Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の新作 Wii以外はゲーマー向けのタイトルが充実

ごらんの有様だよ!

クラシックコントローラで遊べる『ウイイレ プレーメーカー 2009』は5.14発売
クラコンPROが急遽発表されたり、『ウイイレ プレーメーカー2009』がクラコン対応になったり、去年「Wiiリモコンによる新しい操作」を売りにしていたタイトルが続々、クラコン対応を表明しています。ゲーマーを説得するにはクラコン、特にPS型のクラコンPROが必要、という結論なんですかね・・・・。

この動き、サードパーティ主導か、任天堂主導かは知りませんが、リモコン革命って何だったんでしょうか? まー、この春の商戦をみても、Wii市場にはゲーマー向けのタイトルが不足しており、ゲーマー離れが加速しています。焦るのも無理はないかな。

ゲーマーの皆様は「Wiiがどれだけ普及しようと、俺たちが面白いと感じるゲームは出ない」と結論を出したのかもしれませんね。カジュアルユーザー向けのハードとゲーマー向けのハードが分化していく。僕が去年からずっと書いてきた通りですね。任天堂は手を打つのが遅かったよな・・・・。

バイオハザード5 (PS3、Xbox360)
バイオハザード5 バイオハザード5 Deluxe Edition
HDゲームの開発で国内トップの座をものにしたカプコンが送る、史上最大級の『バイオハザード』。PS3版はHomeとも連動するため、PS3版への注目が高まっているようですね。『龍が如く3』『スターオーシャン4』に続き、HD2機種は国内メーカーの大作が続きます。


戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best (PS3)
戦場のヴァルキュリア PLATSTATION 3 the Best
アニメの放送にあわせて、ベスト版が発売されます。
去年はPS3の元気が無く、いま思うと発売時期が不遇でした。
製作スタッフのこだわりが報われるように、ベスト版が売れるといいですね。


セブンスドラゴン (DS)
セブンスドラゴン(特典なし)
『世界樹の迷宮』の新納一哉氏がおくる最新作。
3DダンジョンRPGという、ユーザーを選ぶジャンルではなくなったため、『世界樹』を大きく越える売上が期待されます。『ドラクエ9』の延期もある程度、追い風になると思われ、DSの春のラインナップでゲーマーから最も注目されているゲームでしょう。


PSP ラディアント・レッド、バイブラント・ブルー
『アイドルマスターSP』『無双マルチレイド』など、ゲーマーをひきつける作品が充実してきたPSP。新色投入で、さらに盛り上がる!
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ラディアント・レッド(PSP-3000RR) PSP「プレイステーション・ポータブル」 バイブラント・ブルー(PSP-3000VB)

真・三國無双 MULTI RAID(マルチレイド) アイドルマスター SP パーフェクトサン(初回生産限定:「スクールウェア」無料ダウンロードプロダクトコード同梱) 特典 サイン入り着せ替えジャケット&「ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター」限定PRカード付き アイドルマスター SP ワンダリングスター(初回生産限定:「スクールウェア」無料ダウンロードプロダクトカード同梱) 特典 サイン入り着せ替えジャケット&「ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター」限定PRカード付き アイドルマスター SP ミッシングムーン(初回生産限定:「スクールウェア」無料ダウンロードプロダクトコード同梱) 特典 サイン入り着せ替えジャケット&「ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター」限定PRカード付き

スポンサーサイト

コメント

Wiiリモコンだけでは、サードパーティがゲーマー向けタイトルを作ってくれないのでしょうか?
ヌンチャクを利用したゲーマー向けタイトルの充実を、個人的には希望しているのですが・・・。

Wii市場でゲーマー向け(サードパーティ)タイトルの今後が、モンハン3以降どうなるかで
Wiiの普及が1000万台ぐらいで止まってしまうのか、真の国民機になるのか
分岐点になると思います。

「ウイイレ」の件はもうどういっていいやら・・・。Wiiリモコンを使った新感覚の操作、といった感じでゲーム誌などで持ち上げられてたのはなんだったんだろう?
クラコンでもその新感覚をちゃんと味わうことが出来るのか、できないのなら、グラフィック(データ量も?)でHD機に劣る状態で何を売りにするのか。

