Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズ、好調! FFCCは不安的中?

ふーむ。
忍之閻魔帳さんによれば、『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー 2』の初日販売数が前作の1.6倍、13万5000本だったそうで、2007年以降に発売されたテイルズの中では、最高の売上のようです。

やはりPSPとテイルズは親和性が高いみたいですね。
黄金期復活という勢いは感じませんが、もしもバンダイナムコが方針をあらためて、きちんとテイルズファンの集約を図るなら、もしかすると、もしかするのかもしれませんね。今後の英断に期待したいところです。

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー 2(特典なし) ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム(特典なし)

また『FFCC エコーズ・オブ・タイム』が前作比60%と丁重な出だし。DS版が6万2000本、Wii版が1万4000本。消化率が約2割と低いこともあり、値崩れする恐れも。ブランドにとって最大の危機をむかえました。

10月6日の記事で、僕は『FFCC』シリーズの先行きについて不安を表明していました。DSでこのまま続けていいんだろうか。協力型ゲームが流行っているPSPというプラットフォームを選択できないのだろうか。

しかし当時は、自称ファンの方々がコメント欄に現れて、『FFCC』の磐石さについて熱く語りました。そして結果はこの有り様です。

まあFFCCから離れていった人は、わざわざコメント欄に書き込んだりしないでしょうからね。コメント欄の意見は、FFCCに残留した人たちの意見にすぎません。ユーザー全体の気持ちを洞察するには、冷静さが必要という事です。

DSではなく、PSPで「協力型ゲーム」が流行ったことで、協力型プレイを好む層がDSからPSPへ移動した可能性は高いでしょう。また最近の「FFはPSフォーマット」という流れの中で、DSで発売される「一応FFという冠がついたRPG」(あえてこう書きます)が低く見られたのかもしれません。ゲーマー層にPSPが浸透したことで、DSのゲームのグラフィックがショボく見えがちなのも一因かな?

『FFCC』はマルチプレイに早くから取り組んでいたタイトルです。
そのままの名前ではPSPで発売できなくても、新しいタイトル名でFFCCのエッセンスを受け継いだタイトルをぜひPSPで作り上げてほしい。過去数年にわたり、チャレンジしてきた人達が報われてほしいものですね。

(まあしかし、DSで協力型プレイの下地ができていなかったのは痛恨ですね。せめて『ドラクエ9』の後に出すべきだったと思います)

僕は真剣にシリーズの行く末を心配していたんだけど、結果が出たことでようやくそれがわかってもらえたかなあ、と。

ゲーマー向けプラットフォームとライトユーザー向けプラットフォームが分化しつつある事も、最近少しずつ理解が浸透してきました。いいことですね。普及台数という数字に惑わされず、開発者が苦労して作ったソフトが最大限多くのユーザーに届く。そうなれば、業界はもっと明るくなると思います。


スポンサーサイト

コメント

>「一応FFの冠がついたRPG」が低く見積もられた

もういっそのこと思い切ってFFの冠を外してみてもいいかもしれませんね。
で、FFの生みの親、坂口さんをプロデューサーに迎えて、デザイン、音楽はもちろん天野さん、植松さんで。
オールドゲーマーがよだれを垂らすような感じで。
「野村FFなど邪道の極み!!真のFFはFFという冠にとらわれない!CCこそ真のFFである!!」
っていうのはどうですか?無理か・・・・(笑

リメイクはDSのほうが売れるんだから、昔のFFっぽくすればイケるんじゃないかと思うんですが。
スクエニが坂口さんと組むのは無理かもしれないですが、任天堂が全面的に協力して、坂口、天野、植松トリオのRPGを出して、野村FFと勝負するってどうですか?無理か・・・・(笑

実現したらおもしろそうなのに・・・。

テイルズ結局買いました。まだプレイしてませんけど。ナムコが目覚めてくれるといいんですが。

前々から言ってると思うんですが何故テイルズの新作をPSPで出さないんでしょうね
移植・外伝で360やDSで出していた新作軍とほぼ同等の数字を出しているのなら
PSPで新作を出せばほぼ確実にヒットすると思うんですが・・・
ここらへんにバンダイナムコ(ナムコ)のハード選択の下手さがでてるんでしょうか?

