Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功したのか、惜しかったのか。『モンハン3』、初週58万本

『モンハン3』の初週販売本数が約58万本だったようです。
Wiiのサードパーティタイトルの記録を塗り替えるスタートを切りました。
さすがはモンハン。悪い数字ではありません。

しかし100万本も投入したにしては、ちょっと余り気味なのも事実。
春に出た『G』が最後はだぶついた感じだったことを考えると、流通側で値下げが行われながら、ぎりぎり捌ききるか、少し余るか、着地点はそんな所でしょうか?

実際、流通においても懸念が高まっているご様子です。

秋葉原ゲームショップ“メッセサンオー”の中の人がゲームソフトの売上に意味深な発言をする
ウチは通常版の入荷はザクッと控えめにしていたんで残り僅かだけど、こちらも市場在庫と流通在庫がしゃれにならない状況みたいだね。

秋葉原でも田舎でもモンハン3の状況は一緒のようです。
モンスターハンター3はすでに動きが終息しつつありますのであまるのは確実かと。
現在このお店でも通常版の在庫は20本ほど残っています。

Wii「モンスターハンター3(tri)」初週で58.3万本を販売、他
懸念材料としては、販売数の約6割を「クラコンPRO」同梱版が占めているため
通常版の消化率がかなり低くなっていること。

正直、出荷しすぎ。特に通常版はなかなか在庫が重そうです。

僕が先週末たまたま量販店に行った時も、同梱版を手に取る人ばかりで、誰一人として通常版は手に取っていませんでした。Wiiの「リモコン革命」の現実をまざまざと突きつけられた思いです。ゲーマーにとってリモコンがどういう存在なのか、よくわかる光景でしたね。

結果論に過ぎませんが、クラコンPROを全付けした上で、初週70万本ぐらいにとどめておくのが妥当でした。品薄状態のまま、ひと夏を終えた頃に実売でミリオン突破。そういう展開も狙えたかもしれませんが、惜しかった・・・・。本当に惜しかった・・・・。

初回出荷数にこだわりすぎて、実売ミリオンを逃してしまった、と見てよさそうです。

そもそも流通側では「据置モンハンの売り上げ実績を考えれば多すぎる」という意見が目立っていました。にもかかわらず初回100万本という数字に至ったのは、実績を作りたかったメーカーとプラットフォームホルダーがかなり強くプッシュしたからでしょう。

しかしその思惑は微妙に滑って、業界的には「余っちゃったね」という印象を残しそうです。Wiiを選択したカプコンにしても、サードパーティソフトの売り上げ実績を作りたかった任天堂にしても、ともに焦りはあったのかもしれませんが・・・・。初回出荷数という数字を作り上げることより、腰を据えてじっくり売ることを選んでほしかった。

以前から何度か書いていますが、あえて今回も書きましょう。
他陣営の看板タイトルを奪ってきて数字を作り上げても、それで本当にマーケットが育つのかどうか、任天堂には「本当の外交」をきちんと考えてほしいですね。


スポンサーサイト

コメント

今回は戦略失敗というべきでしょうね
58万本という数字自体はPS3のコアゲー大作と比べても
全然いい数字なんですが

100万本出荷という前フリがあった性で、非常に微妙な数字になってしまいました。
2週目に20万本切るようなことがあれば8月中に100万本は絶望的でしょう
今後もネットではゲームメディアなどを使ったプレイ日記と称した宣伝活動は
行われると思いますし、ニコ動などでも活発にユーザーのプレイ動画がアップされていく
と思いますのでモンハン3自体は盛り上がるだろうという予測も立てられますが・・・
 
  
今回の件を見るとドラクエ9って巧いこと出荷調整してるなと思いますね
市場には中古もあふれず、在庫も適切って感じで順調に400万本越えを確実視してますから

最終的な累計はミリオンは行くでしょう
ただし、ワゴンセール、とまではいかなくても
通常より大幅な値引き販売分が占める割合が大きくなる結果になるのでは
と思います。

需要から考えると本来の出荷はクラコン>ソフトとなるべきなのでしょう。同梱版に限らず。
一枚のソフトで複数人で遊ぶわけですし
つまり通常版自体がいらなかった

関係ありませんが
DQ9は8と7の中間くらいのペースで売れているようで
今のところハードの性質は特に関係なく、「ナンバリングDQとしての売れ方」のようですね。
累計ではシリーズ最高売上本数になるとは思いますが
中古がどの程度影響するかは気になりますね。

