Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械化少女たちの2つの物語 『オイレンシュピーゲル』と『スプライトシュピーゲル』

オイレンシュピーゲル冲方 丁

amazon
 bk1
スプライトシュピーゲル(冲方 丁)

amazon
 bk1

親に、社会に、大きな悪意に殺されかけた少女が機械の身体を得て、自分を取り戻していく物語。表紙はお気楽なライトノベルに見えるかもしれませんが、『マルドゥック・スクランブル』と同じような方向性の小説です。

超少子高齢化による人材不足を解決するため、児童福祉法の改定により、十一歳以上の児童に労働の権利を与え、肉体に障害をもつ児童を無償で機械化する政策が発表されました。そして最優秀の機械化児童には<特殊転送式強襲機甲義肢>――通称<特甲>を与え、増大する凶悪犯罪やテロに対抗させ始めたのです。

2つの小説は共に、特甲児童たちの物語をつづっています。『スプライトシュピーゲル』では羽をもった3人の特甲少女、鳳(アゲハ)、乙(ツバメ)、雛(ヒビナ)が描かれ、『オイレンシュピーゲル』では黒犬(涼月)、赤犬(陽炎)、白犬(夕霧)と呼ばれる3人の特甲少女が描かれます。近しい場所で、お互いを知ることなく戦い続ける2つの少女たち。2つの物語はいずれ交わっていくのでしょう。
「あの子のあれが意志なもんですか」
 マリア――溜め息まじり/立ちこめる紫煙。
「この街で生き延びるための本能よ。あの子はね、七歳のときに両親から逃げて、家から二キロ先の病院まで腐った手足で這って行ったの」
親によって、社会によって、悪意によって、傷けられ、存在を否定された少女たちが生き残って、しなやかに強くなっていきます。過去の傷に怯え、震え、お互いに肩を寄せ合って。

少年ではなく、少女こそが生き残るために足掻く者として描かれる。少女は社会からの無意識の迫害や重圧を受け得る。そういうリアリティがいまだ、生き残っているのでしょう。少年という存在にはその種のリアリティはありません。勝手に内向的に生きて、ナイーブな自分の殻を後生大事に守るだけです。社会からの迫害も重圧も軽微で、父権との葛藤もなく、いまや社会における生き残り戦を戦う主人公として、リアリティを持ちにくくなっています。

『マルドゥック・スクランブル』と似た部分はありますが、ライトノベルとしては2つのシュピーゲルの方がよくまとまっています。ただ「まとまっている」というのは、破綻が無いということで、ある種の激しさが欠落していることなのかもしれません。いい悪いではなく。

小説としてまとまっているこの2作品には、したがってきちんと敵も用意されています。世界中のテロリストに武器を供給する組織の人間リヒャルト・トラクル。様々な人間に戦争をする理由を提供する男。子どもたちは、この悪意の体現者と対峙していくのです。

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

タグ:冲方丁  オイレンシュピーゲル  スプライトシュピーゲル  

コメント

女性向け恋愛小説分野で、ボーイズラブが隆盛しているところなど
を見ると、闘う女性という設定に、一般的なリアリティが残って
いるのではなく、作者なり読者なりがファンタジーを仮託する対象
として、同性キャラクターではリアリティが弱くなっているだけ
ではないでしょうか。
絶対的なリアリティはどちらも小さいとしても、異性がキャラ
クターの方が、自分自身との乖離が大きい分、相対的なリアリティ
が大きいといいますか。

なるほど。
同性だと、生々しい部分まで知り過ぎていて、幻想性を抱きにくいという事ですね。その結果、異性のキャラクターを主人公とした小説が支持されやすくなった。説得力がありますね。

そういえば、『マリみて』なんかは、作者が男性読者を意識したわけではないのに、大人の男性が勝手に別の読み方をして、楽しんだ例ですね。男女の関係ではありえない、ある種の純真さ、温室性を感じようとしたのかもしれません。

オイレン、スプライトについて

オイレン、スプライト共に読了したけどさ。
なんてゆうか漫画やコミっクスの中の擬音(ガガガーゴゴゴーバリバリドカーン)みたいなものを、言葉とゆーか文字で表現している感じ。
スタイリッシュといえばきこえがいいけんど今時の表現のしかたなんかい?
しかも疑問が多い、何故にヒロイン達は未成年?しかも14-16歳 いくら少子化高齢化が進んだとしても未成年はドンパチには使わないだろう.少子化それも超少子化なれば子供たちを大切にするはずやん。
次の世代に必要だから あえて危険な目にあわせるようなことは大人が国が世界が避けるはず。
まー物語、作り物,フィクしょションといえばそれまでなのだが。
下敷きは昔のアニメのADポリス、バーンナップ最近ではガンスリ甲殻ソルティレイ、地球へ、ミュウも入っているのかな。今の日本の萌え文化の象徴と言えるかどうかな作品やね。
で、彼女たち 手足が特殊義肢で、戦闘時に手足が武器に変形するのであるが、未成年の少女達にそれをもってくるか?対テロや犯罪者(サイボーグ)と戦わせるならば。軍隊上がりの屈強な対サイボーグ戦士でいいんじょねーの、それに義肢とはいうけど名ばかりで通常生活はなんら不便なし へたすると普通以上、これは義肢とはいえないのではないか?  ま、それはいい。
オイレンの三人の少女達、白赤黒、黒は格闘赤はスナイプ一番とんでもないのが白。両手から出る硬膏度ワイヤーで敵を粉々に切り刻んでミンチにするんだよなー胴体間っ二っとか しかも性格が、ポワポワな夢見がち そしてキュートな美少女ときてる。これは作者が意図的にやっているのか? 彼女の戦闘あとの事後処理チームは大変だろうなーぐちょぐちょのげろげろをかたずけなければならんのだから。
ともあれ角スニ、富士ファンが協力してのプロジェクトだからいろんなところで拡大するかも。
もうひとつ 角スニ富士ファンの編集者の方々に言いたいのだけんど ティーンが読む小説なんだから暴力や殺人、流血シーンは極力控えめのほうがいいのではないだろうか。文章だから軽いしカッコイイんだけどね。

>メカ人 さん
はじめまして。
ライトノベルをあまりお読みにならない人でしょうか?

刺激が強いといっても、所詮テキストですからね。今時のライトノベルの中で、特別群を抜いている印象はありません。キツめの部類には入ると思いますが、ご指摘のようにスタイリッシュだから、あまり気にならないですね。

少女を使うのは、そりゃエンターテイメントですから当然でしょう。対象が中高生なわけですし。『ガンスリ』も当時は、物議を呼んでいたみたいですが。あれも今となっては懐かしいだけの議論ですね。

> これは作者が意図的にやっているのか?
意図的だと思いますが。
キュートな美少女が無邪気に残酷なことをやってのける、というのは、オタ作品では割と定型の1つな気がします。

スプライト、オイレン共に、スタイリッシュさでは際だってますが、キャラのパターンとしてはユニークさは薄いと思います。冲方丁は奇抜なキャラクターよりも、描きこみで勝負するタイプの作家ですし。

> 角スニ、富士ファンが協力してのプロジェクトだからいろんなところで拡大するかも。
アニメ化を含め、期待したいところです。
映像化は大変だとは思いますが。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。