Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えてきたソフトメーカーの次世代ゲーム機戦略

PS3からXBOX360へ。そろそろ最初の結論が出つつある

次世代ゲーム機3機種が出揃った年末商戦から3ヶ月。ようやく各社が腹を決め始めましたね。全世界のゲーム会社の見解がほぼ一致するのは、PS3の立ち上がりが遅いということです。

日本ではいまだ実売100万台にとどかず、なんと年度内100万台さえ達成できそうにありません。XBOX360が売れない日本市場ではライバルが1つ少ないわけで、にもかかわらず、この市場でリードを稼げないのは痛い話です。北米では、出荷不足に泣きましたが、年が明けて供給が改善してからも、売上は芳しくなくありません。NPD集計による売上データを見ると、11月~2月までの4ヶ月間、PS3はずっと最下位です。
      XBOX360     PS3       Wii
11月  51万1000台  19万7000台  47万6000台
12月     110万台     49万台   60万4000台
1月   29万4000台  24万4000台  43万6000台
2月   22万8000台   12万7000台  33万5000台
判断の早い欧米のパブリッシャーは当然として、日本のソフトメーカーも続々、PS3単独→XBOX360とのマルチに切り替えつつあります。

カプコン、「デビル メイ クライ 4」マルチプラットフォームで発売決定
このタイミングでのカプコンの発表は、なかなか印象的でした。非常にわかりやすい。カプコンは共通エンジンで開発していますから、マルチ化が比較的容易ではあるのですが、「同時発売」を明言したのは大きいですね。マルチ対応の場合でも、PS系だけは発売日が早いなど、SCEに一定の配慮を払うのがPS2時代までの常識でした。しかし、いよいよ「配慮」をしなくても良くなってきたというわけです。

キーマンが語るゲームの今! 進化するゲーム・ビジネス / デジタルARENA
またバンダイナムコの鵜之澤伸氏も、XBOX360でのカプコンの成功をあげ、XBOX360をしきりに評価していました。実際、『エースコンバット6』がXbox360で発売するらしく、全世界のXBOX360ユーザーが喝采をあげました。

日本の大手ソフトメーカーは、開発費のかかるHDゲームをPS3/XBOX360/PCのマルチ対応でしのぎ、軽いゲームをDSとWiiで展開する戦略を明確にしつつあります。しばらくは「重」と「軽」の2つの方向を両方バランス良くやっていくはずです。

1月、2月の北米市場の動向を見ると、HDゲーム機の売上がWiiより多く、HDゲームの需要の高さを感じるのですが、PS3とXBOX360の2つのハードで需要を分け合っているため、結果的にWiiが一番売れているハードになっています。マルチ対応が進み、PS3とXBOX360の没個性化が進めば進むほど、HDゲーム機の需要の高さとは別に、Wiiが生き残りやすくなっていきそうです。


技術力の温存が1つのテーマ

現在、日本市場ではHDゲームの市場はきわめて限定的です。HDTVの普及に弾みがついていて、マニア向けのゲームがよく売れている北米市場を狙っていかなければ、商売が回りません。あるいは『アイドルマスター』のアイテム課金のように、少数のユーザーから高額のお金を徴収するビジネスモデルを立ち上げるか、ですね。

日本の大手ソフトメーカーにとって、「技術力の温存」は重大なテーマになっています。お膝元の日本では、高い技術力を要するHDゲームの市場が小さいとはいえ、HDTVの普及は進んできていますし、将来へ投資を続けないわけにはいきません。DSとWiiの勢いが永続すると考えている会社はほとんど無く、新しく増えたユーザーを市場に定着できるかどうかが1つの課題です。それでも、2007年、2008年あたりをピークとして下降していくという見方が多いでしょう。

カプコンを成功モデルとして見据えつつ、スクウェアエニックス、バンダイナムコ、セガ、コナミといった他の大手企業も、共通エンジン構想や、マルチプラットフォームでの開発体制を強化しつつあります。


好調なWiiは根強い不安を払拭できるかが鍵

Wiiの出足は好調で、ソフトメーカー各社も1~2年は比重を置いてソフトを供給すると思われます。1月に発売された『ドラゴンボールZ』や今年発売予定の『戦国BASARA』のように、PS2とWiiのマルチ対応で、低リスクでソフトを供給できるのも好ましい点です。