「バイオ5」は鉄板タイトルですが、体験版の配布時期や投入されているCM量など、Xbox360側が特に力を入れているように見えますね。日本における同発マルチでは、いずれもPS3版の売上げが高い結果に終わってますから、今回はそれを少しでも縮めようと頑張っているのでしょうか。
両機種に配布された体験版の画質を比較した結果やXbox360版だとHDDにフルインストールが可能といった判断材料から、両機種もちであればXbox360版を買う、というユーザーも多いかもしれません。
PS3側は、「龍が如く3」が絶好調だったり、来週には「無双OROCHI Z」が控えている、という期待作ラッシュ状態が、「バイオ5」には逆の影響を与えちゃうかも、という贅沢な悩みがあるかも・・・? まあ、好きな人は好きなソフトをちゃんと買うんでしょうが。こんな悩み、1年前にはなかったですよね(苦笑)。
PS3版はBD内に特典映像を収録、Xbox360版はサントラ付き、と特典が異なりますが、これは見方を変えると両機種で採用しているディスクの容量差問題につながり、せっかくの大作なのに容量制限が・・・という悩みも。Xbox360版は複数枚にすれば・・・といっても価格に影響も出てくるし、これは今後もマルチで発売するソフトには付いて回る問題でしょうね。

「戦場のヴァルキュリア」はなかなか面白かったです。新機軸の戦闘システムもなかなかやり応えがありました。発売時期のPS3の状況は残念でしたが、逆に言えばその中で10万本売上げたというのは、このソフトに力があったということでしょうか。
また、米国でも好評だったようで、Xbox360で出たJRPG群を押しのけて、08年のベストJRPG、との声も上がってたようです(?)。
アニメも楽しみですが、ソフトはちゃんとBDでもだしてね、というのが一番の願いだったり。

「セブンズドラゴン」は、「ドラクエ9」と発売日が近かった(延期しちゃったけど)割りに、事前からかなり話題になってたのはどうして? と思ってましたが、「世界樹の迷宮」つながりでしたか。「ドラクエ9」延期による棚ボタ、を超えた人気上昇も期待できそうですね。

PSP新色は、先に発売された3色がオーソドックスだっただけに、えらく派手に見えますね。「真・三国無双マルチレイド」同梱版がすでに発売済ですが、これは今でも在庫があるようです。「マルチレイド」自体がこれまでのシリーズから離れた新機軸であることもあって、是が非でも同梱版を欲しい、と思わせるほどではなかったことや、PSP本体が十分に普及していること、などが関係してるのでしょうかね。
まあ、新色が出たからバカ売れする、という状況ではもうないということでしょうが、選択肢が増えるのは良いことかと。
ちなみに、「マルチレイド」ですが、普段「モンハン」をやっている周囲の仲間が、去年「ファンタシースターポータブル」をそろって買ったのと同様、みんなでやっているようです。
「PSp」ほどの売上げにはならなそうですが、協力プレイを売りにしたソフトというのはPSPでの定番として定着したといってよさそう。

素人意見ですが正直今更感があるんでよね。
あれだけ「家族団欒」、「健康器具」的なCMばかり流しておいてゲーマーもこっちこいと言われてもPS3、360を持っていて、高画質、高クォリティのゲームばかりやっていた人間としてはもう無理ですよ。
仮にWiiに行ったとしてもモンハン3の後はまたあのリモコンに戻るんだろって感じです。
Wiiでゲーマー向けをだすならPSPかPS2でまだ充分だよ、と正直ゲーマー(私だけかも知れませんが)は思うわけです。
任天堂もじっくりやるゲーマーにあのリモコンは受け入れ入れないと知っていたと思うんですが・・なんで今更。開拓した独自の路線を突っ走ればいいのに・・
正直PS3,360で満足してるのにこれ以上荒さないでほしいです。

新色PSPは買い替えで迷ってるんですがPSP2のこともあるので迷ってます。

はじめてコメントさせてもらいます。
いろんな要因があると思いますが、Wiiからゲーマー層が離れた原因として、オンラインコミュニティ全般が盛り上がらなかったことも大きいと思います。
PS3.360のほとんどのゲームではオンラインに対応しているのに、Wiiでオンライン対応のゲームってかなり少ないように感じます(スマブラ、マリカー以外でWiiでオンラインを楽しんだという声は聞こえてこない)。天誅4やデッドライジングもCo-opオンラインなどがあれば、売り上げも評価も変わってきたのではと思います。
グラフィックが粗末だわオンが無いわでは、「よっぽど面白いゲームなんだろうな」と否応なしにハードルがあがりがちです。
任天堂自身もフレッツ光と協力して接続キャンペーンしている割には、自社からは積極的にオン対応のゲームも出さないしWiiチャンネルもぱっとしません。なにがしたいのでしょうか?
では、ゲーマー層は置いといて、もし今年も任天堂がカジュアル層を満足させることができなかったら、その層はゆるやかにPS3に流れていくのでは?と思っています。PS3の今の状況はモンハンポータブルがバカ売れする前のPSPに似ている気がします。そのための下地もバッチリできていますし。
だからWii!もっとがんばれ!

