Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ま、いいんじゃないでしょうか。

突然の発表で、あちこちを賑わしているようですが、この時期に公開した理由は不可解ですね。
裸眼立体視の3D液晶の採用については、単純な高性能/高精細路線を嫌う任天堂らしい選択で、ファンの中には予想していた人もいるのでは?
うちのコメント欄でも予想していた人がいましたね。

ネットの一部では裸眼立体視でどの程度の奥行き感が得られるか、とか、すぐに見慣れてしまうのでは、という懐疑論もあるかもしれませんが、任天堂ならば・・・・という期待感があるのもまた確かでしょう。PDA等で採用されていてもエンタメに生かし切れていなかったタッチパネルを採用したDSが大ヒットゲーム機になったように、3D液晶を採用した3DSも大ヒットするのかもしれませんよ?

「バーチャルボーイ」という過去も思い出されるものの、当時に比べれば映像表現力も格段に進化していますし、当時活かせなかったネタをうまく再利用し得るでしょう。過去の教訓を活かしつつ、良いネタを練り込んで世に送り出してほしいものですね。

この新ハードをどれほど過小評価したとしても、面白いソフトの少なくとも1本や2本は任天堂から発売されると予想してもいいでしょう。

問題は、Wii市場が任天堂「唯我独尊」市場になりつつある中、3DS市場がどんな市場になっていくか。サードパーティ各社がどれほどやる気を見せて、取り組んでいくか。そういった部分に関心が集まります。

スポンサーサイト

コメント

個人的には3Dのゲームってどんな需要があるのかなぁって思いますね。
ラブプラスみたいな恋愛ゲームとかならわかるんですけどね。

後はソフト開発でしょうか
3D要素が入るって事は、今までのDSソフトを作る技術がそのまま使えるのか、それともそれにちょっと付け食わせる程度なのか、もしくはまったく新しくやり直すのか
開発費が安くてすむのもDSでのゲーム開発の魅力でもありますからね。
ゲームに3Dはどう影響するのかも気になります。映画とかだと迫力感を増すためにやっている所もありましたけど(アバターとか)

眼鏡とか必要だけどハイビジョン3DのSCE、に、眼鏡なしでロービジョン3Dの任天堂って所でしょうか

>朝霧 さん
『ラブプラス』が例にあがってますが、どんなゲームが出てくるか、ユーザーも制作者も想像しやすいのは良いことだと思います。
まあWiiもその点は決して悪くなかったんですが。

飛び出せ大作戦でも構わんというか、RPGの戦闘が少しオドロキ演出になりました的なものでも良いんじゃないかな、と思いますよ。そういう「飛び道具」的な使い方は、新鮮さも1年はもたないかもしれません。

が、任天堂にしてみれば、それで最初の数百万台に勢いがつくなら、「それでOK」という考え方ではないですか。Wiiはその後の連続点火が微妙でしたが、今度はその反省を活かしてくるでしょうし。

一方、サードパーティとしては、ローンチのお祭り感に乗って何かしらは出してくるでしょうけど、しっかりした物は慌てずに出してくるような気もします。Wiiでみんな勉強したことですし。まあE3時点ではそれなりにタイトル発表だけはするんじゃないですか。

発表時期についての下種の勘繰りですが
PSPの新型も3Dなのかなぁ、と
そしてSCEはパクリだと

>T.S さん
任天堂のメディア向けのリリースは昨夕、かなりギリギリの時間だった、という話を小耳に挟みました。対SCEだとしたら、そこまで急ぐ必要は無いでしょう。

可能性としては『日経のすっぱ抜き』に気づいて、それなら先に発表したほうがまだ「驚き」感が失われずにすむ、という判断だったのかなーと。昨日の日経の電子版の記事には、公式発表に無い情報も(真偽はさておき、と書いておきます)一部混ざってるんですよね。

ま、真実は藪の中ですが。

北米でXLを出す直前だったわけで、普通に考えて今発表するメリットはありません。「何か」があったのは確かでしょうね。

この時期に突然発表したのはMH3rd+PSPに対する牽制でしょうね。
個人的にはPS3の3D化もそうですが、3Dには特に興味がないのですが
fitや脳トレでWiiやDSに飛びついた層に対してのアピールは抜群でしょう。
正直なところ、現実的な価格帯でどの程度の裸眼立体視を実現出来るか疑問ではあるのですが
その手の層は立体視自体の完成度は気にしないでしょうからうまいやり方ではあると思います。