しかし今年1年は良くても、来年になればPS2市場は商売にならなくなる可能性が高いです。日本のゲーム会社は、海外とちがって、性能差が大きなハードでのマルチ対応に慣れていませんし、好みませんから、PS3とXBOX360のマルチ対応はしても、Wiiを含めた3機種のマルチ対応はしないでしょう。するとWiiは年内には、単独である程度商売が成り立つ規模の市場を築き上げなければいけません。HDゲーム機ほどスローペースというわけにはいかないでしょう。

ゲーム会社は基本的に即物的で、成功しているハードに乗りたがる性質があるため、好調なWiiに乗っかる会社は増えています。一方で、根強い不安を抱えているのも確かです。
  • パーティゲームは売れるが、1人用ゲームは売れないという傾向がある。パーティゲームは1人用ゲームほどたくさんのタイトルを必要としないため、商売の余地が少ないかもしれない。
  • 過去のソフトのネット配信は充実しているが、新作ソフトや体験版の配信、アイテム課金の仕組みが無く、オンラインゲームでのビジネスモデルが制限される。
  • インターフェイスの変化にともなう新鮮さが薄れたあとは? Wiiは一時的なマーケットなのではないか? DSは『脳トレ』で実用ソフト市場を切り拓いたが。
  • プロセッサ性能至上主義は「ムーアの法則」があり、次にどうなるかという予測が立てやすかった。Wiiの路線は長期的な成長戦略や予測が立てにくい。

大きくはそんな所でしょうか。まぁ他にもあるとは思いますが、従来路線ではないだけに、不安感が大きいのは自然なことです。とりあえず身体は現状についていってるが、頭が追いつかない。あるいは心がついてこないという人はまだまだ多いでしょう。

3月5日~3月11日の週間販売(メディアクリエイト)を見ると、Wiiの週間販売数は4万4000台。年末から好調なセールスが続いていましたが、200万台を目前にして、やはり失速しつつあります。去年、以前のブログで書いたように、200万台の所に1つ壁というか坂があります。

現状、Wiiは『Wiiスポーツ』1本で引っ張っている状態ですからね。春商戦のタイトルで勢いを戻せるか、夏商戦につなげるかが注目です。いつ頃300万台を突破するか。PS3が立て直してくるのは秋以降でしょうから、それまでに突破していると、国内のシェア争いはわかりやすくなるでしょう(大手ソフトメーカーの悩みは増えるかもしれませんが)。

ところで年末にWiiを買った人は、今なにを遊んでいるんでしょうね? という話を最近何人かとしたのですが、なかなか面白い疑問です。少し飽きてきて、今はDSでしょうか。もっともPS3は飽きる以前の問題ですけども。XBOX360は(客層が超狭いかわりに)そこそこソフトが出てる印象ですね。

スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

humitou@hotmail.com

PS3ユーザーは多分いまゲームをせずにBDソフトを見てますよ。

先日、ブエナのマーケティングディレクターが次世代メディア戦争はBD圧勝でもう決着がついたと吹聴しておりましたが、少なくとも日本においては嘘でも誇張でもありません。文字通り、BDがHD-DVDを市場から殲滅してしまいました。
分かりやすいのがBDとHD-DVD両方で出ているタイトルで、初期出荷ですでに4~5倍以上の差がついており、その上でBDはリピートがかかるのに、HD-DVDになると皆無だそうです。そのせいで特設コーナーをBDに占拠されてしまってるお店も珍しくなくなってきています。さすがにDAKINIさんもこうした現状は認知してなかったようですね。

先日のバンダイが日本向けにはBDタイトルを用意してるという発表は、そうした実情を反映したものです。
アニメや邦画はまず国内で売れてくれないと困るわけですから、国内で完全無視されてるHD-DVDに肩入れするメリットはなく、バンダイもかなり以前からHD-DVDからBDに鞍替えしたがっていました。ただ、ここではゲームと逆にMSの存在が枷になっているようで。

