Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう、『モンハンG』、堅調なスタート! しかしゲーマー層はPS3への支持があつい

忍之閻魔帳さんによれば、Wii『モンハンG』の初日の販売数が約9万本、週間では約14万本売れて、Wiiのサードパーティという基準では好調なスタートと言えそうです。

しかしWiiの本体牽引はほとんど無く、約2万台で、前週比で5000台増えただけ。ハード売上ではPS3に勝つこともできませんでした。PS3が凄いというより、Wiiが低調なだけです。PSP、PS3がゲーマー層からの支持を固めつつある中、Wiiは相対的にゲーマー離れを起こしているように見えますね。

浮き彫りになるWii市場の課題

今年に入って、Wii市場の課題が浮き彫りになっています。
『WiiFit』で取り込んだ新規ユーザーがゲームそのものに関心を持っているかというと、現状ではかなり疑問です。またバーチャルコンソールでクラシックゲーマーを引き込んでも、新作ソフトが売れないようでは、市場として偏ってしまいます。

Wii市場についてはうーろん亭さんが面白い記事を書いています。豊富なデータをもとにした論理的な分析が光ります。
Wiiは日本国内と海外で、勢いがまったく違います。国内では、当初こそPS2以上の猛ダッシュで普及していましたが、現在ではPS2の普及速度から大きく落ち込んでいます。


HDゲーム市場とSDゲーム市場は共存している

PS2時代に比べて、競合機種のシェアが大きいのも見逃せませんね。サードパーティにとって、Wii向けにタイトルを集中させる必要が無くなるからです。事実、国内のソフトメーカーは大作をHDゲーム機に振り分けており、その動きに変化は見られません。
旧世代PS2が800万台時にGCは121万台、Xboxに至ってはまだ発売前で0台である。一方現世代においてWiiが800万台到達時には、PS3が305万台、360が101万台と合計406万台の市場が構成されている。このように、現世代における競合機種の影響力は、旧世代よりも遥かに上昇している事が解る

Wiiが非常に好調な海外では、EAがWii向けのタイトルを増強しており、特にスポーツゲームではWii専用ソフトも投入します。しかしそれでも大作はHDゲーム機を中心に展開するようで、『The Saboteur』はPS3、Xbox360、PCで発売します。

HDゲーム機で発売した大作は後からWii向けに移植するか、ゲーム内容を大幅に変えて派生タイトルにして発売するようです。おそらくカプコンの動きを参考にしているのでしょうね。Wii向けの『バイオハザード』シリーズは、既存タイトルのアレンジ物が中心ですが、かなり売れています。また性能差が原因で、元のゲーム性を再現できない『デッドライジング』は完全に別物にアレンジされています。

ファミコン時代には、アーケードという原作を再現することが困難で、タイトルは同じで内容は別物、という移植が多く見られました。『源平討魔伝』のように横スクロールアクションがスゴロクゲームになってしまうタイトルもありましたね。懐かしい・・・・。同じような動きが世界的に起きています。


ソフト市場の活性化が鍵

うーろん亭さんの記事にもあるとおり、Wiiが低調な要因はソフト市場が活性化していないこと、特にサードパーティのソフトが売れていないことにあります。ソフトがなければ、ハードは稼働しなくなり、ユーザーの関心は落ちていきます。関心が落ちれば、ソフトの購入も下がっていき、クチコミで広がっていくこともなくなっていきます。

稼動率、あるいはアクティビティーと言ってもいいのですが、アクティビティーが低いのがWiiの最大の課題です。取り込んでいるユーザー層がゲームへの関心が低く、パーティゲームが多いため毎日遊ぶゲームが少ない。『WiiFit』は毎日プレイするタイトルですが、トレーニングや体重測定は毎日続く人とすぐに続かない人に分かれてしまい、続かない人は起動しなくなってしまいます。

毎日電源を入れるようなサービス、ゲームが『WiiFit』の他にも必要です。当初はWiiチャンネルで稼働率を高める戦略でした。しかし現状、うまくいっているようには見えません。

Wiiチャンネルはなかなか数が増えないうえ、天気予報やアンケート、占いは携帯電話や地デジテレビで利用可能で、Wiiを起動するよりもずっと簡単です。最初は地球儀がくるくる回るのが新鮮でも、1週間もすれば、物珍しさは薄れます。

