Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『428』がPS3とPSPで発売決定

9月発売予定。

最初から出せ!
と言いたい気持ちが沸いてきますが、PSユーザーにとっては朗報でしょうね。

アニメ『CANAAN』の放映中に発売されるのはいいことで、アニメファンにとってはうれしい展開。TYPE-MOON担当の部分をボリュームアップしてくれたらなあ・・・・。

うーむ。
最初からPSフォーマットで出していれば、10万本越えは狙えたでしょうが、僕のようにWii版を渋々買ったユーザーも少なくないはずで、実際の所、どれぐらい売れるんでしょうか。基本的に追加要素なし、というのはちょっとね・・・・。

それだったら、最初からマルチで出すべき。後から出すなら、完全版と銘打てるほどの追加要素がほしい。買いたいという気持ちを抱くファンに対して、「これは買う他無いな」「マストバイだね」と感じさせる背中を押してくれる何かがほしい。

例えば『テイルズ』は追加要素が豊富で、『トラスティベル』の反省をいかしてますが、チュンソフトはやっぱりチュンソフト、オタクの気持ちをくすぐるのが微妙に下手ですね。Wii版はノベルゲームとしての完成度がきわめて高いものの、「完全版」が作れないかと言えば、作る余地が無いとは思えませんし、PSフォーマットで真の『428』が降臨!HDだとこんなに映像が鮮明に!!みたいな昂揚感が欲しかったかな。テレビアニメと劇場版ぐらい違う、というようなオーラがね。


うちのブログで何度か書いてるとおり、Wii市場オンリーではリスキーであって、PSPやPS3にリスクヘッジするのは当然です。『テイルズ』もそうですが、PSフォーマットでリスクヘッジする動きが鮮明になってきました。Xbox360はリスクヘッジにはなりませんしね。

「○○はWii寄り」「○○は360寄り」などという戯れ言は、一部のファンの虚妄であって、メーカーのビジネスの現実とはまったくかけ離れたものです。あ、もちろん、そりゃ世の中にはビジネスの下手な会社もあるわけで、5pb.のように経営が危ぶまれている所もあるし、「まだ死にたくない」と魂の叫びをあげる会社もあるわけですが。

まあ360やWiiで出すのは構わないんだけど、PSPやPS3を後回しにしたり、外したり、そういう姿勢は気持ち良くないですよね。ゲーマーに対して失礼な態度。任天堂の広報支援を受けるために、Wii版オンリーというムードで売ったのかもしれませんけど、そこにファンの素直な願いは反映されていたんでしょうか? 単にメーカーの「政治」の都合ですよね。

そもそも任天堂がCMしたからって、必ずしも売れるわけじゃない。他の事例として、任天堂から『タクトオブマジック』を出しても売れなかったように、任天堂がプッシュしたって売れない物は売れないんです。ユーザーの気持ちを無視して、メーカーの都合だけで突っ走れば、そういう結果になるのは当然でしょう。

独占タイトル商法というか、疑似独占タイトル商法ってのも、古いやり方。カプコンの方法論を業界各社が学ぶべきでしょうね。(参考:「必死な夏、モンハンの夏」に見るソフトメーカーとハードメーカーの関係の変化


スポンサーサイト

コメント

まさに最初から出せ、ですよね。

 まさに「最初から出せ!」
これに尽きますね。
俺はWiiでの発売が決定したときからPS3でも出せと主張してました。
セールス的には失敗に終わった「イマビキ草」のハイビジョン画質、5.1chサラウンドがゲームとしての完成度を飛躍的に高めていたからユーザーとしての率直な思いです。
それを無にしてまでWiiで発売された「428」。
結局序盤だけやってずっと放置したままでした。
今回PS3での発売が決まったことでようやく「428」をプレイできるのだと喜ばしく感じています。
ハイビジョン画質と5.1chのプレイ環境をPS3により実現し、単なるボツシナリオ収録とかそういったものではなく本当の意味での完全版になるでしょう。
そう思えば結果的にWii版をほとんどプレイしなかったことが良かったと思います。
ハイクオリティになった、いえ、Wiiによって劣化させられることなく本来出すべきクオリティで「428」をプレイできるようになったわけですからね。