テイルズに関しては、言わんこっちゃないという印象ですね。
外伝の方が売り上げ好調というのは、結構赤っ恥なことだと思うのですが(外伝の方が主流になった桃鉄などは例外ですね)。

PSPのテイルズ戦略は移植や外伝ばかりだったのですが、ある意味それが成功したのかも知れません。
移植でPSPユーザーは過去のテイルズに触れる機会が多くありました。
そして、今までのキャラ達が約50人も登場する外伝の登場。
プレイしてみようと思う人が増えて、マイソロ1の時より好調なのも納得かも。

しかし、やはり外伝より新作の方をユーザーも望んでいると思います。
初週でどれくらい伸びるかは分かりませんが、初日では本編を越える好調さを見せました。
次はナムコしだいですよね。
ユーザーは出来ることをしたと思います。

テイルズは本音を言うと、もうちょっといってほしかったな、なんて思いますが、前作比160%ってのもすごい数字ですし、まずは拍手。
バンダイナムコホールディングスのホームページを見ていたら人事異動があったようで。
バンダイナムコゲームス代表取締役社長に鵜之澤伸氏が就任するとのこと。
鵜之澤氏ってDAKINIさんがよく評価されてた方だったと思いますが、トップが変わればなにかが変わる・・・かな?

FFCCはなんだかんだで同等だろう・・・なんて思ってましたが・・・。
雑誌で指摘されていたラグの存在が購入意欲をそいでしまっているのかもしれません。
「購入する気だったけど、ちょっと様子見」って人が多そう。

協力プレイはPSPが一番盛り上がってますけど、別にPSPの専売特許ってわけでもないと思うんです。
DSではダメってことも無いと思うんですけど、ここまで盛り上がらないってのも・・・ね。(これが客層の違いか)
ドラクエ9が「売れる」のは当然なので、販売数にはあんまり興味はないんですが、これをきっかけにDSでも協力プレイが盛り上がるか、に注目しています。
ドラクエ9の後に出るであろう「ブラッドオブバハムート」を見れば、それが判断できると思っています。
(でもなー、ブラッドオブバハムートはなー、どー見てもPSP向きだよなー)

>唯一 さん
> バンダイナムコゲームス代表取締役社長に鵜之澤伸氏が就任するとのこと。
石川氏、鵜之澤氏がそれぞれ1つずつ上がりましたね。
ただ、ゲーム事業に関しては、「旧ナムコの石川氏、旧バンダイの鵜之澤氏」の二頭体制から、「鵜之澤氏」一頭体制に変わるので、鵜之澤カラーが強くなる可能性はあるでしょう。


>FFCCはなんだかんだで同等だろう・・・なんて思ってましたが・・・。
傍から見ていて、FFCCシリーズは危うく感じていましたが、的中してしまったな、という感じです。

何故か、うちのコメント欄では「FFCCは現状が超最高」というような意見ばかりが押し寄せたのですが(笑 まあ、所詮はブログに押し寄せる人の意見であって、ユーザー全体の意見とは違うという事。やはり”自称ファン”のコメンテーターよりも、自分の観察結果を信じるべきだな、とあらためて認識しました。


> 協力プレイはPSPが一番盛り上がってますけど、別にPSPの専売特許って
> わけでもないと思うんです。

協力プレイというのは、ユーザー間のコミュニケーションですから、ユーザー層がそういう遊び方に慣れているかどうかが大きいです。友達と携帯機を持ち寄って遊ぶことに慣れているPSPユーザーと、慣れていないDSユーザー(高校生以上)の違いは決して小さくありません。

またモンハン層であれば、友達同士で「モンハンもずっとやってて、ちょっと飽きたから、たまには違うのも遊ぼうぜ」という話が持ち上がれば、他の協力型タイトルも売れる余地がありますが、DSとなるとそうはいきません。まず協力プレイをする仲間を作るところから始めなければいけない。これは、相当敷居が高いですよ。


『ドラクエ9』はソロプレイ部分でも十分売れるでしょうね。
逆にいうと、はたしてドラクエで協力プレイが盛り上がるのかどうかは未知数だと思います。ドラクエをプレイする層は、40時間程度はドラクエに使ってくれるかもしれませんが、モンハンほど長期間プレイするのかどうか? ラスボスを倒して、エンディングを迎えたら、やめてしまうのではないか?