Wiiはゲーマー向けソフトが本当に不足してますね
とても世界一普及している据え置きハードのラインナップとは思えないです
MH3でPSPや他ハードのゲーマー層をちゃんと取り込めればまだチャンスはありますが、もしこれで失敗したとなると、この先ずっと無いように思えます。

戦場のヴァルキュリアは海外のレビューサイトでも絶賛されていて、
これが真のJRPGとまで言われてましたが、あまり売れなかったようです。
アニメ化が決まったことで、再び人気が出て売れてくれれば良いんですがね。
サクラ大戦を全作やり込んだ私にとっては悲しい限りです。
戦闘システムやキャラデザはとても斬新的なのにぁ…

セブンズドラゴンは非常に楽しみです
DSで久々に楽しめるRPGとなりそうです。

一方PSPでもディスガイア2やペルソナなど人気RPGの発売が予定されており、
ゲーマーも満足できそうなラインナップです。
どちらもリメイクですが、ペルソナは10年以上も前の作品なので
若い世代には新作RPGとしてプレイしてもらえると思います。
モンハンで入ってきたゲーマーが、ちゃんと他ソフトを買ってくれるなりWiiとは対照的です
PSPはまだまだ熱いですね

戦場のヴァルキュリア、発売時期もですがシステムが新しかった分どんなゲームか想像しづらかったのも伸びきれなかった原因ではないかと思います。(セガもシステムを説明するPVを2つ用意したりと頑張っていたとは思うのですが、ゲームバランスとか実際にプレイしてみるまではちょっと不安でしたし)
なので続編が出ればもっとは良いスタートダッシュが期待できるでしょうし、海外でも前作の高評価を受けて注目されるでしょうから売り上げはもっと上がると思います。
個人的にも大好きなゲームで続編を願ってやまないので、廉価版とアニメでもう一度盛り上がって欲しいです。

バイオ5、発売前はかなり楽しみだったんですがいざ時期が来るとSO4に龍が如く3を始めたばかりでとても手が回りそうにないです。コメントにもあったようにまさにうれしい悲鳴で(笑
428等、Wiiのゲームでもプレイしたいソフトはちらほら出てるので、モンハンが出たら久しぶりに稼働させようかとは思っているんですが、昨年の12月からHD機のゲームばかりやっているので、携帯機はともかくとしていまさら据え置きでSD画質に戻れるかなぁというのがちょっと心配だったり……

あと、こちらの記事とは直接関連があるわけではないんですが、Wiiでもし現在PS3やXBOX360で出ているRPGのような大作タイトルが出る場合、ディスク数枚組にして出すというのはやはりありえるのでしょうか?SO4をプレイしていて、ディスク3のゲーム終盤、それまでにいった街に戻る時にディスク1・2を入れ替えないといけないというのがとても面倒で、どうせならBDでまとめてくれれば楽だったのになーというDVDメディアの限界を考えてしまいました。XBOX360にはフルインストール機能があるので、どうせならインストールしておけば交換がいらないとかの仕様になってくれてたら文句なしだったんですが……データはHDDに全部あるはずなのに、認識のためにディスクを入れ替えなきゃいけないのはちょっと微妙な気分になります
ともあれ、箱ならインストール関係でどうにか対応できそうな気はするのですが、ストレージが少ないWiiだとどうしようもないですよね……なんだかんだでRPGをプレイすることが多いので、もしこれから大作を集めるとなるとということで少し気になりました。

・・・ウイイレ・・・。前作の評価は上々のようですが、売上がそれに伴っていないがための白旗(クラコン対応)だとは思います。
まあ去年といい、今年といい、PS2、PSP版が出てから何ヶ月後に出す気なんだ?とも思うわけですが。

評価は良い。つまりゲームの出来に問題はない。しかし売上は悪い。理由の一つはユーザー層の違い。
・・・ここからは個人的な素人考えですが・・・。
「ウイイレ」の名前が、かえって売上の邪魔をしてるんじゃないかな、と思うんです。
ウイイレに限らずPSからWiiに行った元PS系ソフト、と言ってもいいかも。
PSで育ったゲームって、やっぱりPSでの操作感の印象が強くて、それをリモコンで新感覚にしました、と言われてもあまりピンと来ないと思うんです。逆に、なんでリモコンなの?という疑問の方がわきかねない。

