Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンの心配が的中! 任天堂が業績を大幅下方修正

任天堂が業績見通しを大幅下方修正 Wii不振、値下げも影響
任天堂が業績を大幅に下方修正しました。
Wiiの低迷や値下げも響いたようですね。Wiiの販売目標は2600万台から2000万台へ大きく下げました。

岩田社長も「Wiiは失速した」と正直に認めたようです。まあ現状を見て、Wii失速を認められない人はいないでしょうからね。

うちのブログの読者にしてみれば、何を今更と感じるかもしれませんね。僕やコメント欄の任天堂ファンの人たちは、早い段階からWiiに対する危機感を表明していました。任天堂を愛する人たちの懸念を払拭して、がんばってほしいですね。

まあアンチソニーの神輿として任天堂を担いでいただけの人たちにしてみれば、この現実は認めがたいのかもしれませんが。ノイズは所詮ノイズに過ぎないという事でしょう。Wiiの失速とPS3の復調が同時進行しているのが、今の国内の情勢です。

明るい材料もあります。
本日、噂されていた新DSを発表。2万円という驚愕の新価格で、我々に新しい驚きを提供してくれました。

高齢者向けに液晶を大きくした新DSという事で、『脳トレ』の新バージョンが同時発表されるかもな、とは薄々思っていましたが・・・・、いやはや凡人の発想を超越した、DSiWareとして発売済みの『脳トレ』をプリインストールで値上げというアイデアには、驚愕するほかありません。

据置ゲーム機のWiiと携帯ゲーム機のDSi LLが同価格というのも、斬新ですね。DSがすごいのか、Wiiの価値が低いのか。神価値観をもちあわせない僕には、神驚愕です。

今の任天堂はソフトの内容ではなく、殿様商売を超越した神商売で、我々を楽しませてくれますね。まあ、なんですね、惜しみなく2万円を支払える神民になるべく、精神修行を積んで、はやく悟りを開きたいものです。

そういえば、下記のような噂が流れているようです。ま、神民の方々にも、ゲーマーの皆さんにも関係の無い話ですね。

とある噂話
年末にビッグタイトルを発売するメーカーさんのお話です。
メーカー的には、40万本という非常に高い目標を抱えていますが、
いざ受注を取ってみると、10万本も集まりませんでした。

どうやら、HMMH3を取り過ぎて値崩れしたのが響いたのか、
それともその時期は年末ということもあり、そのタイトルに仕入資金を割けないのか、
理由はどうあれ、受注が思っていたよりも集まりませんでした。
東の方の量販の受注が渋かったそうです。

すごいでしょう、でもこれが神マーケットの現実なんだよね。
皆さん(?)の応援とがんばりで、受注本数を上げていきましょう、エイエイオー?


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

E3での脈柏計、TGS潰しを狙ったようなWii値下げ発表タイミング、そして今回のDSiLL。
今年の任天堂は悪い意味でのサプライズの連続です。かつての講演会でイノベーションの大切さを何度も説いていましたが、一番イノベーションから遠い企業になりましたね・・・。
DsiLLですが、どのように大型化した液晶を収めるのか関心がありましたが、まさか本体自体を大きくするとは(苦笑)。この発想は正直ありませんでした。大きくなっても軽量化or重さは同じ、大きさ同じで液晶大型化、という技術社会に住んでいたもので(苦笑)。しかも重量100gアップと、携帯ゲーム機では初の大型化+増量ではないでしょうか。
本体に技術革新の欠片も感じさせない、凄いハードです。というか、314gなんて仕様が出た時点で、社内で反対意見が出なかった事が不思議です。
それを「高齢者が見やすいように”改善”しました」なんて社長が言ってしまう辺り、完全にSFC時代の嫌な任天堂を見る思いです。
本体が二周り近く大きくなっているのに、GBAスロットが復活していないのもマイナスです。DSiの時は「本体を大きくしたくない、軽くしたいから泣く泣く外した」なんて社長自ら答えておいて、大きく重くなったDSiLLで何故復活しないのでしょうか?
プリインストールソフトも今更感がただよう脳トレ2本と、今ごろ朧正宗のプッシュを始める任天堂を象徴しています。

