Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのは、PSPで初めてのゲーム化。劇場版のドラマCD付き前売り券は2バージョン

魔法少女リリカルなのはがPSPで初のゲーム化&劇場版は1月公開予定
『A's』をベースにした対戦格闘で、プラットフォームはPSP。
基本的な内容、ジャンル、プラットフォーム選択、いずれも妥当極まりない感じ。
発売はもちろんバンダイナムコ、さすが、わかってらっしゃる。

劇場版は来年1月。
ドラマCD付き前売り鑑賞券は、なのは版とフェイト版の2種類。
まさか前売り券で2バージョンとは、どんだけ・・・・
くくく・・・・
ふははははは・・・
どんだけ・・・・
くくく・・・・
ふははははは・・・
どんだけ素敵なアイデアなのか。

堂々と2度観にいく言い訳ができるわけで、ファンとしてはむしろ歓迎。



ゲーム化は予想の範囲ではあるものの、Wiiで「Wiiリモコンでスターライトブレイカー!しよう」なんて体験ゲームが出たら嫌だなー、と内心恐れていたので、安堵してます。

それにしても角川は、『ハルヒ』をいったいどうしたいのやら。
Wiiのハルヒゲームにとどまらず、記録的なループ地獄を生み出した「エンドレスエイト」。オタクって別にマゾの集団じゃないんだぜ?

お金を払う喜びを知っているのがオタクなんだよね。
安けりゃいい、無料ならいい、ってのはちょっと違う。

非オタクにもわかりやすくいえば、家族や友人や恋人にお金を使うのって、うれしいわけですよ。オタクってさ、好きな作品やキャラクターに愛情を示す(お金を使う)喜びを求めてるんだよ。何をされても我慢する人達ではないし、搾取するのが快感なマゾ集団でもないんだから。

そこを勘違いしたら駄目だよね。
気持ちよくお金を出させてほしいわけで、一線を越えてしまってはいけない。

例えば、Wiiでオタク向けコンテンツを出すなんて、ちょっとやりすぎなわけです。実際ハルヒゲームは売れなかった。やっちゃいけないラインを越えちゃったからですね。


スポンサーサイト

コメント

ワイルドアームズシリーズの金子彰史氏がからむとはッッ!
何年か前に何かの書籍(ワイルドアームズの攻略本だったような・・・)で金子彰史氏と都築真紀氏が対談している記事を読んだことがあります。
金子氏はなのはの、都築氏はワイルドアームズのファンらしく、互いに互いの作品をベタほめしていました。
実績のある方であり、なおかつ作品のファンであるならば、間違いなく作品愛にあふれたソフトを作ってくれるはず!期待大です。
・・・にしても限定版の内容がすさまじい。値段もすさまじい。まあ買いますが

一応ハルヒ
なんと言いますか・・・ハルヒならなにやっても許される、と思い込んじゃってるような気がします。
それだけならともかく、それを実行しちゃってるからタチが悪い。
コケるのが目に見えていた任天堂ハード版のゲームはともかく、肝心のアニメまで・・・。
大ブームを巻き起こした作品が今ではネタ扱い。見てて悲しい光景です。

>唯一さん
メディアビジョンは・・・・残念な状況のようですが、そこから出て行った金子氏がなのはリスペクトであるなら、なかなか期待感がもてそうですね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。