プレーメーカーのコンセプトは今までに無い新しいもので、そのアイディアは評価に値すると思います。
ただ、ウイイレのイメージが邪魔をして、ユーザーに「新しいアイディア」が「意味不明な物」と受け取られているんじゃないか?変なことせずに普通に作れよ、と言われかねやしないか?と思うのです。

WiiはPS3とは違う意味でGCまでの過去を断ち切った、新しいハード。
そんな新しいハードには、どちらかと言えば、新規タイトル名の方が受け入れられやすいんじゃないか。
「Wiiでなければ出せない」新規タイトル、新シリーズとして育てていく。そうした方が純粋なゲームの面白さが評価され広まっていくんじゃないか。
今回のウイイレで言うなら、「ウイイレが新感覚になった」よりは「新感覚サッカーゲームをウイイレ製作陣が新しく生み出した」と言うほうがウケがいいのではないか、と考えます。

無論、ウイイレというタイトルに安心を求める方もいますし、新感覚ウイイレ面白かった、という感想もあるので、これが正しい、なんておこがましいことは言いませんが、ヘタにイメージが定着しているのもマイナスかな?と思った次第です。長いシリーズならなおさら。
ま、プレーメーカーは次も出す気ならせめて他機種と同発近くにしないとね。
Wiiのソフトって、売り方をちょこっと変えるだけでも爆発すると思いますが、なかなか難しい。

セブンスドラゴンは久しぶりにDSに電源が入る!と待ち望んでいたタイトル。
元世界樹スタッフ、と言う点を強調しているので、世界樹購入層以外にアピールできているのかわかりかねますが・・・。まあ本来ドラクエがいたんで、確実に取れる所を取る、という戦略だったのかも?
ベタRPGになって敷居が下がった事も確かなんで、世界樹未経験者もぜひ手にとってもらいたいですね。

任天堂はイメージだけで商売をした。

結局任天堂はイメージだけで商売をしてきたわけです。
Wiiがあればあれもできるこれもできると消費者を欺き、今もそれを続けています。
ま、WiiFitに頼りっきりの任天堂がもはや終わっているのは言うまでもないんですけどね。

俺はWiiの発売前からWiiは失敗作だと言い続けていましたが、
あれから三年、ようやく世間が俺に追いついてきたという感じですね。

思った以上にコメント欄が盛り上がっていて、まさにタイムリーな話題なのだな、と実感しました。Wiiのマーケットに異変が起きているというのは、誰もが感じるところなんでしょうね。

>hi さん
うーん・・・・。
ヌンチャクでは、両手でがっちりコントローラを握ったようなタイトルは作れない。
桜井政博氏も、Wii『スマブラ』の発表直後にはヌンチャクにネガティブな発言をしていましたし、ガチなゲームを作っている人の中には、本気でそう考えている人はいますね。

任天堂も、それがわかっているから、クラコンという選択肢を残していたのでしょう。


> 小林悠士 さん
> 普段「モンハン」をやっている周囲の仲間が、去年「ファンタシースターポータブル」をそろって買った
通信協力を楽しむコミュニティができているから、強いですよね。


>ゲーム大好き さん
半端にあれこれ手を出している印象は否めませんね。
去年の年末商戦の結果をみても、カジュアルユーザーの取り込みが不十分で、まずはそこをしっかりやってほしい。半端なクラコンPROや、ゲーマー向けの施策は、かえってマイナスなんじゃないかな。

まあカジュアルユーザー向けのハードとゲーマー向けのハードが分化していくという変化を、任天堂の上層部は受け入れたくないんでしょうね。DSがそれなりにゲーマーを取り込めましたからね、勘違いしちゃったんでしょう。冷静さを失っているとしか言いようがありませんが。DSにしても、PSPへゲーマー層が少しずつ移行している印象ですから。


>風水士 さん
オンラインゲームについては、DSの方がうまくいってましたね。WiiはDSと代わり映えがしないサービスが大半で、「Wiiコネクト24」もキラーアプリが無く、ぱっとしません。『どうぶつの森』もWii版では、さほど進歩が無く、オンラインへの消極性がはっきり出ていましたね。非常に残念。

