Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末商戦でハード好調! しかしWiiのゲーマー向けタイトルが続々爆沈

忍之閻魔帳さんによれば、Wiiの週間販売数が約14万台とクリスマス週にむけて好調に推移。『Newマリオ』効果以上に、年末商戦での任天堂の強さが光ります。またPS3も約7万台と好調に動き、『FF13』発売週でどれだけ伸びるか楽しみです。

ハード販売が上向いている一方で、ゲーマー向けのタイトルはプラットフォーム別に明暗がくっきり分かれました。『戦国無双3』は2週目の累計で16万本と低調な推移のようです。「小売店の読み違い」を主張していたネットの一部の過激な意見はやはり的外れでしたね。

また完全新作『テイルズ オブ グレイセス』は『テイルズ オブ ヴェスペリア』(PS3)はおろか、外伝の『ラタトスクの騎士』(Wii)を下回る約14万本。完全新作であり、普及台数も伸びているのにこの結果・・・・。固定ファンでさえWii版を見限った人が増えたのでしょう。発売日を『FF13』の前週に設定したのも失敗でしたね。

『FFCCCB』程ではないにしても、Wiiで発売されたゲーマー向けタイトルは軒並み苦戦しており、その傾向は年末商戦でも変わりませんでした。これがWiiのゲーマー市場の現実です。国内のサードパーティ各社の認識はほぼ完全に固まったでしょう。まあゲーマー向けのプラットフォームとライトユーザー向けのプラットフォームが分化していくのは見えていた話です。


年内は少しおとなしかったPSPも、出遅れていたタイトルが続々と揃いつつあります。
『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』の続報が明らかになり、タイトルから予想されていたとおり、モンハン版どうぶつの森という雰囲気のようです。DSでどうぶつの森と戦っても仕方ないのは確かですが、PSPであえてその層を狙っていくあたり、「奪っちゃいなよ、ユー。どうぶつの森のユーザーを」とSCEから囁かれたのかどうかは知りませんが、なかなか無謀なまでのチャレンジングですね。

『ファンタシースターポータブル2』がネット経由のマルチプレイをサポートしましたが、春に出る『真・三國無双 MULTI RAID 2』もネット対応の予定。PSP陣営はネット対応が進んできており、タイトルも充実。来年がなかなか楽しみですね。

さらに『デッド オア アライブ パラダイス』がPSPで発売されるようで、いやー、きましたね。きました。『アイドルマスター』に続き、Xbox360の象徴の1つだったタイトルがPSPで発売されていく。そういう流れなのでしょうかね。


『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2』は2機種合計でなんと17万8000本。普段FPSを買わない僕も買ったしなあ・・・・。『戦国無双3』の2週合計を抜き、『テイルズ オブ グレイセス』も軽やかにぶち抜きました。本当にあっさり、と。国産の有名なRPG作品が海外のFPSに売上で負けてしまう。

すごい時代になったでしょう。でもこれがWiiの現・・・・いえ、日本のゲーム業界の現実でしょう。SDで足踏みをしていたソフトが国内市場でさえ、海外のHDゲームに負けてしまう。『テイルズ』と『戦国無双』が売れなくなり、『モダン・ウォーフェア 2』が売れるようになった。「なーんだ、日本のゲーム開発者って要らないじゃん?」という考えが大手上層部の頭をよぎってもおかしくない状況です。

しかしこの売上が『テイルズ』や『無双』の限界なのかといえば、違いますよね。移植にすぎなかった『ヴェスペリア』がPS3でどれほど売れたのかを考えれば、それは明らか。要は、普及台数の多いハードに乗っかればそれで売れると安易に考えて、ファンが望まないプラットフォームを選択し、努力と研鑽を怠ってしまった。HDから逃げてしまった。それがこの結果を招いたわけです。

既存のSD向けタイトルはPSPでリスクヘッジしつつ、HD向けタイトルは厳選していく。据置ゲームについてはそういう流れが進んでいくのかもしれません。これ以上の停滞は許されなくなった、という厳しい現実を率直に受け止めなければならないのでしょうね。


