Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS陣営、海外で反攻開始か? E3の注目点はそこ

任天堂がゲーマー層からの支持を失いつつある、という見方が急速に広がっています。
さすがに危機感をおぼえたのでしょう。『Wiiの間』を紹介する『Wiiの間』会見の中で、岩田社長が今年前半のソフト不足についてコメントしています。新しい驚きを定期的に提供できていない現状をすなおに反省しており、好感がもてます。

任天堂がゲーマーを軽視しているのではなく、きちんと準備をしていますよ、というメッセージは素晴らしい。もちろん結果が伴わなければ、空虚な空約束になってしまうわけで、今後の発表に期待したいですね。口先ではゲーマーは説得できず、内容のともなったディープタイトルを作る以外、方法はありません。

国内ではWii市場の課題が浮き彫りになってますが、ワールドワイドで最も大きな課題を抱えているのはPS市場です。日本では完全復活を果たしたPSPも、海外ではソフト市場が低調で、PS3も北米でのシェアが低い状態が続いています。

当然、E3での注目もそこにあります。
  • PSPの欧米での反撃。
  • ソニーグループとしてPSNを中心にコンテンツ配信を立て直す。
  • PS3のてこ入れ。価格とタイトル、本体の大きさの改善。
このうち、1番と2番はほぼ確実に発表があるでしょう。ディスクレスPSPの噂が盛んですが、まさに1番と2番を同時に解決する一手となります。

サードパーティソフトも着実に揃えつつあるようで、EAがPS3とXbox360向けに発表していた『Dante’s Inferno』をPSPでも発表しました。バンダイナムコも海外のイベントで、『鉄拳6』と『ソウルキャリバー Broken Destiny』をサプライズ発表!

SCEが本気で海外市場での反撃を作戦し、サードパーティがその動きに呼応する。水面下で動いているタイトルはまだまだあるはずで、やはりSCEはこういう流れを作る「外交」が上手いですね。ようやく反撃開始かな。

海外のPSPマーケットが落ち込んでいる原因は、コピー問題とタイトル不足によるショップでの存在感の無さ。噂されているディスクレスPSPでコンテンツを保護し、対iPodの魅力も高めたうえで、デジタル配信を本格化してショップでの存在感の低さを補う。E3以後のSCE陣営の盛り上がりに期待したいですね。

まあ国内の夏商戦は、『ドラクエ9』、『モンハン3』を擁する任天堂陣営がひさしぶりに存在感を発揮するでしょうが、東京ゲームショウの開催される秋以降は、再びPSフォーマットが快進撃を続けるんじゃないかな。


スポンサーサイト

コメント

Wiiの間、どうでしょうね。ライバル機で、同じノンゲーム的コンテンツのトロステやhomeを多少は意識しているとは思うのですが、トロステ等が完全にゲーマー層に向けられてるのに対して、Wiiの間はライト・カジュアルユーザー層向けのサービスという印象を受けました。まずはライト層にWiiを起動する習慣をつけてもらうっていうのが狙いなんでしょうか。岩田社長がWiiをデジタルデバイドを乗り越えられると言っていましたが、まずそういう層がコンシューマゲーム機をインターネットに繋げるのか、が第一の壁になりそうです。
個人的に結構面白いサービスだと思っているので、新作ゲームの紹介とかプレイ動画とか、ゲームセンターCX的なものでも何でもいいんですが、ゲーマー向けの動画も配信してもらえると嬉しいんですが、任天堂じゃなく民放制作となると難しいのかな?

今年のE3や東京ゲームショーでは、ソニーに対する期待が特に高まっているなぁというのをゲーム系のサイトなどを回っているとひしひしと感じます。日本市場ではPSPは完全に立ち直っていて、これからPS3が盛り上がろうという時期なので、PS3の次なる弾が欲しい所なんですが、なかなか上手くはいかないですね(笑
300万台という小さな市場で、バイオ、龍が如く、デモンズ、無双、FFといったタイトルがどれも好成績を残せたのは、圧倒的なゲーム不足の中でもPS3の稼働率を下げさせなかったノンゲームコンテンツの賜ですよね。現状、BD再生、DVDアプコン、インターネット、トロステ、アドホックパーティ、homeと三機種の中で最もゲーム以外の充実度が高いのはPS3だと思っているのですが、今年に入ってからの情勢を見るに、市場を盛り上げるのはやっぱりゲームなんですよね。TOVや塊魂等、バンナムのタイトルがあるとはいえ、FF以外のタイトルはやや弱いですから、E3や東京ゲームショーでの新作発表が待たれます。

海外でのPSP市場を健全化したいなら、
やっぱり看板タイトルの存在は不可欠ですね。

国内でも昔はコピー問題のせいでソフトが売れないとか言われてましたけど、モンハンの登場で一気に盛り返しましたし、
1本のソフトの力で形勢がここまで変わるとなると、改めて看板タイトルの凄さを実感させられます。

海外ではモンハンはまったく人気が無く、携帯機でのマルチプレイも好まれないことから、別の路線で活路を切り開いていくしかなさそうですが、
PSP2がホットな話題として取り上げられているのを見ると、ユーザーもメーカーもかなり注目してるようなので、SCEはこのチャンスを是非モノにして欲しいです。

 岩田社長がソフト不足について謝罪しているとのことですが謝るのはタダですからね。
Wiiユーザーの大半がゲームに失望し、ごくごく一部を除いてはさっぱり売れない悲惨な状況になって久しいWii市場。
ほんとにやる気があるならとっくに対策をしていて当然ではないでしょうか。

