Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の新作 『モンハン3』発売!『ToHeart2』発売!『けいおん!』第1巻発売!

個人的には『ToHeart2』以外、興味ないんですが、世間的には『モンハン3』ですかね? 『けいおん!』も忘れちゃいけないですね。

モンスターハンター3(Wii)
モンスターハンター3(トライ) クラシックコントローラPRO【クロ】パック(特典無し)
停滞するWiiマーケットの起爆剤として最も期待を集めるソフトがいよいよ発売。
据置モンハンはひさしぶりで、その間にモンハンブランドが大きくなっているため、なかなか本数が予想しにくいですね。でも最低80万本ぐらいは売れないと、話にならんかな。

「リモコン革命」よりもプレイしやすさを優先して、任天堂がクラシックコントローラPROを用意。さらに黒コン、黒Wiiも投入と、全面的に販売をプッシュ。『Wiiスポーツリゾート』を投入しても本体台数がほとんど伸びていないことや、『パンチアウト』のようなサブラインナップ的なソフトがまったく売れないことなど、任天堂単独でマーケットを成長させるのは限界に達しつつあります。

最近、ますます携帯機へのシフトが鮮明になるなか、据置機の魅力や価値をどうやって再構築していくのか。プラットフォームホルダー各社は、サードパーティと協力して盛り上げていってほしいですね。


ToHeart2 ポータブル Wパック(PSP)
ToHeart(トゥハート)2 ポータブル Wパック(通常版:PSP版「ToHeart」同梱) 特典 「カスタムジャケット(5枚)」&「ドレスアップステッカー」&Amazon.co.jpオリジナル特典「カスタムジャケット」&「ドレスアップステッカー」付き
PS2で発売された『ToHeart2』に、ささら(とまーりゃん)のシナリオを追加してPCで発売されたのが『XRated』。ささらシナリオがコンシューマーで出るのは初めてになります。
『ToHeart』のPSP版も含めたWパックがファンにはやはり人気のようです。

また携帯サイト『ハートToHeart』では、『ToHeart2』の特集を行っており、過去に配信された壁紙などの素材を大盤振る舞いで放出中。入ろうか迷っていた人は、今が一番!

アクアプラス関連では、『White Album』のPS3版リメイクが今年発売されますが、なんと『White Album2』も急遽発表。対応プラットフォームは不明ですが、電撃プレイステーションに広告が掲載されたことを考えると、PS3での発売が有望。

シナリオは、エロゲーマーの間で定評を築き上げている、丸戸史明氏。代表作の『パルフェ』『ショコラ』に加えて、個人的には『ままらぶ』、『世界でいちばんNGな恋』が大好きですね。アクアプラス×丸戸史明という組み合わせで、期待感が高まります。


ギアーズ オブ ウォー 2(Xbox360)
ギアーズ オブ ウォー 2 リミテッド エディション(初回限定版:「アートブック」&「ボーナスディスク」&「ダウンロードコード:金色のランサー アサルトライフル」他、同梱)【CEROレーティング「Z」】
Xbox360を代表するTPSの続編が登場。
360はFPS、TPSで期待作が多すぎの感。


けいおん! 1(ブルーレイ)
けいおん! 1 (初回限定生産) [Blu-ray]
人気継続中の『けいおん!』のブルーレイ第1巻が今週発売。
アルバム『放課後ティータイム』も非常に好調で、2日で4万枚を売り上げたそうです。ゲーム化も当然期待したいですねえ。

TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」


■その他

真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
『真・女神転生』の完全新作がDSで登場。
これ、DSの初期の頃から、『真・女神転生新作』とラインナップされていたものですよね? 本当に満を持して発売という感じですね。

オールドゲーマー向けのRPGがDSに、ゲーマー向けのRPGがHD2機種に集まってきていますが、WiiとPSPはもうちょっとラインナップが増えてほしいところ。


スポンサーサイト

コメント

ついにモンハンの発売ですか。ドラクエも発売前はなんだかんだ言われてましたけど、個人的に、蓋を開けてみないとわからんなあ、と思えるのはモンハンの方。
クラコン同梱パックが二色とも断続的に追加されてましたし、通常版とあわせれば初回出荷分は結構な数になっているはず。それがあっさり消えれば80万本の達成が見えるとは思います。
ただ、今のWii市場で怖いのが、売れ行きが一度止まったら、以降はピクリともしなくなること。
さすがにモンハンはこれに当てはまらないとは思いますが、発売日以降の追加に警戒心を抱いている所は多いようです。
そんな店員の警戒心なんぞ吹っ飛ばす売れ行きを期待しております。
なんにせよWii市場になにかしら変化を与える「きっかけ」になるソフトだと思います。
その変化がいつ、どんな形で現れるか、それが今後の楽しみの一つです。

>唯一 さん
ドラクエはPS1の『7』とほぼ同等の売上で、DSで出したから増えたとも、DSで出したから減ったとも、どちらの影響も、あまり感じていません。それよりも、価格やセーブファイルが1個といった要因のほうが大きかったんじゃないか。そんな印象です。まあDSで出した意味が出てくるのは、普通のRPGと違って、「じわ売れ」するかどうか、でしょうね。

『モンハン』は、売れても売れなくても、その他のソフトの売上に影響しないような気が。『モンハン』買った層が例の「死にたくない」の『王様物語』を買うかというと、買わないでしょうし。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。