Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロゲーの違法コピーの話とオンラインゲーム化について

エロゲーの違法ダウンロードの件数が酷すぎる件が話題に上がっているようです。
エロゲの違法コピーにまつわる話
エロゲ業界の人々に話を聞く。2007年の市場規模は300億円くらいで、ユーザーは200万人。だけど購入する人は50万人。あとの150万人は違法DL。正規ユーザーの三倍の不正規ユーザーという業界である話に驚く。
正規ユーザー50万はコンシューマも含めて。今は減っている。数字は、店舗購入数、ユーザーごとの実購買数、トラフィック分析から出るそうな。戦国ランスは実売10万本で、パッチは100万DL。つまり90万本が違法コピーで、もはや一割しか正規ユーザーがいないすげえ状態。
『戦国ランス』以外にも、とある3D系エロゲーでは正規版購入者数がパッチのダウンロードが15%だったという話を聞いたことがあります。


エロゲの割れ対策として、オンラインゲーム化はダメなの?
エロゲーのオンラインゲーム化の話も上がってます。方向性としては大きく2つ。1)アクティベーションのかわりに使いたい、2)一般的なオンラインゲームのように長期的な収益を上げたい。

1番ついては、サーバーコストがそんなに安く済むのかという問題があり、売上規模がある程度見込める大手はともかく、本当に小さい所が乗れるのかは疑問。それに今のエロゲー(美少女ゲーム含む)で主流のノベルゲームが絵をキャプチャしたり、プレイ動画をキャプチャされるのはやはり防ぐのはなかなか難しい。

2番については、ノベルゲームがオンラインゲームのプレイスタイルに向いているかどうか、疑問です。オンラインゲームって長期運営が基本で、ノベルゲームは逆に一気にプレイするスタイルが前提になっています。既読 and 未読スキップを整備している世界でしょ(既読スキップは同じ文章を飛ばすためだが、未読スキップはスピード調整できるようになっていて、早送り視聴のようなプレイを想定している)。

オンラインゲームにするなら、毎日少しずつアクセスして、女の子の機嫌を上げて、ちょっとずつエピソードを呼んでいく形式にするか、『ラブプラス』型に転換すればいいのかもしれない。飯が食えないゲームデザインは淘汰され、食えるゲームデザインが生き残る、か。でもそうやって変化したエロゲーは、今のエロゲーユーザーの求めるエロゲーなんだろうか?


ソーシャルゲームを引き合いに出すなら、ベクターが展開している『こいけん』『恋する私の王子様』あたりがどれぐらいビジネスとして回っているかは注目。ただ、携帯SNS各社は「出会いの場」として叩かれた過去の経緯から、表現のさじ加減はかなり厳しかったはず。非エロ系の全年齢ゲームでも、そのまま載せるのは無理な作品が出てきそう。

まー、大手が体力あるうちに実験として手を出してみるぐらいなら、悪くないんじゃない? 『ai sp@ce』みたいな金の掛け方は必要無いと思う。しかし小さい所がやれるとは、ちょっと思えないけど。当面はアクティベーションの一斉全面導入あたりでしのぎつつ、次の商売の種を探すというフェーズなんでしょうかね。


スポンサーサイト

コメント

久しぶりにコメントします。
エロゲー、というかPCゲームに関しては違法DLも出回っているでしょうが、それ以上に中古市場でぐるぐる回っている割合が一番高いと思います。とくにアリスソフトはDISKレス起動が出来ますから。
新品購入→Fullインストール後にDISKイメージ作成し買い取り価格が高い間に売る→中古購入→Fullインストール後(以下略)
そんな感じかと。
実際、秋葉原のソフマップやPCゲーム店は「新品売場よりも中古売場の方が充実している状態」ですから。私も学生の頃はPCゲームに関しては新品で買うことは殆どありませんでした・・・
今は通販が便利になり、かつ店舗特典が豪華になったことから1000~2000円の違いなら新品を購入を選択しますが。
中古購入者からもお金を稼ぐ方法は、有料追加データぐらいですかね・・・。
追加シナリオや追加キャラクター、アフターストーリーなど従来はファンディスクとして販売していたモノを、有料バッチ販売すると。エロゲーのオンライン化はユーザーが一番望んでいないと思います。

