Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明暗

忍之閻魔帳さんによれば、PSP『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー 2』が初週21万本で、前作比2倍以上の絶好調のスタートを切りました。初動率が前作と同じなら、最終的には40万本弱まで伸びることになりますが、なんかもう一踏ん張りしたら、黄金期が復活しちゃうかも?
(『レディアント マイソロジー』は初週9万7000本、累計21万本)

一方、明暗の「暗」に当たるのが『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』。DS版が10万本、Wii版が2万本で計12万本。前作『リング・オブ・フェイト』がの6割程度の売上にとどまりました。協力型ゲームといっても、前作の初動率を考えると、累計25万本程度で止まってしまう恐れも。値崩れ売れでもう少しいくかもしれませんが・・・・。ちなみに『リング・オブ・フェイト』は初週20万6000本、累計39万本)

DS市場からPSP市場へ、ゲーマー層が移住していることを裏付ける結果といえそうです。ユーザーは面白いモノに対して「機を見るに敏」です。ゲーム企業もそうありたいもの。ついつい普及台数という表層的な数字に惑わされてしまう人が少なくないようです。流れの変化に対して、すぐに反応できるのが理想。

そういえば、次世代機のシェア争いに流されず、携帯機においてもDSで頑張っていたアトラスがPSP向けに『ペルソナ』『グローランサー』を投入するらしく、やはり機を見るに敏ですね。

PSPといえば、『うたわれるもの ポータブル』がAmazonで予約が始まっています。
評判の高いSRPGで、未プレイの方は携帯機でぜひ。PS2版は10万本売れています。
またアクアプラスといえば、PS3で『ティアーズ・トゥ・ティアラ』を発売して成功を収めたチャレンジャーでもあり、小さなメーカーが勇気をもって戦っている姿はつい応援買いなんてしたくなりますね。

うたわれるもの ポータブル(初回限定版:「PSPケース」&「ミニトートバッグ」&「クリーナー」同梱) 特典 「特製トランプ」&Amazon.co.jpオリジナル特典(内容未定)付き


スポンサーサイト

コメント

PSPは相変わらず移植が多いのがなんとも。ウイイレも伸びてますし新作が結果出してますから
新作がもっと増えてもいいと思います。
マイソロはファン向けですのでゲーマー市場を語る材料にしてしまうのはどうかと思いますが、
そろそろ本編を出してもいい市場にはなってきてる感じではありますね。
まあ今から取り掛かってたら出るころには後継機が出てるかも、というような時期ですが…

あと,地味かつクリティカルな問題なんですけども,
DSはやっぱりセーブに難ありですよねえ・・・
DSIならSDスロットをうまく利用できればよいかと思いますが,
既存のDSがある以上,難しい部分がありますよね。
PSPだと,ざーっとセーブを多量にできますからねえ,
いわゆるゲーマーにゃこちらの方が都合が良いよね。

ちょっと凝ったモノをつくろうと思うと,
PSPの方が簡単ですからねえ・・・

結果論ですが,
PSPのゲーマーの楽園化は,PS3の強気の値段も含め,
必然だったのかもしれませんね。これしかないもんw

テイルズは予想以上でしたね。外伝の作品が初週だけでDSの本編以上に売れているのを見ると、やはりユーザー層の大きな違いを感じてしまいます。

FFCCや他のソフトにも言えることですが、各メーカーがしっかりファンの望むハードにソフトを供給してほしいですね。
そういう意味でアトラスのPSPへのペルソナ投入は正解なのかなと思います。

本当に、PSPってハードにはどうしてこんなにも各社がこぞって移植作をだしたがるんですかね?
DSに比べても多いように感じるのは、オリジナル作が少ないゆえの錯覚ではないとは思いますが。
確かに、きっと作り易いんだろうとか、中高生ユーザーが多いとか、リスクが少ないとか、過去の資産を活用したいんだろうとか、理由は思いつくんですが、
それにしたってリメーク商法っていうのはゲーム会社にとってそんなにおいしい商売なのが気になります。

何十万と売れるのはスクエニくらいで、PSPテイルズも5万本程度は売れてますが、外伝の初週20万本に比べたら…
そこまでの大作でもなければ、1~2万本売り上げの作品が多い気がします。
もちろん例外はありますが、平均的に見れば制作費は安くついてもヒットも望めないゲームという印象です。