Wiiチャンネルは、実用的なサービスを重視したために、かえって持続的な魅力を落としているように思います。アクティビティーはやはりゲームソフトで高めるほかないわけで、任天堂にはそろそろ王道を歩んでほしいな、と思いますね。



補足

ネット戦略では、SCEが最近がんばっていますね。『トロステ』や『アドホックパーティ』のように、ゲームユーザーに軸足を置き、他では提供されていないサービスに力を入れています。誰を相手にしているか、徐々にぼやけてきたWiiチャンネルとは雲泥の差です。

また『Home』はWiiチャンネルと違い、既存のゲーム企業が参加しているのも好印象です。サードパーティが参加しているのは、きちんとそこで利益を出せるエコシステムを、拙くとも構築しているからです。SCEお得意の「外交」の成果ですね。Homeその物のUIやアバターの出来はまったく誉められませんが、ゲームに絡んだイベントを開催しており、開発の不備を運営の努力で補っています。

一方、任天堂は「外交」努力が極端に不足しており、サードパーティはWiiチャンネルをガン無視しています。その状況に対する危機感が見られないのも問題です。

WiFiコネクションを立ち上げた頃の任天堂は神がかっていましたが、この1~2年でネット戦略が大きく劣化している印象です。「WiFiコネクションはまぐれ当たりでした」と言われないためにも、そろそろネット戦略を1度見直した方がいいでしょうね。


スポンサーサイト

コメント

WiiwareやVCの充実度は他の追随を許さないのだがなあ
SCE自身はは能力不足だけど周囲の支え方は尋常じゃないですね

VCは充実してますが、WiiWareは大したことないですよ。
結局WiiはVCでクラシックゲーマーを取り込んだだけで、サードパーティの新作ソフトを売れる環境はまだまだ作れていないんですよね。

↓の記事を読まれるといいと思いますね。
オブラートには包んでますが、WiiWareのソフト売り上げは普及台数からすると、ガッカリ感がありますね。
http://it.nikkei.co.jp/digital/column/gamescramble.aspx?n=MMITew000017042009

そのURLのWiiwareのソフト売上は推測値ですよ
Wiiware及びVCの売上は任天堂自身がデータを出していないため実際の数字は不明です

業界人なら、どれぐらい売れているか、数字は知ってますよ(笑
WiiWareでソフトを売っている所は当然、自分のソフトがどれぐらい売れているかは知っていますし、そういうった話は広まりますからね。

それをそのまま書けないから、ああいった書き方をしているだけでしょうに。
センシティブな話題は、知らない振りをして書くのはライターの腕前というやつですね。
VG占いの数字は正確ではありませんが、要は「WiiWareの売り上げが低い」という部分が主旨なわけです。

ちなみにWiiWareよりはXbox Liveのほうが断然売れています。これ常識。

Wiiは実用的なもの(Wiiチャンネルの天気予報、ニュース、に限らず、WiiFit等も含めて)は揃っていますが、いずれも情報に到達するまでに手間も時間もかかりすぎて、ちっとも実用的じゃないのがよろしくないです。
電源入れて、確認のAボタン押して、数秒待って、チャンネル選択して、確認求められて、接続の確立で待たされて、情報が飛んでくるのを待たされる。
せめて、電源入れて、数秒待って(この間に通信確立も終わらせる)、チャンネル選択して情報が飛んでくるのを待つ、位まで手間と時間を減らさないとわざわざWiiで見る気になりません。
WiiFitも専用機状態ならいざ知らず、その都度ディスクを入れる手間がめんどくさいです。
岩田社長は発売前から起動時間について気にしていたはずなのに・・・。

モンハンはこの状況で、かなり頑張った!という印象です。
しかしながら、新作で武器を相当数減らすというのはカプコン正気か!と正直思います…。
双剣が無くなったのは個人的にかなりがっかりでしたが、特にコアなファンが多い印象のあるガンランスを削ったのはもう、本当にどうしちゃったのでしょう。
武器は増えることはあっても減ることはないだろう、と思っていたのですが、残念です。
PSP版で復活してくれると嬉しいのですが、Wii版の評判次第でしょうか。

