まあ、任天堂の顔色をうかがわなきゃいけない事情もあるんじゃないですかね。広報支援受ける予定とか?

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。