Wiiチャンネルにパワーをさいている割に、サードパーティの関心が薄く、無駄にパワーを分散させています。任天堂1社でやれる事には限界がありますし、天気予報や占いやニュースが悪いとはいいませんが、結局ケータイやPCでできる事をがんばっても、本当のキラーサービスは生まれません。発想力で勝負する任天堂らしくない、凡庸な戦略が目立ちますね。

SCEも迷走してましたが、ここ最近はサードパーティを巻き込まないといけない、という意識が明確で、「アドホックパーティ」「Home」もサードパーティとの協力関係を着実に築いています。


>saga さん
おなじ任天堂のDSと比べても、Wiiは明らかにゲーマー向けのタイトルが少なく、マーケットも育っていないですね。PSPというもう1つの選択肢が育ったことで、Wiiに無理に供給する必要がなくなったのは、本当に大きい。

まー、一昨年の秋にPSPが復調した頃にこういう事態は予想しなければだめで、経営が危機感を持てなかった。浮かれすぎです、浮かれすぎ。とはいえ、海外ではWiiはずっと好調で、業績も良かったから、油断してしまうのも仕方ないかな・・・・。


>Koh さん
そういえば、『龍が如く』はベスト版の比率が非常に高いシリーズだったんですよね。『ヴァルキュリア』もそういった売り方ができるといいですね。


>F91G さん
そうですね。
Xbox360やPS3を買ったゲーマーは、よほどのタイトルでないと、Wiiには戻れない、とブログに書いている人をよく見ますね。クラコンPROなどの施策も、結局は付け焼き刃にすぎず、本質的な施策ではないのでしょう。「ゲーマーの気持ち」を理解できてないな、と思います。


>唯一 さん
任天堂の外交の欠点が露骨に出ていますね。名のあるタイトルを引っ張ってくることばかりに意識がいって、そのタイトルがきちんと任天堂市場で育つのかどうか、というような視点が抜け落ちています。

名のあるシリーズではなく、新作でもいいわけです。
結局ソフトが売れれば、サードパーティは付いてきますからね。名前のあるタイトルが売れなかったり、不具合を出してもきちんとサポートしなかったり、そういう事が起きる方が恐ろしい。

まー、ゲームキューブの『FFCC』の頃からの悪癖で、「ゲーマー向けのタイトルを育てよう」という意識よりも、「有名ブランドでゲーマーを釣ろう」という意識が強いのでしょう。

結局、お互いにメリットが生まれなければ、関係が続かないんです。そういう外交の基本が何もわかっていない。底が浅いですね。僕は任天堂の作るゲームは好きですが、外交戦略はまったく評価していません。自社タイトルが売れている弊害なのかもしれませんが、他社タイトルに対する敬意が足らないと思います。

Wiiのコントローラーにつては

ユーザー側も開発者側も、使いこなせていないという話じゃないですか?

ゲームメイカー側に、企画力がないんじゃないでしょう。

ヌンチャクスタイルを打ち出したのは、挑戦として評価すべきだと思います。

クラッシクコントローラーは、ダウンロードコンテンツを遊ぶ際には

使いやすい。ユーザーの利便性を考えれば、用意するのは当然でしょう。

>AZさん
使いこなすもへったくれもなく、Wiiのリモコンの最大の問題は、ともかくボタンが足りないことに尽きます。

アメリカでバトルカーレースのWiiへの移植をしていて気が狂いそうになりました。
ヌンチャクにしても簡単に押せるボタンはたったの4つ。方向キーまでむりやり使って、ようやく8つ(しかも忘れてはいけないが、方向キーは同時押しが出来ない)、+-みたいな押しにくいボタンを入れて10。
対して、デュアルショックでは十字キー入れていいなら16個。外しても12個。START/SELECT外して10。しかも全部押しやすい位置にあるし。勝負になりませんよ。
そのゲームで使われていたボタンは、アクセル・ブレーキ・クラッチ・ギアアップ/ダウン・武装の切り替え(2)・視点切り替え(2)・武装発射(メイン・サブ)の総計11。
クラッチ&ギアを全部削っても当然入らず(これのせいでリバースギアがなくなって、ぶつかったときにバック出来ない問題が出て、また大騒ぎ)、視点をローテーションにして数を減らして、武装の切り替えを強引に削って、武装はメインのみにして…もう、こんなの別ゲームじゃん状態に(当然アクセル・ブレーキはデジタルに(笑))。
ターゲットのポイント「だけ」はやりやすくなりましたが、他が全部ダメで、出す予定の大手パブリッシャーに文句言われて、交渉で泣きそうでした。
マシンパワーの不足はともかく、一般的なFPSを仮に移植しろと言われたら、やっぱりボタンの不足で即死です。
ステータスの多いアクション系のゲーム=ステータス制御のためのボタンが必要で、もうなにをやろうとボタンが足りない。SFCより同時押し出来る数が少ないのはどうかしているとしか思えない。

