Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ちに待った、『空の境界 忘却録音』予約開始

劇場版「空の境界」 忘却録音 【完全生産限定版】 [DVD]
発売は7月29日。
劇場版は観ていますが、原作からの変更が割と大きかったのが意外でした。
まあ鮮花が可愛ければ、すべてオッケーではありますが。

またPSフォーマット向けの夏の独占タイトルが続々と判明しています。
塊魂トリビュート
PS3では『塊魂トリビュート』『トロともりもり』、PSP向けには『ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図』が発売決定。

ふーむ・・・・。
SCEJに対して「お前らがPS3をやらなくてどうする」と突っ込みたい気持ちがわいてきますね。

しかしユーザーがユニークなタイトルを購入してくれるPSPのほうがSCEJには向いているのかな、という気も。『ゆうなま』『パタポン』など、PSP後半のSCEJは輝きを増してますからね。PS1時代の元気を取り戻してほしいと思います。SCEJファンにはうれしい一年になりそうな予感。


メイドイン俺、動画サイトに作品が続々アップロード!

また僕も購入した『メイドイン俺』は5万8000本(電撃調べ)で、メイドインワリオシリーズとして考えると少ないものの、ツクール系ゲームとしては堅調なスタートを切りました。早速YouTubeやニコニコ動画を賑わしているようです。

いい感じで盛り上がってますが、やはりユーザー間で自由にゲームを配信できない仕様が残念ですね(フレンドのみ預かり所でゲームを受け渡しできます。コンテストは審査制)。

『うごメモ』の後に出ると、どうしても古くさく感じてしまいます。『メイドイン俺』のエディタ部分を取り出して、DSiWareで配信し、『うごメモ』のようにユーザー間で自由に共有させてほしいですね。


『とらドラ・ポータブル!』が品切れ続出!

『とらドラ・ポータブル!』が初週3万9000本(電撃調べ)売れて、品切れ店も続出のようですね。Amazonでも高値の商品が出回っています。評判も非常に高く、原作の世界観を深く深く理解したシナリオは神クラス。アニメゲームの殿堂入りを果たしたといえるでしょう。

このチームは『涼宮ハルヒの約束』を手がけており、きちんと「次」の原作を掘り当てている嗅覚の鋭さ、ファンを納得させる深い作品愛、プラットフォーム選択の賢さ、あらゆる点でアニメゲームのA級チームですね。

ユーザーを裏切るようなプラットフォーム選択をおこなった『涼宮ハルヒの激動』(角川)、『涼宮ハルヒの並列』(セガ)とは雲泥の差ですね。フィギュアで釣ればユーザーは勝手についてくる、という傲慢な考え方では、ほとんど誰もついてきませんし、ワゴンに積み上げられるだけ。

しかし今思うと、『ハルヒ』の売上低迷が、連想的に流通の不安を煽って、『とらドラ』の受注が減ってしまった可能性もありますね。その結果、欲しいユーザーの手元に届かなくなっているのだとしたら、本当に悲しいこと。流通関係者の方々には、アニメゲームがリスキーなのではなく、Wii向けのアニメゲームがリスキーなのだという正しい理解をしていただきたいものです。

スポンサーサイト

コメント

>『とらドラ』の受注が減ってしまった可能性
あると思います。と、言いますか、ゲーム屋さんって、ラノベについてあまり知識が無いですね。
知り合いのゲーム担当者が「とらドラってなに?人気あるの?」とか聞いてきて、思わずツッコミ入れたりしましたし、流通の担当者も、とらドラと他のギャルゲーとの違いがわからないみたいですし。
アニメ、マンガ(ラノベ)、ゲームってセットで知ってそうなものですけどね。意外とそうじゃない。
まあ作品人気やハードとの相性って、複合店でもない限り判断しづらいのかもしれません。
僕はハルヒの作品人気が落ちたとはカケラも思っていません。またPSで出せば5万は楽勝で超え、10万狙える力はまだあると思います。・・・が、おそらく流通やゲーム屋はそう判断しません。
次に新作が出るとしても、発注数を絞る可能性は高い気がします。(この後直列も控えてるのでなおさら)

