Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wiiの失速とコアゲーマーのXbox360への移行

今年に入ってWiiの売上が減速しています。
前年比でXbox360が倍増、PS3が微減~維持、Wiiが半減以下の状態です。

昨年後半の『WiiMusic』と『街へいこうよ どうぶつの森』でハードを引っ張りきれなかった影響がハッキリ現れてきました。週間ランキングをみれば、いまだに『WiiFit』でハードを牽引している状態なのがよくわかります。

コアゲーマーの不満が爆発!

その状況で『Wiiであそぶ』シリーズが目立っているため、任天堂はどうして新作を出さないんだ?という不満が出やすいようです。

Rambling Man 2009-02-28
しかしWiiが焼き直しのピクミン2だけってどういう事よと。
いつだったか岩田社長は新しい驚きを見せ続けるとおっしゃってましたが、
逆の意味で驚いてしまいました。

忍之閻魔帳 3月4日
昨年11月に発売された「街へいこうよ どうぶつの森」以降、
目立った新作のないWii陣営は、大作の続くPS3・Xbox360の両陣営に押され気味。
今年1月から2月末までの2ヶ月間のハード売り上げは約34.9万台で、
昨年同期間の販売台数(81.1万台)の43%にあたる。

M☆G☆M+etc... 任天堂のWiiへのソフト供給に対する不満
もう随分前から不満に思っているんですけど、Rambling Manさん とか他のブロガーさんも不満を口にしているので、僕からも言わせてください!
最近の任天堂のソフトラインナップ、特にWiiソフト、酷すぎやしませんかね?

小売店ブログだけでなく、任天堂ファンのブログでも不満が爆発。
コメント欄でも同意する意見が大量に投稿されています。

そして大手ニュースサイトもこの話題を掲載し始めています。
Narinari.com:少ない「Wii」の任天堂ソフト、ヘビーユーザーからの不満が拡大。
J-CASTニュース:「Wii」向けの新作ゲーム 「任天堂なぜ作らぬ」とネットで不満

Wiiにコアゲーマーを満足させるソフトが少なく、コアゲーマーが不満を抱いているという認識が急速に広がっているのです。うちのブログでは去年の夏からタイトル不足を指摘していましたが、それにしてもここまで長い間、任天堂が有効な手を打てないでいるとは・・・・。


Wiiを所有しているコアゲーマーがXbox360へ?

少し前に書いたように、アーリーアダプター層はXbox360やPS3といったハードを購入しつつあります。Wiiも持っているし、たまにソフトも買うけれど、ディープに遊ぶのはPSP、Xbox360、PS3という状況が生まれつつあります。

データがないのであくまで推測になりますが、前年比でXbox360が伸びたのはWiiを持っているコアゲーマーがXbox360を買っているからではないでしょうか。Xbox360の方が価格が安く、心情的にソニーに批判的な人はPS3よりはXbox360を選ぶでしょう。

Wiiからコアゲーマーが離れている。これは今に始まったことではありません。
中立的なゲーマー系ブログでは去年から、Wii市場の問題点を鋭く指摘していました。しばしば、「アンチの戯れ言」扱いもされがちでしたが、先鋭的なユーザーのとがった意見とアンチの戯れ言はまったく違います。

そしてアーリーアダプター層が他機種を購入し、ブログで取り上げ始めます。次にお客さんとじかに接する小売店ブログで問題点を指摘する声が少しずつ大きくなり、ついに任天堂ファンのブログで不満が爆発しました。注意深く、ユーザーの動向を追っていれば、去年の前半には見えていた話です。


ユーザーから求められるものが変わりつつある

『脳トレ』ブームによってカジュアルユーザーが大幅に拡大した後、定着するか離れるかどちらかに分化していきました。それは実用ソフト市場が崩壊したことからも明らかです。定着した層はより本格的なゲームを求めるようになります。

これはコンシューマーゲーム機だけの現象ではなく、ケータイの世界も同様で、無料のカジュアルゲームを大量に揃えていたモバゲーは、去年から「本格ゲーム」と銘打って、スクウェアエニックス、タイトー、ハドソン、チュンソフト、レベルファイブのタイトルを用意しました。

