Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あら? ほんとに出すんだ・・・・

日経の報道が発端で、大画面DSの噂が急浮上してますね。
ゲーム会社界隈ではなく、メディア側の人経由で小耳にはさんだ話だったんで、割とスルーしてたんだけど・・・・マジネタだったのか?

高年齢ユーザーを狙うなら、文字が読みやすくなる大画面化はメリットがありますし、DS市場のカンフル剤としての役割も多少は期待できる、と。

しかし年内にそれを出すなら、来年末のDS次世代機投入は無いかもしれませんね。来年のE3で発表して2011年発売というラインか? PSP2も来年末に出てくる気配を感じない。もしそうなると今世代の携帯ゲーム機は7年サイクルになるんですねえ。

据置ゲーム機は、携帯ゲーム機よりもさらにハードを刷新するメリットが無いため、2012年以降って線が濃厚になってきたかも。PS3とXbox360は当分次世代機いりませんし。問題はWiiですが、スペックをあげたバージョンを後から出しても、普及台数のメリットが無いしねえ・・・・。


スポンサーサイト

コメント

>来年末のDS次世代機投入は無いかもしれませんね。

その可能性もありますが、任天堂は過去にゲームボーイミクロを発売した3ヶ月後にDSを発売したこともありますし、正直次世代機については、そのときになってみなければわからないのが感想ですね・・・・まずは来年のE3だと思います。

ワイド化については以前からユーザーの間で要望が出ていた案件だったと思いますし、年末商戦に向けてのカンフル剤にしたいところでしょうね。性能面がどうなるのかが気になるところですが、そこは公式発表待ちでしょうかね。
まあ、個人的にはDSをてこ入れする前にWiiをなんとかしてほしいですけど。

ただ、性能が変わらない=解像度も同じなのに大幅に画面を大きくすると画面が荒れて見れたもんじゃなくなる気がします大画面になると消費電力も上がりますし

DSiだったらまだ気にしないで済む範囲なんですけどねえ…
かといってそれを前提にするために解像度上げたらもうそれは新型機だし
まだDSi出したばっかりになのに今のところ本体を任天堂に送るしか解決策が無いwareのデータなど問題があるのに迷走してきなあ…って感じですね

特にサードにとってはこれだけ先行き不安だと結局一番普及してる初代やライトにあわせるのが一番無難と言う事になってあまり活かせないんじゃ無いかと心配しますね

この新型DSとやらが性能も何もかも新しい次世代DSだったとしたらDSiから早すぎと言う事はおいておいてかなりのサプライズではあるんですけど
(逆にそれでこの価格だとあまり性能は期待できそうにありませんね)

>H2O さん
来年のE3で初めて発表して、そのまま年末に出すのはちょっと厳しいでしょうね。もし本当に次世代ハードが年末に出るなら、少なくとも、新ハードを出すという動きは年明け~来春には表面化するはずです。
(本体デザインや、ラインナップが明らかになるのはE3でしょうが)

僕がメディア側の人間から「大画面DS」の話を聞いた時は、「来年次世代DSが出すかどうか・・・・大画面DSで時間稼ぎをするんじゃないか」というようなニュアンスだったので、大画面DSが出るなら、来年は次世代DSが出てこないのかな、と思ったのです。


>ロケット弾 さん
> 性能も何もかも新しい次世代DSだったとしたら
多少のスペックアップはあるかもしれませんが、次世代といえる次元のものではないでしょう。

理由は単純で、次世代機であれば、サードパーティに開発キットをばらまいてタイトルの開発をしてもらわなければならないからです。しかしそういう動きを見せれば、もっと事前に情報がバレます。

DSiでさえ、噂はもっと事前に出ていましたから。
この時点まで情報を隠せていた事自体、新DSが「たいしたものではない」事の証明です。報道にあるように、高齢者向けのDSという区分なのでしょう。

まあWiiの先行きが少しあやしい情勢で、次世代DSを来年立ち上げるのはちょっとよろしくないのも確かで、今年末DSの延命策、来年Wiiのてこ入れ、再来年次世代DSの方が、ラインナップの整理はしやすそうです。まあ競争もあるので、なかなか、そうは問屋がおろさないのでしょうが・・・・。

現世代で十分刈り取ってから次世代にいきたいが、ライバルとの競争があるから、
抗上次世代機出さざるを得ないっていう状況じゃないでしょうか?