シンプルにしたかった任天堂の気持ちは分かるけれど、クラッチのあるカーレースは移植不可能になるんでは「ちょっと複雑なゲーム」には辛すぎで、努力もへったくれもなくメーカーも企画者も対応のしようがないですよ。

ちなみにプレイメーカーもアイディアはすごいけど、ボタンの不足で奇怪極まりなしの操作系になっていて、逆に初心者に取っつきづらいんですよ。

ボタンの不足はもうWii の致命的な弱点といっていいです。
ボタンの必要なゲームはクラコン前提にしていいなら、クラコン使うの当たり前ですよ。正直。

>ごらんの有様だよ!
この時期に再びこの一文、パッチをダウンロードされたのでしょうか?
アイ惨の惨は無惨の惨、やはりパッチにも作品に対する愛は無かったようでシリーズファンの方々はご愁傷様です・・・。
好きなシリーズが墜ちていく姿は見たくないものです。作者の才能の枯渇ならまだしも、今回のような金銭の匂いのする墜ち方は。好きだった子がヤクザに騙されて女郎部屋に売られていくような、人生を転げ落ちていく様を見るようで(18禁ゲームなのに例えがアレですが)。
もう遊郭に売られた以上は、はやく真っ当に扱ってくれるパトロンを捕まえて欲しいものです。作品の魅力さえ失わなければ妾としての幸せもあるさ!

本文内容とは関係のないコメント申し訳ありません。最初の一文に釣られてしまいました。

クラコンの覚悟

クラコンProの仕様を見てみたのですが、やはりWiiリモコン経由の接続なのですね

リモコンとの接続ケーブルがあると結局ワイヤレス感がなくなるので、ゲーマーに対して本気で環境を提供するつもりならば、クラコンPro単体で認証できるようにして欲しいところでした

>どすこい さん
最後まで愛がない展開でしたね。。。。。。

>乾き犬 さん
無線ユニットを積まない方がコストを落とせるし、価格も落とせるのですが、わざわざPROを求める客層に対しては中途半端な仕様といわざるを得ませんね。値段があがっても、無線内蔵の方が良かった、という人は少なくないでしょう。

>A助様@お兄やん さん
ちょっとこの所、任天堂批判の言説がやや過剰な印象で、まあおっしゃっている事は的を射ている事が多いなと思うのですが、語調の激しさが気になります。非承認とさせていただきました。

PROに関しては、おっしゃるように、無線内蔵のほうが良かったという意見が目に付きますね。PROという割には半端な印象で、ゲーマー向けを狙っている割に、あんまり「ゲーマーの気持ち」を汲み取れてないなあ・・・・と残念です。

クラコンは、あくまでもリモコンの拡張コントローラーという仕様ですから、それにPROという名前が付けども有線なのはやむを得ないところかと思います。完全に独立させてワイヤレスで作るならば、別の名前で出すんじゃないのかな。とはいえ、独立型の従来型ワイアレスコントローラーは、私も出来れば欲しいクチですけれどね^^;

以前、「Wiiのトップシェアは、たなぼた的なものだ」というようなことを、/BANさんと話してたと思うのですが、せっかくだからそのたなぼたを利用しよう、というところでしょう。
私自身は以前からも申し上げている通り、クラコンは本体同梱にすべきと思っていますしね。

まだHDに手を出せない中小の受け皿が増えるのであれば、とくに非難するようなこともないかと。リモコン活用と一口に言っても、容易でないのは皆さん感じていらっしゃると思いますし、これは開発のかたも同様でしょうから。

昨年末の「タツノコvsカプコン」などは面白い試みでした。元々、vsシリーズは初心者救済モードのような操作方法を入れ込んでいますので、それをリモコンで拾った形でしたね。
必殺技は誰でも容易に出せる、但しエリアルコンボなどは簡単に出せる代わりに一定ルートのみ。通常技の細かい使い分けはシビアという具合。かつてGCや旧箱で出ていた「CAPCOMvsSNK2EO」もそんなテイストのモードが入っていましたがw
技のフレームを頭に入れた上で、小技や目押しなど含めたコンボのレシピを自在に操るためには、完全マニュアル操作でやってくれ、と。