カジュアルゲームから本格ゲームへ。この流れは、PS1バブルの時代にも起きた現象です。
不景気の影響も少しずつ深刻化していきます。今後は内容の薄いゲームは徐々に淘汰されていき、よりボリューム感のあるソフト、飽きずに長く遊べるソフトが求められます。切り詰めなければならない可処分所得の中で、優先的にゲームにお金を使ってくれるゲーマー層の存在感も際だってくるでしょう。

うちのブログの読者にとっては、おなじみの話になりますね。
また、中小のゲーム会社の間でも、同様の認識が強まっています。任天堂はちょっと手を打つのが遅かったな、という気がします。PSP-2000の発売以降、任天堂は潮流の変化を後追いするだけで、うまく業界をリードできていない印象を受けます。

まあ任天堂はソフトメーカーとして非常に強いので、なかなか変化に気づきにくいのでしょうね。変化は弱い所から先に現れます。任天堂は先頭を走っていても、他社がDSの時ほど付いてきてくれず、別の方向へ走り出しているのに戸惑っているのかもしれません。


スポンサーサイト

コメント

XBOX360はPS3より良質なソフトが揃っているのに、
一向に普及しませんでしたからね。
今までがおかしかったと思います。

スクエニがあれだけ独占でRPGを連発したのに、
発売から4年近く経ってまだ100万台すら到達してないなんて驚きです。
海外ではXBOX360市場の方が強いですし、
これからは日本での普及も加速しそうです。


Wiiはまずコアゲーマーお断りのような雰囲気を何とかすべきです。
CM見てもWii Fitとかそんなのばっかりですし、
ぱっと見てゲーム機とは思えません

あれではどんなにコアゲームを送り出しても
ユーザーからは相手にされないのでは
任天堂自身売れなくてもコアゲームを出して
サードを引っ張っていかないといけませんね

4月にはモンスターハンター3の体験版が付属している
モンスターハンターGの発売が予定されているので
盛り上がりそうな感じがしますが、
PS3もFF13の体験版をぶつけてくるんですよね…
なんともタイミングが悪いです

Wii市場の劣勢は4月以降も続きそうな感じです

X360に流れるか…微妙なところもあるけど、あり得る展開ではあるでしょうね。

ただ僕の家に遊びに来る友達で、X360を持っていない人で購入を考えている人が実機を見ると、音のうるささと電源の大きさにビックリして、かなりいやそげな顔をするのが印象的で「批判的」というだけの理由でX360に行く…を無条件に支持は出来ないですが(笑)
(特に起動直後のうるささに驚く人が多いのですが、今のリビジョンでは少しはマシになったんでしょうか?)。

>saga さん
おっしゃるとおり、Wiiは偏ったイメージが付きすぎた気はしますね。
ゲームを遊ばなかった人達に「自分たちに関係のある物」と認識させることには成功しましたが、逆にゲーマーには「自分たちに関係のない物」と認識させてしまったのかもしれません。


>ゲーム関係者 さん
今後のラインナップやブルーレイ搭載など、色々と考えるとPS3の方が魅力的な気はしますが、Xbox360は安いですし、PS3も長い間叩かれていましたから、心理的にXbox360に流れやすいのかもしれませんね。

今年に入ってからのXbox360の売上倍増、Wiiの売上低迷、という現象だけを見ると、Wii→Xbox360という推測が成り立ってしまいます。ゲーム系ブロガーの人で、Wiiしか持ってない人って、ホント少なくなったなあ、と思います。

「Wiiが失速している」「次の弾を用意できていない」というのは事実だと思います。
ただし「Wiiの失速 = Xbox360 or PS3 の勝利 」「本格ゲームを作らなくてはならない」
には同意できないです。

