Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4つの課題

新型PS3「好調を維持」 2Qは320万台
前年を上回る好調なPS3。
時間はかかっていますが、SCEのゲーム事業が着実に復調しているのを感じますね。国内では週販でPS3が値下げしたWiiを越える売上をキープしており、このままの勢いで年末へつないでいきたいところ。

鉄拳6:バンダイナムコの人気格闘ゲーム 世界で250万本出荷
『バイオハザード5』『ストリートファイター4』など、HDゲーム機向けのコアゲームは数百万本売れており、日本と違って、ワールドワイドではゲーマー市場がまだまだ堅調ですね。まあ日本においては、ソフトメーカーがタイトルを色々なハードに分散させてしまって、自らコミュニティを破壊してしまった気もしますが。

任天堂 DS新製品、Wiiは値下げ 業績回復へ年末商戦正念場
さて任天堂は上半期の業績低迷を補うべく、Wiiを値下げしたほか、DSi LLを発表しました。岩田社長の値下げ否定論のとおり、値下げしたWiiの販促効果は国内では限定的でした。海外でどのような効果をもたらしたのか、売上データが興味深いですね。


国内においては、現役ゲーマーが「据置機はPS3」という決断に達しつつあり、一方Wiiはクラシックゲーマー層を囲い込んでいます。新作ゲームをなかなか買わない性質のクラシックゲーマー層をどう刺激するか、各社も悩み所でしょう。しかし少子高齢化が進み、人口ボリュームの多いファミコン世代の年齢が上昇している日本では、重要な課題の1つでしょう。

ざっくり整理すると、大きく4つの課題があります。
  • 現役ゲーマー向けに「映像」や「オンライン」要素を重視した最先端のゲームを提供する
  • 新作ゲームよりも過去のゲームへの関心が高いクラシックゲーマー層に新作ゲームを買ってもらう方法を考える
  • 女性層をふくむカジュアルユーザーに興味を持ってもらえるゲームを作る
  • ゲーム世代ではない高齢者ユーザーにアプローチする
1番目については、カプコンやバンダイナムコなどの大手が頑張っています。今後はコミュニティが分散してしまった国内市場において、コミュニティの統合を図りつつ、ワールドワイドで売れるタイトルに力を入れていくのでしょう。

2番目については『世界樹の迷宮』など、ちょっとした成功事例が出てきていますが、まだ明確な答えはありません。個人的には買う予定ではありませんが、『光の四戦士』のアプローチも興味深い。どんなジャンルでも、ユーザー年齢が上がってくると、新作の購入意欲が落ちていきやすいため、この層へのチャレンジは重要。

とはいえ、時間が無い、(家計的に)小遣いが少ないというユーザー相手に、新作を積極的に買い続けてもらうのはどうしても難しい。ソフトメーカーの関心が海外市場に向かうのも無理はないでしょう。

3番目は『トモコレ』のヒットが希望の光。しかし全体としてはmixiアプリやGREEのソーシャルゲームに流れているように見えます。莫大な広報費を使える任天堂は例外として、ゲーム機経由のアプローチでは厳しい。

4番目については『脳トレ』バブルが収まった今、地道に遊びやすい環境を作っていくほかないでしょうね。DSi LLも、値段の高さや重さなど、課題は多いものの、高齢者ユーザー向けの施策としては評価できます。

従来のゲーム会社がチャレンジするのは非常に厳しいマーケットで、制作者のモチベーションや資産活用を考えても、無理に挑戦する必要はありません。事実、従来型のゲーム企業はこの分野から大きく撤退しています。


スポンサーサイト

コメント

とりとめもなく「4つの課題」について考えてみました。

> 現役ゲーマー向けに「映像」や「オンライン」要素を重視した最先端のゲームを提供する

これはゲームソフトハウスの王道なので、ゲーム専業/主力で食っていくつもりの各社はそれぞれの方法でキャッチアップするんでしょう。映画のような他の娯楽とも競合するセグメントなので、問題なのは資金力ですかね。売れる確証が持てるような大規模プロジェクトなら、金融業界と組んだり等々で資金面でのリスク分散を進める方向性に進むんじゃないかと思いますが。


> 新作ゲームよりも過去のゲームへの関心が高いクラシックゲーマー層に新作ゲームを買ってもらう方法を考える

ここの客層はたぶん大きく2つに割れていて、いろいろと余裕があって未だに比較的のびのびとゲームを楽しめる環境の人たちと、ゲームは未だに好きだけどそれ以外に優先順位の高い項目(代表的な例では家庭)を持った人たちですね。(もう一つ、それ以外の何らかの理由で殆どゲームで遊ばなく/遊べなくなった層が考えられますが、これはゲーム業界的にはほぼ無視しても良いんじゃないでしょうか。掲示板なんかでは声が大きいと思いますが)。