それにしてもサードのWii離脱が本当に顕著になってきました。
昨年の秋頃からゲームファンがPS3に激しく移行している実感はあったのですが、メーカーも完全に移行を完了している感じですね。
Wiiで頑張っていたマーベラスもPS3へのシフトを明らかにしており、失敗続きのサードも実は水面下でちゃっかりPS3に開発をシフトしていたからこそ今どんどんPS3向けソフトを発売できるのです。
その点ではサードもWiiの駄目さを認識し、まずはWiiで儲けてさっさとPS3にという計画は各社共通だったのでしょうし、俺はWii発売前からそういう流れになると明言していました。
一時はWiiに傾きかけているメーカーたちに失望しかけましたが、今後のPS3のソフトの充実ぶりにやはり市場を的確に見ているのだなと思いましたね。
まぁ、Wiiであれほど儲からないとは思ってもみなかったでしょうが。

「PSフォーマットで真の『428』が降臨!HDだとこんなに映像が鮮明に!!みたいな昂揚感が欲しかったかな。」と書かれていますが、イシイさんは、はっきりと
インタビューでPS3版は、HD化・リアルタイム5.1ch化によって新作並みに
なったと発言してますけどね。

http://img129.imagevenue.com/img.php?image=15094_1246413975133_122_247lo.jpg
 
 もう少し冷静になってから書いたほうがいいのではないでしょうか?

 428の本編は、ギャルゲーとは異なり、5人のストーリーが絡み合って、
最終的に1本のお話に集結するという形をとっているので、そこにさらに
ストーリーを足そうとすれば、全てのストーリーを修正しないといけないはめに
なるので、本編に追加要素を入れるのは無理でしょう。できたとしても、「TIP」の
数を増やすぐらいでしょう。

 ですから、おまけシナリオの数が増えれば追加要素としては十分だと
思います。特にアニメ『CANAAN』との相乗効果が重要だと思うので、
私も、TYPE-MOON担当の部分をボリュームアップするのが一番の得策だと
思いますが、私が以前「428」に関してDAKINIさんに反論した時には、

http://gamenokasabuta.blog86.fc2.com/?no=1030

「TYPE-MOONとチュンソフトにとって、最大の誤算は両方の信者がこのコラボを喜ばなかったことだと思います。その辺は僕やBAN/さんがコメントしているとおりです。

必要以上にクネクネ感を見せつけても、双方にとって傷が深くなるだけでしょう。
とはいえ、奈須きのこ氏とイシイジロウ氏が一定の親交を持っていたのも事実でしょうし、今後一切関係を断ちたいとは思ってないでしょう。今回の組み方はうまくなかったので、被害を最小化しようという事。その判断は極めて正しいと思います。

 そもそもTYPE-MOONファンは、早く新作を出してくれよ、と考えている人が多いので、「428」などという割とどうでもいい作品で時間を食うことを本気で期待しているとは思いません。「428」発表直後にも、「魔法使いの夜」の制作はどうなったんだ!?と心配する声があがっていました。

TYPE-MOON信者でない勉助さんにはわからないかもしれませんが、要するに信者が一番望んでいるのは、TYPE-MOONの完全新作です。コラボなどで時間を使って新作が出るのが遅れることは、好ましく感じられないのですよ。」

 など等、TYPE-MOON信者の DAKINIさんは、「428」とのコラボに関しては
ぼろ糞に書いてましたが、そんなDAKINIさんが、「TYPE-MOON担当の部分をボリュームアップしてくれたらなあ・・・・。」と書くなんて、ずいぶんと心変わりしたんですね。