WiiやDSは今までゲームしたことの無い人たちが買うことによって現時点で勝利しています。
このライトユーザーがWiiやDSに飽きて離れたとしても、Xbox360 or PS3にいくのではなく
ゲームそのものから離れてしまうだけではないかと。
あと「Wiiだけしか持っていないコアユーザー」って存在しうるのか、
それは本当にコアユーザーなの、と疑問に思います。
まあ全く居ないということは無いでしょうし、熱心な任天堂信者であれば有りでしょうけど。
定義にもよるでしょうけど、コアユーザーというのは
「Wiiを買わずにXbox360 or PS3を持っている人」というイメージが私には有ります。
こういう人たちは、Wiiの失速→Xbox360 or PS3への移行 には影響ないですよね。

また、次のゲームを用意しなければいけないとは思いますけど、
それは第2のWii Fitであっても良いわけです。Wiiからゲームに入ったライトユーザーにとっては。
むしろ任天堂の都合だけを考えれば、コアゲーマー向けのゲームを作る必然性は無いかもしれません。
本格ゲームの面白さを知ることで、Wiiを卒業してXbox360 or PS3に移行という可能性も出てくる訳で。
敵に塩を送ってやることになりかねない。

まあ、とはいえファミコンでTVゲーム業界を作った(アタリという先達は居たけど)任天堂には
今のライトユーザーも夢中になるような本格ゲームを作って欲しいなとも思います。
Xbox360 or PS3 にそれができるとは思えないので。

すみません、一度投稿して反映されなかったのでもう一度送ります。二重になってしまったら申し訳ない。

>PCゲーマー さん
> 「Wiiの失速 = Xbox360 or PS3 の勝利
そんな事は誰1人、主張していないと思いますよ。
書いてないことを勝手に読み取っても仕方ないのではないでしょうか。「勝利」という単語を安易に使う人は、言葉におぼれていき、コミュニケーションが困難になります。

> このライトユーザーがWiiやDSに飽きて離れたとしても、Xbox360 or PS3にいくのではなく
> ゲームそのものから離れてしまうだけではないかと。
ゲームから離れていく人と、本格的にゲームに定着していく人の2つに分化していく、というのが一般的な考え方ではないかな、と思いますよ。

最近のWiiに対する不満の流れを受けてこのような記事があります

J-CASTニュース:「Wii」向けの新作ゲーム 「任天堂なぜ作らぬ」とネットで不満
http://www.j-cast.com/2009/03/11037470.html
「新作が少ない、と言われるのは初めてではないか」
新作が少なすぎるという意見に対し、任天堂広報は

「今までは任天堂のソフトが多すぎる、任天堂が主導しすぎる、などの批判があったのに、新作が少ない、と言われるのは初めてではないか」

この任天堂の回答には少し危機感を感じます。
CG時代と違って今のWiiはかなり好調で台数を伸ばし続けていますが、「流行」という時期はとうに過ぎていて、今はハードの成熟期です。Wiiが欲しい人がハードを買い終え、やりたいソフトもあらかたプレイし終えた時期なのに新作ソフトを出さなければユーザーはWiiをやらなくなるでしょう。(Wiifitのユーザーはプレイしていると思いますがこの人たちは健康系ゲーム以外は買わないので考慮しない)
さらに新作が少ないのは任天堂だけでなくサード製の新作Wiiゲームも少なく、この任天堂の回答は現状を理解して無いことの証明ではないかと思います。

Wiiで遊ぶシリーズもどうかと思います。移植、リメイクはPSP、DSと盛んでしたがそのハードのファーストパーティが率先して短期間に何本もの焼き直しをするのはユーザーに任天堂は新作を作る気が無いのではないかという危機感を与えかねません。実際には次の新作までの繋ぎでしょうが。

Xboxはシューターは良質なんだけど・・・・・

>dhica さん
> この任天堂の回答は現状を理解して無いことの証明ではないかと思います。

まあファミコン時代からの伝統芸、京都流の皮肉が入ってるようにも思いますが・・・・。メディア相手には、任天堂はしばしばこういうトボけた回答を好みますね。

しかし今回の不満は、アンチから上がっているのではなく、ファンから出てきているわけで、ファンに向かって皮肉 or すっとぼけた回答をするのはおかしなこと。記事本文でも書きましたが、任天堂は支持者からの不満とアンチの批判を見分けることもできなくなったのかな、と心配になりますね。