モンハンのように継続的に協力プレイが行なわれるのは、プレイ時間が膨大だからだと思うんですよね。「いつものドラクエ」との違いがどう出るか、なかなか興味深いですね。

4月にでるFF13の体験版(何だかとっても面白そう)と、まさかのディシディアのヒットの間にはさまれて、存在感が潰された影響でしょうか。また、前作FFCCの売上は、DSでFFがたくさん出ていた時期だったこともあり、「これからのFFはDS!」という勢いが作用してたのかなとも。
まあFFCCに対しての印象は、10月6日の記事に書き込んだ頃と変わっていないのですが……うーむ、ここまで下がりますか。緩やかに崩壊するのでは、と思ってましたがペースが早い……。

>最近の「FFはPSフォーマット」という流れ
天野原画を野村絵でリメイク、という数年前なら失笑されていた作業を、割と違和感なく仕上げたディシディア以後思うことなんですが、FF5とFF6は野村絵でPSPリメイクするのもアリなのではと思ったり。
野村氏モンスターデザインデビューなFF5はともかく、少なくとも北瀬氏ががっつり関わったFF6は、ディシディア以後の現在ならPSPで展開しても「気持ち悪さ」はないような。個人的に、しゃべりまくるFF6はプレイしてみたい……。
DSのFF4も3ほどには勢いがなく(これはリメイク回数も影響してるので違うかも)、今回のFFCCの勢いをみて、「そもそもDSでFFどうなの? 2008年以降。実のところ」という飛ばしぎみな意見(笑)

あと、テイルズは意外でした。
僕なんか完全に心折れちゃったんですが(笑)
まだまだ頑張って支えようと思ってるユーザーさんはいるんですね。
その人たちのためにも復活して欲しいですね。

毎回興味深く読ませていただいてます、初めて書き込みします。

FFCCに関してはDAKINIさんが懸念していた通りの結果になってしまいましたね。
DS版のほうは初週で10万本くらいはいけそうですが、Wii版のほうはかなり厳しそうですね。
Wiiと比べて約半分の普及台数だったゲームキューブの時代でも、30万本以上売っていたソフトだったんですけどね・・・。

今回の場合はDS版とのマルチだったのでそっちに流れたとも考えられますけど、それにしてもいかに今のWiiという市場が、特殊な市場かということがわかるなと思います。

Wii版ハルヒのときも思いましたが、Wiiの普及台数だけを見て、今までと同じようにゲームを販売しても思い描くような売上は出ないですね。
PS系(といわれる)ソフトをWiiに持っていって売れないって言うのは、ここでもほぼ結論付けられている気がしますけど、今回のFFCCのWii版の売上を見ると、任天堂系のソフトでさえ、今までのような販売展開では売れないのかなと思います。

WiiFitやWiiスポーツなどはトリプルミリオン達成する売上に対して、ゲームとしての評価は上々のFFCCがこのような数字だというのは驚きとともに、ちょっと怖さも感じます。

今までSFC~PS時代は、ハードを買った人の多くは、いわゆるゲーム好きだったと思います。
ですが、Wiiユーザーのいったいどの程度が、いままでのいわゆる”ゲーム”に興味を持っているのでしょうか?

いちユーザーである私には分かりませんが、メーカーにはそういったマーケティングをしっかりした上での、ハード選びや販売戦略を、これまで以上に練らないとならないのでしょうね。

FFCCはビジネス的には失敗なんでしょうけど,だから同じエッセンスのモノをPSPで出せばよかったのに…という判断はちーっと間違っていると思います.

前作も協力プレイが売りのゲームでしたけど,一人でやってても40時間もやれば遊び尽くせる内容でした.
今回はどうか分かりませんけど,ボリューム的には大差ないでしょう.
まあつまり,このシリーズはモンハンに比べると内容が“薄い”んですよね.
良い悪いは置いといて,“薄い”.
だからモンハンに最適化された人々には内容をショボく感じられても仕方ないと思います.
“何だFFってこの程度のモノなのか…”と思われたらそれこそ手痛いブランド力の低下ですよね.
逆にモンハンぐらい時間がかかるゲームなんてやってらんねー,という人もいっぱいいます.
そういう人にはこのぐらいのボリュームのゲームがちょうどよかったり.

300時間やらないと最強の武器が手に入らないゲーム
30時間やれば最強の武器が手に入るゲーム
どっちも必要で,どっちが優れているというのはありません.
でも“協力プレイ”というコンセプトで後者のゲームを作るとしたら,ハードはDSしかありえんわけですよ.
なぜなら,PSPでは常にモンハンと比較されるから.
しかもモンハンに最適化した人たちに.
評価は聞かずもがな.

