Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂ショックで進む、開発会社の淘汰

明暗がはっきりと。

大規模なリストラを実行したスクウェアエニックスが「新世代ゲームエンジン開発プロジェクト始動」と題して、多種類のプログラマーを募集し始めました。人を減らしたのに何故?と思う人もいるかもしれません。各社がリストラを進め、倒産する開発会社も出てきている状況で、人材流出が進んでいるのは確か。人を採用する側にとって、現状は優秀な人を引き込むチャンスでもあります。

しかしその内容を見て絶望した人もいるかもしれません。何故ならHDゲームのプログラミング経験者を歓迎する内容だからです。

スクウェアエニックスが欲している人材像は、現在の大手企業の本音のあらわれ、と言えます。これからはHD機の経験をもったプログラマがより高い年収、より安定した条件でポジションを獲得していき、携帯機やSD開発の経験しか持っていないプログラマはより低い年収、より不安定な条件でいつリストラされるかもわからない。

ごめんなさい。
これはさすがにわずかな煽りが含まれています。しかし今はまだ煽りが含まれていても、来年は? 再来年は? その翌年は? 答えは明らかです。

そして恐ろしいことに、これはプログラマ職に限定した話ではありません。開発会社もまた、同じふるいに掛けられようとしています。以前から何度か書いていますが、SD開発スタジオの仕事が急激に減っています。開発会社Cingの倒産はその1つの証左なのでしょう。色々な憶測と噂が飛び交っている状況ですが、下記のサイトに情報がよくまとまっています。

CiNGが破産手続申請へ:追記あり
21年8月期は2商品の開発がズレ込んだほか、世界的な不況を背景にゲームソフト需要が急激に落ち込み、売上高は2億8412万円に半減。損益も長期間の商品開発により諸経費負担が嵩み、1億1900万円の赤字を計上、債務超過額は1億5900万円に拡大していた。

シング 受注競争に敗れる
PSやDSなどのゲーム開発業者への企画・提案を始め自社開発なども手掛けて2009年8月期には2億8,412万円の売上を計上していた。だが、昨年末連続して企画が通らず販売不振に陥っていたとされ、今年2月上旬には事業停止の方向だったと聞かれる。

以前の想像には当たっていた部分とはずれていた部分がありますが、どうやら本質を突いてたようですね。新規案件が通らなくなっていたのが最大のネック。企画提案をどこにしていたかは不明ですが、通らなければ、会社を畳むという状態であれば、過去にお付き合いのある企業に持っていくのが普通です。過去に仕事していれば、実績がある分、通しやすい。

となると、任天堂、マーベラス、テクモが対象だったと見られますが、テクモはコーエーとの経営統合でバタバタしており、マーベラスはWiiショックの被害者。新しいプロジェクトを始める経営体力は乏しい。マーベラスと親しかった開発会社の中には、資金繰りに焦っている所もあるようですしね。

任天堂はどうか? 噂が噂を呼ぶ今、最近聞いた噂を掲載するのは差し控えますが、地上の混乱の影響を受けない浮遊大陸にたどり着いたと思い込んだ各社にとっては、なかなか厳しい現実が待ち受けていたご様子。

まあ複数ラインを抱える開発スタジオは現在の仕事が終わる前に次の仕事を取りに行くし、次の仕事が始まるなら、会社をたたむ必要はありません。おっと・・・・前回の記事を読んで誤解した人もいるかもしれませんが、別に任天堂のせいと言うつもりは微塵もありません。企画が通らないのは業界全体の傾向で、売れなくても面白いゲームに予算がつくという幻想を抱いた開発会社がおかしいのですから。

僕が言いたいのは単純に、幻想を抱いたまま、消えていくのはもったいないよね、という事。ゲーム業界やゲーマーの一部はどういうわけか、プロフェッショナルがアマチュアリズムを振りかざすのを好む傾向があります。ある意味、幸せな時代が長く続いたのでしょうね。でも、それも終わり。竜宮城から帰った「浦島太郎」にならないように。

「遊んでもらうために買ってもらう」から「買ってもらうために遊んでもらう」へ
売れた/売れないは、まだ「時の運」という事もあるかもしれない。けれども売る努力をする/しないは常に明確です。ゲームファン向けのソフトを売る努力を怠っている会社に盲従すれば、おのずと運命は明らかですよ。


スポンサーサイト

コメント

本当の任天堂ショックはWiiのHD機が発表されたときでしょうね

4年以上HD機で先行しているPS3/360相手に一から仕切り直しですもんね
たとえ互換があってもまたハードを買わなければならないし

1000万のWiiユーザーとWiiに注力してきたサードが置いてけぼりになるのでは

> 通りすがり さん
任天堂ショックの第一弾はサードパーティの売り上げ不振。
第二弾がサードパーティ離れによる案件減少。
そして今とどめとばかりに、セカンド系(ここでは任天堂資本が入っている会社という意味ではなく、ハードメーカーがパブリッシャーとなる場合をさしてます)の・・・・。

売れるゲームと売れないゲームの格差が拡大している以上、売れないゲーム=不採算ゲームを減少させる必要があるのは短期的な経営視点では自明なのですが、つってもあれだけ利益あげてるのに、なんて余裕のない真似を・・・・・。

「入れ替え」なのか、「絞り込み」なのか。ただ、切られたという話は耳に入ってくるけど、新たに立ち上がったという話は聞こえてこないんだよねえ。本気で売れるゲームしか要らないと思ってるんだとしたら、いったい誰が「そこそこ売れるゲーム」を作るんだろうか?