史上空前の成功をおさめて、追従や世辞をいう輩が多く集まってくるので、耳に痛い言葉を退けたくなるのもわからないではありませんが、耳に痛い言葉をこそ熱心に聞く謙虚さを失ってほしくはないものです。謙虚にユーザーを見ていたら、ここまで手を打つのが遅れることは無かったはず。冷静に自分を振り返ってほしいものです。

wiiは前々から不満の多いハードでしたからこの結果は当然です。あとwiiにクソゲーが多いのも
wii離れを加速させてますね。wii自体の性能が他ハードに比べて劣ってるというのもあるでしょう。
まあ一番の問題は新作を出さないことと偏ったイメージを出してしまったことだと思います。

別なエントリーですが、お返事有難うございます。
確かに任天堂はコアユーザーをばっさりと切り捨てている訳ではないですよね、言い過ぎでした、申し訳ありません。
ただ、今回の任天堂ファンの方々の怒りが象徴している様に、どうもファミリー向け・ゲームをしなかった層向けが最優先、コアユーザー向けは二の次にされているなあ、という風に感じてしまいます。もういい加減、wiiFitのCMは流さなくてもいいんじゃない?って感じです。
ファンの方々であれば更なるお怒りはごもっとも、と感じるのですが、業績が絶好調だと気にならないのでしょうか。
…企業としてはやや危険な兆候だな、と社会人の端くれとしては危惧してしまいます。

昨年末から続く、xboxやPS3向けソフトの好調振りを見ていますと、DAKINIさんが折に触れて仰っておられる「ゲームらしいゲームへの揺り戻し」を強烈に感じます。
特にPS3では、正直龍が如く3・バイオ5と連続で前作超えを果たす程売れるとは思っていませんでした。
「PS3ならPS2の前作の8割が上限」みたいな流れもありましたし。
4月にはFF7AC+FF13の体験版、と実に良い感じで推移しているのではないでしょうか。
xboxもなんだかんだと頑張っていますよね。
ゲーム業界としては、なかなか明るい兆候だと思いますが、それだけに任天堂の次の一手が見えないところが気になります。
「戦国無双3」がwiiで発売予定ですが、ユーザーが既に今の時点で「コーエーだからPS2と3、箱でも絶対出す筈だから、そっちが出た時に買う。どうせ買うなら、映像が綺麗な方が絶対にいい」…とか言っている意見をちらほら聞きますし。特に女性ユーザーは、そういう点へのこだわりが顕著かもしれません。

広報氏のコメントは確かにちょっと残念でしたね。櫻井氏のために新会社を設立して囲ったり、岩田氏は現状のユーザーの不満を認識しているとは思うのですが、任天堂全体となると違ってくるのでしょうか……
ただ個人的には、任天堂を離れた櫻井氏の挑戦をもっと見てみたかったなぁというのが正直なところだったり。ファミ通のコラムなどでは海外のHD大作タイトルに触れることが多いので、PS3やXBOX360でも櫻井氏の作品がいつか発表されるのでは……と密かな期待をしていたのですが…

任天堂はともかくとしても、スト4、SO4、龍が如く3、バイオと大作が連発されたこともあってHD機が非常に盛り上がっているので、サードにはこのまま従来のタイトルに関してはHD路線で頑張ってほしいなぁと思います。今回の不満にしても、あくまで「任天堂のゲーマー向けタイトル」の不足を嘆く声であって、「wiiでのゲーマー向けタイトル不足」を嘆く声ではないあたり、やはり他のハードとは購入層が違っているのだなぁと感じざるを得ません(実際、サード含むとそこそこは出てるんですよね。まぁ、残念ながら結果はどれも鳴かず飛ばずって感じになってますけど……)
こういう声を聞いて、「任天堂が出さないのなら、ウチから従来のゲーマー向けタイトルを出す!」みたいな感じにサードがまた迷走するような事態にならないことを祈ってます。……テイルズ、お前のことだよ!