>ksさん
掲載不許可としました。
おそらく忍さん所の数字(ファミ通だったかな)を言っておられるのだと思いますが、まぁ集計機関による誤差はあるのですが、品薄感も解消され、1月、2月とくらべて、確実に週間販売の数字は減っていますね。

今後の弾があるとかどうとか、そういう議論はしていません。それを言うなら、どのハードだって、弾はあるのですよ。いわゆる任天堂タイトルはそれだけでは、ファンを中心にしかアピールしません。ちなみにメトロイドプライムシリーズは売上や評価が低下しているシリーズですね。冷静に。

1度、2ch的なハード戦争的な視点をすてて、冷静に記事を読みなおしてください。「Wiiは絶対に勝ぁつ!」的な記事でないと、コメント欄によくわからないコメントを投稿する方がいらっしゃる(笑 サポータによる願望的なお話なんてどうでもいいのです。

>humiさん
なるほど。BDとHD-DVDの勝負は完全に着いたといえるのですね。

ふーむ。しかしボク自身、また身の回りのPS3ユーザーを見ても、BDソフトを見ているという実感は無いのですが・・・・。今それほどのBDソフトの弾がありましたっけ?

BDの使用率って

BDが勝利したのは次世代規格競争の中だけです、BDの普及自体には3~5年がかかるというのが評論家達の一般的な見解です。
なにせDVDシェアと比べてまだ3%なのがBD・HD-DVD合わせてのシェアですからね。
PS3ユーザーの中ではゲーム総数が少ない為、比較的BD見てる人はいるといったとこでしょうか?

ちなみにDVDは去年ぐらいにやっとレンタル普及率がビデオテープを抜いたそうです。
やっと最近DVDの勝ちが確定したんですね、DVDvsテープも長い戦いだったんですね(笑

海外のほうが・・・

Wiiは以外と遊ぶものあるんですよー。好き嫌いしなければかなりいいゲームライフが送れるハードだと思います・・・
良作も多いですしね・・・
自分はもう8本なのでさすがに買いすぎですが。
Wiiは海外のほうが好調に見えます。ハード売上自体は
日本と同じように好調ですが・・・
ソフト売上について。向こうではゼルダを筆頭にレッドスティールやマルチのCoD3にマッデンにマーベル、最近だとソニックや
タイガーウッズなど一人用のゲームも好調のようで。
EAやUBIなんかの大手もソフト投入を言っていますし・・・。
市場がどんどん出来ているように思います。
一方日本は大手はなんというかまだ見守っている状態ですしゼルダ40にFE10(まぁ、この辺のソフトはこんなもんのような気もしますが)と一人用が今ひとつ、少なくとも海外ほどの伸びはなく。
この差はなんなのでしょうね?ゲーマーの数の違い、という単純なものなのでしょうか・・・。
海外は平気でPS3 360 wii DS PSP GBA(笑)みたいなマルチをするからソフトが豊富なのも一つの要因かもしれませんね。
海外のwiiラインナップをうらやましがる声もよく聞きます・・・
まぁオプーナや宝島なんかの大手ソフトも公開され始めては来ているしコナミインタビューではウイイレやパワプロ(と思われる)
ソフトをwiiで作っているという話もありましたので
日本ではこれからなのかもしれませんね。カドゥケウスなんかは北米で好調のようですしソニックなんかは日本では爆死しましたが世界的に見れば悪くない売上を残すでしょうし・・・
箱、PS3にもいえますがこれからは世界視点での販売戦略が
ソフトメーカーも必須になっていきそうですね。
なんにせよPS3がちょっとふがいないので任天堂もゆっくりと攻めているような気がします。
wiiユーザーとしては、いろいろ見せて欲しいところです。
PS3のヨーロッパ発売がもうすぐですね。すでに箱、wiiにそこそこの台数を撒かれた後でどれだけ頑張れるか
ちょっと楽しみではあります。ここでPS3が踏ん張るようだと
混沌として来るのですが・・・。

そういえば知り合いのPS3ユーザーはずっとアーマードコアのネット対戦をやっていました・・・。
みんなのゴルフまでちょっとPS3はつらいかもしれませんね。

BDの弾は今から増えていきそうです。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070322/bandai.htm

