Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼

中里融司氏が旅立っていかれました。

ロボ娘好きな小説家としては、希有な領域に達していた方でした。ロボ娘は壊されてなんぼ、という真理を体現した人であり、人間とロボ娘の究極にして最狂の未来を描き出そうとした、限界を打ち破る作家でした。

栗本薫(『グインサーガ』)と違って、書評を書いたことは1度もありませんが、過去の記事から抜き出せば。
属性持ちなら、あるいは 『不思議の国のミュート』『アルテミス・コード』
たとえば、ロボ娘なら、中里融司という神がいる。人間の女の子とその精神を複写したコピーロボットなら、もちろんコピーロボットが好き、と一瞬の躊躇無く答えられる作家であり、銀河最強の兵器のくせに毎巻毎巻、ものの見事にぶっ壊される『メタリックエンジェル』や、ロボ娘に人間の子供を孕ませようとする『ドラゴンパーティ』は客観的には頭の悪い、設定も矛盾した小説だが、属性持ちには永久保存級の聖典である。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。