それでいいんじゃないでしょうか?
リモコン(+ヌンチャク)では駆け引きや肝の部分を手軽に味わえれば、それで。

全部を味わいたいならクラコンを使ってもらう。桜井氏がスマブラで取った手法も、そうでしたよね?
リモコンで全部全部やろうと思えば、それは半端じゃなく大変だろうとと思います。
マリギャラやトワプリの凄いところは、それを実際にやってのけているところだと、個人的には思いますし。
ゲーム離れ層をを繋ぎとめるためにリモコンがあったのだとしたら、さらにゲームに慣れてもらうためにクラコンでの従来操作をフォローする。
ゲームへの無関心を戦うんだという、当初のスタンスの延長線上にある戦略に思えます。

>ゲーム関係者さん
素人考えでしょうが、レースという車の操作部分、バトルという攻撃に関連する部分を同時にする、というのがバトルレースタイプの肝だろうと思います。
あとはその2つのどちらに重点を置くか、バランスはどうするか?ということになるでしょう。
仮に私がそれをやれといわれたら、

・ハンドルはヌンチャクのスティック左右でシフトは基本オート、C・Zでアクセル&ブレーキ。どうしてもマニュアルでギア操作したいならヌンチャクのスティック上下で。バックが必要な時は停止状態でブレーキ長押し(GTAやセインツロウでも取られている方法ですね)。
・攻撃はポインティング+B、サブ武器は同A+B、メイン武器セレクトを方向左右、サブ武器セレクトを方向上下。

こんな感じにするかな。ヌンチャクスタイルでは使いにくい+&-、1&2はできるだけ使わない方向で。
ていうか、FPSって元々WASD(+QE)&マウス(ポインティング+2ボタン)でほぼ完結してしまうわけで、ボタンはそれほどいらないような。
加えるとして立ち&しゃがみのトグルで1つ、武器によってはズームで1つ、武器セレクトもループで1つ、あとはジャンプくらいってのが大多数じゃないです?
MGSやオフ専FPS(バイオショックなどのような)だと、さらに割り切っていてスタートメニューでいろいろ選択させちゃいますしね。まぁ、デジタル方向キーに多少ショートカットを振ってたりはしていますけど。

>大声で微笑む者 さん
わざわざPROを出すのなら、ゲーマーを満足させる物を出すべきで、半端なことをしているな、という思いを拭えませんね。この所の任天堂は、対ゲーマー戦略が半端で、結果的にゲーマーからの信頼を大きく損なっていると思います。

N64の頃のマインドを、少しでいいから思い出した方がいいのでは・・・・。普及台数は悪かったものの、ゲーマー的な評価は高かったわけです。

今年に入ってからのWii失速現象は、カジュアルユーザーの興味も引けず、ゲーマーからも見捨てられつつあると解釈でき、中途半端なことをやっていたツケを払っているように見えますね。厳しいことをいえば、経営の優柔不断が目立ちます。DS、Wii、Wiiチャンネル、Wiiウェア、DSiウェア・・・・と戦線を拡大しすぎた弊害が如実に出ています。

Xbox360の売上が前年比で倍増していますが、Wiiを所有しているゲーマーの一部が流れているのかな、と思えますね。Wiiを賞賛していたブロガーがHDゲーム機に手を出している例もよく見かけます。