様子見のところが出し始めたようで、
このような傾向は続いてるので、HDDVDは相当厳しくなったと考えるべきでしょう。

皆様、ご意見ありがとうございます。
1名の場違いな方を除きまして、たいへん参考になるコメントばかりです。

>Hori-kenさん

なるほど。同感です。
海外はのWii購入者は、ローンチに「ゼルダ」があった影響で、日本よりもゲーマー比率が高い印象がありますね。その結果、1人用ゲームも購買意欲が旺盛なのでしょう。XBOX360もゲーマー比率が高いハードですが、ハードの台数の割りにソフトの売上がかなり高い感じですよね。

>SANMA さん、yu-ri さん

情報ありがとうございます。
次世代DVD戦争はBD勝利ということで、徐々にソフトが揃い始めているのですね。一年後ぐらいには、PS3のBDプレイヤーとしての価値も高まっているのかもしれませんね。つくづく、早すぎた部分がたくさんあるハードですよねえ。


>Ksさん

失笑しました。
次世代機のWiiと旧世代機のPS2を合算するのは、それこそSDゲーム機の数を水増しするための無理な理屈です(笑 北米では低所得者層が安くなった1時代昔のハードを購入するのは、よく知られた現象です。PS2時代にも、PS1がけっこうしぶとく売れていました。

それをして、SDゲーム機のパイがでかいと考えるゲーム会社はほとんどありません。PS2は時間の問題で、市場がほぼ無くなるからです。ボクが書いているのは、ゲーム業界人が、ゲーム会社の人間がどう考えるかという、リアリティをもって書いているわけです。

数字のまやかしを用いてネットで論争すること、ハードのシェア争いというメタゲームに夢中になっている方が、一生懸命、主張しても、リアリティの無い議論は通用しません。そういう議論がしたければ、素人が集まる場所で好きなだけおやりなさい。ここは、ゲーム制作者がやっているブログなのだから、そういう議論のための議論を展開する場所ではありません。

もちろん、常にゲーム業界人の考えることが正しいわけではありません。けれども、「場違い」な言動をする方のコメントを承認するつもりはありません。正しい正しくない以前に、あなたの言動は「場違い」だと言う事です。

なお、このエントリーに繰り返し、場違いなコメントを投稿された場合、荒らしと判断させていただきます。IPも残っていますし、ISPさまにご連絡させていただく等の対応を検討したいと思います。

BDレンタルがまったくやっていない現状で、BDソフトを見ている人なんてどれだけいるんでしょう。
そりゃ1本くらいは買うかもしれませんけど、現状ではDVD映像ソフトよりも割高なので、買っても1本くらいじゃないですか。

映画が好きな人は高画質で映画が見たいというよりもいっぱい見たいんじゃないかな。
つまりレンタルです。
また、最近になってようやく、VHS供給されてたような古めの映像がDVD化されるようになってきて、そういうレトロなのが好きな人はDVDのほうを旬に感じているでしょう。

HDDVD vs BDという構図で見ればBDが勝っているのでしょうが、目くそ鼻くその戦いで本流の話ではないでしょう。


やっぱりAV機器かなぁ

 AV雑誌は今のところPS3をAV機器とみなしてみなしてますよ(笑)。なんせ今のところ一番安いBDプレイヤーなんで。評論家サイドも他の機器およびコンテンツの評価用に導入している人が多いようです。
 AVマニア(特に映像マニア)は一度良いものを経験してしまうと(もしくは経験したいと思ったら)後に戻らない人が多いので、ゲームはしなくてもPS3を買った人もそれなりにいるのではないかしら。
 雑誌でのホームシアター実践者紹介なんかでもそのような人は必ずいますし、AVマニアのサイトをよく巡回しているんですが、BD視聴目的のみにPS3を購入している人は案外いますね。
 よく私が覗くサイトのAVマニアの方は現状のDVDコレクションをBDに切り替えるつもりで最高級DVDプレーヤー(定価で40万ぐらい)をPS3に置き換えてたりしています。まぁそんな方は極少数でしょうが。
 AV専用利用の割合が統計上出てない無いから何ともいえませんが、AV雑誌の影響力はイカばかりなんでしょうかねぇ。
 ただ、BDに関してはめぼしい作品が出れば確実に買う層はそれなりにあるのでは。新作に関してはDVDよりも500~800円高い程度ですが、そのくらいならマニアだったらBDを購入するのでしょうし。
 雑誌での新譜案内によるリリースはBDで7~8本/月ペース。割合はBD:HDDVD=2:1ぐらいですね。