>ヒカリ さん
> 今回は戦略失敗というべきでしょうね
数字そのものは良いんですけどね。
業界向けのイメージ戦略としては、はっきりいって失敗。結局、流通にとっては利益が出るかどうか大切なわけで、最後に値下げして捌いたのでは、利益を失ってしまいます。

強引に押し込んでしまってこの結果では、『モンハン3』以降のタイトルにも響いてくるわけで、なんでこんな過剰出荷をしてしまったのか、理解に苦しみます。Wiiのサードパーティ向けタイトルで、きちんと利益が出せることを、流通が強く実感することが大切だったはず。9月まではPS陣営も大きな動きは無いでしょうし、夏の間はフルボッコタイムで、じっくり売ればよかったのに。

秋以降は、他陣営も色々と動きが活発になってきます。PS3スリムの噂もかなり顕在化していますが、それに留まらず、秋、特にゲームショウ前後では、他陣営の巻き返し策が出てくるし、PSP向けのタイトルも色々と見えてくるはず。

>ドラクエ
さすが、の一語ですね。
スクエニにとっての生命線ともいえるタイトルだけに、しっかりマーケットを見ながら、うまくコントロールしている感じです。
400万本は堅そうですね。

> のりのり さん
堅調に売れていけば、本来なら、追加出荷もありえたはずなのに、初回出荷を欲張ったせいで、自ら限界を決めてしまいましたね・・・・。

良くも悪くも、サードパーティ各社を悩ませる結果になったのは、確かです。価格が崩れることなく、順調に追加出荷を続けて、普通に100万本捌けていけば、印象は全然違ったのになあ・・・・。

僕は以前からコメント欄等で「クラコンPROを全付けすべき」と書いていますが、まさに「言わんこっちゃない」の展開ですね。


そういえば、『戦国無双3』は「村雨城」モードが入るそうですが、なんつーか、本来の無双ファンが付いてきてくれるかどうか不安だから、1人でも多くの任天堂ファンに買わせたい、というコーエーの自信の無さが露呈していましたね。

サードパーティが任天堂ハードに出すとき、よく使う手の1つが「コラボ」ですが、なんつーか、結局それって、ソフトを良くするという事とは無関係なことが多いんですよね。ただの媚びに過ぎない。コラボがいけないとは言いませんが、本質的には解決策にならない。失笑の極み。

どう考えてもやっちまったとしか言えません。
ドスの実売が57万。フロンティアのアカウント数がネトゲ最速50万超え、という記事を以前見たことがあります、が、100万超えたとは聞かないので、おそらく50万~70万ユーザー程度と予想。
据置モンハンのキャパシティは70万位がひとつのラインだと僕は思っています。
初回出荷数は50万なんてもんじゃない、とは聞いていたので、じゃあ現状のMAX70万程度か?と思っていたらまさかのミリオン出荷とは・・・31日には衝撃が走ったものです。

なぜここまで出荷数が天井知らずになったのか、その理由は新色クロにあります。
先に断っておきますが、「新色が発売されること」は良いことです。
何が良くなかったかと言うと「新色クロが発表された時期」
通常版の発注締切日の後、つまり「通常版の発注後に新色クロが発表された」のです。
はっきり言って寝耳に水。なぜ通常版の発注の時に新色の情報を流通側に出さなかった!?と任天堂、カプコン両方にキレました。
まあ販売戦略上の事情があったのかもしれません。100歩譲ってそのあたりの時期にズレが生じたのは良いとしても、それならば通常版の発注の取り直しを行うのが道理と言うもの。しかし、結局「通常版満数出荷」の返答のみで、通常版の発注はそのまま活きてしまうことになったのです。(ひょっとしたら、一部、発注の見直しを行ってくれた問屋はあったかもしれませんが)

モンハンの受注状況についてはこれまでに何度かコメントさせて頂きました。
なにせクラコン(白)同梱版の最初の提示数は少なかった。
クラコン同梱版がどの程度増産されるかを予想しつつ、おそらく足りないから通常版とクラコン単品でフォローしよう、と判断したショップは少なくありません。てかほとんど?
つまりそこそこな数の通常版を発注しなければならなかった。しかしそこにクラコンクロ同梱版という予想外の商品が投下され、それがそのまま上乗せとなってしまった。
これが自分達の店のキャパシティだろう、という数をぶち抜く事になってしまったのです。
以前、通常版の存在自体不要かも、とコメントした事がありますが、そういった理由です。

