Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まあアンチPS3という病が治癒されていくといいですね

『テイルズ オブ ヴェスペリア』のPS3版発売やPS3専用の『塊魂トリビュート』の発表を受けて、バンダイナムコがXbox360を見捨てて、PS3に鞍替えした・・・・というような煽りがネットの一部で散見されるようですね。

アンチPS3という異常状態は解消されつつある

まあ去年、バンダイナムコは別にXbox360寄りではない、と書いてきた当ブログとしては、何を今更・・・・と思います。当時はアンチPS3ブームの最中だったこともあり、宗教的な情熱をもった方々が来訪して、根拠もなくバンナムはXbox360寄り、と念仏のようにコメントを書き散らしていく事もありました。

そういう虚妄がこっぱみじんに砕け散ったのは清々しいですね。
けれどもバンダイナムコはXbox360を見捨てたわけでもなく、単にPS3向けが出遅れていた状態から回復しただけ。今後は両ハードのマルチも増えるでしょうし、Xbox360を買って損したという事にはなりません。

アンチPS3という病に取り憑かれた人々が、本当はどうでもいいくせにXbox360を持ち上げていたので、「落差」を感じたり、裏切られた気分になった人もいらっしゃるかもしれませんが、ノイズに騙されないのもゲーマーとして大切なリテラシーかもしれません。

Iron-9さんの懸念が当たったかな、という気もしますね。
あるXbox360ユーザーが願う、ファイナルファンタジー13の早期発売

全体としては、アンチPS3のムードはかなり払拭された気がします。結局アンチなんて、実数としてはたいした人数いなかったわけで、熱狂的にコメントをくり返して暴れていただけのこと。大多数の冷静なゲーマーはしっかり動向を見極めていました。


ゲーム会社にはPS3アレルギーも

ユーザーの雰囲気の変化を受けて、流通にも影響が出てくるでしょうね。
しかしゲーム会社はそこまでダイレクトに路線転換しないでしょう。

もちろんある程度はPS3のタイトルも増加していきます。しかしPSPほど復調していくかというと、かなり厳しい。ゲーム会社はいまだに「PS3アレルギー」が残っている所も少なくない。あまりにマイナスイメージが強すぎたし、これからPS3クラスのプロジェクトを立ち上げるのもしんどい。それもあって、PSPへの流れが強まっているのですね。

国内市場においてはWiiのサードパーティソフトは売上が悪いですし、特にゲーマー向けのタイトルでは非常に顕著です。かといってPS3(Xbox360とのマルチ含む)に転換するのも厳しいとなると、選択肢はPSPに絞られます。

据置機のマーケットが縮小しているため、Wiiでサードパーティソフトが売れないからPS3/Xbox360へ出そうとか、PS3/Xbox360は厳しいからWiiへ出そうという動きにはならないのですね。


据置機のマーケットは縮小するが、相補的に

3度目の年末商戦で伸びたPS2と異なり、Wiiは3度目の年末商戦で伸び悩み、WiiがPS2のような「国民機」になる可能性は下がりました。ワールドワイドでは好調なものの、国内市場ではWiiの失速が鮮明になっています。

据置機のマーケット全体が縮小しているという見方も強まっています。面白いのは、通常マーケット全体が縮小していくと、1位のハードに一極集中していき、2位、3位のハードの売り上げ台数は下がる傾向になりますが、今世代はそうなってません。

PS3の最終累計台数はまだ予想の範囲を出ませんが、500~600万台程度には達すると思われ、是前世代で2位だったゲームキューブの累計普及台数を確実に超えてくるでしょう。またXbox360は現時点で、初代Xboxの2倍の普及を果たしています。

トップシェアのハードではカバーできないニーズを2位、3位のハードが補うことで、据置マーケットの縮小にある程度歯止めをかけられる。そういう効果が働いているのでしょうね。

つまり、もはや単一のハードで大多数のユーザーのニーズを満たすのは難しい。ゲーム人口が拡大した影響もあるし、ユーザーの嗜好が細分化し、深化した影響もあります。


スポンサーサイト

コメント

日本市場においてXBOX360がPS3に勝てそうにないので日本のゲーム業界は終わった。と、いうのが今の流行りですよ。
恐らくこれからもPS3を叩き続けることでしょう。PSを叩くことができれば何でもいいのですから。

アンチPS3、という性癖の人たちのコメントのパターンは
基本的にアンチPS2だった人たちと、変わってないイメージがあります

ただ、応援する(しているふりをする)対象が他社製ハードで
その主軸は、SS→DC→GC→360と移り変わっていったなあ、とは思います。

それに呼応する不心得もの、あるいは叩かれた反撃をするこらえ性のないPSユーザー(一部)が
そういった機種を叩くことになるので
上記の4機種のファンにも不快な気持ちになった人は多いと思います。