こういう時ダウンロード販売があれば、メーカーも機会損失を起こさないのに、って思います。
このテのソフトにヘタレ発注はつきものですからね。
来年、再来年と、ダウンロード販売がどんどん増えていくんだろうな。

メイドイン俺。濃いですねー(笑)。良くも悪くも才能が発掘されてますな。
明らかに楽しんで作ってるなーと思えるものは自然と面白そうに見えます。
ネタゲーは任天堂的にアリなのかな?多くのゲームが配信されれば良いんですけど。
・・・にしても、異様にクオリティの高いものがチラホラ・・・。実はプロの犯行?

ぼくなつはPSPで良いです。皆忘れ去ってるグランツーはどーなったんでしょーか・・・。

>唯一 さん
丁寧なフォロー、ありがとうございます。

小売事情にくわしい唯一さんにフォローしていただけると、頼もしいですね。アニメやラノベに詳しくない担当者だと、やっぱり不安に思っちゃいますよね。

>ハルヒ
ハルヒ人気がピークを過ぎているのは確かですが、Wii版の売れ無さっぷりは異常でしたからね。もしPSフォーマットで発売されていたら、少なくとも5万は狙えたと思います。ただ、おっしゃるように、Wii版の低調さが足をひっぱって、今後ハルヒのゲームの販売は非常に厳しいと思います(流通が信用してないため)。

角川とセガはハルヒ(のゲーム)を殺してしまいましたorz

>ぼくなつ
懐かしさ補正が働くタイトルですから、HD映像にこだわる必要は薄いですからね。

PSPも普及台数が増えてきて、幅の広がりが求められつつありますから、『ぼくなつ』をPSPで出すという判断はPSP戦略としては適切です。PS3的には残念ですけどね。なかなか難しい。


先日も喫茶店で、3人の女性が『モンハン』を遊んで盛り上がってるのを見かけたのですが、多いとは言いませんが、女性でも遊んでいる人もいますよね。女性率が非常に高い『戦国BASARA』もPSPのが売れてますし、PSPを遊ぶ女性ゲーマーが増えているのを感じます。

任天堂ハードにディープタイトルが不足している分、ディープさを求める女性はPSPへシフトしてきているのかな、と思いますね。女性=ライトという訳ではなく、層が分かれていますよね。

はじめまして

数年来のROM人間です。

PSPとWiiで対比しているエントリですが、PSPとDSとの対比でコメントさせてください。

実はとらドラはアニメ>小説と来て、ゲームにまで手を出したパターンです。このゲームをしたいがためにPSPを購入。ゲーム機およびゲームの購入は10年ぶりぐらいの非ゲーマー@おっさんです。

フォーマットについて色々語られていますが、携帯ゲームに絞るとこのゲームがDSで出てもピンと来なかったかもしれません。私は店頭でしかDSの画質を確認していませんが、あの画面でこのゲームを遊んでもここまで楽しめたどうかは微妙です。PSPのワイドでより高画質な画面だからこそ、このゲームは楽しめるのではないかと思っています。

アニメをバックボーンに持つゲームで、対比としてより良い画質のゲーム機がある場合には見劣りしてしまう、なんて心理が働くことはないでしょうか。

大分安くなってきたフルHDのテレビをつい最近購入しましたが、これでSD画質のDVDを見てガッカリすることがあります(とらドラDVDもそうでした)。より高画質の体験をしてしまうと、低画質のものでは感動が薄れてしまう事を実感した上で、PSPとDSは提供するゲームが違うのかなぁ?なんて感じています。

何にせよ、PSP本体と同時購入したスパロボ(スパロボは第3次以来)と併せ、しばらくゲーム三昧の日々が続きそうです。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。