>最初から…
まったくですね。
しかし侍道3の一件で、かなりのPS系ユーザーから反感買ってると思われるスパイクでは、どれだけ売れるか疑問も有りますけどねぇ…。

まさかの428移植・・・まあ昨年から薄々感じていたことではありますが、もはや大作?ソフトをひとつのハードが独占する時代は終わった(ただしファースト製ソフト除く)ってことなんでしょうね。ただまあ買おうにもwiiは手放した後だったのでこの移植は素直に嬉しいです。(買うとしたらPSP版かな)しかし9月特に17日の固まりっぷりが凄すぎる・・・

私は今回の件は忌火起草の逆展開なわけで今回も売り上げで大きな差は出ないと思います。
 
任天堂もDSでヒットさせてきたアナザーコードのWii版が大コケしたり
忌火起草もPS3、Wiiともにコケたわけですし、据え置き機でノベルゲームやアドベンチャーが
ユーザーから飽きられているんだなと思っています。

今はPS3ユーザーとWiiユーザーぶつかって盛り上がってるように見えますが
ふたを開ければだれも据え置き機でかったるいノベルゲームを遊ぶと思えませんので
Wii版並で落ち着いてしまうと思います。

むしろ今回はPSP版の売り上げに注目すべきだと思いますね
はやりノベルやアドベンチャーは携帯で暇な時間を見つけてチマチマ遊ぶというスタイルが定着
してきているので今更ハイビジョンを売りにしたところでユーザーがハイビジョンだから
遊びたいッ!なんて衝動に駆られるとはとうてい思えません。

もし 
PS3版 6800円
PSP版 4800円
なおさらPS系ユーザーはハイビジョンよりも携帯性を選ぶと思います。
 
私はハイビジョンならではという絵作りが出来ない時点で
挿絵や映像を流すだけのノベルゲームに据え置き機で展開する未来は無いと思います。

>勉助 さん
イシイジロウ氏の発言を真に受けても仕方ないのでは?
ただの画質アップ程度では、微妙ですねえ、正直。テレビアニメ版と劇場版ぐらい違うとは、今の所思えませんけどね。

それと引用が恣意的ですね。
TYPE-MOONとチュンソフトが必要以上にべったりしない、という判断は、TYPE-MOONからすれば正しいでしょう。TYPE-MOONが追加シナリオを書かなかったこと自体、その証明とも言えます。

ファンとしては、「まほよ」の発売日が遅れない事の方がもちろん大切ですよ。それは当然。


とはいえ、『CANAAN』にあわせて『428』を売りたいなら、PSP版、PS3版で追加要素が必要で、アニメに合わせるなら当然TYPE- MOON部分を増やさざるを得ませんよね。それはチュンソフト側の都合で、TYPE-MOONが応じる必要は無いけれども、チュンソフト側の利益を最大化するなら必要な要素です。

正直、僕はそもそも移植版の「428」を買う気はないですよ。「428」本編なんてどうでもいいし、買う理由がまったくありませんからね。

TYPE-MOON部分の追加要素がそれなりにあるなら、文句を言いつつも買ったかもしれないし、他人にオススメしやすかったのですがね。誠意が足らないのですよ、ファンに対してね。要は誠意を見せて欲しいのですよ、誠意をね。

たとえるなら、怒っている人が「土下座しても許したくない」と言ったからといって、怒っている人に土下座や謝罪が必要無いわけではない、という事です。まあ僕も寛容な人間ですから、TYPE-MOON部分を大幅増量する等の誠意が示されれば、「ちっ、仕方ないな」などとブツブツ書きつつ、買ったり、全面プッシュしたんでしょうけどね。まあ、今となっては、あり得ない可能性ですが。


それにしても「428」信者がコメント欄にわいてくるのは初めてではないけれども、粘着されるとうっとおしいですね。TYPE-MOONファンを釣るのに失敗し、Wiiで出して売れなかった。そうやって「失敗」したソフトとチュンソフトを擁護したいのかもしれませんが、正直キモいですよ。

>玄武 さん
まあ、そうですね。
おっしゃるとおり、チュンソフトとスパイクという組み合わせは、PS系ゲーマーを蔑ろにした会社の組み合わせですからね。

例えば「ほらほら、俺さま達の428が欲しくて仕方なかったんだろ、お望み通り出してやるよ、買えよ。ほら」などと言われて、喜んで飛びつくゲーマーがどれぐらいいるのか。まあ、そういう物言いはさすがにしてませんが、そう思われてもおかしくない組み合わせ。