 そもそも現状のソフト不足は任天堂に全ての責任があります。
俺はWiiが出てからすぐにその性能の低さをブログで訴えてきました。
任天堂は儲け欲しさに過剰にWiiの性能を下げ私腹を肥やしてきたわけですが、
その結果任天堂自身もその低すぎるWiiの性能が厳しい制約となり新しいゲームを開発できなくなったのです。
そしてその結果のモーションプラスの発表。
しかし、Wiiスポーツリゾートへの期待の声は小さく、なぜ任天堂がWiiの性能を下げ儲けた尻ぬぐいをユーザーがしなければならないのか納得できる説明もないまま。
あまりにもいい加減な任天堂の姿勢に反吐が出ます。

 Wiiの間。
実にくだらない内容です。
結局は任天堂がゲームの開発に金をかけずに、単に動画を垂れ流させて広告料をいただこうとしたのでしょう。
運悪く景気の急速な後退により企業は広告費を大幅に削減しており、
Wiiの間は当初の予定より大幅に収益性を悪化させてスタートさせたのは明白であり、
収益対象を一般ユーザーから企業にシフトする任天堂の戦略は失敗に終わるはずです。

 Wiiiでの一連の任天堂のビジネスを見ていると、結局ゲームを出汁にして多くの一般層を獲得し、
それを武器にした広告業をやりたかったのではないかと思わずにはいられません。
手抜きソフト、GCゲームのコピーなど、明らかに開発費をかけないゲーム作りが続き、
そしてWiiの間で寝てても金が入る収益体質の構築を狙った任天堂。
企業としての魅力は皆無となりましたね。
非常に残念で、悔しい思いでいっぱいです。
岩田体制になり任天堂がここまで金に狂い落ちぶれるとは思ってもみませんでした。

>ソニー
皆さん、ソニーへの期待感の高まりは実感しておられるようですね。
タイトルに関しては、360とのマルチが増えて独占が少ない状況ですが、日本では基本的にPS3版のほうが売れますから、気にしなくていいのでは。

360はキャバゲーとか、そっちで特化を始めてますし、PS2を引き継ぐものとしては、PSPそしてPS3という認識で良いでしょう。PS3は本体の小型化を期待したいですね、そうすれば買い換えるんだけど。


>Wiiの間
うーん・・・・酷いですね・・・・。
不具合連発や、去年の年末商戦の不調にも失望しましたが、それをはるかに超えた究極の失望。ここまで失望させられたのはゲームキューブがどん底だった時以来ですね・・・・。

サテラビュー臭がプンプンします。

いや、まだサテラビューの方がマシかもしれませんが。『ラジカルドリーマーズ』を始めとするスクエニの実験4作を遊べましたからね。←持ってました。


>デジタルデバイド
> 岩田社長がWiiをデジタルデバイドを乗り越えられると言っていましたが、
> まずそういう層がコンシューマゲーム機をインターネットに繋げるのか、が第一の壁
Wiiのネット接続率を考えると、PCの動画サイトと比べて、たいした事ないですからね。まともに競争しても勝てないから、「違う土俵」を設定しているだけでしょう。

もっともケータイでも動画視聴が徐々に増えてきてますから、それを考えると、デジタルデバイドという『仮想敵』も説得力を失いますね。無線LANを設定できる環境があるのにPCが使えない or ケータイも使ってない人って、子供か老人だけですよね。

まあ戯れ言を言ってる間に、根幹となるWiiの販売ペースが落ちちゃったわけで、真顔で戯れ言を言ってるとこうなるという実例ですね。

Wiiチャンネル構想は「似顔絵」「写真」以外は、ほぼ滑ってますが、あんなもん社長の道楽なんだから、もっと道楽らしく好きに作ればいいのにねえ。「デジタルデバイドを克服する」とか「お茶の間復権」とか、変にお題目を掲げるから、おかしなことになる。

ここ最近の任天堂のネットサービスで元気なのは『うごメモ』ですが、あんなの、社長の趣味でしょう。一般向けのサービスで、パートナーとしてはてなを選ぶというのは趣味/道楽/酔狂なわけです。案の定、運営が追いついてないし、色々とトラブルも起きている。しかし、それが一番元気があるわけです。所詮そんなもんです。

スティーブ・ジョブズはAppleTVが失敗した時に「あれはわたしの趣味だ」と言ってのけたけど、そういうのが器ですよ、器。いいんだよ、トップの趣味で。まあWiiチャンネル構想の迷走の理由は、偉い人が趣味でやってるくせに、変にオブラートにくるんだ事にあるんじゃないかな。半端な内容のチャンネルが半端に増えてしまった。

みなさんのお話を聞いてると,ぶれないってのは大切だなあ,と思いますね。
まあ,DAKINIさんが「趣味」の話をしてましたけども,PSシリーズはまさに趣味の塊ですからねえw

あと,任天堂は,最初から
「わかりやすく囲っちゃったサービス」
を狙い過ぎなんだと思います。
目指すもの,その内容,サービス。
わかりやすいんだけど,そこでおしまいなのよね。
発展性のある,流動性のあるシステムを提供することが今の時代には必要なはず。
そこらはうごメモで理解してるとおもうんですけどねー。
けっして大予算が必要なわけでもなく,ちゃんと低予算でも納得のいくものは作れます。

Wiiが「わかりやすく囲っちゃったサービス」で
大成功を収めたから仕方ない部分もありますが・・・

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。