私はwiiスポはそこそこでソニックにはまってますね
操作感も取っつきやすくて好印象です
さすがにセガはああいうハードの特徴を生かしたソフトを作らせたら一級品ですね
まあ、細かい部分で不満が残る仕様にちょっとお高い値段設定もさすがセガという感じですが(苦笑
wiiの課題は、リモコン操作で誤解されがちな「振り回すだけ」という認識をいかに払拭するかにかかっていると思います
wiiスポ見たいに振り回すだけでなく、エキサイトトラックやソニックみたいな操作も楽しめる
従来操作でも楽しめる
この辺をいかにユーザーに浸透させるかですね
でもまあ、今普通にみんなが持ってるアナログコンも振動も任天堂発ですし、うまくやってくれるんじゃないでしょうか
PS3は、ファーストの不甲斐なさが見だちますね
ここまで来たら死ぬ気でPS3に注力するしかないと思うんですが
GTHDの件と言い、GT4M(これはPSPですが)と言い何やってるんでしょうか
未だにサードが何とかしてくれるという甘えがある気がして仕方ありません
PS時代の攻める気持ちを取り戻してほしいところです
BDはなんとなく録画用の規格というイメージが強いんですが
これから再生専用のBDが世間に浸透していくんですかね
浸透って言うのはどこでもレンタルできるくらいのレベルでの話で、なんか今後数年は無い気がしますが

さてBDネタが増えてきたので、
ちょっとBDについて書いてみます

BSとかがDVDと比べて爆発的に世間に受け入れられるかとというと、それはまず無いです。
何故かと言うとDVD(480P)とBDやHD-DVD(1080P)という映像自体の解像度の明確な差を実感できる環境が今の日本の土壌にはまだ多く無いからです。
BDの恩恵を受けるのは当然1080P対応大型TVなわけですが、
その液晶TVの普及台数は2007年になってやっと1000万台を突破しました。
1080Pが480Pと違うと誰が見ても実感できるTVサイズと言うのは40型以上です。(視聴距離2-3m)
1m以下の近接で見れば32型とかでもわかるってのは通常使用としてまず無い環境なので論外ですがw
そもそも1080P対応TVというのは40型以上がほとんどです、sharpとかは2007年前後からやっと30型クラスにも720Pから1080Pパネルに変更しました。
つまり、大小混在の液晶(多くの液晶TVは14型からは有りますからね)で1080PのBDとかの映像の恩恵を受けるのは実質1000万以下なわけです。
これは上記に書いた対応解像度1080Pと720P(20型クラスは480Pとかもありますね)の差と、視認出来る画面の大きさの問題のためですね。

んで、現行一番普及しているのはブラウン管ですがブラウン管のメインストリームは20~36型が現実的なとこです。
なにせブラウン管は重量と場所取りが半端ないですから40型以上ってのはイベント設置と一部マニアにしか受け入れられてないのが現状です。
そのブラウン管が2011年になっても6000万台残っているだろうという国の調査結果さえあります。
つまりブラウン管でも1080Pの恩恵はほとんど受けられません、そもそも30型以上じゃないと720Pと1080iに対応してませんし
こうしてみるとまず受信機としての土壌がまだまだなので普及にはまだ時間がかかりそうです。
TVなんて10年くらい使うののはざらですからね


そして再生ソースとしての観点から言うと、
テープからDVDにはユーザーは多くの利点(省スペース・ランダムアクセス・デジタル化による安定した画質など)を得られましたが、DVDからBDへの変遷には高画質化しか大きなアピールポイントが無いのが問題です。

さてこの状況でDVDとBDの明確な差は出るのでしょうか?それを全国のTVユーザーにアピールできるのでしょうか?
それは当分先でしょうね
ユーザーが性急に求めてない物を出しても売れませんから緩やかにシフトしていくでしょう