いやはや・・・・。
勝者は孤独化しがちであって、そこで祭りを起こすことで、還元し、周囲に仲間を集めるというのが日本流なんだと思うんだけども。

質問

先生は長くゲーム業界を離れているそうですが
その間に、新しい技術や革新的なマーケティング方法を学ばれているのですか?
次のタイトルが楽しみでなりません

>エルブレス さん
えーっと?
僕がいつ、ゲーム業界を離れたのでしょうか?
そんな事を書いた覚えはありませんが。
そんな風に誤解されるような発言をしたことがあったかな・・・・?

ゲーム機メーカー同士の「戦争」の最前線、例えば新ハードや新コントローラのローンチ時期のタイトル等には、関わってませんよ、というような事は書いたかもしれません。

まあ匿名でやっているブロガーの正体は想像をかき立てるもの。僕の発言の断片から立場を憶測して、色々と想像がひとり歩きするのかもしれませんね。

僕は正直者なので、ずばずば書いてしまう。それを受け入れがたい人は「あいつは業界人じゃない」「だから業界についての話は全部うそ」と信じたいのでしょうね。信じたいことを信じたい人の「信仰」は微笑ましいものです。サードパーティタイトルの減少も、Cing倒産も現実に起きた出来事で、僕が警鐘を鳴らしていたことが現実になっただけです。しかし認めたくない人はいるのでしょう。

近々、任天堂もWiiの後継機としてHD機を出さざるを得ないのでしょうが(これだけHDのテレビが普及し、SD画質とHD画質の明らかな差を知ってしまったユーザーが増えている以上)肝心の任天堂にHDのゲームを作る開発力はあるのでしょうか?
今までそれを作っていなかった以上、ノウハウは全くないのでしょうし。
DAKINIさんが他のエントリーでも書かれていますが、本体の様々な機能とかを見ていると、言い方は悪いのですが「任天堂の技術力不足」というものを今世代ではまざまざと感じてしまいます。
勿論有能な方々が沢山いるのでしょうし、技術力を発揮するよりも、そもそもWiiの機能そのものが圧倒的に不足しているだけなのかもしれませんが…。
上で通りすがりさんが書かれている通り、本当の「任天堂ショック」はWiiHDが発売され、任天堂本体開発のHDソフトがリリースされた時に訪れるのかもしれませんね。
それが「凄い!さすが任天堂!」なのか、「………え?………何、これ?」なのか、どちらになるのかは全く予想がつきませんが。

任天堂本体はHDでも何とかなるんじゃないすかね。
その気になれば予算にかまけて人件費ぶち込んでも良いだろうし、というかマリオ・ポケモンどっちもHDになって文字が化けてないだけで、絵面は現状と同じでも売れるでしょうし、セカンドも今の会社をゆっくり切っていって既にHDやってる会社に発注すれば良いだけとか考えてそうだし(チーニンとか?)
「凄い!さすが任天堂!初HD作品もスゲー出来だ!」とか
「さすが社長!HD技術が他社によって熟成され始めたところで見事な切り替え!これも一つの枯れた技術のうんぬん・・・」って任天堂のファンはなるだけじゃないすかね
まぁWiiでがんばってた(逃げてた?)セカンド(下請け)とサードは逝くんでしょうが

>桜木さん
>本体の様々な機能とかを見ていると、言い方は悪いのですが
>「任天堂の技術力不足」というものを今世代ではまざまざと感じて

ファームウェアについては、「パッケージソフトの会社」の発想で、全然駄目ですね。それなりの人数を確保して、ずっと貼り付けておかないと。最近 Wiiチャンネル回りがおとなしいのは、もし縮小の方針になったのなら、実に素晴らしいですね。あれじゃ駄目だろうというのは1年もすれば見えていたことですから。

一方で、任天堂がネット企業やソーシャルゲーム勢とどこまで張り合うべきか。ネット時代のゲーム機がどうあるべきか、とか、ネット時代のゲーム機上でどういうサービスがあるべきか、ビジョンを整理した方がいいでしょうね。

デジタルディバイドと言われてもね。Wiiディバイドの方が(苦笑


>いつもはROM さん
おっしゃるとおり、任天堂のメインタイトルは問題ないでしょうね。
あまりグラフィック性能の影響を受けないデザインですし。

逆にいえば、任天堂ファン以外にとっては、HDになったからスゲー!!というゲームも期待できませんが。

セカンドは付いて来られない所は入れ替え、サードは・・・・さてどうするのかな(汗

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>DAKINIさんが今も日記やってるのを知って嬉しかったです。
おひさしぶりです。
惰性の賜物で続いてます。

> 某社が切られて経営がヤバイとバッチリ読めてしまいます
あの地域、ゲーム会社多いんで、どこの事でしょうか?
僕が知ってる限りでは、皆さん、頑張って生き抜いているなという感じですが。

ま、現状では、ここがヤバイ、あそこがヤバイ、なんて話が飛び交うのは仕方ないでしょうね。そういう噂を知ってる人が見ると、このエントリーに書いた事以上の絵図面を勝手に読み取ってしまうのかもしれませんね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。