Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3にさらなるタイトル登場!『北斗無双』『アルトネリコ3』

東京ゲームショウが終わっても、まだまだPS3の良ニュースが続くようです。

Wiiが値下げした週にも、据置機トップの売上をキープ。
そして今週は『ガンダム無双』シリーズに続く、キャラクター物の無双『北斗無双』が発表されました。Xbox360とのマルチタイトルですが、国内での売上比率は大きくPS3に偏るでしょう。

またガストとバンプレストのコラボレーション『アルトネリコ』シリーズの最新作は、当然のようにPS3。『ロロナのアトリエ』で成功をおさめたガストの選択は、今度も正しい結果をもたらすと期待したいですね。まあ現実問題、他にプラットフォームの選択肢が無いのですが。

ソフトも続々と発表され、勢いが持続するPS3。
まさに「PSの秋」きたれり。

BAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN'S SELECTION」付き BAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN'S SELECTION」付き

色々な意味でネットで盛り上がっている『ベヨネッタ』も今月発売で、どちらのバージョンを買うかは人それぞれの判断でしょうが、ゲーマーにとって買うべきハードが徐々にハッキリ見えてきた感じですね。「ゲーマーの楽園」を実感する人も増えているのではないでしょうか。


ファンタシースターポータブル2 特典 Amazon.co.jpオリジナルピクチャーレーベル ファンタシースターポータブル2 スペシャルシングルCD付き

『ファンタシースターポータブル2』は、なんとエヴァ、Fate、初音ミクとのコラボレーションが発表されました。本気で前作並みの売上を狙って、仕掛けてきました。正直、コラボの安売りという印象も少し・・・・ですが、本気の表れだと好意的に受け取りたいものです。


スポンサーサイト

コメント

いつもブログを拝見していたのですが、今回初めてコメントを書かせていただきます。

アルトネリコ3がPS3で発売決定。アルトネリコファンとしてはとても嬉しいです。
このシリーズは音楽がとても重要な作品です。その作品を、携帯機ではなく、PLⅡにしか対応していないwiiでもなく、LPCM7.1chまで対応しているまさに念願のハードPS3ということで正しい判断だと思います。
(まあ、ロロナがPS3かつLPCM7.1ch対応であったということで、その時点でアルトネリコ3はPS3だと確信していましたが。)

ロロナが6月だったので、発表はもう少し先かなと思っていたのですが、意外と早くてビックリしています。

今から発売が楽しみです。

>KKK さん
> 携帯機ではなく、PLⅡにしか対応していないwiiでもなく、
PSPは良いハードではあるけど、やっぱり画質をじっくり楽しむならHDゲーム機ですよね。

中小の会社にとって、PS3がなかなか手ごろなプラットフォームになってきたということ。Wiiはサードパーティのソフト市場が厳しく、マーベラス・ショックを見たら、ちょっと選択肢から外してしまいます。

『ティアーズ・トゥ・ティアラ』の頃から書いてきた話ですが、ようやく当たり前の認識として広がってきてよかったです。ガストは(ユーザーにとっても、マーケット的にも)適切なプラットフォーム選択を行っており、ぜひ生き残ってほしいですね。

DAKINIさま
>中小の会社にとって、PS3がなかなか手ごろなプラットフォームになってきたということ。

私がPS3を購入したのは去年の春で、39980円での購入だったのですが、現在では価格は1万円下、HDDは120GB、薄型、と購入する側にとっても手が出しやすくなったなと思います。

>ガストは(ユーザーにとっても、マーケット的にも)適切なプラットフォーム選択を行っており、ぜひ生き残ってほしいですね。

ガストにもそうですが、アクアプラスにも生き残ってほしいです。BDを採用しているからPS3を選んだことが間違っていなかったことを示してほしいです。


ゲームソフト自体の話ではないのですが、個人的にはPS3の周りにはビジネスチャンスがゴロゴロしているんじゃないかと思っています。例えば、PS3発売以降、1920×1080のモニタ、サラウンドヘッドホン(特にMDR-DS7000)、内蔵2.5インチHDDあたりの市場がかなり活性化していると思うのですがどうでしょうか。
まあ、どんな市場でも、どういった事業展開をするかが大切だとは思いますが。

> KKK さん
> ガストにもそうですが、アクアプラスにも生き残ってほしい

アクアプラスは、PS3方面より、本業のPCゲーム方面で、よろしくない噂を聞くので、どうもねえ・・・・。『ティアーズ・トゥ・ティアラ』の外伝も、ずいぶんと拙速に出しましたが、PCゲーム方面の穴を埋めたかったのかな、と。

随分と金を掛けているご様子の『ホワイトアルバム2』がなかなか完成せず、分割商法で年末に前編(しかも短いらしい)を出す状態。何とか売上をキープしないと・・・・という必死さが漂ってきています。昨年末の『メギドの丘』も、微妙でしたしね・・・・。

「2」「3」というシリーズ展開が全体に少ないので、そこはコンシューマーを見習った方がいいでしょうね。アクアプラスは予算が他社より掛かってきている印象なので、なおさら気をつけないと。

(エロゲ-は全体的に、コンシューマーよりもシリーズ展開が少ないんですよね。)

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。