Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のニュースに関する雑感

『けいおん!』2期は今年4月から放送開始決定キタ━(゚∀゚)━ !!
ぶらぼおぉぉぉぉぉぉーーーーっ。
早い。
実に早い2期のスタートです。

ハルヒで引っ張りすぎた角川の失敗をくり返さず、すばやく2期を立ち上げた点は大いに評価すべきですね。おそらくゲームも仕込んでいるでしょうが、「角川の失敗」「ハルヒの失敗」から学んだ正しい選択を期待したいものです。PSPかPS3かはわかりませんが、楽しみですね。


坂口博信の新作RPG『ラストストーリー』、ゼノギアス・ゼノサーガの遺伝子を引き継ぐRPG『ゼノブレイド』がWiiで発売決定!
任天堂がゲーマー向けのラインナップを発表したようです。
といっても任天堂が出す自称ゲーマー向けのソフトはあまり上手くいってませんから、どうなることか・・・・。もう忘れてしまった人も多いかもしれませんが、DSで『ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-』というソフトが発売されていたことを思い出してみるのも一興でしょう。


個人的に気になるのはやはり『ゼノブレイド』。
しかしこのソフト、以前は『Monado: Beginning of The World』と呼ばれていたRPGで、途中でゼノシリーズっぽいタイトルに変わったのが非常に気がかり。中身は別物なのに、ゼノシリーズっぽいタイトルをつけた方が売れるだろうという安易な判断でタイトルを変更したんじゃないかという疑いを拭いきれません。

いま公開されているゲーム画面も従来のゼノシリーズからは外れた感じですよね。せめて、もうちょっとゼノシリーズっぽい絵作りができなかったんでしょうか? リンク先の記事のコメント欄でも、同様の突っ込みが見受けられます。

やー、騙すのは構わないんだけど、せめて上手に騙してほしいんだよね。


任天堂は悪い実例がありますからorz
まったく無関係のソフトに『FF』の名前を冠した『FFCC』シリーズを生み出した元凶ですし・・・・。もしかすると、広報上あたかも「真のゼノシリーズ」であるかのように語るのかもしれませんが・・・・。

ま、あのゼノシリーズの最新作であれば、映像を追求できるHDであるのが必然の選択ですから、個人的には「汚さないでほしいな」という思いで遠くから見守りたい。『オウガバトル64』というソフトが昔ありましてね。あれも辛かったなー・・・・。

任天堂がモノリスソフトを買った時点で予期できた展開ではあったのですけど・・・・悲しいね、こういう展開って。ゲーマー釣るエサにしか思ってないみたいな出来になってるのが残念至極。愛情なさすぎだわー。


『バイオハザード』を作った天才クリエイター・三上真司の完全新作『VANQUISH』が発表!
ほー。
これは、これは、また1つ楽しみなタイトルが発表されましたね。セガ×プラチナゲームスの最後の弾になるのでしょうか。先日プラチナゲームズが海外パブリッシャーと仕事をしているという噂がネットに出てましたが、うん、ここは紛れもなく最先端に位置する開発スタジオですよね。

かつては志を持っていた人達がお金がなくなって、お金を持ってる所にすがりつき、意に沿わぬ表現力のプラットフォームでソフトを作っている光景は悲しいものです。しかし尖っている人達が尖ったハードで尖ったものを作っている姿は好ましく、美しく、素敵な光景ですね。

ま、噂に聞くプラチナゲームズの開発費は半端ないので、あれほど巨額の開発費を出したセガもすごいけど。セガから出たソフトの開発費を足したら、シェンムー級にはなるんじゃないの?


スポンサーサイト

コメント

坂口さんに対して、どう云う感情もないけど、『ラスト・ストーリー』で目指すと云う部分を観てると、「本当にWiiで良いんですか?」と言いたくなってくる。
開発費の問題が大きそうだけど、Wiiで出すには目指すハードルが高過ぎるような…
掛け声倒れになるんじゃないかなぁ。

『ゼノブレイド』の画像を観ましたが、俺もゼノシリーズとは雰囲気が違うと感じました。
途中から、巨大メカでも出て来るんでしょうか?
ゼノシリーズは好きなだけに、売らんが為の安易なネーミングなら残念。
意気込み云々て部分は理解出来ますが…
まぁ何だかんだ言ってもこの2作品、気になるんですけどね(笑)

