Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『FF13』、初週150万本突破! PS3も24万台以上!

『ファイナルファンタジーXIII』の初週販売本数は151万6532本!(エンターブレイン調べ)
うほほほぉぉぉおぉぉぉぉぉぃっ!
『FF13』の発売初週の売上はなんと151万本。
PS3の普及台数を考えると、驚異的な数字です。
PS3も24万台以上売れています。
これは文句なしに圧倒的な大成功でしょう。

このまま伸びていけば累計180~190万本。
年末効果と正月休みもありますし、23日から3D映画『アバター』の上映されるTOHOシネマズでは『FF13』の3D映像が流れます。発売後に消費者の関心をひきつける広報施策が打たれることもあって、200万本の大台も期待したいですね。

それにしても『ドラクエ9』の時といい、ネット上のネガキャンって本当に無意味ですね。むしろ大騒ぎすればするだけ、「お祭り」感が増しているだけのような気さえします。ビッグタイトルというお祭りにおいては、ネガキャン騒動でさえ注目度を高まる結果になり、そして購入者はちゃんと情報の取捨選択をおこない、ネガキャンなんぞに左右されません。

そうそう、年明けから春にかけて、PS3はタイトルが充実しています。

バットマン アーカム・アサイラム
海外で高い評価を得て、セールスも好調な『バットマン アーカム・アサイラム』。1月14日発売。

販売元は『モダン・ウォーフェア2』の国内販売で成功をおさめたスクウェアエニックス。買収したアイドスの作品だけに、『モダン・ウォーフェア2』以上のローカライズを期待したいところ。

アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く 特典 オフィシャルビジュアルブック付き
最響の美少女RPG『アルトネリコ3』。1月28日発売。
音楽の重要なゲームだけに、最強AV機器でもあるPS3はまさにベストチョイス。

End of Eternity (エンド オブ エタニティ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RESONANCE OF SOUNDS」付き
次世代機でのRPG開発の経験が豊富なスタジオといえば、間違いなくトライエース。1月28日発売の『エンド オブ エタニティ』はセガとの初めてのタッグでもあり、非常に楽しみ。

セガは最近、売り方がうまくなってきた感があります。『ファンタシースターポータブル2』の販売も成功を収めており、本作も『FF13』の次のソフトとして販売本数が伸びるといいですね。

スターオーシャン4 インターナショナル 特典 スペシャル画集「ART OCEAN」付き
2週連続、トライエースのRPGが発売。これぞトライエース祭り!?
『スターオーシャン4 インターナショナル』がようやくPS3にやってきました。Xbox360版との膨大な差分を追加した『ヴェスペリア』と比べると、差分があまり話題になってない点が少し気になります。

真・三國無双 Online ~神将乱舞~(オンライン専用)(通常版)
『大航海時代 Online』に続き、『真・三國無双 Online』もPS3で登場。2月18日にオンライン専用で発売。以前から何度か取り上げているとおり、HDDを標準搭載し、オンラインのレギュレーションもゆるいPS3にMMORPGが集まってきていますね。

ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園 特典 エロチカ★ポートレート セクシーチェリー味付き
『ノーモア★ヒーローズ 英雄たちの楽園』が2月25日発売。
Wiiでの売上不振に苦しみ、HDゲーム機へ移行したマーベラスの移植作第一弾で、今後も評判のよかった作品がHDゲーム機に搭乗するのかもしれませんね。

龍が如く4 伝説を継ぐもの 特典 Kamutaiマガジン付き
PS3を支えてきた三大クリエイターといえば、名越氏、小島氏、野村氏。名越氏の最新作『龍が如く4 伝説を継ぐもの』が3月18日に発売です。シリーズのさらなる飛躍を期待したい。

北斗無双(2010年3月発売予定)
無双シリーズ最新作『北斗無双』は3月発売予定。
ただ、その前にWiiで発売した某無双のPS3版の発表も忘れてほしくないですね。「無双を遊びたい人はPS3を買えばいい」というシンプルなメッセージをユーザーに届けるのが大切です。ハードメーカーとの「政治」的な都合で、ユーザーを振り回しても益はありません。

さらに『グランツーリスモ5』『ゴッド・オブ・ウォー3』も3月に発売予定でしたね。PS3はゲーマーにとって隙のないハードになってきましたね。PSPも続々とタイトルが揃っていますし、ゲーマーの楽園=PS陣営+Xbox360という構図がますます鮮明になっています。

スポンサーサイト

コメント

今もFF13に対するネガキャンは酷いですね。
しかしネタバレなんかも含め、その大半がネットやら雑誌やらの情報や映像を元に、妄想と偏見で築いた妄言に過ぎない事は、買った人はよく分かっているでしょう。
実際、買った人しか評価できない楽天に置いては、高評価が過半数を占めてます。
叩きネタにされてる『一本道』や『ムービーの多用』も、何を今更ですし、序盤に渡って行われるチュートリアルと合わせ、毎回システムの変わるFFでは、特に新規ユーザーにとっては、スムーズに物語とゲームを楽しむ為に有用な事だと思います。

