Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたいってばさいきょうねby任天堂 プレスカンファレンス

終わってみるとコメントに困る内容だなー。
サプライズが無いどころか、サプライズしようという意欲さえ感じなかった。
日本で先行発売してるタイトルが多いから、日本人にとってはE3では既出の内容が多くなるのは仕方ないんだけども、それにしても。

1. NEWマリオ Wii
4次元ではなくて2次元。
4人同時にプレイできるマリオ。
横スクロールアクションを4人でプレイするゲームと言えば、『リトルビッグプラネット』が浮かびますが、ネットで遊べるのかどうかは不明。UGC要素が混じっていたLBPに比べると、ゲームに特化してる分だけ、普通に面白いのかも。

2. Wiifit plus
トレーニングのメニューが組めるようになった。
トレーニングが増えたし、ゲームも増えたよ。
マリオの苦労を体験できるゲームも。

3. Wiiスポーツ リゾート
スカイダイビング: Wiiスポーツだと思って見てたら、パイロットウィングスだった罠。
アーチェリー: ゼルダで是非。
フリースロー: まあ順当? 試合形式っぽくしてくれたら。PS3でもフリースロー操作があった気が。

4. モーションプラス対応ゲーム
EAのスポーツゲーム、バーチャテニス、レッドスティール2。
サードパーティがどんどん集まってるよ。サードのソフトが売れてるからね☆
昨日のマイクロソフトよりサードパーティタイトルがショボい気がするのは錯覚だよ。
あたいってばさいきょうね!byチルノ 的な宣言。

5. RPG
『FFCC』。そして『キングダムハーツ』はDS版を紹介。
『マリルイ3』、今年の秋発売。
最後は『黄金の太陽』のDS新作。

6. アドベンチャー
ごめん。力尽きそうだ・・・・。

7. わがままファッション ガールズモード
ファッションで遊べるよ、こんなのもあるんだよ。
ラインナップの多様性、さいきょう。多様性、バンザイ。

8. 街頭インタビュー
すごいべた誉めですネ。

9. flipnote studio(うごメモ海外版)
ちょっと聞き逃したけど、夏だか秋だかにサービス開始?

10. マリオ VS ドンキーコング
ステージエディットができるアクションゲーム。
UGCでゴー!

11. メイドイン俺
UGCでゴー!
参考:UGCの幻想と現実と・・・・

12. facebook連携
任天堂もfacebook連携。

13. ゼルダDS新作
GDCで発表されてたもの。

14. Wii Vitality Sensor
ハードのみ公開。
あとは岩田社長が可能性を語る。
脈拍コントローラー、ラブテスター、嘘発見器、血圧測定(健康機器)、・・・・?

15. スーパーマリオギャラクシー2
えーっと。
見たことあるような無いようなギミックが満載。

16. サードパーティのエッジの効いたタイトル
セガの『CONDUIT』、カプコンの『バイオハザード:ダークサイドクロニクル』、EAの『DEAD SPACE』。
ゲーマーを熱狂させるサードパーティタイトルばっかりでしょ?
あたいってばさいきょうね!

17. メトロイド OtherM
チームニンジャ×任天堂。
まあテクモとの関係は良好だしね。
これが一番会場が沸いてたかな。



終わり・・・・。
春度高いなと思ってたら、⑨化が進行してたとは・・・・。
あたいってばさいきょうねby任天堂。


スポンサーサイト

コメント

・・・え?これで終わり?
無難と言えば聞こえはいいけど、どれも想定の範囲内で驚きがない。
フィットのミニゲーム追加なんてもっとはよやれよってレベル。
モーションプラスはMSカンファレンスの後に見るとなんとも。まあ発売は先行だからいいのか・・・。
バイタリティセンサーはマジ勘弁してください。冗談抜きでただの健康器具になりつつある。
発表されたサードのタイトルはバイオ以外大したことない感じだし。本当に「サードのソフトが売れてるハード」でこのラインナップはなあ。と言いますか、そのセリフ、いい加減聞き飽きたんですよね。実感ないし。
マリオは良いんですが。

日本での不調を認めていながら「万全の手」とは言えないかな。危機感無いですよね。
そりゃマリオや、今回出てませんがポケモンとかミリオンは超えるでしょうけどそれだけでいいのか。
ソフト不足について散々言われてますが、任天堂だってホイホイとソフトは出せないわけで、隙間はどうしても出てくると思うんです。その隙間をサードが埋めていればソフト不足とか言われなかったと思います。
相変わらず外交の成果が現れませんね。・・・ひょっとして見離されてません?
この様子じゃスポーツやマリオで盛り上がっても、また同じことの繰り返しをしてしまいそう。
結局「任天堂とそれ以外」という構図は今年も変わりそうにないですね。
任天堂は当然として、サードのタイトルに期待してたんだけどなあ。