クラコンプロ投入、新色投入により任天堂はカプコンを全力でバックアップしました。
それは認めます。
しかし、前述した新色の発表時期、通常版の発注取り直し無し、この2点が、100万という数字に対する拘りから出た対応だったのではないか、と邪推せずにはいられません。
断言するには早いですが、ある程度の価格破壊は起こると思います。

結局、『サードからのミリオン』という肩書きを、市場の信用を落としてまでも欲しかっただけ、ということでしょうか。
唯一さんのお店のような事が多くの店舗で行われたなら品過剰になって当然ですし、市場側の印象を悪くするだけです。
DAKINIさんが仰られている通り、なぜ普通に売らなかったのでしょう? その方がずっとスマートなのに。
こういう見方は短絡的だと思うのですが、海外市場に向けて錦を飾りたかったのかとも思ってしまいます。

カプコンとしては今後どれだけのユーザーがオンラインで遊んでくれるか? 市場を形成できるか? という見極めもあります。
モンハンはあくまで『オンラインゲーム』として作られていますが、ポータブル版が爆発的に売れた事で、オンライン規模よりも身近な友人達といった小規模な方がもっとも適しているゲームなのかもしれない、という見方もあると思うからです。
Wiiでの動向次第で今後、ポータブル版やPC版の『F』などは差別化させるべくガラリと様式を変えて来るかもしれません。

>あて さん
> ポータブル版やPC版の『F』などは差別化させるべく
「3P」は並行で作ってるという話は聞きますから、Wii版の影響は限定的でしょう。

またWii版で、オンラインゲームとして盛り上がることには、懐疑的だったんじゃないか、と。そもそもWiiはネット接続率が良くないプラットフォームですから。売り逃げというと言葉は悪いけど、初回出荷重視だったのも、長く遊んでもらうことに期待してなかったのかな、と感じます。

F側は、あれは比較的ガチなオンラインゲームをやりたい戦略ですから、さほど変えないでしょう。P側については、ローカルだけでなく、インターネットでのマルチプレイも対応してくるかもしれません。もちろん、アドホックパーティの状況を見て、の判断しだいでしょうが。SCEとしては働きかけるでしょうね。

いずれにしても、メインストリームはもはやポータブル側なので、素材集のWii版をもって、モンハンシリーズの今後を予想してもしかたない、と思います。

初週58万本という数字自体は十分褒められる数字だと思うのですが、やはり皆さんが仰っているように『100万本出荷』ということが、今回多くの人に微妙な印象を与える原因になってしまったような気がします。しかもアスキーやメディクリ調べでは初週52万本ですし。

これからお盆休みに入るとはいえ、モンハンが消化率5割~6割というのは色々と不安に感じます。MGS4の時は消化率7割超でも急激に値崩れしましたから・・・

二日でハーフっていうのは十分すごいと思いますけど、100万出荷ですからねぇ。何より通常版がほとんど動いてないということが非常にやばいと思います。クラコンプロパックが売れたのも、結局はモンハンをやりたかった層ってのは従来のコントローラー操作を望んでたってことでしょう。(もしクラコンプロが無かったら考えるのも恐ろしい)なんというか今の任天堂はコアゲームの売り方を忘れてしまったように思います。まあゲーマー向け施策を怠ったツケがじわじわと表面化してきているのかもしれません。

>>TOMさん
アスキー、メディクリでは52万でしたか。ならやっぱりPS3で出したとしても同等かそのちょっと上ぐらいは売れてたかもしれませんね。無論PSPなら初週でミリオン行ってたでしょうけど。


クラコン当たり前の様なゲームなのにいちいちWiiで出すとかねヤレヤレ
買ってやってますが、コントローラは綺麗な事以外はやはり駄目ですね、ちょっと大きい?手にフィットしないです

アクセサリー出し過ぎでWiiだけで場所が嵩張るし、オンラインで金がかかるので一、二ヶ月で売ると思います

クラコンゲームなんてWiiには求めて無い

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。