Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外も日本のように市場が分化していく?

「マッチョ」転換 Wii向け勝負
ついにEAも「任天堂業界(路線)」に本腰を入れるらしく、『WiiFit』的な路線を強化するようですね。

海外パブリッシャーに迫られる急速なパラダイムシフト

あちらの経済動向を考えても、海外パブリッシャーは任天堂路線を強化していくはずです。海外企業はWiiへの対応はもともと素早かったのですが、カジュアルゲームに加えて、よりゲームらしくない方向、任天堂の『WiiFit』のような路線を一段と強化していくでしょう。もちろん日本のゲーム大手の中でカプコンが知育ソフトをほとんど出さなかったように、あくまでゲーマー向けにこだわるブランドもあると思います。

フォロワータイトルが増えていくなら、日本における「脳トレバブル」のように海外における「WiiFitバブル」が立ち上がる可能性も感じます。日本では、DSの実用ソフトが上手くいかなかったサードパーティ各社が後追いに懲りていたため、『WiiFit』のフォロワーと呼べるようなタイトルはほとんど出てきませんでした。海外ではどうなるか、なかなか興味深いですね。


2つの市場が併存する世界

一方でEAが従来路線のタイトルを作らなくなるかというと、それもまた無いでしょう。
おそらく任天堂向けとSCE/MS向けで、異なる性質のタイトル群を投入するようになるはずです。任天堂向けには実用ソフトやカジュアルゲームを振り分け、PS3とXbox360にはゲーマー向けタイトルを振り分ける。FPSやリアルスポーツ物は、HDゲーム機の方が売れるという傾向が出ており、今後もその傾向に劇的な変化は無さそうです。

不景気になっても、コアゲーマーはなかなか居なくなりませんから。体力のない開発会社が淘汰されて、少数のタイトルがゲーマー層を囲い込む寡占化が進んで、結果的に本数が一部の大作に集中すれば、投資の集中が起こります。強いタイトルはより強く。

去年僕は、日本ではゲーマー向け市場とカジュアルユーザー向けの市場が分化していく、と書きました。それは多くのユーザーが実感されていることでしょう。PSP、PS3、Xbox360の国内ソフト市場は拡大し、PSPはタイトル数が順調に増えています。Wiiの普及台数がどれほど大きくなっても、『ストリートファイターⅣ』『龍が如く 3』『スターオーシャン 4』といったタイトルはPS3/Xbox360で発売されます。その傾向が変わる気配はまったくありません。


日本と海外の違いは?

同じように海外も分化していきます。とはいえ、日本ほど極端ではないでしょう。
理由は2つで、1つ目は任天堂の『マリオ』『ゼルダ』、特に『ゼルダ』の人気が日本と海外で大きく異なっているため、Wiiはある程度ゲーマー層の取り込みに成功しているからです。

2つ目は米国ではユーザー1人あたりの購入本数が日本より高く、結果としてサードパーティタイトルもある程度潤っているからです。例えば、1~2本しか買わない人は任天堂タイトルを買っておしまい。でも3~4本買う人なら、任天堂タイトル以外のサードパーティタイトルも買っていく。このユーザー特性、市場特性の違いがWii市場の日米差にあらわれています。

日本においては電撃オンラインの分析記事が指摘しているとおり、任天堂タイトルとサードパーティタイトルの販売格差は埋まっていませんし、ゲーマー層の取り込みも不十分です。任天堂が「任天堂ハードでもサードパーティソフトは売れる」と主張する時、全世界ベースの数字を頻繁に持ち出すのは、このためなんですね。

アナリスト向けとしてはそれでいい。しかしソフトメーカー各社はすでに身をもって実態を知ってますから、そう簡単には説得されなくなっています。そこで国内においては、PSPへのリスクヘッジが増えているんです。では任天堂は、どういうリスクヘッジを提供していくのか。「外交」面では、そこに注目ですね。


昨年末の反省をどういかすか?

もっとも、任天堂としては「外交」よりも、自社タイトルでもっともっと国内のWii市場を活性化させたかった・・・・という思いが強いのかもしれません。経営方針説明会でも、『WiiMusic』と『街へいこうよ どうぶつの森』でWiiの台数を伸ばしきれなかったことや、国内の年末商戦が思惑より低くかったと正直に述べており、Wiiの出荷台数を100万台引き下げています。

まあWiiは年末年始の販売数で、前年割れしてましたからね。もちろんPS3やXbox360と比べてWiiは売れたんだけど、そういう低い目線ではなくて、もっと活性化させたかったのでしょう。勝ちハードの3年目、本来ならブーストを掛けたかったはずです。Wiiの勢いがもっとあれば、サードパーティも自然とついてくるという考えかもしれません。『モンハン3』頼みという状況は望ましくはないのでしょう。


スポンサーサイト

コメント

初めてのゲームは、「それ」しかないけれど、
似たようなゲームなら、ユーザーは綺麗な方、同じなら安心・安価な方を選ぶ。
単純な話だと思います。

バランスボードは使い方次第では面白そうですが、
ゲームらしいゲームをするのにハードウェアの追加投資(クラシックコントローラ)が必要な様に、
追加投資(つまりWiiFitを買う必要がある)が必要なのが問題ですね。