なんだかんだで「まいにちいっしょ」の功績は地味に、けれども相当大きいですね。
みゃいる欲しさ、当日閲覧ボーナス目当てに何はなくとも必ずPS3の電源を入れずにはいられません。
ディスガイアやバイオ5、ヴァルキュリアなど、かなり「入れ込んだ」感じに画像などを使わせてくれているメーカーもありますが、今まで手を出さなかったゲームでも、ああやってキャラなどを面白おかしく出してくれると、「どんなゲームかな?」「買ってみようかな?」と興味をそそられますし。
1日として欠かすことなく更新し続けて、地味に少しづつではありますがやれることが増えていく、というのは本当に感心します。
庭アイテムとかコスプレとか、「可愛いから」「そんなに高くないから」と、ついついトロに貢いでしまいますしね…。勿論、アイマス程ではないのでしょうが。

>どんちゃん さん
『脳トレ』の成功体験が忘れられないのか、実用系に走りすぎているのがWiiチャンネルの最大の欠点ですね。DSiWareで『脳トレ』をしつこく出してきた時も衝撃的でしたが・・・・。まあDSiというハードのすべてを象徴してますね。失望系サプライズ。

『脳トレ』の系譜は結局レベルファイブの『レイトン教授』のように実用的な良さもありながら、物語やキャラクターといった味付けがあり、ユーザーが愛着を持てるコンテンツのみが生き残りましたね。ノンゲーム→ゲームへのシフトが本家の任天堂以上にうまくやれていると思います。

今の任天堂は、ノンゲーム→ゲームへの導線の構築がへたくそなうえ、入口のノンゲームで新規層を引っ張れなくなっています。そろそろDSバブル、Wiiバブルを忘れて、娯楽企業としての王道に回帰してほしいですね。


>桜木 さん
> 双剣が無くなったのは個人的にかなりがっかりでしたが、
> 特にコアなファンが多い印象のあるガンランスを削ったのはもう、
> 本当にどうしちゃったのでしょう。
うーむ・・・・。
Wii『モンハン3』は踏み台で、実質の主役はPSP新作ですから、そこに期待ですかね。PSP版で武器を増やすために、Wii版はあえて減らしたのかも?

> 「まいにちいっしょ」の功績は地味に、けれども相当大きいですね。
そうですね。
手間を掛けているだけの事はありますね。

Wiiチャンネルはデータ配信企業からデータを買っているだけとか、週に数回テキストのお題を出すだけ、といった「運営コスト」が掛からない物ばかりなのが残念ですね。ニンテンドーチャンネルは例外ですが、まあ宣伝ですからね。

ネットサービスは開発フェーズと運営フェーズがあり、開発フェーズはさすが任天堂は優れているのですが、運営フェーズは手間を惜しみすぎて、もったいない結果になることが多いですね。

まあ振り返れば、任天堂のネット物は、運営フェーズで良かったものは全然なかったですね。「発明家」型の企業なので、運営は苦手なのかもしれませんねえ。

モンハンは予想よりやや上の無難な滑り出しって感じですね。本命の3が出るまではじわじわ伸びるでしょうから、最終的に25~30万あたりまでは数字を伸ばして来そうな気がします。
ただ、久しぶりにソフトが売れたと思ったらハードが……流石に同梱版を用意していた週のPS3と比べるのは酷ですが、牽引が5000というのはちょっとがっかりですね。逆に言えば、3の体験版のためにGを買うユーザーは現状のWiiユーザーの中でそこそこな数がいるということですから、PS3からWiiに舵を切り替えたカプコンの戦略もあながち悪くはなかったということにもなるのかもしれませんが……

個人的な意見ですが、Wiiは何をするにしても電池の消耗を強制されるのが不満点です。まぁ、単純に自分が電池が嫌いなだけなんですけど(使い終わったのがコロコロ転がってたり、予備をうっかりなくしてしまったりするのがどうにも嫌で
PS3はバッテリー、XBOXは有線のコントローラーがありますが、Wiiは「さぁやるぞ」と思ってハードを立ち上げようとしたら電池が切れていたり……充電しながらプレイ、というのも無理なので、終わるのを待っていたりすると激しくプレイ意欲を削がれます。
リモコンとではなく、USBか何かで本体と直結して、それだけで電源の立ち上げやメニュー画面の選択ができるクラシックコントローラーとかが出てくれれば嬉しいんですが、まぁ出ないですよね。
せっかく携帯ゲーム機が電池の呪縛から逃れられたというのに、まさか据え置き機のために電池を用意しないといけない時代になるとは思っていませんでした(笑
今度始まるWiiの間なんかは明らかにWiiの稼働率を上げようとしての試みだと思いますし、ネットの接続速度しかり、任天堂にはいろいろ見直してもらいたいですね

