Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングセラーの実用ソフトと消えていくソフト

明暗の分かれる実用ソフト市場

現在、DSでは大量の実用ソフトが発売されていますが、市場が活性化している一方で、タイトルごとに明暗が分かれてきています。

任天堂以外の実用ソフトでヒットを飛ばしているのはまず『漢検DS』。イマジニアの子会社のロケットカンパニーが開発を担当。一般人に認知されるように、プロモーションの打ち方を工夫し、秀逸なブログパーツを配布するなど、口コミ戦略にも余念がありません。書店流通にも展開し、累計出荷50万本を達成しました。

そして昨年末に発売されたバンダイナムゲームスの『平成教育委員会DS』もなかなかのロングセラーになっています。軽く遊んでみましたが、全体にウェルメイド。演出にしてもテレビ番組の再現度が非常に高く、たけし軍団が登場して、たけし先生との掛け合いでニヤリ。機械ボイスも番組と同じものが使われていて、思わずまたニヤリ。

コナミの『NOVAうさぎ』『大人力検定』、バンダイナムコの『美味しんぼDS』など、大手ソフトメーカーの実用ソフトが市場に次々と投下されていますが、実売は芳しくありません。『平成教育委員会DS』とは明暗がくっきり分かれました。

最近の話題としては、『レイトン教授』が出荷50万本を達成したみたいですね。パブリッシャー第1弾でいきなりハーフミリオン突破とは、幸先がいいスタート。クオリティ、テーマ、タイミング、ブランド、プラットフォームホルダーの支援など、色々なものが揃った、いや揃えたがゆえの快挙でしょう。

中小有利のマーケット

実用ソフトは、小回りの利く中小の開発会社が元気です。むしろ大手は苦戦ぎみ。昨年末に発売されて、3月中旬の時点で売上トップ50に入っているソフトを並べてみましょう。(3月12日~18日の週間売上データ
バンダイナムコの『平成教育委員会DS』を除く4本は、中小の開発会社が制作し、新規参入または中小のパブリッシャーが発売したソフトです。レベルファイブの『レイトン教授』の例を見ても、小回りの利く中小が有利です。従来路線で宣伝力と開発力を発揮してきた大手はむしろ、適応が遅れがちです。

これらのソフトの特徴をいくつか見てみましょう。
  • 任天堂という強力なパブリッシャーとかぶらないテーマを選んでいる。
     逆に大手企業は正面衝突するテーマが多い。(漢字検定)
  • テレビ番組とタイアップしている。
     認知度が高く、興味もひきやすい。(脳内エステIQサプリ、平成教育委員会)
  • 手法自体の知名度が高い。(百ます計算)
  • テレビ番組とのタイアップを除けば、基本的にパッケージがシンプル。
     タイトルも内容や効果がわかりやすい。
  • 従来のゲーム流通経路、宣伝経路とは異なる経路も使っている。
     例えば書店流通。(漢検、百ます計算)
もちろんロングセラーになるには、購入者の満足度が高くて、口コミで広がる必要があります。内容面については、いずれまた、詳しく見ていった方が良さそうです。

このように中小の会社に有利な状況があります。
しかし『脳トレ』がヒットし、実用ソフト市場が成功した去年、せっかくチャンスが目の前に広がっているにもかかわらず、「脳トレ系は宣伝勝負。資金力が無い所が戦っても無駄」とか、「脳トレなんてゲームじゃない。作りたくねえよ」などと、自らチャンスから逃亡する開発現場もあったのですから、面白いものです。

まぁチャンスなんてものは、見逃す人間はどれだけ回ってきても見逃し続けて、「せめて1回ぐらいチャンスがあればなあ」とぼやき続けるものですし、機敏な方々は初めてのチャンスをいきなりモノにするわけです。非常に面白い現実がそこにあります。


スポンサーサイト

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

タグ:平成教育委員会DS  レイトン教授と不思議な町  漢検DS  

コメント

> こういうこと言う人(今回のかさぶた書いた人)は少ないんで、非常に貴重

この記事を評価していただいて恐縮ではありますが、
ここは匿名掲示板ではありませんので、名前の無い投稿は困ります。
掲載不許可とさせていただきました。

「ゲーム業界の衰退はサードのせい」という意見は、訳がわかりません。安易にファーストのせいにするのも、安易にサードのせいにするのも、思考停止という点ではまったく同じだと思います。

ソフトが売れないのは作った側、売った側(ソフトメーカー)の責任だというのは大原則です。一方で、ロイヤリティという形でお金を取っている以上、開発の支援を含めた、より良いプラットフォーム作りはハードメーカーの重要な役目です。魅力の無いプラットフォームには寄り付かない、儲からないプラットフォームには寄り付かない、それを判断するのは各企業の自由です。むろんその経営判断が間違っていれば、自滅するでしょうが。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。