スポンサーサイト

コメント

WiiもPS3も本当によく売れてますね。

テイルズも無双もPS、PS2で育ったタイトルですからWiiとの相性は悪いでしょうね。
PS3で出した方がユーザー層的にも、ゲームの質的にもよかったのでは。
(というか、そのうちHD画質に改良してPS3でも出しそうですが)

正直PS3のグラフィックに慣れると、PS2と大差ないWiiのグラフィックはかなり見劣りします。
マリオみたいなファンシーな絵柄のディフォルメ絵なら気になりませんが
テイルズも無双も既にHD版が出ていますからね・・・。

さて、今日はいよいよFF13です。

>町田 さん
バンダイナムコとコーエーは、ファンに対して甘えが過ぎた、という事では。特にバンダイナムコは『アイマス』の今年の展開といい、国内向けのタイトルは既存のファンに甘えてしまい、品質や新鮮さを提供する姿勢がちょっと足りなかったように思えます。


Wiiの現状についていえば、クラコンPROの施策は短期的には効果もあったでしょうが、トータルで見ると失敗だったように思えます。HDテレビの普及やBDタイトルの増加という市場環境の変化がある中で、Wiiは画質で負けている以上、「売り」を削ぐような施策は採るべきではなかった。

にもかかわらず、目先の普及台数や目先の売上本数にこだわって、安易な施策を始めてしまった。しかもWii全部につけたわけでもなく、半端さが否めません。今年、任天堂がWiiで実行した施策で何か良かったものがあったのか・・・・Wiiの間、クラコンPRO、モンハン3過剰プッシュ(による流通在庫増大)、サードパーティ支援の失敗の数々・・・・。

一方、DSはなんだかんだで全機種中No1ハードですね。中堅、小型タイトルの売上の落ち込みが激しいとはいっても、マーケットとしてはかなり維持できています。小さい会社がどういう方向へ進んでいくのか・・・・? まあ来年は、前半はPSPが盛り上がっていき、後半は「次」が盛り上がってくるのではないかと思いますが。

タイトルの奪い合いも激化しそうですなー。任天堂は最近、自陣営のサードタイトルを育てる忍耐強さはなく、他陣営のタイトルを奪ってくることに夢中ですからね。Wiiの教訓をどう活かすか。ま、そもそも問題とは思ってなさそうですが(苦笑 無自覚こそが真の傲慢の第一歩。

Wiiのゲーマー向けタイトルが期待値を出せないのは恒例なので、テイルズと戦国無双の前作割れと聞いても「やっぱりね」以外の感想が無く、「何故そうなったのか」と考えるのも馬鹿らしくなりました(苦笑)。「だってWiiだもん」の一言で何故か納得できてしまう。
むしろ「ファミリー向けの続編」も前作割れが酷いという状況のほうが気になります。
ファミリー向けはWiiを支えた層のはずですが、『太鼓の達人』は前作が60万本近くを販売しましたが、2代目は大きく割りこんでいます。『太鼓の達人』のみでなく、『ファミリートレーナー』など他の前作が売れた「ファミリー向けタイトル」でも同じ傾向が見られます。
私はこれまでWii所持者はライトゲーマー層が多いと考えていましたが、「ブームでなんとなく買った人」が大半なのかな、と思い始めています。ライトゲーマーはライトとはいえ一応はゲーマーですから、RPGやSTGなどのゲームは買わなくても実用系やコミュニケーション系、ファミリー向けなどは購入しますし、前作が売れればその続編も販売数は予想できます。PS、PS2でこの流れがありましたし、DSでも同様です。
『DDR』や『ビートマニア』、『ポップンミュージック』、『ウイニングイレブン』や、PS2版『太鼓の達人』が息の長いシリーズになったのも、シリーズを買い支える層があればこそです。
たぶん、セガは『マリオ&ソニック』、バンナムは『太鼓の達人』のヒットでWiiのライトユーザー層を掴んだと確信していたのではないでしょうか。「これでシリーズ展開できる」と。
しかし、現実の続編の売上本数は・・・
WiiFitプラスの100万本は絶対数では大ヒットですが、バランスボードが300万枚売れている点からみると「ダイエット市場が1/3と急激に縮小した」という見方しかできません。2000円という破格で、かつダイエット商品は廃れないという定説があるのに1/3ですから・・・。
どこかで見かけた「Wiiは本体を買うことが目的になっていた」という意見が、案外Wiiユーザー層を正確に表しているのではないでしょうか。