X BOXは洋ゲーのラインナップもよくて申し分ないのですが、いかんせん故障率が問題ですね。
まず1回は壊れますし、ひどければ5回もいってしまうくらいですからね。
PS3は故障はそこまでないけれどタイトルが他と比べて弱いですよね。
結局は洋ゲーやりたかったらX BOXてとこかなぁ。

はじめまして。
PS3、タイトルが特に弱いと感じたことは無いですけどね。
うちでは一番稼働率高いですし。

ただ、何故弱く感じるかって部分が、本題と関わり合ってる気がしましたので投稿させていただきます。
タイトルが弱いと感じられる方は、有名タイトルの続編不足を挙げられるのではないでしょうか?
ゲームというものは難しいもので、ある程度の時間プレイしてみないと、なかなかどこまで面白いのか分からない。
そういう意味で、ユーザーもメーカーもある程度内容が予測できる続編を作られ続けて来たわけですが、
本題のWiiの面白さって、体感型のリモコンだったり、本当に革新的かは別にして、少なくとも「今までのゲームとは違って新鮮だ」と思わせる部分ですよね?

実際の話、Wiiでもカプコンの宝島ZやアトラスのカドゥケウスNewBloodあたりはリモコンも生かして、子供やある程度の年齢のユーザーが興味を持ちそうな題材を使ったいいゲームだったと思います。
でも注目されなかった。
それは、今までの評価基準から見たら、ただの売れなかったゲームの続編や子供向けの簡単に終わってしまうゲームに見えたからではないでしょうか。

ニンテンドーが折角つかんだ、新規ユーザーをゲームの世界につなぎ止めるには、
いいゲームの評価基準に、「新鮮さ」や「どんな年齢層でも遊びやすいこと」を定着させる必要があるのではないでしょうか?
他プラットフォームもいくらかは織り交ぜつつ、任天堂が主体となってそういった作品を評価するゲームアワードを定着させるとか、やりようはあると思います。
そういった流れで「新鮮な」「誰でもプレイできる」ゲームが評価される土壌が作れれば、それこそ任天堂がトップランナーだと思うのに、どうも任天堂自体が迷って、何かの続編や、有名メーカーに頼ってる雰囲気がユーザーも迷わせているのでは?

今こそしっかりと、新しいことに挑戦することの価値を評価していくことの大切さに1票ということで。
PS3も面白いゲームかなりあるのにもったいないな、ともやっぱり思うのでした(笑)。

>Wiiを所有しているコアゲーマーがXbox360へ

はじめまして
まさしく上記は半年前の私に当てはまりますわ。
魅力的なタイトルがWiiになさ過ぎてセカンドハードを求めるとなると・・・
迷った据えにXBOX360を選びましたが、そうなると尚更Wiiは使う機会が無く、
何かソフトを買うに当たってもXBOX360のタイトルと比較するとどうしても見劣りしてしまう。

体験版も無いので、よほどのことがない限りWiiソフトはもう買うことは無いと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>ケインさん
自重してください。続きはゲハでどうぞ。
>>F91G
次回作のテイルズオブ10(仮)の事でしょうか?
私は楽しみにしていますよ。新しい絵師を起用するという噂もあり期待しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

360が倍増していたっていう数字それって確かSO4の発売前後の数字じゃありませんでしたっけ?
それを判断材料にするのもどうかと。注目タイトルの発売時にはどんなハードでも売り上げはどどんと伸びますから。
PS3もその後の何週間かで龍が如くやバイオの発売で360を越える伸び率や台数も達成しちゃってますし。
これだったらPS3に移行したという事になりますしちょっと短絡的かと。しかも伸び率だし。
360もSO4前の台数は普通に数千台だったと思いますし、あまり参考材料には出来ないのではないかと。
Wiiもソフトが出てない状況での数字ですから。
この時の伸び率だけではどんな要素でも360の天下になってしまいますよ。

