Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内のゲーム人口、急激な減少

BBWatch:家庭用ゲーム人口600万人減、非利用者の4割「他に欲しい物ある」
CESAの調査によれば、ゲーム参加者の人口は2007年の3739万人(30.3%)から600万人減少して3107万人。DSの実用ソフト市場の衰退や、DSソフト市場全体の縮小(Wiiの失速)といった事象を裏付ける結果といえます。

2008年は相対的にゲーマーの存在感が際だってきました。カジュアルユーザー市場の急速な縮小を実感している各社は、国内においてはゲーマー市場を手堅く担保しつつ、将来に向けた投資を行っていくでしょうね。

結局、DSのゲーム人口拡大も、PS1バブルと同じように一時的なカジュアルユーザーの増大に過ぎなかった・・・・という結論に落ち着くのかもしれませんね。PS1→PS2においてカジュアルユーザーが離れていったように、DS&Wii→PSPにおいてゲーマー市場が存在感を増していくのでしょう。

もっとも、ゲーマー層の年齢上昇にともない、国内市場の長期的な縮小も懸念されています。カジュアルユーザー市場はバブリー、ゲーマー市場は長期的には減退していくという状況で、各社が次への展開を模索し始めています。

結局、今は「普及台数でDS&Wii」→「消去法でPSP」。永遠にPSフォーマットにのみ依存しているわけにはいきませんが、かといって任天堂マーケットも厳しい。ハードメーカーがマーケットを提供してくれるという考え方ではなく、あくまで自社でマーケットとユーザーを囲い込むという意識を持つ必要があります。サードパーティにとっては、所詮SCEもマイクロソフトも任天堂も等しく頼りにならないのですから。


スポンサーサイト

コメント

>あくまで自社でマーケットとユーザーを囲い込むという意識を持つ必要
アンケートの結果を見ると、ゲーム以外の使用についてはWii/DSな回答が多いですね。
任天堂はゲーマー以外を広く取り込み、サードパーティはハードのシェアに目が眩んでいた。
そういうことでしょうね。

コアなユーザーは「ソフトのためにハードを買う」訳ですから、
コアユーザー向けに考えるなら、シェアでハードを選ぶのではなく、
ユーザーが一番満足するであろうハードを選ぶべきですね。

流石にテレビを含めたシステムとして揃えるには出費が大きいので辛いところもありましたが、
最近はフルHDモニタ(テレビではない)もHDMI有24型なら3万円を切るものも。
安価にHD環境を手に入れられる様にもなりましたし、Wii以外はハードも値下がりしました。

実用ソフトは、同じモノを使い続ければよいので(辞書を何冊も買う人は少ないでしょう)、
出したモノ勝ちといったところ。衰退したというより、一度に売れすぎたという感じ。
自分は気力があれば1日1ガントレ。10分のミニゲーム。だから良いので、やり込めば数日で飽きると思う。
この手のゲームはDSiWareあたりで充実させて欲しいのですが、今はチープ系だらけの印象。買う気も起きない。
ライトに遊べるゲームはとりあえず入れて持ち歩く、
スロットは所謂ふつーのゲームを刺しておく。そう言う使い方が出来たら良いのですが。

携帯据え置きともに今世代の面白いところは
ハードが多い=ゲームが売れるではないというところですね。

今まではいくらカジュアルでも”ゲーム”であったのに対し
DSWiiは知育ソフト健康器具だけ異常に売れて
ハードがそのためにだけに購入されているってのが大きいのでしょう。

「ハードが多いから良いゲームならば売れる」という前提も
ハード購入者がそもそもゲームに興味がなければ始まらない。

脳トレ、スポ、Fitの購入者は別にゲームがやりたいわけではないので
いくら宣伝を見せようがゲームは買わない。
(むしろ普通のゲームを批判、否定しているような人たちですし)

「どのハードが売れているか」ではなく「どのハードならどんなゲームが売れるのか」
というある意味当たり前なことを見直さないといけないわけですね。

>けい さん
> 「音楽再生」が32.5%で最も多く、以下は「インターネット接続」
PSPの人気が高まっている理由がわかりますね。
DSiは音楽プレイヤーやインターネット接続端末としては、ちょっと辛い感じが・・・・。
その辺は性能の低さがもろに出てしまっていると思います。