最初からPSフォーマットで出さなかった事に対して、申し訳なかったという気持ちを正しく表明する必要がありますよね。


>ati- さん
出ないよりは出た方がいいですよね。
とはいえ、きちんと誠意を示さないと、本来の販売ポテンシャルには届かないと思いますね。PS系ゲーマーやTYPE-MOONファンに対して、誠意を示して欲しいもの。


>ヒカリ さん
サウンドノベルは、音も大切なので、そういう部分では(個人的には)据置機で遊びたいな、という気持ちはありますね。

> ハイビジョンならではという絵作りが出来ない時点で
その点はおっしゃるとおりで、HDの利点をいかした絵作りが欲しかったところ。もともとWiiを前提にしていた時点で、PS3になって画質が上がったのなんの、と言われても、「ふーん・・・・」と冷めた目で見てしまいます。

記事で書いたように、テレビアニメ版と劇場版ぐらい、明らかに違うクオリティ感を見せてほしいですね。それぐらい違いがなければ、9ヶ月遅れの発売になるPS3版を買うのは難しい。Wii版をプレイした僕には、少なくとも、買う理由が見あたりません。

例えば、アニメのDVDが先に出ていて、後からBD版を出す時にただのアプコン化でアニメファンが納得するかというと、納得しないのと同じ事です。今はBD版が同時に出るのが当たり前になってきましたが。もし後からBD版を出すなら、追加等があるのが当然です。

正直、HDを前提として、最初から撮り直してほしいな、という気持ちさえある。けれども商売の都合としては、そんな時間も無いだろうし、やる気も無いんでしょうけどね。まったくもって、困ったものです。

こんな事になるなら、「CANAAN」は大事に取っておけば良かったのに、とか思いました。

 428のPS3・PSP移植決定!
    ↓
 追加シナリオは、なんと、TYPE-MOON製作!
    ↓
 さらに、アニメ化決定!

みたいな方が、インパクトあって、話題性も増したんじゃないかな、と。

まぁ、たらればな意見ですし、最初から移植が決まってら訳じゃないでしょうし、しょうがないですが。

「428」がそれほどか?

実もフタもない言い方だとそういう話、なんですが…。

最初からPSPで出していれば良くて(あるいはPS2かPS2/PSPマルチ)
Wiiだ、いやPS3だ、という時点で既にズレていると思うのですよね。

HD素材で作ってPS3で最初に出てもそれで盛り上がるのかなぁ?
(サラウンドならまだ体感できるかもしれないけど、売り文句になるかな?)
そもそもPS3で作る意味を見出せません。
それなのにPS2でなくWiiに日和ってしまったのが一番まずいとは思いますけどね。

まあ、誰に売りたいのか分からないタイトルなのが一番の問題でしょう。
…根本からずれていたわけですね。

今回の「428」移植は「忌火起草」がPS3からWiiに移植された事から、予想はしていました。
なので、「街」が好きだった私としてはWii版が安くなったら買おうかなー、くらいの感覚でいました。
自分は据え置き三機種持ちなので、PS3版が発表された今現在ではそれを買う予定です。

「テイルズオブヴェスペリア」もどうせPS3に移植されるからと待ってまして、今は特典欲しさにamazonでPS3版予約しちゃいました。
「戦場のヴァルキュリア」はベスト版でダウンロードコンテンツ付きでお得そうだったんで買いました。まだ未開封ですが・・・
もうひとついうと、「アマガミ」はキミキスがベスト版で改良版を出してきていたのでベスト版待てばいいかと思ってまだ買ってません。