>F91G さん
僕は30万本目標と書いていたぐらいなので、まあこんなものかな、程度の認識ですね。PSPモンハンほどじわじわ売れない気がします。また、初日と初週の売上をみると、初動率が高めなので、伸び続けるかどうかは少し疑問です。

> 3の体験版のためにGを買うユーザーは現状のWiiユーザーの中でそこそこな数がいる
ドラクエソードが50万本ぐらい出てますから、Wiiだってゲーマーが皆無ってわけではありませんよね。しかし50万程度なら、PS3で出しても楽に売れるでしょうからねえ。その辺は『バイオ5』や『龍が如く3』が前作よりも売れている事などで、証明されていると思います。

PS3でモンハンを出していれば、7,80万本は売れたんじゃないかな・・・・。Wii版がミリオン売れれば、切り替えて成功。50万なら失敗。7,80万本で、微妙・・・・ってのが僕の評価ですね。

まあ『3』に関しては、PSPの新作までの前座にすぎませんが。

据置モンハンはPS3とXbox360に移植するのは簡単だから、この際3機種全てで出して、様子を見てもいいですよね。海外で売るなら、Xbox360で展開するのも悪くないですし。

任天堂はネット周りにやる気を出したように思ってたんだけど、なんか微妙なんだよね。ソニーやマイクロソフトほど正攻法でないので、本気度が計りにくい。ゲームユーザーのためのサービスが非常に少ないのが本当に残念ですね。

正直、ここまでノンゲームに偏ったのは意外でしたし、疑問ですね。まあしっぺ返しは食らってるんで、良い意味で反省してほしいなあ・・・・。

>うつろいど さん
訳のわからない事をおっしゃっていたので、掲載不許可とします。

ゲームソフトを一生懸命つくってるのは当たり前でしょう。プロなのだから。
しかし頑張って作っても、売れない物は売れないし、駄目な物は駄目だし、前座はやはり前座です。

汗を流して作っているスタッフがいるから「前座よばわりは酷い」という意見は逆に、プロに対して失礼ですね。前座だってプロです。

モンハンユーザーが据置モンハンよりもPSP版モンハン新作を待望しているのは、まぎれもない事実でしょう。僕が事実無根の中傷をしているなら、問題がありますが、僕は事実を正直に書いただけのこと。

もちろん、僕も『モンハン3』のスタッフの努力に、経営陣が報いてあげて欲しいとは思いますよ。PS3版、Xbox360版も展開するというのは、その最良の方法かもしれません。Wii独占供給にこだわるのは、スタッフにとって可哀想ですね。

DAKINIさんは確かに事実を正直に書いてあるだけだと思いますが、
最近のDAKINIさんは任天堂には辛口、ソニーには甘口に見えます。

発熱後期あたりは平等にどちらにも辛かったように記憶しているんですが。
(ただDAKINIさんの愛があるのは今も昔もソニーと思っています。)

>イシス さん
ふーむ。
そう感じるとしたら、かさぶた以降は、僕がゲーマー、オタク寄りの視点で書いているからでしょうね。発熱時代はアーリーアダプターや、カジュアルユーザー寄りで書いてました。

ライトユーザー市場の拡大については、発熱時代にたくさん書いてきたから、正直どうでもいいです。ゲーム人口の拡大も興味ない。かさぶた以降は、その「次」について書いてきました。実際ライトユーザー市場は縮小し、ディープなゲームに注目が集まるようになった。そして『モンハン』も売れましたし、 PSPも復活しました。

それにしても残念なのは任天堂が意外と先を見越して動いていなかった事ですね。ブームが過ぎ去った後の準備を怠っていたのは本当に意外。しかし成功という毒は、どんな知恵者の目も曇らせる・・・・という事なんでしょうね。


さてそんなわけで、ゲーマー的に見て、Wiiは誉める所を見つけるのが非常に難しいですね。特に最近は。僕がWiiについて酷い事を書いてるのではなくて、Wiiの現状が酷いだけです。