カメラについては、PSPは周辺機器でカメラを出してますし、やろうと思えば新型でも新機種でも、どちらでも内蔵可能ではありますね。DSiの解像度でいいのかどうかは、アンケートではちょっとわかりませんね。個人的には、どうしても携帯電話と比べてしまいます。

> 「健康や教育、学習など、“生活にもっと役立つ機能”が、
> たくさんの人々から望まれていることが浮き彫りになった」
『WiiFit』の売上の堅調さを考えれば、納得できる結果ですね。
学習については、現在の実用ソフト市場の低迷をみると、アンケートと現実の乖離を感じなくもないですが。


>おーお さん
> 「どのハードが売れているか」ではなく「どのハードならどんなゲームが売れるのか」
うちのブログで去年から書き続けてますが、プラットフォームごとに最適なタイトルを投入する戦略がきわめて重要ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>現在の実用ソフト市場の低迷
「全く新しい」実用ソフトが必要ということなのでしょう。
数は出ていますが、同じジャンルで沢山出ても、沢山は要らないですよね。
脳トレにしろ、WiiFitにしろ、英語漬けにしろ、初めて出たからこそ、
ダブル・トリプルミリオンを達成しました。

ゲームなら、例えばRPGではドラクエを買って、FFを買って、その続編も買って・・・と同ジャンルでも売上が連鎖しますね。新作をプレイしてから前作も・・・という人も少なくないでしょう。
小説・漫画等で、嵌れば同じ作家のものを新旧広く読むのに似ています。

しかし実用ソフトは、良い辞書を一冊選ぶようなもの。
現状で満足していれば新バージョンに手は出さないし、
新バージョンを使った人が旧バージョンも購入するケースはレアです。

需要はあるけれど、一定の需要は満たしてしまった。
フツーのゲームでは手堅い続編商法は通用しないジャンル。
全く新しいものなら、DS/Wiiのハードのシェアを活かせるかもしれないけれど、
類似のものの場合、極端な話、ハードの新規売上分を、
さらに各ソフトが分かち合うといった状況なのではないでしょうか。

>音楽プレイヤーやインターネット接続端末
どちらも携帯プレイヤーとしてはサイズが大きいですが、
PSPはBlueooth経由の再生が出来るのが良いですね。DSはせめてリモコンがあれば。
どちらもスピーカ内蔵なのは結構なメリットなので、内蔵スピーカの品質が上がれば面白いかも。

インターネット端末としては、通信インフラの問題がありますから、まだ難しいでしょう。
携帯と連携して接続が可能であれば(WiFi搭載のWindowsMobile端末なら可能な様ですが)、
携帯を通信・通話に特化し、閲覧は携帯ゲーム機(またはネットブック)という使い分けも出来て良いかと思います。

>A助様@お兄やん さん
うーん、ちょっと特定の企業に対する批判が強すぎですね。
そういう発言は、ご自身のブログ等でなさってください。

PS3に急にソフトが集まってきたのは開発コストの大幅削減もあるみたいですね
中小メーカーでも開発しやすくなったのはかなりプラスでしょう
開発費だけで見れば360でもいいのでは?と思うかもしれませんが
数々の大作RPGですら10万~20万が上限の市場では駄目と判断したのでしょう

デモンズソウルのインタビュー記事を見ましたが、あれも実は3年くらい開発してたみたいですね。
XBOX版のアーマードコアとか急に発売してたりする横で開発してたってことで。

結局の所、慌ててPS3に舵を切ったというよりは、今世代に入って今までの見立てより開発期間が長引いちゃったせいで、ソフトが揃うのが遅れてるって見方の方が正しそうです。
ここに来てPS3にソフトが出てくるというのは、2006~2007年にも開発が動いていたということで、意外とユーザーが思うより、メーカーも冷静にラインを動かしていく努力はしているってことじゃないでしょうか。
ともあれ、開発度60%ということでガンダムが発表されたのは進歩。XBOXでの開発経験も積んで、ある程度高性能機の開発リズムもつかめてきたと見ていいのでは。

そろそろ、それぞれどの機種に、どんなものが好きなユーザーがついているのかメーカーにも情報が集まってきたと思いますし、メーカーもユーザーも手探り足探りな状態からはそろそろ抜け出したいですねー。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。