>DSで『ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-』というソフトが発売されていたことを思い出してみるのも一興でしょう。
ASHに関しては任天堂はパブリッシングだけですよね
SRPGを好きな坂口さんがRPGの手法で作ったらこうなちゃった…みたいな
ほぼ同じシステムを上手い事落としこんだデビサバは個人的に昨年のベストSRPGでした
360でリリースされたロスオデ同様シナリオは良い出来でしたので期待したいですね

>いま公開されているゲーム画面も従来のゼノシリーズからは外れた感じですよね。
>せめて、もうちょっとゼノシリーズっぽい絵作りができなかったんでしょうか? 
>リンク先の記事のコメント欄でも、同様の突っ込みが見受けられます。
ゲハ的煽りのはちまとそれに類する人間が集まるコメント欄を参考にするのはどうかと
そもそもゼノって設定も大幅変更されてる時点で
ギアス、サーガを一まとめにする事自体に違和感を感じますよね
まぁ、公式でゼノシリーズって言ってるからそうなんでしょうが…
個人的には加藤正人さんの離脱が響いたんではないかと思っています


>もしかすると、広報上あたかも「真のゼノシリーズ」であるかのように語るのかもしれませんが・・・・。
「真の」ってゲハネタな上に言ってたのはアンチや狂信者ですよ
そんなもの取り上げたら品性を疑われますからやめといた方がいいのでは


ついでにNPCまで愛するオウガオタの私から事実誤認を指摘しておきます
>『オウガバトル64』というソフトが昔ありましてね。あれも辛かったなー・・・・。
オウガを64にリリースするのを決めたのは「クエスト」
松野さんの残した基礎資料を基に製作したのも「クエスト」
(ただし松野さんの用意していたシナリオとは異なる)
オウガバトルを高く評価していた為、販売支援・パブリッシングしたのが「任天堂」
よって「任天堂は悪い実例」から繋げる話としては当てはまりませんね

原作者である松野さん本人が気にいっていると発言してますからね
危ない発言(笑)も出たぶっちゃけの中での発言な為、リップサービスでは無いと思います
ファン心理としては松野さんが作った6章をやりたい気持ちが強いですが
「松野さんが認めたオウガ」なら受け入れようと思っています

>>玄武さん
>途中から、巨大メカでも出て来るんでしょうか?
公式開いたら即巨大メカ出て来るんですけど…

ご無沙汰しています。

>玄武さん
>ゼノブレイド
3DANさんもおっしゃっていますが、サイトトップで巨大メカ出てますから、やはり従来路線ということなんでしょうね。
ギアス>サーガの時点でも絵柄は大幅に変わっていますし、逆に新しい物語に変わるという区切りでもあるのかもしれません。
かつてPC-E/CDROM^2で”天使の詩”というRPGがあったんですが、違うっていうレベルじゃねーぞ!ってくらい1と2の絵柄(1:富士宏さん/2:結城信輝さん)の毛色が違った作品もあったわけですしw

>ラストストーリー
任天堂としても従来ユーザーに訴求できるラインナップを、という思惑があるのでしょうね。発売の近づいたレギンレイブにしても、ゼノブレイドにしても。
坂口氏は、大作を作れる非凡なクリエイターであるとともに、”生と死”の物語を紡ぐストーリーテラーでもあります。
ハードという容れ物は、さほど問題ではないかと。HDで壮大なものをと望むユーザー的な心情は、もちろん私も理解できますが。
単純に氏の正統派RPG新作ってだけで、わくわくしますね。

これまでにも罪と罰2やディザスターなど、ゲーマー訴求タイトルは売り上げ的に成功したとは言い難いかもしれません。
にもかかわらず、層的に売り上げが見込めないかもしれない、こうしたタイトルをしっかりリリースしてくれるのは嬉しいですね。看板タイトルで稼いだ分で、還元してくれてるのかなw


>DAKLINIさん、3DANさん
SFCオウガはプレイしたんですが、64はハードを買わなかったんでオウガ64は未プレイなんですよね。
お二人の話を見て興味がわいてきましたw
VC配信始まってたと思うんで、今度落してみようかな。(←いつプレイするんだよって言う^^;)