PSP2は出来れば正当進化をして欲しいものです。
メモリを大幅に増やしてあとはそこそこのスペックアップでも格段によくなりそうですし。
20000-25000辺りで収められると良いのですが。

なるほど、3Dと来ましたか! どんなゲームが出てくるか、楽しみですね。

マシンパワーはGCクラスとの噂もありますよね。
http://japan.gamespot.com/clip/global/story/0,3800100783,20410475,00.htm

だとすると、SD解像度くらいの液晶を搭載してくるのでしょうか?
現行DSのソフトに互換するなら、表示に無理のない縦横それぞれ倍くらい(512:394)が現実的な線でしょうかね。
SD解像度のピクセル数が約30万、現行の4倍想定だとピクセル数が約20万。視差バリア方式などの3Dだと、レンダリングが2倍必要になりますから、実際の負荷は約40万ピクセル。
フレームレートの兼ね合いやGPUのパワー次第で、十分処理可能に思えます。
開発キットの兼ね合いで、業界の方にはもう詳細までバレているんでしょうけど、一ユーザーとしては楽しみですね。3D対応ラブプラスとか出るなら、即買いしちゃいそうですw

3Dを前面に出す以上、グラフィックがポリゴンメインの流れになっちゃうのかな。素朴なドット絵も好きなんで、そういう路線も残ってほしいですね。


>朝霧さん

3D対応自体には、特に技術は必要なかったりします。
要は左目用・右目用の画像をレンダリングして同時に(アクティブシャッター方式の場合は交互に)出力するだけの話ですからね。ポリゴンで作るゲームであれば、単純にレンダリングが倍になるだけ。
純粋にマシン側の負荷・出力能力の問題ですね。それを前面に押し出す以上、当然開発ツールでも網羅しているのでしょうし(というかGCの時点で、機能は入れ込んでたっていう話もありましたしね)。

3DTVはアクティブシャッター方式ですから、PS3や360での3D対応ゲームはそれぞれの画像を交互に出力する形になります。HDMI1.4がフレームレート拡張の形で整備されたのも、体感フレームレートを落とさずに3Dにするためというのが理由の一つにあるのでしょうから。
まぁ、HDMI1.4自体は基本的に映像コンテンツ用の規格だろうとは思います。ゲーム機側のレンダリング能力が変わるわけではありませんから、フレームレートを体感半分でもいいから単純に交互に出力するか、レンダリング解像度でつじつまを合わせるかの2択でしょう。

はたしてどんな風に見えるのか。

裸眼式のは少し見たことがありますが、微妙だったような・・・。
見たときの奥行き感とか、解像度(解像度感)とか、眼は疲れないのだろうか、とか色々と気になります。
ま、やはりソフト次第といったところですかね。


奥行き感がついて見えるだけで、ホログラム(ホログラフィー)のように見る角度によって見え方が変わるなんてことはないんでしょうかね。もしそうなら、ついに夢が現実に、とワクワクするのですが。

>T さん 
>この時期に突然発表したのはMH3rd+PSPに対する牽制でしょうね。
それは無いでしょうね。
そういう見方をする人は業界には皆無というレベル。
国内『モンハン』ごときのために、北米でのXLの勢いを殺す発表をするのはありえません。ソニー信者の妄想に等しい話かと。


PSPは国内的には存在感はありますが、海外市場でみればDSと比べてゴミですから。任天堂もサードもSCE自身もゴミという認識は持っているでしょう。


>大声で微笑む者 さん
ま、性能云々は割りとどうでもいいような話かと思いますね。
今のWiiマーケットを見れば。お金をかけてソフトを作る意志がサードパーティ各社にあるかどうか?