Meさん
自分もPS3のソフトが弱いとは感じてませんね。正直去年始め頃までは若干感じる所はありましたが。
実際自分も現在ではメイン機はPS3に移行していますし、正直今では一番良いリリースをしてくれてると言っていいような気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>LA さん
SO4の発売週の話ではなく、今年に入ってからの持続的な傾向です。
記事をちゃんと読みましょう。
ちなみに3月第1週は、前年比6倍近いですね。

地デジの普及も漸く50%というところ。
つまりHD環境が50%の家庭で調ったということ。

単純に絵を見比べると、WiiとPS3/xbox360ではなんていうか雲泥の違い。
例えばブルーレイ環境のある人が敢えてDVDを見るかというとどうか。
「DVDでしか発売されていない」「魅力的な」モノが必要ですよね。

似たようなゲームだと、どちらを選ぶか。
操作体系が同じなら、仮にWiiのメトロイドとPS3のメトロイドがあったとして、ユーザーはどちらを選ぶだろうか。
開発費が半額でも、店頭価格が半額というわけでもないし、
ゲームは娯楽なので、満足「出来そうな」方を選ぶでしょう。

Wiiは単純明快な故に、似たような操作系のゲームは、後追いと映り易いです。
かといって独創的な操作は受け容れられない。
単純なストレスで、「なんでこんなことしないといけないの?」と思わせたらジエンド。
任天堂自体は、良いと思ったソフトを出す。ハードも同時に提供できる。その辺が強さだと思います。

サードは任天堂のフィールドで勝負しなければならないのが辛い。
ゲームらしいゲームを作るなら、半数がHD環境を整えた今、コスト高でも絵で騙せる分、PS3/xbox360の方が有利では?

自分のプレイした中では、用意されたIFを使い尽くしていると思ったのはDSのすばらしきこのせかい位かな。
海外ではゼタ高評価にも関わらず、日本での売上は芳しくなかったのが残念。

妄想ですが、Wiiの環境でFF7がプレイできたら快適だろうなと思います。
ゴールドソーサーとWiiのIFの相性は抜群でしょう。

>けい さん
画質競争されないような「驚き」を提供し続けられるかどうかが大切。
「驚き」が落ちてしまった去年一年で、ここまでWiiが失速してしまいました。普通は加速がついて、勝手に回り出す時期なんですけどね。PS2みたいには売れないという事があらためて確認できました。

『Wiiスポーツ リゾート』の責任はとてつもなく大きい。ひさしぶりに「驚き」を提供してほしいものです。

しかし最大の懸案は、アクティビティーの維持ですね。去年から指摘してますが、アクティビティーの維持がWiiの最大の課題でしょう。『街森』でもっと活性化できると思ってたのかな・・・・。

DSiは、キラーといえるほどの物はまだ出てませんが、『うごメモ』はアクティビティーの維持には、多少は貢献していると思います。『うごメモ』は大人が見て楽しめるかというとちょっと厳しいので、大人向けのUGCサービスがほしいかな・・・・。まー、大人向けはいくらでも競合があるから、そっちで戦うのは任天堂らしくありませんけどね。

今回のWiiにおける「ゲーマー向けタイトル」に関する不満にはいくつかの質のものがあるように思います。

一つは「PS2市場の継承」、これは他機種との競争の中、PSPがやや優勢に思います。
ただ、じわじわとPS3/360のHD機に移行していくようすもうかがえ、
性能的に一歩ひいているWiiは(モンハン次第ですが)取り込みに苦戦気味ですね。

もう一つは「任天堂ゲームで育った層を満足させるソフトの展開」
これについては、任天堂事態が主体にやらなければなりませんし、他にはできないことでしょう。
ここをおろそかにしてるように見えることが今回の不満増加の主要因でしょう。

ただ、任天堂自身の開発のリソースに限界があることは以前から言われていたことで
ぶつ森とWiiミュージックのファンあるいは新規ユーザーの評価が十分ではなかったことが
任天堂側の誤算でしょうか?