まあ、ペルソナについては新規のファンを獲得したばかりだから、きっとそこそこ売れるんでしょうけど(もう一つのほうはどうなんだろう?)
自分にはあまり建設的には思えないし、その労力はシリーズ新作を作るのににつぎ込んでくれよ!って思うんですけどねー。

確かにPSPは、今は移植作が目立ってますが、そろそろモンハンの大ヒット後に製作を開始したソフトが、いろいろと発表されるのではないでしょうか。
今は、ことサードパーティーソフトに関してはDSよりPSPのほうが完全に勢いがありますからね。


ペルソナの移植に関しては、僕はどちらかというと否定的です。
僕自身ペルソナはPS版でリアルタイムでプレイしましたが、今改めて見るとゲームデザインはちょっと古臭いなと思います。
特にペルソナ3、4からファンになった人たちにとっては、完全に別物と認識されるんじゃないかなと思います。
PSPの強みである中高生向けに、思い切って今風のデザインに変更したほうが良かったんじゃないかと。

グローランサーとペルソナの移植はとてもうれしいニュース。
移植ってどうの?って人いるけど、おいらは大歓迎だぜ!
グローランサーはマジデおすすめする。2以降はアレだけど^^;

「リメイクがおいしい」というより
ゲームに限らず、漫画、アニメ、ドラマといったあらゆるコンテンツにおいて
「原作(オリジナル)を作る」ということがそれだけ多大なコスト(才能と金と時間)を必要とするものであり、
現在そういったコストをかけられないということでしょう

#金の部分は(日本においてのイメージですが)
#才能を持った個人が費やした時間に
#取って代わっているので表出しづらいと思われますが。

ハリウッド映画、日本のテレビドラマが原作を日本のコミックスに求めたりするあたり、本当に「原作」が足りないのではないかと感じます。

DSもオリジナルが多いとは思えませんが、(日本のコミックスに近い感覚、というのとは違うかもしれませんが)、過去のノウハウを流用し、個人に近いレベルで安く仕上られるところにオリジナリティを含められる余地があるのかもしれませんね。

一つの例になるか分かりませんが、以前PSPで「エヴァンゲリオン2」のリメイクを行った芝村氏が(確か当時3~4万本くらいの売れ行きだったと記憶しています)「かなり儲かった」的な発言をしていたことを覚えています。

PS2版から結構な改良・追加が行われた&PSP初期だったにもかかわらず、そんな本数でも利益が出るもんなんだなぁと驚きました。(勿論プロジェクト次第でしょうけど)
個人的にはリメイク・移植ばかり増えても困るのですが、ドラクエ4・5なんかの売れ行きを見てるとユーザー・メーカー双方のニーズに応えていて時代の趨勢なのかなーと複雑な気分でもあります。

ペルソナはPSP発表時からペルソナ(仮)として挙がっていたタイトルにも関わらず
まったくその後の音沙汰が無く、一時期は発売中止説もささやかれていましたから
4年越しの正式発表に個人的には「ようやく発表か・・・」と感無量なタイトルです。

2004年にめいどinじゃぱんで行われたライドウイベントの時には
「ペルソナPSPやメガテンDSは広報が勝手に発表しただけで、
 開発者である自分たちは知らなかった。
 まあ、いつかは作らなきゃいけないけど・・・。」(意訳)
とすら言ってましたからね・・・。

アトラスがちゃんと約束を守る企業でよかった。
PSPがこの2年で大躍進したというのも大きいのでしょうが。

で、「Persona」ですが、PS初代作は
悪魔合体やペルソナ育成の奥の深さから評価が高い作品で、
私個人もかなり思い入れの高い作品ではあるんですが
ロード時間の長さ、セーブポイントの少なさ、エンカウント率の高さなど
アトラスがまだCD-ROMベースのRPG製作に慣れていなかったせいもあり、
プレイアビリティの点では改良すべき点が多かったんですよね。

P3、4発売でペルソナシリーズの人気が再燃している今、
上記の欠点を克服したリメイクが出ることは素直に喜びたいです。

PS3の「真・女神転生シリーズ」も期待してます。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。