Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無料」が今年のキーワードなのかねえ

1つ1つの現象自体は以前からあったものの、ゲーム業界内で大きな問題として言及され始めている、という意味で、「無料」が今年前半のキーワードなのかもしれませんね。

イシイ ジロウさん、『428 ~封鎖された渋谷で~』がニコニコ動画の実況プレイ動画で10万回以上再生されている事に困惑する

ノベルゲームの場合、プレイ動画をアップされてしまうと、ゲームを買わずに動画だけで楽しむユーザーが多いのではないか、という懸念は確かにありますね。物語全編をアップロードしている人は、悪意をもっているのでしょうか? いえ、自分は「応援」「広報」しているのだと、無邪気に誇っている人もいるようです。秀逸なレビューを掲載しているようなブログでも、「数年前のゲームは入手にくいのだから、プレイ動画で楽しまれる方が作り手も幸せなはずだ」などと書いている例もあります。

もはや、いいか悪いかという判断は超えたところで、変化は進行しているのでしょう。
マジコンの一般層への浸透、プレイ動画の無邪気なアップロードといった負の現象が顕在化しつつある一方で、無料体験版の配信拡大や、『フリー』戦略、無料のソーシャルゲームの浸透など、新しい可能性も見いだされています。

違法コピーの問題点を啓蒙していくのは、大企業を筆頭に、業界的に推進していく必要がありますが、「無料」という言葉にアレルギーを持つことなく、未来の可能性についても真摯に向かい合いたいですね。かつてゲーム大手各社は「中古」に対して激しいアレルギーを起こし、結果として流通との落とし所を作り出すことを放棄して、裁判で負けて大きなリスクを抱え込みました。

「無料」の秘めるリスクと「無料」の秘める可能性の双方を認識したうえで、冷静に変化に対応していきたいものです。違法コピーの問題点を啓蒙する一方で、プレイしなければ価値がわからない商品をプレイせずに買ってもらう非常識を改善していくべきですね。

そういう努力を怠ったプラットフォームの現状は、寒々しい限りです。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちょっと前に「seきらら」ってエロゲーが無料配布になったと話題になっていたことを思い出しました。アキバブログでの社長のインタビューを読んでも、イマイチ本当の狙いが見えませんが、普通に発売して埋もれるかもしれないよりは、知ってもらうことでその認知を今後に生かす、ということなんだろうとは思います。仮にそうだとして、今後そのタイトル、あるいは会社がどんな施策を行っていくつもりなのかちょっと興味はあります。

コンシューマー、エロゲーともにパッケージの販売だけに頼らないようにする必要はあるのでしょう。(すでに頼れない?)
違法DLダメ絶対、ってかんじでガチガチに規制しても良いと思いますが、常になんらかの追加施策(DLC、マルチメディアなど)は用意しておくべきかと。最近だと神楽道中記が3回も追加シナリオを発売していて、エロゲーにしてはねばるなーと思いました。
それとエロゲーのDL版って旧作が多くて新作ってほとんど無いなあと感じます。値段もある程度抑えられるでしょうし、都会と違って地方とかはエロゲーを扱ってる店舗は多くないと思いますし、購入される可能性は高くなると思うんですが。
コンシューマー版でも同じ疑問は持っていて、本体の販売はコケたとはいえPSPgoの発売をきっかけにもっとDL版の配信が増えると思っていました。積極的なのはセガくらい?あとアトラスやコナミも増えてきた感じですけど、バンナムなんて鉄拳くらいしか思い浮かばないし。勝手に推測するなら、やっぱり販売店への影響を気にして?もしくはDL版の登録になにかしら費用がかかるとか?単に売れないから?DL版って基本的にメーカーにとっておいしい話なのかと思っていたんですが必ずしもそういうわけではないんでしょうか。
パッケージを選ぶかDLを選ぶかはユーザーの自由ですが、選択の幅はあってもいいと思います。


体験版についてはバンナムのPSPソフトは今後も積極的に配信するようです。エースコンバットもマルチモード搭載、体験版引継ぎあり、と成功方程式に実直で良いことです。
詳細が出るまで3DSについては語るまいと思ってましたが、ひとつ言うならそういう配信関係の改善はできていてほしい。やってみなければわからないだけでなく、「見てみなければわからない」ゲームが発売されていくのですから。

>唯一 さん
『se・きらら』は、無料を発表するまではほとんど注目を集めていませんでしたから、注目されないまま売れないよりはマシという判断なのかもしれませんね。最初から狙ったというより、期待ほど注目作が作れなかったのでしょう。

金が余ったフィギュア屋がデジタルコンテンツに金を突っ込んで失敗するという事例の1つなのでしょう。リアルな物販は、在庫や製造原価の問題はありますが、事前予約を徹底する等の施策によって、ある程度の底堅い商売ができないわけではありません。

経営が危ぶまれていた5pb.に対して、ドワンゴが乗り出しましたが、フィギュア屋のグッドスマイルカンパニーも加わっていましたね。『se・きらら』のマックスファクトリーとは極めて仲の良い企業であり、似たような考え方をもっているのかな、とも感じます。

オンラインサービスの『Synthe』にも関わってましたね。しかしまあ、そうやって見ていくと、失敗も多いですね。デジタルコンテンツやサービスのプロフェッショナルではないので、餅は餅屋という事なのかもしれません。

そういう意味では、『ブラックロックシューター』がどうなるかは興味深い。あのクラスのコンテンツを外すようでは、問題ですね。たぶん大丈夫でしょうが。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。