まあ、単純に、「たなぼた」の限界に達しただけかもしれませんが。

一般層向けとゲーマー向け

初めまして、随分前から通わせて頂いていますが、初めて書き込みさせて頂きます。
元々Wii発売当初、岩田社長は「最近のゲーム機はボタンがとても多く、操作が非常に複雑で難しい」などと説明しながら、ボタンが少なく簡単操作なWiiを新しい層向けに発売したのだと記憶しております(私の記憶違いでしたら、申し訳ありません)
いわばその時点で従来形式のゲームを長年楽しんできたゲーマー層をすっぱりと、大変潔く切り捨てたのですから、今更「ゲーマーにも楽しめる様に」と擦り寄られてきても、こちらとしても「何を今更」としか受け止められません。
確かに今までゲームに一切興味のなかったであろう中年女性などにもWiiFitが爆発的に売れていますが、この層は健康器具や体重計としてWiiを買っているので、他にソフトを買わないのも当然だと思います。たとえば「ジョーバ」や風呂場に置かれている体重計を対象に、「あと5000円出せば、マリオのゲームが出来ますよ」と言われても、「あらそうなの、お得ね!」と買うとは到底思えません。この種の大流行した健康器具の末路は、どこの家庭でも1台や2台は押入れの中に眠っている、と聞いたことがありますので、そういう状態になっているWiiFitも相当な数になるのではないでしょうか。
任天堂には世界規模で熱心なファンの方々が居るのですし、そういった「任天堂ファン」と「子供でも安心してプレイさせられるゲームを求めているファミリー層」向けの、ほのぼのとしたゲームをこれからも作っていけばいいのではないかな、と思うのですが…。極論かもしれませんが。
今更ゲーマーに目を向けられても、XBoxやPS3などを既に所持して満喫している立場としては、グラフィックや機体そのものの性能、オンライン機能など、何もかもが正直なところ「モノが違い過ぎる、最初から勝負にならない」と思います。Wiiは他の2機種とは全く違う視点、違うユーザーを相手に作られているのですから、下手に色気を出すべきではない、というか。
サッカーにはサッカーの、野球には野球の面白さがある様に、世界一のサッカープレイヤーが野球のマウンドに立っても、到底勝負にはなりません。同じゲーム界であっても、今や「任天堂向け」と「PS3+Xbox向け」はそれ位遠くに隔たってしまった、いう印象が個人的にはあります。大枠で見れば、「スポーツ」で一緒なのですが。

>桜木 さん
僕は任天堂がゲーマーを切り捨てたとは思ってませんが、『WiiFit』の次の一手を誤ったし、ゲーマー向けのメッセージの出し方に失敗し続けているな、とは思います。

  ・『WiiFit』で入ってきた層の関心を引っ張り続けるラインナップを出せなかった。
   (『脳トレ』の時は実用ソフトが続きましたし、ゲームに誘導していくようなタイトルもありました)

  ・ゲーマーの関心を呼ぶようなメッセージをほとんど出せていない。普及台数No.1の割に「大作」を集められていない。
  ・サードパーティと協力して、ゲームらしいゲームを売っていく努力が不足していた。
  ・社長が訊く等の自社媒体でのメッセージが増えた分、既存のゲームメディア媒体でのメッセージが不足して、任天堂ファン以外にはメッセージが届かなくなった。

といった問題点を感じますね。

>桜木さん、DAKINIさん
DAKINIさんに同感です。
従来のゲーマーを切り捨てているのなら、そもそもクラコンなんて用意する必要はなかったし、GCの互換をつける必要もなかった。権利関係が複雑なVCなんて、用意する必要もなかったでしょうね。
でも、それはオミットされることなく全て実装されました。任天堂の野心の根底は、「ゲーム離れ層を繋ぎとめ、普通にゲームを買ってくれる人になってもらう」ことですから。
先に出した「たなぼた」という言葉も、「他陣営が普及に躓いた」ことと「ライトですらない人に思った以上に受けた(このあたり、WiiFitが大きいのでしょう)」要因が合わさった結果だからです。

>Fitの後の施策
個人的には、WiiMusicがそれだったのだろうと思います。残念ながら、あまり受けたとは言い難い結果に終わりましたが(苦笑 それでもハーフラインくらい行ってるあたり、失敗とも言い切れないのでしょうが。
クリップ作るの楽しいんですけどね。1ミスでパートまるまるやり直しになるので、ゲームとしてもかなりシビアな部類になっちゃうのが難点だったんですかねぇw

「ゲーマーの関心」については、MH3やDQ10など引っ張ってきてはいるので、赤点ぎりぎりの及第点といったところではないでしょうか? 話題性の大きさでは及ばないものの、零・ディザスター・428・クロノア・タツカプなど、昨年後半は粒そろいではありました。
勿論、それじゃ足りないだろうとDAKINIさんがおっしゃるのも、理解は出来ますけどね。今の時期、ラインナップがちょっとさびしいのも事実ですし。

HDでガッツリやれるとこにはそっちに尽力してもらって、体力的にそれが苦しい中小には携帯機やWii、DLゲーム(PSN・XBLA・Wiiウェア)など、やれる範囲で頑張って欲しいですね。

360のシューティングは1万程度の下限ラインが確立したせいか、このところソフトが集まっていて、私的にはまさに「ブゥラアッヴォオオオオオオオオオオオオ!」状態だったりしますw
今は大往生BL&シューラブで楽しんでいて、来月にはデススマイルズ、再来月には待ちに待ち焦がれたケツイが・・・・! 
たまらんです><
スト4もオン対戦が楽しくて楽しくて。おかげでSO4がなかなか進みません(苦笑

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。