Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ? いつのまに別の小説に紛れ込んだ? メタSF風味全開の新章 『涼宮ハルヒの分裂』

涼宮ハルヒの分裂谷川 流

『消失』以降の遅々とした展開に業を煮やしていたハルヒファンが歓喜のおたけびを上げるような急展開、新展開の嵐! 嵐! 嵐!
これまで溜めてきた伏線を一気に回収する怒涛の展開です。
今回は1冊で終わっておらず、6月1日発売の『涼宮ハルヒの驚愕』に続く上下巻構成になっています。こんな所で終わりやがって、こんちきしょう。

読者を良い意味で裏切ってくれます。
最初の3分の1、プロローグまでは普通に涼宮ハルヒをしてるんですが、いつの間にやら『学校を出よう!』ばりのメタSF小説に変貌しています。

同じ作者の『学校を出よう!』シリーズは、作者のSF趣味が発揮された作品で、『ハルヒ』はそういうのを意識的に抑制した小説だったんですよね。その甲斐あって、娯楽作品として軌道に乗ったのでしょうけど、ここにきてSF濃度がいきなり激増。

いよいよ姿を現した敵の宇宙人『天蓋領域』周防九曜、おそらく今度こそ登場した(?)異世界人など、新キャラも増えて、どう落とすつもりなんだ、これ? αとβに分裂した小説の行方はいかに?
『天蓋領域』
 芝居っ気を考慮しない長門は、淡々と述べた。
『それは我々から見て天頂方向より来た』
「キョンなんて、すごいユニークなあだ名だね。どうしてそんなことになったんだい?」
「へぇ。キミの下の名は何というんだ?」
「それがキョンになるのか? いったいどんな漢字で……あ、言わないでくれたまえ。推理してみたい」
「多分、こんな字を書くんだろう」
「由来を聞いていいかい? この、どことなく高貴で、壮大なイメージを思わせる名前の理由」
「いいね」
「でも、キョンってほうが僕は好きかな。響きがいい。僕もそう呼んでいいかい? それとも別の名称を考案しようか。どうやらキミはそのニックネームがあまり気に入っていないようだからね」
少しずつ時間が経ちながらも、若干エンドレス風味に見せていた『ハルヒ』ワールドが完結に向けて、本格的に動き出した感じ。最近、不思議な出来事を引き起こさないでいたハルヒがひさしぶりにややこしい事態を起こしたのも、その兆候でしょう。

SOS団という居心地のいい空間で遊ぶことの満足→ハルヒの超常能力の発現頻度の低下=ハルヒの自我の安定という流れでしたが、そのまま落ち着くほど簡単な女じゃなかったですねえ。卒業まで引っ張るようにも思えませんし、かといってどこで終わるか、予想がつくかというとさっぱり読めません。伏線はまだまだあるだけに、続きを読むのが楽しみでなりません。

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

タグ:涼宮ハルヒの分裂  谷川流  

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。