なんだか妙にBD話が盛り上がってますが(笑

>D さん、SANMAさん
まぁBDがDVDほど急速に普及するとは思えませんよね。ただ、そういう物がほしいという人もいるわけですから、BDかHD-DVDかという競争がさっさと決着がつきつつあるのは、良いことだと思います。

DVDもセルの市場がある程度ありますから、その市場がどう置き換わっていくかだと思います。高画質のDVD BOXを買っているアニメオタクは割りと積極的に動くかもしれませんし。まぁ並存する期間は、かなり長いでしょうね。

>わはは大王さん
そうですね。
DVDボックスをよく買っている同僚に聞いても、BDが徐々にラインナップを増やしているという話を、つい最近聞きました。まぁ最初はそういうコアなユーザーから動き始めるのでしょうね。

>ゴン太 さん
>私はwiiスポはそこそこでソニックにはまってますね
> 操作感も取っつきやすくて好印象です

たしかに傾ける操作のゲームは割りと出てますね。
まぁゲーマー比率が少ないWiiでは、ソニックなどはなかなか売れないと思います。初週1万本でしたか。

Wiiの問題点の1つは、じつは「毎日電源を入れる」ゲーム機に全然なってないんじゃないか、ということですね。Wiiスポーツで売れているハードで、購入者の大半がライトユーザー。しかし一方で、Wiiスポーツのようにパーティ的に消費されるものは週末に1度とかそれぐらいのプレイ頻度のケースが多いでしょう。Wiiチャンネルも、無線LAN環境という敷居の高さがあります。

このあたりが根強く「Wiiは飽きられやすい」と言われる要因の1つだとも思いますね。毎日遊ぶタイプのゲームが充実して、きちんと売れるようになるのが1つの課題だと思います。

>サードの自立さん
>あくまでサードから見た場合

その通り、今回の記事で指摘した「不安」はソフトメーカーの側から見た不安点です。
任天堂はロイヤリティで収益を得ているプラットフォームホルダーですから、サードパーティの不安を解消しなければ、逃げられるだけです。今時、サードパーティは勝手にやりたければやればいい、という姿勢では、通用しません。それは、各プラットフォームホルダーが開発環境の整備に力を注いでいることからも明らかです。

任天堂のソフトが大好きな、ソフトメーカーとしての任天堂が大好きな人にはまったく関係ありませんが、ビジネスとしてゲーム業界を捉える視点でいえば、上記の不安点は大きな課題なのです。

一部のネットユーザーが「サードの自立」などという訳のわからない事を時々主張しておられますが、ロイヤリティという形でサードに依存しているのはプラットフォームホルダーの側ですよ。別にサードパーティはプラットフォームホルダーから資金を提供されているわけではありません。

どちらかというと、最近の任天堂のソフト市場におけるシェアの増大は「プラットフォームホルダーがサードからの収益に依存しなくなりつつある「ハードメーカーの自立」と評すべきでしょう。サードパーティはそもそも最初から自立しているのですよ。

もっとも「ハードメーカーの自立」が進む一方で、市場が拡大すれば、ロイヤリティも自然と増大していくわけで、ロイヤリティビジネスを捨てられない矛盾は大きくなります。ロイヤリティー制をとっているプラットフォームホルダーが巨大ソフトメーカーを兼ねるという、ゲーム機業界の構造が特殊なのですけどね。

ファン心理の発露は好ましいものですが、ビジネスの話にそういうものを持ち込むと、ただの荒唐無稽な議論になりがちです。ファン心理の発露は、ファンコミュニティかどこかでおやりなさい。ここはそういう場所ではないので、コメントは掲載不許可とさせていただきました。


少し前に書き込みされたksさんもそうなんですが、ゲーム系のブログには、どうにも場違いなコメントを投稿される方がいますね。共通点は「僕の大好きなxxxは勝つ」「僕の大好きなxxxは正しい」「僕の大好きなxxxは困らない」。学生さんなのかもしれませんが・・・・。そういう幼稚な思考では、ビジネスは回りませんし、ビジネスの話をしているブログに幼稚な思考を書き込むことの「場違い」ぶりを少し自覚していただきですね。