据置機はPS3を出し抜きたいMSもしくはゲーマーの支持を得たい任天堂が先に次世代機に移行しようとするかもしれませんしが、まだ時期尚早な気はします。
携帯機は、ソニーはタッチパネル標準装備・iPhone対抗、任天堂もゲーマーの支持を得るため・iPhone対抗で次世代機に以降しようとする動機はありそうなので、早めに次世代機が出る予感はします。

方向性としては悪くないと思うのですが、自分が改めて買うかといわれると、ちょっと、ってかんじですね。

ここには、任天堂好きな方が多いと思われるので、ちょっと質問してみたいのですが、
任天堂ファンの立場からして
「任天堂は独自のスタンスでトップを走る、売れるメーカー」であった方がいいのか、それとも「売れなくても面白いゲームを出し続けるメーカー」であった方がいいのでしょうか?

PS3やWiiの値下げなどで少しの間、一般のメディアなどで取り上げられる機会も多かったと思うのですが
そこから私が受けた印象は、年配の方にとって、いわゆる普通のゲームに対する抵抗はかなり大きいんだな、ということでした。
1,2ヶ月ほど前の特ダネだったかで、PCでフライトシミュレーターをやりこんでいる解説者が、ゲームについて聞かれて「ゲームは子供っぽくて手を出す気になれない。フライトシミュレーターは実際の教練に使われるもので、断じてゲームではない」と力説しているのがすごく印象的だったんですよね。

そういう方面から見てみるとWiiやDSの成功っていうのは、ゲームではない。今までのようなゲームじゃない楽しさ。という売り込み方が、ゲームは嫌だという今までゲームをしようとしなかった層に受け入れられたから。
そして、Wiiが失速したのはいつからか、という問いに対して、ざっと去年末から今年を振り返ると、任天堂の非ゲームのヒット作が少なくなり、一般的なゲームがメインのソフトとして取り上げられる機会が多くなったときから、という分析もできるんじゃないでしょうか。

今世代への過渡期で一番不安視されていたのが、ゲーム市場の縮小でした。新しくゲームをするようになる人が減っていることへの打開策が非ゲーム機(ゲームなんだけど今までのゲームのイメージを払拭したもの)としてのWiiであったとし、その反応が新規ユーザーへの爆発的な訴求力だったと考えると、ゲーム機に回帰するのは良いことなのか悪いことなのか、一概に言えない部分があるのではないかと思うわけです。

今回の噂の大画面DSについては、高齢者というゲームを進んでプレイしない層に少しでも使いやすいデバイスを提供するというアプローチで悪いことではないのでしょうし、他社のゲーム機と張り合う必要がない戦略なら急いで高機能化を進める必要もありません。
そしてWiiは?

任天堂ファンとしては長年親しんできた、しっかりした任天堂ゲームも確かに見たいですけど、ゲームユーザーの拡大も大事なことだとも思います。

非ゲーム用Wiiと、ゲーム用にストレージを増やしたWiiをソフトは基本的に共有のまま別ブランド別ネームとして別に立ち上げて、イメージをしっかり分けるとか、そういう方向に持って行った方がいいんじゃないかなあ、と思うわけですが、皆さんどうお考えですか?