ただ、「Wiiで遊ぶ」シリーズを出していること事態が、
かえって任天堂が手を抜いているように見えてしまって
このあたりは商品戦略上の失敗かもしれません

>のりのり さん
> 「PS2市場の継承」、これは他機種との競争の中、PSPがやや優勢に思います。
ですね。
DSはGBA+ライトユーザー市場+オールドゲーマー復古市場。
PSPはポストPS2。
という認識でよいと思いますね。

> 任天堂ゲームで育った層を満足させるソフトの展開
> 任天堂側の誤算
おっしゃるように、任天堂自身の開発リソースに限りがある中で、「綱渡り」的に有力タイトルを出しているのが実情なのでしょう。だから、タイトルのインパクトや持続力が期待に届かないだけで、任天堂ファンにとっては「タイトル不足」に思えてしまう、という。

> 任天堂が手を抜いているように見えてしまって
> このあたりは商品戦略上の失敗かもしれません
うーん。
難しいですね。

準新作という試みも、決して悪い物ではない。Wiiでひさしぶりにゲームにさわる人や、カジュアルユーザーにとっては、ゲームキューブ時代のゲームを焼き直した物でも、十分魅力的でしょう。

しかしゲームキューブ時代からのファンの大半にとっては、歓迎すべき展開ではないのかもしれませんね。苦しい時代に支えてきたのに、新しいユーザーを獲得することに夢中になって、自分たちを振り向いてくれなくなった・・・・という古参のファン特有の不満もあるのかな?

まあ、任天堂のファンやゲーマー層に対するメッセージは滑っている気がしますね。Wiiハンドルの『F-ZERO』や、リモコンをフルに生かした『スターフォックス』を望んでいる人もいると思うんですけどね・・・・。ファンサービスも必要でしょう。

今月後半のGDCで岩田社長が講演しますし、何かしら、ファン向けのタイトルの発表もあるんじゃないですかね。それぐらいは期待してもいいんじゃないかと。PS系ゲーマーを取り込む前に、つらい時代に自社を支えてくれたファンを満足させるタイトルを優先させてほしいものです。

勝ってしまうと、どれをやってもそれなりに上手くいってしまうから、あれもこれもと手を出して、結局、全部手薄になってしまう。「勝者のジレンマ」に陥りつつある気がしてなりません。経営の問題であり、責任ですね。

最近目玉の新作が少なく、海外で元気の無かったPSPですが、先日AoTやAssassin's creedの発売予定が発表されるなど、個人的に良いニュースが聞けてとてもうれしく思っています。これらは日本で発売されるかどうかは分かりませんけれども、PSPの存在感が増していくのはうれしい限りです。
日本では新作も出ているのですが、やはりリメイクやら移植が目立つのでもっと頑張ってほしいと思っています。

個人的にはWiiで遊ぶシリーズには肯定的です。Wiiリモコンとの相性も良く、また、GC時代のソフトはなかなか手に入りにくいのですし、Wiiからの新規さんにもWiiで続編が出る前の予習にもなるんじゃないかと思っています。 こればかり出るとしたら、それは論外ですけども。

ゲーマー向け(と言っていいのか分かりませんが)ゲームでも、Dead SpaceやらCoD WaW、MADWORLDなどが海外で、国内でも今までPS2で出ていたタイトル、完全新作もボチボチ出るor出ているのでそこまでは心配していません。

ただ、マルチプラットフォームだとWiiはグラフィック面ではどうしてもHD機に見劣りしてしまいますし、実際に出ても大して売れていない(採算は取れているのかもしれませんが)ものが多いので、ライトゲーマーを引き込む策ももっと積極的に出してほしいと思います。 とりあえずはモンハンですかね。

>ブルシット さん
僕も準新作には、割と好意的です。
ただ、ファンを喜ばせるソフトが少ない時期に出したのが、印象を悪くした要因かもしれませんね。有力タイトルを出す時期に、こういった準新作を出しまくるのも、販売戦略としては良くないですし、なかなか難しいですね。

