Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年4月定点観測 - 中小にはチャンスの時代 -

年末商戦が終わって4ヶ月。この時点での国内市場の動向について簡単にまとめておきます。

よく粘っているWii

Wiiはよく粘ってます。任天堂の据置ハードはN64、GCの実績を見ると、150~200万台まではスムーズに伸びるものの、その後急速に売上が鈍化する傾向があります。ファミコン世代とファミリー層に多くのファンを抱えているため、ある一定の数字までは早いけれども、それ以降はさっぱり……というわけです。

Wiiもやはり150万台を越えたあとは徐々に販売が鈍化していきました。しかし春商戦では再び『Wiiスポーツ』のテレビCMを流し、販売を少し持ち直させました。7万台の週が2週つづき、その後は再び5万台前後に落ち着いています。

また、その後も「笑っていいとも!」の特番で、一時的に販売を押し上げるなど、任天堂は本当に販促戦略が巧みになったなと感じますね。鈍化/失速してるものの、そのカーブは緩やかで、目立つタイトルが少ない状況でうまく凌いでいるといえます。そういう意味で、「よく粘っている」と評すのが妥当でしょう。

とはいえ、新しいユーザー層を取り込むソフトが続かなければ、「いつもの任天堂据置ハード所有者+α」で止まってしまうでしょう。少し前に忍之閻魔帳の忍さんも「Wiiに関してはやけに呑気」と懸念を表明していましたが、DSの時はタッチジェネレーションが春に始まったことを考えると、確かにそう評されても仕方ないですね。

もっとも、DSの時はローンチが『さわるメイドインワリオ』と『マリオ64DS』という続編&リメイク作品で、『Wiiスポーツ』という新規タイトルを準備したWiiよりもずっと貧弱でした。また、ゲームへの関心が薄い人に向けてWiiチャンネルが積極的にリリースされている点も忘れてはいけません。

けれどもWiiチャンネルがWiiを買う動機になり得ていない点は不安要因です。ライトユーザーにとって、無線LAN環境は敷居が高く、お天気やニュースもテレビや携帯電話で見られるもので、Wiiでなくてはという訴求力が高いとは言いがたい。家族から敵視されない要素にはなっても、積極的に購入してもらう動機にはなっていません。Wiiチャンネルがネットユーザの玩具の域を脱していないのは、誤算といわざるを得ないでしょう。


おいおいおいおいおいPS3

でもまぁWiiには、悠長なことをしている余裕はあるんですよね。XBOX360は国内では全然売れてませんし、PS3も週間売上が1万1948台(4月9日~4月15日)という有り様。年度内100万台はおろか、この分だと100万台突破は夏前までかかりそうです。

ソフトメーカー各社も急いでソフトを投入する必要性を感じず、普及台数が伸びてからと考えるでしょうし、「ソフトが出ないから売れない。売れないからソフトが出ない」という悪いスパイラルに入りつつあります。

日本で不調でも、海外で売れていれば、まだ可能性はあるのですが、それも厳しい。欧州はそれなりに堅調な滑り出しでしたが、北米ではXBOX360との競争が激しく、伸び悩んでいます。

3月の北米での売上台数はNPDグループ集計によれば、Wiiが25万9000台、XBOX360が19万9000台、PS3が13万台でした。米国では日本よりもHDテレビの移行が進んでいますから、次世代機ではHDゲーム機がSDゲーム機のシェアを越えています。しかし方向性の似た2つのハードが存在するため、XBOX360とPS3はどちらもWiiを下回る傾向が出ています。

今の所、ソフトメーカにとって「PS3」という市場は存在せず、「海外のXBOX360」あるいは「PS3+XBOX360」という市場のみが存在する、と言ってもいいでしょう。ソフトメーカー各社はXBOX360とのマルチ化を進めつつあり、PS3が巻き返すのは徐々に難しくなっています。

ネットでは値下げの噂が流れていますが、タイミングが問題です。夏に『みんなのGolf 5』『ぼくのなつやすみ 3』が投入されることもあり、バンドルパックなどの施策が発表される可能性は高いものの、中途半端に値段を下げても状況は良くならないでしょう。4万円を切る価格が必要ですし、『GT』クラスのタイトルが起爆剤としてほしいところです。


中小にはチャンスの時代

ソニー、PLAYSTATION 3の20Gバイト版を北米で販売終了--公式に認める
北米でのPS3が60GBモデルのみになります。XBOX360の『エリート』もそうなんですが、HDゲーム機はゲーム機に高いお金を払うコアゲーマーの争奪戦になっています。両社とも値下げ合戦はせず、付加価値で競争しています。

