Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dance×mixerの開発元ってフロントウィングだったのね

basicchannelさんの記事の中の雑誌キャプより。
『タイムリープぱらだいす』の他に『dance mixer』の名前が上がってます。

タイムリープぱらだいす公式サイト
アドベンチャーゲームだった前作から一転して、アイドル育成シミュレーションへ?
神社という設定が妙に生きてるけど。

ベンチマークソフト(ダンス)から期待される内容と実際のゲーム内容が乖離していた前作に比べれば、企画の筋は良さげ。

dance mixer 公式サイト
『dance mixer』はエロゲー会社が作っているという話は聞いていたのだけど、フロントウイングだったのね。ソフトは一般向けで、公式サイトを見ても、フロントウィングへのリンクは見あたらず、意図的にエロゲーから切り離しています。

6月26日に発売で、ニコニコ動画での投稿数は248件。
なかなか堅調な立ち上がりですが、『タイムリープぱらだいす』と『dance mixer』はお金が掛かってるそうで、売れないと「会社が傾く」かもという発言は衝撃的。この会社のファンは買い支えてあげて~。

Dance×Mixer タイムリープパラダイス


そういえば、『初音ミク -Project DIVA-』(PSP)を買ったんですが、良くできてますね。
初日で4万本売れたのも、昨今の美少女ゲームの売上を考えれば、凄い。ボーカロイドが(いわゆる萌えキャラに比べて)相対的にニュートラルな事もあるのだけど、ふだん美少女ゲームを買ってない層も動いている感じで、累計10万本も狙えるのでは?

7月2日発売で、1週間経たずに投稿数が453件。強ぇー。
去年の『ファンタシースターポータブル』といい、セガとPSPって妙に相性がいい感じ♪
PSP♪ PSP♪

このエディットモードも明らかにMAD動画制作ツールを意識しています。
UGC♪ UGC♪
PSフォーマットとUGCサイト(pixiv、ニコ動、ピアプロ)の相性はとても良さそうですね。
(参考:SCE、UGCサイトとのコラボレーションを加速

PSPでさえ、この域まで届いた。
タッチパネルがつくと予想されているPSP2が出たら、どれほどの高みに達するか。
子供は任天堂ハードでUGCを行い、中高生以上はPSフォーマットでUGCに参加する。そういう役割分担もわかりやすいし、素敵な近未来が見えてきましたね。


それにしても「3D美少女+UGC」って急激に増えてますね。
ホビーストックとグッドスマイルカンパニーが関わっている『Synthe』も、今月正式サービス開始します。競争が激化してますなー。

全体を俯瞰してみると、コンシューマーのパッケージソフトが意外と手堅いなー、と感じています。まあ美少女ゲームを遊ぶ層って、オンラインゲームに慣れてない人が意外と多いし、この層にとってわかりやすいのはパッケージゲームなんですよね。

理想は、タッチパネル、マイク、カメラを搭載して、画像処理が得意な高性能なプロセッサを積んで、ディープコンテンツを愛するユーザーが集まっているプラットフォーム。残念ながら、そういうハードは世の中に存在しないわけです。DSiには性能が足らず、PSPには入力デバイスが不足しており、iPhoneは普及台数がまだ少ない。

とはいえ、プラットフォームが切り替わるのはそう遠い話でもない。ワクワクする未来は迫っています。


スポンサーサイト

コメント

個人的にはあまり思い入れはないので買ってないのですが、PSPの初音ミクは盛り上がってますね。

> それにしても「3D美少女+UGC」って急激に増えてますね。

作りたいという"欲望"もそうですが、(キャラに対する)"愛情"が重要な気がしますし、作り手のモチベーションとして強いような気がしますね。日本はかわいがりの国ですし。

> 全体を俯瞰してみると、コンシューマーのパッケージソフトが意外と手堅いなー、と感じています。

個人的には、ネットサービスも、流通や制作会社との企業間コラボを行い、パッケージ(物理的な"モノ")として売った方が(ネットサービスの)マネタイズとしても正しいような気もします(プライベートブランドなんかも流行っていますが、問屋が商品のプロデュースを行っていた時代もある訳で)。データの価格破壊を促進しているCGMが、データのやりとりだけで収益化を目指すというのもそれ自体矛盾をはらんでいるように見えますし。ニコ動も、ゲームメーカーやフィギュアメーカーと組んで、物販やりそうだなあ、とか勝手に予想する昨今です。

> bin3336 さん
初音ミクが初週10万本を突破したそうで、複数買いが結構あったと思われる『アイマスSP』の初週12万本よりも、実ユーザー数は大きいかもしれませんね。小学生の女子や女性層が動いた、という話も出てますが、男性層が非常に多いアイマスと違い、相対的にニュートラルなキャラクターですね。

> パッケージ(物理的な"モノ")として売った方が(ネットサービスの)
> マネタイズとしても正しいような気もします
というか、アイテム課金ですよね。
はてなも、カラースターが順調なようですし。

リアルアイテムを売るか、バーチャルアイテムを売るかは、両方あっていいと思います。コラボでリアルアイテムを売るのは、当然やるでしょうね。と言っても、そんなにコラボを連発できるわけではないし、安定した収益性という点では、バーチャルアイテムを売った方がいいです。両方やっていくんじゃないかな。

ネットサービスで収益化に成功したのは、まず超巨大サイトの広告収益と物販サイトです。おっしゃるとおり物販は強い。次がグリーのようなアイテム課金が強いモバイルSNS。そしてクックパッドのような特化型SNS。

特化型SNSで収益化が成り立ってきている、というのが最近の状況です。ニコ動については、コストが大きいのがネックですが、pixivあたりはギリギリ黒字化は成功しているし、そこそこ儲かるのも時間の問題じゃないかな、という印象ですね。まあ、そもそも大金ゲットや上場を狙っている会社には見えませんが。あそこはいわゆる草食系ベンチャーですからね。

それと、逆の発想ですが、簡単に儲からないから、大企業が参入しにくい状態なのであって、簡単に収益化できても困るんですよ(笑 利益無しで3年続けるなんて、よほど肝が据わってないと無理だし、上場企業だと本当に大変。大企業が参入を諦める程度にユーザー数が集まるまでは、収益化ができない方がいいという考え方もありますよ。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。