忍さんブログでDSiLLの感想コメントを募集していますが、大半が「買わない・検討中」ばかりですね。「自分は欲しくないがプレゼント用に買います」、なんて苦しい擁護が目立つのがなんとも。まあ、こういう任天堂擁護コメントする人は、十中八九実際は買わないと思いますが。

> どすこい さん
メディア筋の人間から、「大画面DS」の噂を聞いた時は、半信半疑だったんですが、的中したなあ、と。価格については訊いてなかったので、悪い意味でサプライズでしたねえ。

つか、任天堂は情報管理が厳しい体質だけど、なんだかんだで甘くなってますなあ・・・・。その話聞いたの、8月下旬だったかな?9月上旬だったかな?その頃なんですよね。

サードパーティや流通筋、工場経由なら、業務上、教えないわけにはいかない相手だから仕方ないかなと思うんですが、メディア系で流れてきたのがなかなか驚きです。それ、単に口が軽いだけじゃん・・・・。まあ、若手の意識がゆるいんでしょうなあ・・・・。

古参、中堅社員が頑張っても、DS以降の成功体験しか知らない若手が調子に乗ってポロポロもらしたら意味が無いし、社長みずから調子に乗って「値下げ否定論」を語っちゃって、値下げ効果ダウン・・・・とか含めて、統制が乱れてきてますなー。まあ他社よりは高い水準ではあるんだろうけど。

俺も驚きましたね、DSi LLには。
高齢者がターゲットだそうですが、それなら尚の事、重量には気を使うべきだったのでは?と思います。
「大きくしたら重くなりました」じゃ余りもに芸がない。
まさか、脳トレと同時に、筋トレも狙ってるなんて事はないでしょう(笑)
もっと頂けないのは、多くの方が指摘している2万円と云う価格。
何故?としか言い様がありません。
今まで散々儲けてたんだから、思い切って値下げするくらいの価格だったら、評価は大きく変わったでしょう。

>玄武 さん
>重量には気を使うべきだったのでは?
設計にコストをかけたくなかったんじゃないですかね?
素晴らしいコストダウン精神に、サプライズ拍手するのが神民なのでしょうねえ、僕ごときには到底できない領域ですが。

>今まで散々儲けてたんだから、思い切って値下げするくらいの価格
金持ちほどケチと言われるとおりの行動で、理にかなっているのだと思いますよ。セコいから儲かる、ケチだから儲かる。還元、何それ? 素晴らしい方針ですね。神感涙。

惜しみなく2万円を投入する神民にはなれませんが、神民の人たちが言葉通りに惜しみなく2万円を投じるのを生暖かく見守りたいと思います。


そういえば、昨日このエントリーを上げてから、スパム的なコメントが急増しており、10倍ぐらいに増えていますが、なかなか愉快ですね。もはや言葉でも、論理でも、現実を否定できなくなったとき、人はテロルというか、非言語的なアプローチを取ってしまうのでしょう。悲しいかな、彼らはただ泣き叫ぶほか、選択肢を持たないのです。

Wii失速とPS3復調という現実から逃げ出して、彼らが何をするのも自由ですが、まあ犯罪にならない程度に神民的な活動をがんばっていただきたいものです。『罪と罰』も、360版の『ベヨネッタ』よりも売れてないようで、いやはや普及台数No.1ハードにおけるゲーマー向けタイトルの現実が露呈したようです。

しかしネット上で、Wiiでも「ゲーマー向けタイトル」が売れると主張していた連中はどこへいったのか。まあ彼らは『罪と罰』を買うことも無く、ゲームを遊ばずに、ネガキャン・ゲームに夢中なのでしょう。それが証明されちゃったかな? まあ賢明なゲーマーの皆さんは、ゲーマーの楽園で、充実したコンテンツを心行くまで楽しんでおられるでしょうから、「神の楽園」で何が起きていようとも、どうでもよいでしょうね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。