値下げ合戦が激しかったPS2世代とは異なり、プラットフォームホルダー各社は今の所、不毛な価格競争を嫌っています。そのため低価格のWiiが漁夫の利を得て、販売台数を堅調に伸ばしています。

そのため中小の開発会社にとっては、チャンスが拡大しつつあります。大手ソフトメーカーは、HDゲーム機市場の成長を睨んで、そちらに開発リソースを割いておかなければいけませんが、中小の開発会社ならザックリ割り切れるからです。

あるいは、バーチャルコンソール中心のWiiとは違い、PS3とXBOX360は新規タイトルのダウンロード販売に積極的ですから、HDゲーム機でも低リスクでチャレンジできる余地があります。

DS市場が良い例です。大手ソフトメーカーの実用ソフトが苦戦している中、ロケットカンパニーの『漢検DS』、レベルファイブの『レイトン教授』のように、中小の躍進が目立っています。

少し前に「これからは巨額の開発資金と高い技術力が必要な時代。日本のゲーム産業の中小企業は脱落していく」という主張を唱える人たちがいました。けれども同じようなことは以前も言われていたのです。PS2時代には「今は続編と版権しか売れない。大手が有利」と言われ、DS時代には「脳トレは宣伝で売れた。巨額の宣伝費を使える大手が有利」と言われたのです。

しかし事実はそうではありませんでした。要は、チャンスが目の前にあっても手を伸ばさない人間が、自分の臆病さを正当化するために、「みんな、同じ! みんな、チャンスが無い! だから俺がこうなってるのは仕方ない!」と叫んでいただけなのです。

今ふたたび新しい戯言が生まれつつあります。目の前にあるチャンスを捨てて、新しいチャンス(もどき)に飛びつこうという言説です。セカンドライフに代表される仮想空間サービスです。これからは仮想空間サービス? ゲームはサービス化?

そういう寝言は資金力のある大手に「遊んで」もらって、作られたブームに乗せられることなく、稼げる時にきっちり稼いで、成長すべきでしょう。鈍重な象があちこちに目移りしている間に、中小が小回りで勝負する。堅実な積み重ねこそが企業を成長させるのですし、今はそれができるのですから。

スポンサーサイト

テーマ:★ゲーム業界★ - ジャンル:ゲーム

コメント

はじめまして

はじめまして。ココ最近、次世代ゲーム機戦争ネタが面白くてブログや掲示板などをいろいろ
と徘徊しております。

ちょっとお願いがあるのですがよろしいでしょうか。
4/17日のブログで『テレビゲーム産業白書2007』が手に入ったとの記事がありました。

第5章 テレビゲーム小売店動向に 
業態別主要店舗数 一覧
があると思うのですが、これで日本国内のテレビゲーム取扱い店舗数
は分かるものでしょうか?特にゲームハード取扱い店舗数を知りたいのですが。
勝手ながら教えていただければ幸いです。
出版元のメディアクリエイトはソフト売上ランキングを作成するさいに2万店の協力
を得ているらしいので、日本には2万以上のゲームソフト取扱店があるとは思うのですが、ハード
取扱店となるとどうでしょう。書店とかハードを取り扱ってない店舗も多いですし。
よろしくお願いします。


さてさてwiiではスーパーペーパーマリオが発売となりましたね。wii本体の販売台数からして大きな数字を
いきなりたたき出すのは難しいでしょうが、いつまでもじわじわ売れるソフトになるかもしれませんね。
PS3は・・・日本では値下げの切り札を発売前に一回使ってしまったので、難しいですね。
値下げの噂は本当のところは海外でしょうね。しかしソフトが・・・
xbox360は、発売当初から仕入れ値>店頭売値を強制されたらしく、小売激怒、以後現在に至るまで
小売から嫌われる商品となってしまいました・・・

中小は現在DSで大チャンスがあるはずなのに脳トレの二番煎じ、スクエアでさえも実用書を写しただけ
のソフト(地球の歩き方、ソムリエ、とか)を出しそうでなんか迷走という感じですね。
以上、長々と失礼いたしました。

「ゲーム取り扱い店舗数」はわかりますが、ハードに限定しての数字は載ってませんね。ちなみにどう考えても2万店もあるように見えないのですが、2万店というのはおそらくコンビニなども含めての数なのかな?