そうそう、今EoEやってるんですけど、読者の方で「分かりにくい」って投げちゃってる人いるかもしれません。確かに分かりにくいんですけど、ちょっとしたコツみたいなものを。

・インビンシブルアクション(IA)で消費したゲージは、できるだけそのアクション中で補充する。そうすることで、デンジャー状態突入へのリスクをぐっと減らすことができます。
・IA中、ジャンプはついやっちゃうかもしれませんがむやみやたらと飛ばない。ジャンプ中射撃は集弾率が落ちます。もちろん、障害物を飛び越える場合や、叩きつけを狙う場合はその限りではありませんが。
・レゾナンスアタックを有効に(1アクションを長時間)使うため、大きな3角形を作るように心がける。隊列がV/Z/Rの順になっている場合でいえば
 V>左前方に向かってIAで移動 Z>右前方に向かってIAで移動
とするだけで、レゾナンスを2貯めつつ条件を満たせます。

上記3点を心掛けるだけでも、ボス戦はぐっと楽になると思います。雑魚戦で試して、感触をつかんでみてください。
まぁ、ここの読者はコアな方が多いですから、大きなお世話かもしれませんがw
クラック、部位破壊やそれに伴う位置取りなど、戦略が理解できるようになると、かなり楽しいですよ。
初見のときは「マスエフェクトのようなTPS戦闘なのかな?」と思っていましたが、いい意味で裏切られましたね(体験版がすごく叩かれていたようですが、私は予約済だったので敢えてプレイしませんでしたw)。
今時っぽいアナログ操作感覚と、SRPGのような戦略性とが、うまく融合していると思います。

今までにない斬新なシステムなんで、360やPS3を所有してる人には是非遊んでみてほしい。
ただ、とっつきにくいのだけが難なんですよねー。FF13ほど極端ではないにしても、話を進めるうちに自然に身につくような手法をとればよかったのに、と思わずには居られません(苦笑
(この辺のさじ加減は、ToVが素晴らしかったですね。)

と、偉そうに語ってはいるものの、スパ4でモチベ再燃のスト4・タツカプUAS・PSpo2のオンラインプレイに時間を食われまくって、EoEもデモンズもあまり進んでいないんですが(苦笑

>3DAN さん
> そもそもゼノって設定も大幅変更されてる時点で
> ギアス、サーガを一まとめにする事自体に違和感を感じますよね

ゼノサーガをゼノギアスの続編と正式に言えなかったのは、著作権の問題でしょうね。おそらく。キャラクターデザインを含めて、ゼノギアス>ゼノサーガ Ep1は続編っぽかったですね。

発表時はワクワクしました。当時、ゼノギアスの設定資料のEp1を読み返しつつ、ゼノサーガのEp1をプレイしたものです。細部は異なってますけどね。まあゼノサーガのEp2とEp3がね・・・・。


>大声で微笑む者 さん
もともと別タイトルだったソフトですから、後付けで「ゼノ」を冠したと考えるべきでしょうね。もともとゼノシリーズなら、最初から「ゼノ○○○○」でよかったわけです。まあ『FFCC』のような前例もありますし、推して知るべし、といったところかと。

> ギアス>サーガの時点でも絵柄は大幅に変わっていますし、逆に新しい物語に
> 変わるという区切りでもあるのかもしれません。

ゼノギアスとゼノサーガ Ep1はキャラクターデザインが一緒です。絵柄が大幅に変わったとは思いません。雰囲気が一緒なのはファンなら明らか。初期の発表映像でジンが出てきた際、シタン先生との類似性がファンの間で話題になったのも、今となっては懐かしいですね。

Ep2とEp3でデザインが変わったのは、開発会社側の内紛というか混乱というか、ま、色々と噂は流れてましたが。

> ハードという容れ物は、さほど問題ではないかと。
チープな映像で表現されても大丈夫な内容なのかどうか、でしょうね。坂口作品をチープな映像で遊びたくないですね、正直。

ということを書くと、『FF』だって昔はドット絵だったじゃないかという人もいらっしゃるかもしれませんが、当時はあれが”最先端”だったわけです。時間は逆向きには流れません。SD映像はどうあがいても最先端の映像にはなり得ないし、チープな映像の坂口作品は存在その物を残念に感じますね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。