やまざき

Wiiは発売前のCMで家族で遊んでいるシーンをメインに持ってきたので(ゼルダのCMもありましたが)、RPG等日本で人気だった従来型ゲームがどうなるかですね。ゼルダはロンチとしては売れたほうだとは思います。ただ、熱狂的ファンを持つゼルダで40だったという印象がついてしまった感じもぬぐえません。
マルチ化についてはWiiは独自の方向で行くと思うのであまり影響はないかもしれません。しかし、逆にWiiユーザーに受け入れられる独自のゲームを開発しなければいけなくなりました。まだ発売してから3ヶ月ほどですし、様子見が続いているメーカーが多いかもしれません。

それと、さほど盛り上がってもいなかったのもありますが、GC市場を早々に切り捨てた任天堂と、まだまだPS2ソフトが数多く発売され、「まだPS2でもいい」という印象を与えてしまったソニーの違いもあるかと思います。サードの都合もあって簡単には切り上げられないのもわかります。PS2がそれでも好調だったから行けるとふんだのかもしれません。
ハードを発売日に買う人は全体からいけば少数で、多数が人気タイトルの続編等ほしいソフトがが発売されてから買おうという人でしょう。そこにおいても、自社の人気タイトル続編であるゼルダやFEやマリオを出す任天堂と、続編物をサードに任せてしまったソニーの違いがあるかと思います。ソニーも多数のミリオンソフトを抱えています(日本ではGTやICOシリーズが人気でしょうか)。それを発売日と同時に出せばまた違っていたはずです。メタルギアソリッド4等サード人気タイトルは、現状から発売を先のばしにしているようにも思えます。サードからしてみれば、こんなはずではなかったというところでしょうか。それらのソフトが開発を始めたであろう1~2年前には、まだPlayStationなら大丈夫という楽観的な風潮がありました。最大のキラータイトルであるFinalFantasy13も全然発売が見えてきません。商売としては、分母の多いプラットフォームで発売したほうがいいに決まっています。
北米に話をしぼりますと、XBOX360は今年なってヘイローシリーズ等人気フランチャイズが順次発売されていきます。1年先行の強みがここにあるかと。
せっかくのPlayStationという「勝ち組」の印象を少ない発売ソフトなどで掻き消してしまっている気がします。
ただPS3の不調の最大の理由は値段が高すぎることにあるかと。直前に値下げを行いましたがそれでもまだ高くて手がでないという意見が多いです。
日本では高性能機種ならXBOX360ではなくPS3だという流れもまだまだありますが、エースコンバット6やロストオデッセイ等大型タイトル発売に合わせてXBOX360が値下げ攻勢をしかけてきた場合、もしかするともしかする可能性も皆無ではないと思います。初代XBOX比べれば、ムーア氏の尽力もあって劇的に日本市場の扱いがよくなっています。販売台数にしてはソフトも売れていると思うので、100~200万台くらいの市場が日本にあるだけでもかなり違ってくるでしょう。マルチになっても日本は省かれるだろうという印象(特にセガなんかは日本のXBOX360には消極的です)もなくなるかもしれません。

WiiにしろPS3とXBOX360にしろ、今年の年末が一つの区切りになると思います。
長文失礼いたしました。

>やまざきさん

ゼルダはハッキリ売れてないといえるでしょう。
ローンチソフトと言っても、固定ファンの多いソフトです。200万台に迫るWiiの普及台数での40万本と、『タクト』発売時のGCの普及台数(200万台超)の60万本超を比較しても、減少傾向がうかがえます。もっとも、業界人の多くは、(今回の売上を)最初から織り込み済みだったと思いますが。

> ソニーも多数のミリオンソフトを抱えています(日本ではGTやICOシリーズが人気でしょうか)
ICOは海外のほうが売れています。日本では一部のゲーマーに評価が高いものの、20万に届いていないぐらいの売上で、日本で人気があるとはとても言えません。

ソニーでミリオンソフトなんて、GTとみんゴルの2本ぐらいでしょう。
もっとも、Wiiにしても、WiiスポーツとはじめてのWiiは新作でしたし、ゼルダは昔はともかく、最近ではミリオンソフトとは言えない状態でした。ワリオにしても、基本的には「さわる」がDSのローンチ効果もあって、長く売れてミリオン突破しましたが、シリーズの他作品の売上を考えれば、50万本超のタイトルです。