前者は、ある意味釣られ待ちのお得意様なので、あまり意識しなくてもどっかに掛かる魚ですね。後者の場合、子供や嫁さん、もしくは会社の同僚など、彼らがいま大事にしている人々が興味を持ちそうな属性のゲームソフトに、彼ら自身のノスタルジーを誘う要素をまぶすのがいいんじゃないでしょうか。カネは出すけど何を買うかは家族まかせ、でもその中でどれがいいとなったら、そりゃあ自身が勝手知ったる庭を選ぶでしょう。何らかのエクスキューズがないと出費が正当化できない層です。
テレビゲーム以外のオモチャでも、親御さんが子供のころ流行ったもののリメイクというのは、親には懐かしく子供には新鮮で、共通の話題も持てるということで評判がいいようです(ベイブレードとか)。「子供とキャッチボールがしたい」ならぬ、「子供とストⅡで対戦したい」でしょうか。


> 女性層をふくむカジュアルユーザーに興味を持ってもらえるゲームを作る

こういう層は、ケータイとかiPhoneとかで配信されるゲームにごっそり流れそうな感じですね。わざわざゲーム機なんて買わないけど、ちょっとだけゲームもつまみたいから手持ちのケータイで遊べるライトなものを着メロ感覚でダウンロード。少々ショボくても手持ちのハードが世界のすべてなので、それで遊べるゲームで満足しちゃう。
若年層の金銭感覚だとケータイ料金の優先順位が異常に高く、絶対額もけっこうな額だし、ちょっとぐらい支払いが増減しても気にしない傾向がありますしね。


> ゲーム世代ではない高齢者ユーザーにアプローチする

ゲームに馴染んでない層に売るには、「汎用ゲーム機+別売ソフト」という構成はどうも複雑すぎて、そもそも無駄な拡張性などを含んでいるんじゃないかと。脳トレしか遊べないDS、テレビに繋ぐだけのWii Fit専用ボード、太鼓の達人専用タタコン。こういった単能専用機を、込み込み9,800円ぐらいのそんなに高くない値付けで、ジャパネットたかたの様なチャネルを使って売るのが向いてそう。
任天堂もファミコン以前ではゲームウォッチやテレビゲーム6/15などでそういう商売をしていたし、何となくの印象ですが、そういう商いが本質的に向いてそうですけどね。

>いつどこ名無し さん
ゲーマーが元気になっている中で、ゲーマーに対するフックが何か、という事を真剣に考えると、「映像」「オンライン」のどちらかで突き抜けていく他ないわけで、『デモンズソウル』はオンライン、『アンチャーテッド』『ベヨネッタ』は映像で頑張っていました。Wiiの場合、映像はどうしようもないし、オンラインもDSと大差ないWiFiコネクションで、非常にアピールしにくいというか、PS2時代からの差分を感じてもらいにくい。

体感性とコアゲームが(当初、任天堂が期待したほど)合わないという事で、クラコンPROの展開が始まりましたが、結局WiiをPS2並みのハードにおとしめているのと同じ事です。『モンハン3』以後、Wiiは盛り上がっているはずだったんだけど、秋になるとすっかり冷めていたという。

やはりゲーマーは冷静というか冷淡ですね。
ネット上での騒ぎと、実際の動きには、かなり差があるなというのを強く感じています。

> 何らかの理由で殆どゲームで遊ばなく/遊べなくなった層が考えられますが、
> これはゲーム業界的にはほぼ無視しても良い
そうですね。
その点がハッキリしてきました。

「SDで十分」とか、アンチPS3層というのは、実際にはゲームを買ってないし、遊んでない人達ではないかという事が非常に明確になってきました。というのは、Wiiでゲーマー向けのタイトルが売れてないからですけど。

結局、彼らは最先端のゲームについていけない自分を認めたくなくて、現役気分で何か文句を言っているだけなんですね。まあ、それならそれで、(最先端のゲームとは言い難いが)手堅く遊べるWii用のゲーマー向けタイトルもあるわけですが、それは買わない。

うちのコメント欄でも、去年から、DSでゲーマー向けのタイトルが充実しているとか言って、騒いでいた人達がいました。でも例えば、彼らが引き合いに出した『PS ZERO』は売れてません。ロートルがロートルの感覚でわめいていただけで、正直見苦しい。

そういえば、Wiiの次世代機についての憶測がネットで色々と流れていますけど、Wiiの世代交代は確かに早いかもしれませんが、「SDのアプコン」という安易な方法は取らないでしょう。その点は、竹田玄洋氏、宮本茂氏ともに、ちょっと遠回しに否定してますね。
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/091030qa/02.html

> 世の中テレビがHDになっていくわけですから、HDでの見慣れている絵が出るのが自然と思います。
>普通の放送が全部HDになるわけですから、HDが自然な流れかなというふうに、個人的には今思っています。

> そこを強化しようとするとどうしても、SDのものをHDにとハード的に強化しても、ばれてしまいます。
> だからHD相応のグラフィックを作る開発コストはこれから、さらに高騰すると思います。