だから“協力プレイ”というキーワードだけで“PSPでやればいいのに”というDAKINIさんの意見はちょっと待てと思うのですが.
肝心の中身のゲームデザインを置いてけぼりにしてるみたいで.

協力プレイの下地が出来てないので売るのが大変という意見には同感ですが,まあ下地を作るのもメーカーの仕事ですよね.
他コンテンツ企業が整えた市場にのみ製品を出す,というやり方ではそれこそ危ない.
これも下地を作るための布石だと考えたいのですが…まあ失敗ですかね.
PSPにはアギト13という大玉を用意しつつ,DS・Wiiでも協力プレイの市場を開拓する…というビジョンで出したものだと思いますが,このソフトの売り上げを考えたら確かにドラクエの後に出すべきでしたよね.

>ささ格 さん
> FF5とFF6は野村絵でPSPリメイクするのもアリなのでは
確かにディシディア以降の今なら、そういう考え方もありですね。
意外に良いかも。


> hakasen さん
ゲームキューブ時代から認知されていたタイトルでもこうなってしまうのは、ちょっと恐ろしいですね。これまでは、1)開発者が任天堂ハードに慣れていない、2)任天堂系ゲームファンにPS系タイトルが認知(あるいは信頼)されていない、という「言い訳」が存在しましたが、それらが木っ端微塵に。


>origgu さん
無論、PSPで出す以上、アレンジは必要でしょうね。それは当然、前提です。
協力型ゲームの最先端のマーケットで、堂々と勝負して欲しいなと思います。

>DS・Wiiでも協力プレイの市場を開拓する…
何も考えてないだけでしょう(笑
FFCCは1作目の発売の経緯からして、これまで任天堂ハードで出てましたからね。

> このソフトの売り上げを考えたら確かにドラクエの後に出すべき
ドラクエの実績配分を意識して、受注が増えたのかもしれませんから、それも裏目に出たのかもしれませんね。>消化率

FFCCEoT

DS版ソロプレイ中。ゲームとしては前作以上の手ごたえがあり、普通に面白いです。
ここから先、消化率が上がるとすればクチコミくらいしかないわけですが、
後ろにドラクエが控えていることもあって逆に買い控え・早期値下げも有り得そうですね。

今回のEoTについてはベースグラフィックが前作からの流用で、
DSとWiiの連動性と開発コスト自体の削減を狙ってる色も強いので
新作1本Pon☆と出してるのとはちょっと違う実験作品ぽい印象。

しかし、FFCCはPSPで出して……も……売れるの、でしょうか。。。
いっそ、すっぱりと別シリーズで出してしまった方が良いのではないかしら的な感じがします。

FFCCは不安が当たってしまった印象ですね。
今後はどうするんでしょうかね、建て直しに期待してます。

テイルズは・・・・ファンディスク的なソフトが本家を初日とはいえ上回るとは。
本当に考え直したほうが良い気がしますね。
ナムコの対応が何も見えてこないのが怖い。
このままで本当に良いと思ってるのでしょうか。

>AofC さん
> 今回のEoTについてはベースグラフィックが前作からの流用で、
スクエニはFF以外のRPGの予算が(相対的にかなり)少なそうですからね。
FFCCはもともと開発費を節約することに意識的なシリーズだと思います。

>mogeさん
スクエニは売れなくなると、シリーズの打ち切りや、予算縮小が露骨ですからね・・・・。
できるかぎりお金を掛けずにシリーズを続けようとしている努力(デザインを流用しやすくする、開発環境に力を入れる)は、傍目にも明らかだったのですが、今回の結果で、さらに・・・・。

> テイルズ
鵜之澤副社長がゲーム事業のトップになって、変革が訪れるといいのですが。
うーん、旧ナムコの「元・聖域」だっただけに、メスを入れづらいかも。まあ旧バンダイからすると、枯れちゃうまでほっとくしかない、と諦めてるのかもしれませんが。

うーむ。
マイソロ2の売れ行きが本家以上なのはハードの問題ではなくお祭りゲーだからという理由が大きいのではないでしょうか?
個人的には参戦キャラがあまりにも偏りすぎているのが不満なのですが。
そう、レジェンディア…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。