だからどう考えても変な理屈のコメントが出てくるんですよ
PS3初期の苦戦時代に「自分はGC時代にPS2ユーザーに散々バカにされたから因果応報だ」と
身勝手な正当化してPS3叩きをする人とか

ネット上での(心情的な)敵あるいは味方でしか判断できない人がいることの最大の被害者は
ゲームハード論争とは関係なくゲームを楽しみたい人たちだよな、と思います。

>ユーザーの嗜好が細分化し、深化した影響もあります。
PS3とXBOX360では好まれるタイトルが分かれるみたいですね。
XBOX360はFPSや格闘ゲームはPS3といい勝負、あるいは上回る事があるようですが、他の国産タイトルはPS3が圧倒的です。
世界別に見ても日本のゲームはPS3の方が強いようです。

龍が如く3・バイオハザード5・無双OROCHIZの
合計売上げは100万本突破しましたし、
300万台程度しか普及してないハードではありえないことです。

PS3アレルギーが残っているメーカーも
PS3に舵を切る必要が出てきそうです。

海外で通用しないと分かった以上、
国内で勝負するしか道は無いですからね

当初はゲーム機の価格とゲームする環境の問題で、「高い&需要が少ない(=殆どの層は恩恵を受けない)」だったのですから、アンチと言われても仕方がない。
今は「普通の価格&需要がある(=50%が恩恵を受ける層になった)」と思いますよ。
地デジの普及=HD環境の普及に従って、PS3は伸びるのではと思います。

2年前は性能至上主義と此処でも叩きまくっていた記憶がありますが、
今はその性能至上主義故の復活(時代が追いついた)ということかと。
2年前は時代に合わせて登場したWiiも、新しいジャンルのソフト(WiiSports、WiiFitに続く第3の何か)を打ち出せなければ、性能的に時代遅れと取り残されていくのかも知れません。

不況とは言え、良い物の後は後戻りはしたくない物。
ほぼ最安のBDプレーヤでもあるわけですし、BDソフトも充実すればさらに加速するのではないでしょうか。
なのでBDも積極的に出せば良いと思うのですが、ポニョもまずはDVD、半年後BDと、二回売る気満々というかなんというか。

バンナムの良いところは,むちゃむちゃフットワークが軽いところですよね。
そりゃ昔からずーーーーっと。
合併する前から,両社はこの世に出たハードに積極的にソフトを出してきたような印象しかありません。
確かに,旧ナムコは事情によりPS1の一時期はPS寄りだったことはあったかもしれませんがw
誤解も甚だしいですよねー。ただ,選択と集中のタイミングが傍目から悪いだけでw


ちなみにWiiの成功は任天堂主導のイメージ作りの成果ですが,
おかげで歴代ハードの中で,一番任天堂臭のするハードになってしまったのが,
売れているのにこの先不安,というよーわからん状態を生んでいるのでしょうね。
ソフトメーカーとしては売れるハードで一山当てたいのだけども,
じぶんとこのカラーで染めきれないハードだって言うのがイヤというほど身に染みてしまい,
DSやPSPに活路を見いだそうとしてる,というのが今の現状なのでしょう。
で,携帯機ではさすがにむり,というものに関してはPS3や360へ,と。

でクラコンProが,任天堂臭を消すためのアイテムだっていうのは,理解できますけどね。
ちょっと遅すぎですよね。PS3への対応がスロースタートだったように,
そのクラコンProの効果もすぐに出るわけじゃありませんからね。
PS2の移植はしやすいんでしょうけど,それも,PS3の復調であんまり意味があるとは思えないし。

しかし,PSPでだいたいわかっていたとはいえ,PS3のスロースタートっぷりにはやきもきさせられますね。
10代後半が欲しいと思っているハードはPS3らしいですね。
ちなみに360は20~30代。まさにドリキャス代用。
据え置き機三者三様,見据えるべきマーケットが見えた時点のここが,本当のスタートかもしれないですね。
ま,ソフトメーカーの話ですけども。

大手みたいに広報費をかけられないられない中小サードなんかは、PS3でブランド価値を高めて、
PSPで利益出してくる作戦がいいとおもいますけどね。
やはり、PS3でゲームを出すと注目されそのゲームのブランド価値が上がる。
PS3は、PS2.5レベルのゲームで開発費おさえて出し、
PS3で発売→1年後にPSPで発売とか。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。