> もしかするともしかする可能性も皆無ではない
エースコンバットやロストオデッセイにそんなパワーは無いでしょう。価格もすでに、PS3と比べてかなり安いわけですから。これ以上値下げしても、さほどの効果は無いでしょう。

冗談で書いておられるか、PS嫌いで目が曇っておられるかどちらかではないでしょうか。冷静なご意見とは到底思えません。まぁとりあえず360は100万台には届いてほしいですよね。現状では、無様すぎますから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誤解を招いてしまったようなので書きますが、XBOX360がPS3やWiiに勝てるとは到底思えません。可能性というのはシェア1位などではなく、市場としてある程度やっていける可能性です。今のままの状態ならば世界でどうなろうが日本のXBOX360には未来がないでしょう。


>パーティゲームは売れるが、1人用ゲームは売れないという傾向がある。
    ↓
口コミで広がりやすいというメリットがある。

>過去のソフトのネット配信は充実しているが、新作ソフトや体験版の配信、アイテム課金の仕組みが無く、オンラインゲームでのビジネスモデルが制限される。

       ↓

アイテム課金で設けようとすること自体、おかしい。
オンラインという付加価値を付けることにより、そのソフトの売上げを上げるようにすべきである。

>インターフェイスの変化にともなう新鮮さが薄れたあとは?
          ↓
やればわかりますが、新鮮さが薄れた後は、手に馴染んできます。
後は、ゲーム次第。インターフェイスは目的(ゲームを楽しむ)のための手段でしかないのです。

>プロセッサ性能至上主義は「ムーアの法則」があり、次にどうなるかという予測が立てやすかった。
          ↓
そのプロセッサ性能至上主義に限界が来ているのです。


そうです。サードの不安というものは、不安ではないのです。
今が、チャンスなんです。

>サードの自立さん

なんだか議論のための議論になってきてますねえ。
 1人用ゲームが売れず、パーティゲームが売れる
→口コミで広がりやすいというメリットがある
といわれても、そりゃそうですが、1人用ゲームはタイトル数が多いですし、それが売れないというマイナスが無くなるわけではありません。事実は弁舌では変わらないのです。

>アイテム課金で設けようとすること自体、おかしい
あなたがそういう考え方をするのは自由ですが、単純にビジネスの幅が制限されているという事実は変わりません。不自由は可能性を常に制限します。

>新鮮さが薄れた後は、手に馴染んできます。
新鮮さでお客が引っ張れなくなるよね、というネタの話をしているのですが。
理解されてますか?(苦笑

>そのプロセッサ性能至上主義に限界が来ているのです。
えーっと、ご存知かどうかはしりませんが、ボクは「プロセッサ性能至上主義の崩壊」を熱心に訴えてきたブロガーです(苦笑 ゲーム開発者のブログの中で、最も訴えてきたといっても過言じゃないかな。

それを重々わかった上で、「ムーアの法則」のようなものがなく、予想が立ちにくいという課題がある、と書いているのです。

現状においての課題や不安は、弁舌によっては埋まらないのです。課題や不安がありますよ、と書くブログが存在することが、あなたには気にいらないのかもしれませんが、百万言費やしたところで、課題や不安があるという現実は変わりません。

ボクは事実を曲げる気は無いし、事実を捻じ曲げる詭弁を繰り返し投稿されても、平行線になるだけだと考えます。Wiiの市場で1人用ゲームが売れるようにならなければ、「1人用ゲームが売れない傾向がある」と書くし、アイテム課金ができなければ「オンラインビジネスに制約がある」と書きます。

現実が変わらないかぎり、詭弁をいくら繰り返されても、お互いの時間の無駄です。したがって、これ以上「場違いな」議論を繰り返されても、掲載許可しません。しつこく投稿される場合は、荒らしとみなして、それなりの対処を取らせていただきます。
現実は現実として受け止めた上での議論なら、大いに歓迎します。現実を捻じ曲げる詭弁は不毛きわまりないです。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。