> KKK さん
まー、信者が礼賛し、ライトが1年は驚き、ゲームファンは最初から冷静。そういう感じでしょうね。Wiiと同じ・・・・いや、もっと早くからそういう展開になるかもしれない。

ノイズに惑わされない層は冷静にソフトを見つめればいいのでしょう。

結局、普段から豊かなゲームプレイをしているか、プアな環境で遊んでいるか。そういう差が出ますよね。ゲームファン同士でリッチなコンテンツを楽しんでいれば、プアなコンテンツが一時的なオドロキ感で入り込む余地は無いし、ふだんゲームを遊んでいなければ、オドロキコンテンツで一過性の楽しみを喧伝するのでは?

Wiiと異なる光景が見られるのかどうか。ま、1年後、2年後が見えているマーケットにさして興味はありませんが、超フェアネスブログとしては心にも無い念仏を唱えておきましょう。任天堂唯我独尊王国ばんざーい、ぱちぱち♪

XL以外にもいろいろ首は絞めてますよね。
現行システムだとDSiウェアの買い控えを招きそうですし。

で、一つ疑問なんですが、この裸眼3D、画面縦持ちでの3D表現は対応しているんですかね。
まー、現物を見るまでは何も言えませんよね。

最近遊んだゲームはありますか?
良かった作品を紹介して欲しいです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>autoMobile さん
クリアするまで時間取れないのが多いんですよねえ。。。。
このご時世に、休日も仕事があるのは素晴らしいことではあるんですが。

時間あっても、仕事の参考上、プレイしとくか、みたいなのが増えてるんで、紹介していいのかしらん? 洋ゲー率が上がりましたね、最近は。『DARKSIDERS』あたりも、軽くやっときたいんだけど。。。。

ラノベの書評をそろそろ復活、つか同人誌の感想でも書こうかなと思ってるんで、ゲームもそのうち書くかもねー。


>管理人のみ閲覧できます
> 3D元年にあやかってなのかどうかはわかりませんが、興味のない1ユーザー視点から
> 言わせてもらえば、まぁ売れるといいですね(苦笑)としか言えません。
ま、個人的には、3DSは特に欲しくないです。
研究用と称して、一応買いますけど。面倒ですねえ。

リッチコンテンツを楽しむなら、他社製品のほうがいいし、プアなら携帯かiPhoneゲームで十分。

そえいえば近頃、電車でiPhoneもってる人を見かける率が上がってきたように感じます。女性が持ってる姿もちらほら。DSやPSPはいつも持ち歩くシロモノではないけど、iPhoneは手放せませんね。

3D写真が撮れるデジカメってのがあったことを思い出し、今日家電量販店に行きました。カメラの操作はできなかったのですが、隣に3D映像を表示できるフォトフレームがあったので見てみました(もちろん裸眼でOKのものです)。

確かに奥行き感がついて見えるのですが・・・。
長時間見てられん・・・。眼がつかれるというかなんといいますか(もちろん個人差はあると思いますが)。
それに案の定、見る位置がずれると3Dに見えない・・・。


ちなみに、3D映像を見たときに奥行き方向にアクションを起こせるゲームとか面白そうかなと思いました。
奥行き方向・・・。あ!PS3のモーションコントローラーがありましたね。
あっと驚くゲームが出て欲しいです。

大声で微笑む者様>
おーなるほど、ありがとうございます。

実際出てみないと何とも言えませんが・・・

実際のブツがどういう形になるのか判りませんが、
GBAとポケモンが大ヒットしていた頃、その当時住んでいた
社宅の小学生の子供たちが全員ハマっていたのですけれども。
恐ろしい事に流行はじめたら僅か1か月後に子供が全員眼鏡着用になってました。
あの当時GBAの液晶はお世辞にも品質は良いとは言えなかったので、
その性じゃないのか?
これはPL法でなんとかされるレベルじゃないのか、と親としては思ってしまいました。

なので、今度のDS3Dが「子供の視覚」に負担をかけない製品である事を望みます。
頼むぜ。

3D表示を活かした今までに無いゲームがバンバン出るとは思えないし、一年程度で新鮮さもなくなりそうですが、掴みとしてはOKな気もしますね。

なんかSFCの回転拡縮機能を思い出します、最初は『スゲェ!』って思ったけど結局機能を活用したゲームって殆ど無かったね、みたいな。

DSの場合は処理能力の向上でもう一世代いけそうですし、3D表示は釣り餌程度の役割を果たせば十分かと。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。