自分はかなりゲームを積んでしまってるので、あまり一般的なゲーマー像からは外れてしまうかもしれませんが、同じような人はかなりいるのではないでしょうか。
私は現在30すぎで、小学生の時にファミコンブームだった世代。
自由に使えるお金はそこそこあるけど時間はない。(ニコニコ動画に時間をとられてるってこともありそう。プレイ実況見てたほうが自分でやるより楽だし。ただプレイ実況みて無性にそのゲーム買いたくなることもあるんで痛し痒し。)
別に急いで最新作を発売日に買わなくても評判をきいてからでもいいや、という感覚。
スパロボ好きなんでWiiのNEOも買うけどどうせamazonで値崩れするから待とうかなとか。
ただWiiはリビングにあるので(箱マルとPS3は自室)やりずらい。「JOYSOUND Wii」しか最近してないし。
Wiiはこれがゲ̣ームの売れ行きを左右している感がありますね。また、中学生くらいだと自室にハイビジョンテレビがあることはまだまだ一般的でなく、SDのテレビに繋いでいるか、携帯機で遊んでいるのかなと想像してます。

自分のような人間に売るためには、やはりマルチだったら同時発売もしくは近い時期に発売すべきだし、ベスト版で完全版商法なんてとんでもない。買い控えが進むいっぽうです。
ヴェスペリアのように、初回特典などでダウンロードコンテンツつける事が増えてきましたが、これは有効になるでしょうね。

ヴェスペリアも428もそうですが、移植元のゲームの評判がよかったから移植されて発売日に買おうかな、と思うので、今回の428も本編のシナリオが評価が高かったので買いますが、DAKINIさんに「本編なんてどうでもいいし」と言われてしまうとちと戸惑いますね。たぶんTYPE-MOONファンとして裏切られた感が大きいんでしょうが。

この記事をみて感じた事を書いてみました。だらだらと自分語りしてしまってすみません。

>DARL さん
そうですね。
PS3版、PSP版からTYPE-MOONシナリオが付属の方がスッキリしたかもしれません。今となっては・・・・という可能性ですが。


>AT さん
> HD素材
Wii版を遊んで、もう一度遊ぼうと思えるほどか、というと、ちょっとねえ・・・・。まあ無論、作り手側は「新作」並みとか何とか、言うんだろうけど。Wii版をあたかも独占タイトルのように演出していた人達が言うことを真に受けても・・・・ね。

売るためなら、どんな事でも言います、やってみせます、という人達の笑顔や発言は信じられないですよ。「最初から出せ」という正論の前には木っ端微塵。最初から3機種マルチなら、PS3版を買っただろうけど、まったくもって残念ですね。


>hiro さん
> たぶんTYPE-MOONファンとして裏切られた感が大きいんでしょうが。
428本編シナリオは評価が高いですね。
僕も過去に感想を書いてますが、ノベルゲームとしての出来は良い。

やはり売り方ですよね、気になるのは。
結局、僕がすごく嫌っているのは、あの売り方。TYPE-MOONファンを釣っておいて、この始末かよ・・・・という。まさに「最初から出せ」ですよ。

作品が良くても、商品としての売り方は誉められない。自分達の作品に泥を塗るような売り方。

というような本音を書けば、コメント欄に自称「街」信者が荒らしに来るし、理不尽な思いがわきますね。根本的には、チュンソフトが変な釣りをしたのが悪いわけで、それを正当化したって仕方ない。実際、あんなに釣ってたところで、疑似独占商法で任天堂の広報支援を受けたところで、売れないものは売れない。

それは結局、売り方がひどいから。TYPE-MOONファンが他のTMファンに対して、気持ちよくオススメできない。まあ自称「街」信者がそういう酷い商法から目をそらして現実逃避するのは構わないし、実質「街2」がきたといって喜ぶのも構わないけど、自分のサイトでやってほしいですね。「こういう売り方ではいけない」と、正しく怒っているブログのコメント欄を荒らしに来ないでね、と思います。

まあ、彼らからすると、TMファンがどう思おうが、チュンソフトに貢がせればそれでいい、と思ってるのかもしれないけど。でもそれって、結局はうまくいかないんです。コラボするなら、お互いのファンがにっこり笑えるものじゃなきゃいけない。本当に残念ですね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。