のりのりさんが書いているように、年末のラインナップが今ひとつ弱かったのが要因でしょうね。春商戦には、もともと『ドラクエ9』が出るはずで、任天堂としても想定外の事態でしょう。

PS系ゲーマーがPSPに集結しつつある今、任天堂は開発リソースを無為に分散させず、正しく己の道を歩いてほしいですね。PS系ゲーマーを取り込むより、まずは任天堂ファンを満足させるディープタイトルを用意すべきです。あのDSでさえ、PS系ゲーマーを囲い込み続けるのは不可能で、結局PSPに流れているユーザーがいるわけです。

任天堂ワールドとPSワールドが共存する現状を僕は評価しています。

俺なんかは二年ほど前からWiiのバブルが崩壊したと言っていたわけですが、
必死の宣伝もあって「WiiMusic」の頃まではWii市場全体ではまぁなんとかといった状況でしたね。

PS3やXbox360の普及はやはりハイビジョンの価格下落が大きな要因であると思います。
もちろんソフトが揃い始めたことも影響し、最近は「龍が如く3」や「スト4」、「バイオハザード5」と
過去にPS2で熱心にゲームを楽しんでいたユーザーを取り戻したようにも感じます。
ここらへんはやはり性能の低いWiiでは不可能なことで、
大画面のハイビジョンでのゲーム体験が新鮮さ、感動を生んだからでしょう。
その点でPS3は成功するべくして成功するハードだったというわけです。
しかし、ハイビジョンの価格が初期のスタートダッシュを妨げてしまったのもまた事実ですが。

今後多くのメーカーがPS3にシフトするのはもはや当然のことです。
PS2やWiiでも性能的に問題ないゲームでもハイビジョン画質での表現のため、
PS3へのシフトが発表され始めているようですし、この流れは止められません。
安価なフルHDモニターの存在も大きな後押しとなり、今年はPS3躍進元年になりそうですね。

>>DAKANI様
画質競争されないような驚き…は無理だと思うのですよ。

というのも、うちにはPS3/X360/Wiiの3つがありますが、僕のガールフレンドの遊ぶハードの稼働率はこの半年ぐらい、どんどんPS3が上がり、今では完全にメイン。次にX360。Wiiは大幅にダウンしています。
で、Wiiのゲームを遊ばない理由を聞いたら、すごくシンプルに「Wiiの画面は汚い。テキストも読みづらいし、画面がぼやけてて、遊びたくない」というのです。

つまりHD画質のゲームを見慣れると「HDが標準」になってしまい、SD解像度の画面を見ると「汚い」と感じるということです。
(WiiもPS3/X360みたいに画面をキレイに出来ないのか?と聞かれました(笑))。

これが一般化出来るのかと言われると、しょせんは自分とガールフレンドの経験でしかないので微妙ですが、普通、誰でもそうなっちゃうんじゃないのかなあと思います。

しかもWiiはゲームですから、下手に高級なアップコンバートをするとフレーム遅れが出ますから、ゲームに悪影響及ぼします。

そういう意味では打つ手なしで、自分のガールフレンドを見ていると「新しい驚き」を与えたところで、「画面汚い」で終わってしまうのではないか…と思ってしまうのですが…

>ゲーム関係者

PS3やXbox360のハイビジョン画質に慣れてしまうとWiiの画質に不満を持つのは当然でしょうね。
Wiiは何で接続していますか?
俺はD端子ケーブルを使っていますがそれでも厳しいので、
ほとんどのWiiユーザーが使うであろう本体付属のケーブルでは
ハイビジョンに映したときどれだけ酷いことになるのやら。
まったく恐ろしことです。

いくらゲームが面白くても画質が低くぼけた状態ではそれだけでストレスがたまります。
ストレス解消を求める人にはWiiはまったく向かないでしょうし、
任天堂の有力タイトル以外さっぱり売れないのもそれがユーザーの判断と言うことです。
任天堂がコスト削減のためWiiをハイビジョン非対応にしたことが、今になって首を絞める結果になっていますね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。