ゲーム専門店の数、メディア複合店(ツタヤ、ゲオなど)、GMS(イトーヨーカド、イオンなど)、トイザラス、カメラ量販店、家電量販店それぞれの都道府県別の店舗数は表に載ってますね。

4月のWiiタイトルですが、『Wiiスポーツ』級の売れ方は難しく、商戦期を外している状況ですから、うまくいっても『おどるワリオ』38万本前後、『トワプリ』45万前後と同程度なんじゃないかと思います。まぁローンチ時に比べると、普及台数は上がってますから、伸びる余地はあるといえばあるんですけどね。

お早いお返事

ありがとうございます。

今ってコンビニはゲームって取り扱ってるのでしょうか?デジキューブが潰れててっきりないものだと
思い込んでました。たしかに2万という数字はコンビニ含めなきゃ不可能な数字ですよね。

>ゲーム専門店の数、メディア複合店(ツタヤ、ゲオなど)、
>GMS(イトーヨーカド、イオンなど)、トイザラス、
>カメラ量販店、家電量販店それぞれの
>都道府県別の店舗数は表に載ってますね。

えー、ということは全国合算の数字は載って無いってことですね。
計算してくれというのは酷なのでやめときますね(笑)
しかし、ネットでいろいろ検索してもゲーム取扱店舗数は見つからなかったんですよ。
うーん、管理人さんは推定でどれくらいだとおもいますか?コンビニ抜きで。

以前ほどのラインナップではありませんが、近所のセブンイレブンでは扱ってますけども。

一応、取り扱い全店舗も出てますね。これはざっと見ると、合計値かな。だいたい3900店舗ぐらいですね。

3900店

上記の3900店というのは、ゲオやヨドハシといったチェーンはまとめて1店舗という
数え方ですか?

とりあえずゲームハード・ソフト取扱店舗数は
国内6000店ぐらいかなあ。セブンイレブンのように
PS3だけ取り扱ってるコンビニは除いて。

> 上記の3900店というのは、ゲオやヨドハシといったチェーンはまとめて1店舗

いえ、それではデータとして無意味ですよね。
チェーン店の各店舗は個別に計算されてます。

むう

ゲームソフト取扱店舗数って3900店舗しかないんですか。あらま。
とりあえずネットで2000年の時点でゲーム専門店だけで約7800店のは見つけたんですが。
すごい淘汰っぷりですね・・・
3900店舗に無店舗型のネット、通信販売いれて多く見積もって4000店といったところでしょうか。
んーメディアクリエイトのソフトランキング調査協力店って15000店以上はコンビニって
ことになりそうですね。

PS3のソフト不足って本当に深刻な事態だと思うんですよ
だって遊びたいソフトが、本当にない
月に2、3本とかですからね
ニンテンドウ64は半年も任天堂開発のソフトが出なかった年がありましたが(スターフォックス64→ヨッシーストーリー)、このままだとそれ以上に酷いことになる気がします

だからこそ中小メーカーにとっては好機かもしれませんね、パイを独占できるということですから
トロステーションの開発者がブログで語っていましたが、ハイエンドなグラフィックにこだわらないなら、PS3はPS2やPSPよりも開発がずっと楽なのだそうです
80万というマーケットは中小メーカーにとっては決して小さいものとも思えませんし、DL販売なら流通によるコストなどもほとんどかからないでしょうし
1000円から2000円程度ならとりあえず買ってみようという気にもなります

実はアイディア勝負に一番向いている土俵はDSでもWiiでもなくPS3のDL販売だったりする気がしますね、こっちには任天堂という強力すぎるライバルがいませんし

たびたび

すいません。
メディクリのTVゲーム産業白書に

>ゲーム専門店の数、メディア複合店(ツタヤ、ゲオなど)、
>GMS(イトーヨーカド、イオンなど)、トイザラス、
>カメラ量販店、家電量販店それぞれの
>都道府県別の店舗数は表に載ってますね。

とありますが、玩具店、いわゆる「町のおもちゃ屋さん」は載ってないのでしょうか?
総務省統計局だと「がん具・娯楽用品小売業」に分類されるところだと思います。
もちろん、プラモ店、キャラグッズ店、フィギア店、釣具店などTVゲームを扱ってないところ
も含まれますが。
H16年では10741店でした。(H11年より約20%減)
H18年だと推定6000~9000店?さらにこのうちTVゲーム取扱のおもちゃ屋さんは・・・4000あるかなあ。
量販店の進出で町のおもちゃ屋さんはバタバタ潰れましたからね。

含まれていないように見えますね。
あと、そろそろ長いので、これで質問にお答えするのは最後とさせていただきます。
白書を買うか、借りるかしてください。よろしく。

どうも店舗数に関して長々とお付き合いありがとうございました。
全国にはコンビニ除いてゲームハード・ソフト取扱店は8000~12000店ってとこですかね。
ウチの近所もイ○ンができた瞬間にゲーム屋はバタバタ潰れました。
なんともさみしいものですが時代の流れなんですね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。