たまには私もコメントをば。
島国大和サンのサイトもいつも読んでたりするんですが、DAKINIサンと同じような見解を書いてらして、この件に関しては同じインサイダー?の方の考えは近しいところがあるのかなぁ、と思ったり。
でもこの件についての2chまとめサイトのコメントを見るとユーザー(笑)の作り手側へ素の感情は強烈ですね、ホトンド罵詈雑言。
それでなくても、買わずにワルだけの輩に「買うヤツはアホ」みたいな事をネット上では吐き続けられて、作り手サンはよく続けるモチベーションが保てるなぁと感心します。
エロゲーは大分昔にファンだったエロ漫画家が原画をしてた作品を1本だけ購入したことがありますが、買うのもやるのもこれっきりでした。今ではその作品名も思い出せません。(旧パソコンを廃棄するときに一緒に捨ててしまいました)
今では同人誌等の二次創作で十分堪能してますが、ネタにした作家さんがちゃんと正規購入してくれていることを祈るだけですかね。

>うつけ者 さん
まー、中古に関してはエロゲーに限らず、ファミコン時代からコンシューマーでも懸案事項ではありましたね。


>わはは大王 さん
> ユーザー(笑)の作り手側へ素の感情は強烈ですね、ホトンド罵詈雑言。
そんなもんでしょ、ユーザーって。
まあユーザーに何かとてつもなく巨大な事を期待している人にとってはショッキングなのかも知れませんが、僕はまったく期待していないので、何とも思いませんよ。

どことは言いませんが、普段素晴らしいレビューを書いているにもかかわらず、動画サイトにノベルゲームのプレイ動画をすべてアップロードされている状況をして、「手に入らないゲームをヤフオクで2万円も出して買わなきゃいけない状況よりはずっと良い」などとのたまっていたブログも世の中にはあります。

勘違いしてほしくないんですが、別に僕はそうした人物を批判したいのではありませんよ。最初から、ユーザーの正義感には、大した期待なんてしてないのです。僕はこの記事で違法ユーザーに対して批判も、失望もしていません。


コンシューマーも、DSの普及にともなって一般層へマジコンが拡大した事や、ゲームファンにとって無料体験版が当たり前になってきた事など、「買ってから遊ぶもの」という認識は薄れつつあります。

「対岸の火事」ではなく、学ぶべき事はあるのでしょう。何にお金を払ってもらうのか、真剣に考えなければいけない。変化するユーザーに対して、変化できなければ、死滅するのは仕方ないのだと思いますよ。

それが多様であることの代償であり、死滅する自由なのです。多様性あふれる生態系というのは、環境の変化に対する無数の誕生と無数の死滅によって、成り立つのです。まがりなりにも、プロなら、その覚悟は持ってるでしょう。その無慈悲な「環境」に対して怒るかどうかは、個人個人、勝手にしたらいいんじゃないですか。

いいとか悪いとか論じたい人は論じればいい。
でも僕はそういう議論には興味がありません。良かろうが悪かろうが、売れないものは売れないし、売れる物は売れる。僕はそこにしか興味がありません。

自分もうつけ者さんと同じ意見かなぁ
初回特典狙いでイメージ取ったら即中古。
なんていうもの聞くし。
実際、秋葉とかって発売日翌日には中古が結構出回っていますよね。
コンシューマとの違いはそのイメージ取り作業のやりやすさじゃないでしょうか。

後、単価。
ピンきりなのですが、チョット有名所だと定価1万弱だったりするので、
来月も買おうとすると中古に売って少しでも足しにしたい感情かと。
そうなると上記のような人が増えちゃうと。

昔に比べて今だと3000円ほどのラインナップも増えているので
そこから利益を生み出すか、根本的に認証型DL販売かなぁ・・・。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。