任天堂がWiiをどうするかというのは興味深いテーマで、任天堂は成功したハードはサイクルを伸ばしたがる傾向があるんだけれども、案外早めに見切って、2011年に次世代に切り替えるという可能性も、ゼロではないのかな、と。伝統的に考えるとゼロなんだけど、山内氏の時代ではないのですし、「ゼロではない」という風に捉え直しています。
しかし2010年は無いでしょう。


> 何らかのエクスキューズがないと出費が正当化できない層です。
そうですね。
彼らに理由を与えることが、非常に重要になっていきますね。


> こういう層は、ケータイとかiPhoneとかで配信されるゲームにごっそり流れそう
アイテム課金のマーケットが、3大SNSの競争とか、海外のソーシャルアプリのローカライズで充実してきて、早い段階で3倍とか5倍に伸びていきそうな雰囲気です。

あとは、それに電子マネーがどう絡んでくるか。またケータイの決済がオープン化されるみたいな話も、ちらほら見え隠れしてきてるので、そうなると公式サイト、公式コンテンツに制限されていたものが、一気に開放されるので、劇的に伸びてくるかもしれない。

ケータイのお財布化が加速することで、アイテム課金ビジネスはぐっと伸びてくるので、「パッケージ販売か、ダウンロード販売か」というゲーム機業界の議論がせせこましい話になってしまうかもしれませんね。

パッケージ販売とダウンロード販売の混在はしばらく続くのでしょうが、アイテム課金が活性化していくと、ユーザーの財布は限られているので、売れるタイトルと売れないタイトルの差は相当大きく開いていくし、ショップに落ちるお金も減っていってしまう。アイテム販売はリアル店舗を通しませんからね。

アイテム販売についても、ネット上の声のデカい層が反発してましたが、メーカー側はガン無視してますし、冷淡ですね。声のデカい連中を無視しても構わないという事をメーカー側はわかってきています。正確には、無視していい声とそうでない声があって、どの辺を無視すればいいかがわかってきている。


クレーマー的な意見は、見抜きやすいんですね。
しかし意外と難しいのが、ファンの意見。

例えば『アイマスDS』なんて、買ってないファンが相当いるわけで、黒歴史というと語弊があるかもしれませんが、多くのファンから「遊ぶまでもないタイトル」として扱われています。まあこのタイトルが不幸なのは、ネット上で声の大きなファンブログの一部が「擁護」に回っていたことで、大半のファンがどう思っているかが見えにくかった。

最近感じるんですけど、一部のファンが「擁護」し、大半が「沈黙」するパターンというのは、危険ですね。今、僕が好きな作品の中で、そういう雰囲気(一部の擁護と大半の沈黙)になっている物があって、少し怖いんですが、現時点では「沈黙」したままでいます。

2番目について
ここが、かなり誤解が多いというか、ここでも解答があっていない。
ファミコン等の古いゲームを今買っている人は、
実際には新しいもの、他と違うもの、がすきなのです。
だから今のシリーズもの、ネームバリュー、あるいはメーカーバリューがあるものを避ける。似たようなゲームを避ける。
だから、そのような人ですから、ノスタルジー等を含めてはならない。
新しいものが必要なのです。
新鮮な世界観、新鮮なシステム。他のどれとも似てない雰囲気。
常識を打ち破るものがほしい。そこに面白さがある。

Wiiの失敗はその前に常識力なんていう失敗作を出してしまったこと。
常識をやぶることが目的だったはずなのに常識の範囲内のソフトしかでなかった。
ゲームは、やはり常識を打ち破っていかなければ
面白くない。

しかも、しゃべったりシリアスなシナリオだったり数十分もイベントというのが苦手な人も多いし、その意見を無視してはならない。完全に飛ばせてほしいしそこらへんをまったく違う新しいシステムーたとえばイベントは、メニューで選んで任意で見るー などまったく違う技法を作るべき。たとえばエンディングでスタッフロールを見せるよりアイテムかメニューで見せるなど。

セリフにしても、たとえば、今女の人は普通「~わね。」「~だわ。」とか「~なのよ」とか「~かしら」とかはほとんどいわない。こちらとしてはそのようなところを今本当の女の人がふだんしゃべっているような自然なセリフにしてほしい。

さらに自然なセリフだと普通にら抜き言葉も入るし、ぜひ入れてほしい。そのようにしゃべっていて普通に使われているのだから。ら抜きことばでもすばらしく美しいバラードも作れる。

つまり、2番目を解決するには、新しく、そしてフットワークが軽いものを出せばいい。
こちらとしてはハードが5000円以下でだせばいいと思います。ファミコン互換機が2000円で売っているのだから、なにも不可能な数字ではない。コナミあたりがだしてくれればかなり良いハードになりそう。

(あと、ファミコンカセットを買う理由は単純に安いということが大きい。300円とかで普通に買える)

どうでしょう。わかっていただけましたでしょうか?。
私は人に伝えるのが苦手なもので、誤解やわからないところもあるかもしれません。






コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。