>けい さん
ゲームに対する関心が低い層は、些細な違いは区別がつかないのでしょうね。
男性が化粧品みても区別がつかないように、非萌えオタが美少女ゲームを見てもどれも同じに見えるように、関心が無いものってどれも同じに見えちゃう。
そうなるとブランド感があるものに流れるのは仕方ないですね。

>ゲームらしいゲームをするのにハードウェアの追加投資(クラシックコントローラ)が必要
Wiiにおいて、ゲーマー向けタイトルは全部対応しているものが増えてますね。
ヌンチャク、クラコン、GCコン、3種類対応は必須かも。
作る側は楽じゃないですがねー・・・・。

まあコントローラは可能な限り、多種類に対応すべきなのでしょう、Wiiでは。
『街へいこうよ どうぶつの森』でさえ、マイデザインの操作性には不満の声が多いみたいですしね。まー、たしかに、あれをポインタで打つのは疲れるよなあ・・・・。

>追加投資(つまりWiiFitを買う必要がある)が必要なのが問題ですね。
WiiFitは300万個を超えてますから、PS3より多いわけで(笑、
これってもはや1つのプラットフォームですよ。

専用ソフトも実は「あり」なんじゃないかという。(Wiiウェアではありますけど)
Wiiの売上とWiiFitの売上をみても明らかなように、去年Wiiを売った原動力はWiiFitに大きく依存しています。しかしWiiFitを遊んだ層が、それ以外のタイトルに興味を示したか、他のゲームに興味を持ったかというと、ちょっと疑問・・・・。

WiiFitと普通のゲームの間をつなぐタイトルの投入が必要だったのかな、と思いますね。例えば『1080°』とかね。WiiFit → やり込めるバランスボード対応ゲーム → 普通のゲーム・・・・みたいな導線がつくれればよかったんですけどね。

WiiFit

どっかのアンケート2つ3つでWiiFitの使用率と置かれている場所のチェックがありまして、使った期間の平均は2週間(多分実際はもっと短いでしょうが)、置かれている場所は押し入れ(つまり動いていない)というのが90%以上だった記憶があります。

ビリーズブートキャンプとかその他のダイエット商品と同じ結果ってことで、スペースバズーガの時代と結果は変わっていないです。
任天堂は「WiiFitがあると思って作っていい」とかプレゼンでは言ってますが、現実的には負担の割りには結果が出ないというのが真実でしょうね。

>ゲーム関係者 さん
そもそも信頼できるアンケートかな、という疑問がわきますね。
もちろん継続的に使用している人がどれだけかという問題はありますが、ビリーとの違いは短期間のブームではなく、いまだに売れ続けていること。稼働率はもっと高いのでしょう。でなければ、クチコミが続きません。

まあ押し入れにあるとしても、購入という一番の敷居は越えているので、さほどの障害ではないでしょうね。PS3を買わせるよりも、ずっと低い敷居です(笑 腰の重い企画の言い訳みたいなレベルの低いことを、「ゲーム関係者」が口にするのは少し情けないもの。

北米のゲーム事情も徐々に日本化しているようですね。
ttp://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0810/31/news075.html
>インストールベースだけで語ったら、一番シェアの大きいWii向けの
>「Star Wars: The Force Unleashed」は22万本なわけで一概に数の論理も
>当てはまらないわけですよ(Xbox 360版が61万本、PS3版が32.5万本)
Wiiゲーマー層が好調と思われた北米でも、マルチタイトルでは明確なハード差(ハード所有者の思考の違い)が出てきたようです。
「パーティーゲームは2本も要らない、WiiSportの後はゲームらしいゲームが欲しくなる」と考えていた北米サードですが、Wiiで一番売れたサードのソフトは”2本目のパーティーゲーム”だったようで。なんか、日本も北米も変わりませんね・・・。

ttp://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0901/21/news042_2.html
売上面でも日本市場化が進んでいるようで、「新旧の混ざったソフトセースルランキング、リピートが続いて売れ続けるタイトルが沢山ある」という北米市場の定説が徐々に崩れているようです。特にコアゲーマー向けタイトルは日本と同じ初動でほぼ売上が決まるようになり始めたとか。
これもPS時代の「新旧の混ざったランキング」がPS2時代に崩れたのと同じですね。

ゲーム市場の売上が欧米に完全に抜かれた事から「ゲームは全て欧米に抜かれた」と思いましたが、こう見ると「抜かれたと思い眺めていた北米の背中は、実は周回遅れの背中だった」という感じですかね。
ただ日本では長期間を掛けて起きた変化が、北米では短期間かつゲーマーの体力(購入力)が奪われる前に起き始めた点は、ゲーム開発者にとっては救いでしょうか。DSしか売れない時期もあった日本市場に比べ、ゲーマー市場も存在する”二極化”なのですから。

麻生首相の「1980年以降、変化は真っ先に日本で起きている」という発言は、経済だけでなくゲームにも当てはまりそうですね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。