>唯一 さん
売上自慢も聞き飽きてきましたからね。
最初から最後まで「あたいってばさいきょうね」モードだったのが寒々しー。

成功しすぎてホントにこれでいいと信じ込んでるのか、
苦し紛れでこうなったのか、
よくわかんなくなってきたなー、と。

サードパーティソフトは去年も微妙で、今年もこの有り様。
やー、特に酷かったのがゲーマー向けのタイトル、特にサードパーティの3本で、あれでゲーマーを説得できると本気で思ってるのかなあ。寒々しー。

バイタリティセンサーは・・・・。ネタ切れ感を120%アピールしてましたねー。
NATAL見た後だと、ショック倍増。

パーフェクトラインナップ-Easy-

という感じですか、今一番ニーズの高い所に弾幕張れていない的な意味で

コアユーザ向けの周辺機器に力を入れる宣言がこのタイミングでできないと言うことでHD陣営に追い付かれることは確定的に明らかになったようですね

Wiiのスペックの低さを考えると、もう次世代機の開発のロードマップをある程度公表する位のサプライズを期待していたのですが、この不景気ではWiiの買い控えに繋がりそうなので難しいでしょうね

血圧計…

いつまでもいつまでもWiiFitのCMを流し続ける様子に、「いっそ次は血圧計とか仕込んできたりして」「いやいや、さすがに老舗ゲームメーカーたるもの、そこまでは堕ちることはあるまい」…と自分の予想を反省してたんですが…まさか本当にそうくるとは思いませんでした…。
杞憂かもしれませんが、「企業として本当にやばい状態に陥っているのではないか」という気がしてなりません。本当にどうしちゃったのでしょうか、任天堂。
DAKINIさんの仰る通り、任天堂関係者の春度が更に進んで、お花畑が満開なのでは。花の季節の終焉も、撒き散らすであろう大嵐も、もうすぐ其処に見えているというのに…(ソニーとマイクロソフトのソフト群を見る限り)
何処かの海外サイトでのアンケート、今回のE3の発表の充実度はソニーが首位、僅差でマイクロソフト、任天堂はかなり引き離されてダントツの最下位でしたが、ゲーマーからのこの評価をどう捉えているのでしょう。
今の日本での惨状、「日本だけが特殊!日本以外こそ正義!」で済ませる気…なんでしょうかね。
さて、来年辺りの業界勢力図は一体どうなっているやら。

>乾犬 さん
>桜木 さん
ゲーマー向けタイトルの充実は来年に持ち越しって感じですかね。
去年もイマイチだったけど。

うーん、あと、発表されてるゲーマー向けタイトルのほとんどがゲームキューブレベルで留まってる印象で、イマイチ本気感が伝わってきませんよね。グラフィックは仕方ないにしても、ネットワーク対応その他の部分でも、他陣営より劣っているか、がんばって同等。

チームニンジャに関しては、色々あった後だけに・・・・。
あと、チームニンジャらしさもちょっぴりあったけど、やっぱり任天堂タイトルを作っちゃうと、「丸まって」しまいますよね。スーツ着たサムスがプライムシリーズの使い回しっぽくて、えー、これがチームニンジャのヒロインかYO!と悲しくなりました。

バイオレンス&エロティックが足りないなら、チームニンジャで作る必要無いじゃん。新しいゲームを作ればいいのに。

>春度
春度云々は、どっちかというと、任天堂関係者というか、任天堂陣営に群がってる人達(ハイエナ or アメーバ)の事をさしてるんですけどね。任天堂自身と近い周辺は、もうちょっと冷静だと思いますよ。

まー、宮本茂氏が登場しなかったあたり、「今回はネタ切れ。ごめん。1回休み」というのが本音でしょう。さすがに反省してると思います。去年のカンファレンスの時点で反省しておけよ、と思わなくもないけど・・・・。

振り返るに、去年の任天堂はひどかった。
成功している時ほど、批判に対して耳を澄まして、賞賛の声から遠ざかる必要があるのにね・・・・。まあ去年は『Wiifit』が海外で売れてたし、マリオカートやスマブラも好調だったし、「油断」しちゃうのも仕方ないかな、とは思いますが。

バイタリティセンサーはホラーゲームなんかに使えば、脈拍が一定を越えたらどうかなるなんて使い方もできなくもないんだけど、考えてるのかねえ。

脈拍を測る機械の使い方で予想されるのは
ラブテスターではないでしょうか?
あとは無難に嘘発見器ゲーム

任天堂は全方位に攻めるほどのマンパワーはないでしょうから
サードによる従来型と呼ばれるゲームは捨て去ってもよいのだと思います。
任天堂のゲームしか遊べない任天堂ハードでも十分じゃないでしょうか

最低限の責務としては任天堂による従来型ゲームを好む層に対するフォローを
行えば、さほど問題はないと思います。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。