とはいえ、僕が愛があるのは、どちらかというと任天堂です。愛憎は表裏一体というわけではないが、愛があるから辛くなるわけですね。駄目な状態なのに誉めるのは逆に愛がない行為だと思います。


そういえば、うちのコメント欄に時々やってくるA助さんは、どう見ても任天堂ファンでしょう。元任天堂ファンというべきかもしれないが。要はN64の頃の(最もゲーマー寄りだった)任天堂を愛している立ち位置。だから今の、(ゲーマーから見た場合の)「暗黒面」に堕ちた任天堂に辛口なのは当然でしょうね。

ネットで「アンチ任天堂」と誤解されている人の何割かは、そういう人なんじゃないかな。愛があるから、口調も過激になるんでしょう、おそらく。本当の意味での「いつの時代の任天堂も嫌い」という人はそんなに多くないと思うし、あまり見かけませんね。

まあ任天堂は多くの人から愛されている企業だな、と思います。問題は任天堂が成功しすぎてしまって、耳に心地よい言葉をいう連中が増えてしまったことでしょうね。古参のファンの声が少し届きにくくなってるのではないか?と思うこともあります。

ソニーねえ・・・・まあ、くたたんの居なくなったソニーは割とどうでもいいかな。しかしPSPは頑張ったな、と思うし、後半盛り返してくるあたりは底力を感じますね。ソニーは批判されるべきことを多くしたし、実際叩かれていたけど、改善されつつあるし、それは素直に認めたいですね。改善を認めない連中はただのノイズですね、ノイズ。

簡単にまとめると、改悪(劣化)している任天堂と改善しているソニーという構図で捉えています。改悪している企業を誉めるのは正直者には難しいし、改善している企業を悪く書くのも難しい。

確かにWiiはソフトがパーティゲームばかりですよね。自分も買ったはいいですが、最近は全然起動してないです。毎日起動しよう!って思えるソフトが最近無いのでどうしても埃被っちゃいます
ただ、Wiiが発売した頃は色々とありましたよね。スマブラやマリオカート、バイオハザード4やゼルダ。あの時期に買ってしまった自分ですが、今思うとちょっと失敗したかな…って思っちゃいますね。VCもソフトの多さが良かったですが最近はPSP(PS3)でもアーカイブスにグランディアやFF7が来てますから、結局五分五分かなっと

任天堂のゲームが好きってのは少ないよ
FC信者、SFC信者でも任天堂のゲームではなくサードゲームが好きな人が多いわけで
どのメーカーのどのゲームもやってる人にとっては任天堂が一番という結論にはなりえない
任天堂のゲームしかしたことがない連中だけがマンセーしてる

正直なお答えありがとうございました。

今後も読ませていただきますのでよろしくお願いします。

任天堂のゲームって、実は難しいってのが好きだったんですけどねえ。
ピクミンとかスターフォックス(SFC)とか、後半面は死ぬほど難しくて面白くて(スターフォックスはN64も出来はいいと思うけれど潔さが足りない気がするので2番手)。

ところが「任天堂は本質的にはゲーマー相手にしていて、最終面はマジむずい」ってのが、DSで壊れちゃった感じがするんですよね…
いまじゃ、ゲームの作り方まで含めて戦略を変えて、全部ヌルいだけになった感じがして、どうにも最近の任天堂のソフトは好きになれません。まーあんなコントロールが甘くて大味なWii Remoteじゃヌルくしか作れないのかも知れないけど…

FC世代(いやゲーム&ウォッチ世代というべきか)で、かつ
任天堂のすべてのゲームが好き、というわけではありませんが
任天堂は敬意を払うべき存在、という意識は確かにあると感じます。

ですから
>任天堂のゲームしかしたことがない連中だけがマンセーしてる
タイプでかつ他機種憎し、というタイプのキャラクターつまり
蔑称としての「信者」というのは
ハードがNo.1でなくなった64~GC時代に醸成されていったのではないか、という印象はあります。
そして64のころはまだそうでもなかった。
逆に言うと、PS3がNo.1とはなりえない現在こそ、PS信者という層が
一番醸成されやすいのではないかと思います。

まあ、シェアが低いハードは、相対的にハードにつくコアなユーザーが目立つようになるというだけかもしれません。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。