>どすこい さん
> たぶん、セガは『マリオ&ソニック』、バンナムは『太鼓の達人』のヒットでWiiのライトユーザー層を
> 掴んだと確信していたのではないでしょうか。「これでシリーズ展開できる」と。
> しかし、現実の続編の売上本数は・・・

もし本当にそんなことを考えていたのだとしたら、愚かという他ありませんが・・・・。ライトユーザーは移ろいやすい層ですからね。ブランドとして定着させるには、なかなか難しい。少しずつでも丁寧にファンを育てていくのが大切です。

そういう意味では、Wiiは脳トレ程ではないにしても、やはりバブリーマーケットであり、脳トレバブルと違って『レイトン』のような次のソフトが出てくることもなく、任天堂の一部有名ソフト以外はお客さんが動かないマーケットになりつつありますね。まあ、日本のサードパーティにしてみれば、労多くして益少ない市場だった、というのが1つの総括になってますね。


任天堂と仲良くやりつつも、Wiiというリスクを見事に回避したレベルファイブの判断力はさすが。SCEとも関係を保っていますし、日野氏の「政治」センスは鋭いですね。任天堂の首脳部はつめの垢でも飲ませてもらったらどうですかね。

「政治」「外交」はお粗末の一語で、優れた経営者として確実に名前を残すであろう岩田社長(および体制)でも、やはり弱点はあるのだなあ、と。苦手なんだろうなという印象はあったけど、ここまで酷いとは意外や意外。HAL研の経験から、サードパーティの心情が汲める人物かと思ってましたが・・・・。自分の立場が強いときに成果を出すのは小学生でもできるわけで、対等に近いところでどういう条件ですりあわせていくか。


まあ、僕は空洞化したマーケットには興味がもてなくなっています。空洞化の恐れがあったにもかかわらず、これといって有効な手を打てなかった任天堂についても、成功して腑抜けたな、という評価を与えるほか無いですね。

結局、宮本茂氏を始めとする内作系の力作で、ドドーン!とハードを盛り上げるほかない、という体制に戻りつつあるというか・・・・。いや、そうではないのかな。割ともともとそうだったけど、DSの時はたまたま風向きが良かっただけなのかもしれませんね。

>「政治」「外交」はお粗末の一語で、優れた経営者として確実に名前を残すであろう
>岩田社長(および体制)でも、やはり弱点はあるのだなあ、と。
逆を言えば、任天堂が失敗しているのは「政治」「外交」のみなんですよね。サードメーカーを「任天堂が耕した田畑で食べされる」ことに失敗しているだけで、任天堂自身の収穫は十分すぎるほど出しています。これは、本当に凄い事だと思います。
Wiiマリオは2週間で140万本を販売しており、任天堂ファンに応えるゲームを出しています。据え置きマリオが国内で100万本を超えるのは、N64以来かと思います。
ただ、SFC時代のスターフォックスやスーパーメトロイド、ファイヤーエムブレムが好きだった任天堂ゲーマー向けが、2009年のWiiラインナップでは極少なだけで。
だからこそ任天堂ゲームではSFCのスターフォックスが一番好きで、かつサードのゲームばかり買っていた私みたいな人間は、2009年の任天堂の施策を見ると「ほんと、儲けるのが上手ですねー」と嫌味を言いたくなってしまう・・・。
企業としては、発売から3年が経つのにゲーム事業が依然赤字のSCEこそ失格な部類です。海外サイトの検証では、薄型PS3のコストは3000円の逆鞘と予想されており(部品発注数が膨大、かつBD基幹部品のライセンスをソニーが持っていたいりするので私はプラマイ0ぐらいと思っていますが)、これも企業としては大問題です。薄型発売と同時に行った値下げも、本来なら1万円ではなく利益の出せる5000円にすべきでしょう。
でも、一ゲーマーとしては、やっぱりSCEみたいな姿勢が好感を持てるんですよね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。