今ネット上では、ゲームを買わずにネガキャンのみを楽しんでいる層が確実に居るので、下らないノイズに惑わされないで欲しいですね。
まぁ惑わされている人は少ないと思いますが。

100万は当然としてどのタイミングで150万を超えてくるかな?と見てましたが、初週で超えてくるところがさすがFF。180万出荷と聞いたときはスクエニにとっては150万すら通過点にすぎないのか、と圧倒され、しかもあっさり結果を出すんですからおみそれするしかありません。
忍さんのブログにて、ドラクエ9の280万は多すぎるのではないか、と思われ、FF13の180万は無謀すぎる、という声が多かったらしいですが、長年新作を待ち望んでいたファンをあまく見てはいかんということですね。

FF13によるPS3本体の伸びは今後発売されるサードのソフトにも恩恵を与えるものと思います。アルトネリコも前作並みには行ってほしいですし、エンドオブエタニティはもともと買う気でいましたが戦闘シーンのカッコよさにホレたんで非常に待ち遠しい。(ただいま体験版ダウンロード中・・・)
PS3に不足していたRPGがようやく形になってきました。ちょっと気になる点として、もう少し発売日をバラけさせたほうが良いような気もします。今のご時世、同じ日に複数タイトル同時購入ということを見ることが少なくなってきました。もっとも、こればっかりはメーカーにも都合があるでしょうし、月末は自然とタイトルが多いので今に始まったことではありませんが。

これから発売されるどの作品も、固定ファンがついていたり、出来上がりが楽しみな作品ばかりです。僕ごときのつまんない心配など吹き飛ばすくらい、大いに盛り上がっていってほしいですね。

うちの店でも、今日ついにFF13、追加分も売り切れました。
累計200本近く売れましたね。(明日はどうしようか・・・)
他店も軒並み売り切れているみたいですし、スクエニの初週出荷180万本はほぼ実売数に近い数が売れていると思われます。
追加出荷が順調に行けば年明けには200万も十分に達成可能な数字だと思います。

いくらFFとはいえ、PS3の状況を考えれば初週100万、累計150万なら良いところかなと思っていたのですが、まさかの初週150万には驚かされました。
10や12の売り上げを超えるのはかなり厳しそうですが、クリスマス・年末・正月需要を挟めば200万突破も十分ありえそうな勢い。今の据え置きハードの現状でこれだけの数を売るのは、流石はFFナンバリングといった所でしょうか。FFCCCBの失態でFFブランドは終わったなどと言っている人達もいましたが、やはり本編は格が違います。

内容の方も、現在は愛佳でいくのと並行してプレイ中ですが、オプティマによる戦闘がスピーディかつ戦略的で非常に楽しい。街のような場所でゆっくり腰を据えてレベル上げなどができない、ダンジョンが進むだけ等そこそこ目につく不満もなくはないのですが、それを補ってあまりある映像美と、爽快感と緊張感が両立した絶妙なゲームバランスは本当に素晴らしい。
連打ゲーなどとも言われていますが、戦闘の状況に合わせて効果的なコマンドを自動で選択してくれる(敵の密集具合に合わせて範囲攻撃を選ぶ、回復魔法を使う時自動でHPの低い味方にカーソルがいく等)AIの優秀さがあってこそで、ユーザーのことを考え抜かれたシステムのお陰で、ストレスなくプレイできております。

それにくらべてFDCは……流石に天下のFFと比べるのは無理がありすぎますが、あの無駄にクリックの多いインターフェースはどうにかならなかったのかと……ゲーム部分は結構面白いだけに惜しいですね。ともあれ、1月末のラッシュまではこの2本だけで十分過ごせそうです。

>皆様
コメント返しも不十分で申し訳ありません。
『FF13』はまとめて時間が取れるまで置いてあって、毎日ちくちく遊んでるのは『愛佳でいくの!!』のFDCです。FDCはUIとかホントに残念ですが、もうちょっと磨いてくれれば、単品でも買える物になったのになー、と。

不親切な部分のマゾ性が「ああ、俺はホントにこういうダンジョン物が好きなんだなあ」と実感できて良いというか。キャラの魅力というエサもあって、なかなかほどよいハマり具合です。

『ToHeart2』という世界観が確立した上で、キャラごとに基本職があるというのも、ある種の不自由さがありつつ、キャラ育てゲームとしての楽しさもあり、他のダンジョンゲームには無い楽しさですね。このキャラはこのクラスにしたいという思い入れが湧いてきます。

つーわけで、『FF13』は超序盤で止めてるんで、感想等は早くて週末、うーん、たぶん正月以降かなあ・・・・。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。