>次世代機であれば、サードパーティに開発キットをばらまいてタイトルの開発をしてもらわなければならないからです。

なるほど(最近の任天堂の事、本当に自分たちとごく一部以外には知らせないって可能性も無きにしもあらずですが)
しかし1世代の携帯機で頻繁に見た目を変えるのはどうかとは思いますけどね
まだDSiが出て1年も立ってないし、年内と言う事は結局1年ちょっとで新型を出す事になる上、PS系のような認証が出来るハードじゃないし
それを解決してくれるならまだ良いんですけどね。(最初からそうすべきってのはおいといても)
結局ハードラインナップはどうなるのだろう

3つも出すのはライトユーザーにとっては混乱するし、かといってどれかを切り捨てるのもなんだかなあ…
もしかして昔dakiniさんの言ってたDSL切捨ての布石でしょうか

フライトシミュは完全なゲームなんですけどね(笑)
実際の教練に使われるのならゲームではないのなら現実にありうるシチュエーションをゲームにしたものはかなり当てはまるのではないかと(米国でFPSが新兵訓練に使われるのなんかは有名な話)

まあ、メディア関係者のゲームへの偏見は商売敵とあっちが勝手に思ってるので致し方ないし、世代的に新しいものへの拒絶は仕方が無いことではあるんですが

>サターン好き さん
携帯ゲーム機はまだまだ出したくない気持ちも伝わってくるし、技術的にはいつ出してもおかしくない状態ですね。SCEがいわゆる「PSP2」でタッチパネル対応するのはほぼ予想がつく話で、PSP2についてはディスクとディスクレス併売を同時に出すのか?というようなメディアに関する部分以外は、あまり注目点がありません。性能は明らかにWiiを超えてくるでしょう。

DS次世代機は、ネット上では色々いわれてますが、任天堂がnVIDIAを採用する可能性は低いでしょう。性能的にもPSP程度ではないかな。デバイス的に何か載せてくるかもしれませんが、加速度センタや方位センサぐらいでは当たり前すぎますね。うちのコメント欄を含め、ネット上では「次は出力」という推測もたまに見ますが、手ごろなデバイス的には小型プロジェクタや3D液晶ぐらいしかなさそうですが、どうなんでしょうね・・・・? サービス競争にガチに突き進む可能性もありますが、苦戦は避けられないでしょうし。


>まぬ さん
任天堂は「迷走期」といわれたゲームキューブ時代でさえ、決して「売れないメーカー」ではありませんでしたよ。

いちゲーマーとしての意見をいえば、最も任天堂を大好きだったのはN64時代ですね。心に残るゲームが非常に多かった。

ユーザーは自分が遊びたいゲームをメーカーに要求するのが自然だと思います。昔からの任天堂のしっかりしたゲームを遊びたいけど、ゲーム人口拡大も大切、なんて意見は、本当はゲームに興味を失っている人の考え方ではないですか? 個人的には、ゲームに関する議論が好きな人と議論するよりも、ゲームが好きな人と議論したいですね。


>ロケット弾 さん
> まだDSiが出て1年も立ってないし、年内と言う事は結局1年ちょっとで
> 新型を出す事になる上、PS系のような認証が出来るハードじゃないし
買ったソフトを引き継げないのは問題ですよね。
この点は、次世代では解決して欲しいものです。

DS Liteについては、そろそろ切り捨てる可能性はありますよね。
DSiを現行のDSLiteと同価格にまで下げてくれるなら、DSL切捨ても構わないと思います。PSPが値下げしたんだし、DSだってそろそろ・・・・というムードもありますし。

4時終わりごろ確認しました
おおむねDAKINIさんの予測どおりですね。

ただ、2万円の大台に乗ってしまった価格が…
16800円になったPSPと価格が逆転してしまってます。
と言う事は値下げは無しでまた実質値上げかなあ
来年か再来年に新型が出ると予測されている事を考えてもなんだかなあって感じがします

>ロケット弾 さん
まさかの値上げですねえ・・・・

いやー、すごい、すごい。まさにサプライズ企業の名に恥じないサプライズ連発に感涙です。去年のE3、今年のE3、そして秋の発表と、失望サプライズというか、「まさかそんなハズないよね?」的な発表を斜め下に実現してみせる、負のサプライズ戦略に驚愕しています。

神企業の神戦略には神脱帽ですねえ(苦笑
神に左に「邪」をつけたい気分ですが。
まあ、賽銭箱にお金を投げ入れるのが好きな人たちの言動を、生暖かく見守りつつ、この年末は「ゲーマーの楽園」を堪能したいですね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。