Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート、予約好調

予約が伸びる伸びる伸びるのびのびボ~~~~~~イ!
当ブログにおける『MGS4』の累計販売数をあっさり抜きそうな勢いです!



PS3『FF13』への高まる期待感をまざまざと感じます。
これがゲーマーの潜在願望。
待ってましたFF13、そろそろ欲しいなPS3という人も多そうですね。

また、当ブログでは『空の軌跡』がいまだに安定して売れており、今月トップもあり得るほど。

英雄伝説空の軌跡セット

ジワ売れといえば、任天堂やDSの専売特許というイメージでしたが、PSPも負けてない。ゲーマー向けタイトルも負けてない。思えば、『モンハン』がその好例ですよね。

世の中には一部のタイトルを取り上げて、ゲーマー向けタイトルは初動率が悪いとか、PSフォーマットは初動率が悪いとか、ネガキャン目的の分析もどきを書き散らす人もいらっしゃいますが、実にくだらない。

ネット販売は、実売集計に含まれない物も多く、ネットのジワ売れが正しく計測できていないだけかもしれません。ネット販売では、ゲーマー比率が高いですからね。いい物がクチコミで売れるのは、ゲーマー市場も同じこと。むしろTV CMの量に惑わされないだけ、勝負しやすいといえます。


Xbox360から『アイマス』がPSPに移ってきて、実験段階だった「アイテム課金ビジネス」も国内1000万台超のPSPで花咲こうとしています。同じくダウンロード販売に対応したDSiは国内150万台程度、Wiiも700万台を越えたところ。くわえて客層も考えれば、ダウンロードコンテンツのポテンシャルがもっとも期待できるのはPSP。PS Storeこそ、「アイテム課金」の新天地となりそうです。

Xbox360とPS3のどちらを買おうか迷っていた人たちも、そろそろ決断できるでしょう。
国内のJRPG戦略も『スターオーシャン』で打ち止めとなり、洋ゲー専用機+PS3の一部のタイトルがマルチで遊べるゲーム機としては今後も安定したハードではありますが・・・・やはりPSフォーマットにゲーマー層が結集されていくのでしょうね。いや、Xbox360も良いハードではあるのですけどね。しかしやはりPSフォーマットでしょうね。


スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。
最近はディシディア三昧な774です。
ゲーマー向けタイトルは初動が高いと言うのは実際にある傾向で、
例えば、スパロボなんかはまさにそうですよね。
発売から翌週には狙っているターゲット層に行き渡ってしまい、売れ行きが止まる。
別にネガティブでもなんでもない、正しいソフトのあり方でしょう。

最近では任天堂ソフトはジワ売れすると言われていますが、
かつてはみんGOLやXI saiあたりもそうでしたし、
一般には時流に乗ったファーストのソフトはそういう傾向があります。
今、PSPに波が来ているのは紛れもない事実で、今回は定番となったのが
ファーストではなくサードのMHP2Gだった、ということでしょうね。
据置のMHFあたりはゲーマー向けではあるが、
MHP2Gは既に「ゲーマー向け」という括りからは外れているというのが
現在の私の認識です。

>774 さん
問題はネガキャン目的でそういう事を声高に主張する人たちですね。
積極的にゲームの情報を集めに来ているから、発売日にすぐに買ってくれる、良いお客さん。ところがあたかも、それを悪いことであるかのように語る人間もいるわけです。

そもそも『モンハン』がいい例ですが、ゲーマー向けのタイトルがどれもこれも初動率が高いわけではありません。いい物が時間を掛けて浸透することもあり、それはむしろ目の肥えたゲーマー層の方が期待できます。


初動率とゲームビジネスについて補足しましょう。
流通在庫のリスクの問題があって、リピート発注をかけても、売上が落ちてきた頃に届くので、流通がリスクを取れなくなり、結果的に控えめな初回発注→消化率が9割以上でも追加発注は無し、というケースも増えています。

なので、初動率が低い方が、初回発注をミスっても、リカバーしやすく、リスクも低いという「理屈」があるのです。まあ要は、ゲームの売上を読めない人が多いということではあるのですが。

ただ、初動率が低いということは、店舗の棚、特に新作棚のように目につきやすいスペースを長期間占有するということです。旧作が売れ続けるかわりに、新作がなかなか売れないとか、強いメーカーの商品が良い場所を占有し続けて、中小メーカーの新作が目立たなくなって、ますます売れない・・・・という問題も起きるのです。

「初動率が低い」ことを利点であるかのように語った筆頭は、任天堂の岩田社長ですが、確かに任天堂にとっては利点だらけです。しかしそれは同時に、強いメーカーが店舗の目立つスペースを寡占する結果を生みました。そして開発費の安さやアイデア重視開発といった美辞麗句に踊らされた中小メーカーは現実の厳しさに直面しました・・・・。

で、今度はダウンロードソフト市場は中小メーカーにとってチャンス、チャンス♪という美辞麗句が掲げられたわけです(笑 現実については、新清士氏や、島国大和氏あたりが書いているので、詳しくは書きませんが。

任天堂系のオンラインショップについていば、サイトの出来が悪いせいもあって、「あらかじめ欲しいと思っていたソフトを購入する場所」になっており、たまたま良いソフトを見つける場所にはなっていません。任天堂のショップの起動の遅さも、その傾向を助長しています。あの遅さはうんざりするほどで、いつまでも放置しているのは、要は自社のタイトルは売れているからでしょう。

だから「ロックマン9」「グラディウスリバース」といったオールドゲーマー向けのタイトルが売れるのですし、ハードメーカーの有名タイトルが売れていくわけです。iiWare→DSWareときて、サードパーティタイトルという点では、後退しているのは象徴的ですね。WiiWareのビジネスに満足しているメーカーが多かったら、開始時のタイトルは増えていたはずです。

WiiWareでも厳しいのに、もっと価格が下がってしまったら、やっていけないですよ。
任天堂自身は、DSソフトの一部を抽出したようなソフトを並べてますし、ロイヤリティーを払う必要も無いから、儲かるんでしょうけどね・・・・。

任天堂は、DSがあれほどの普及台数をほこりながら、PSPを圧倒しながら、にもかかわらずPSPがここまで盛り返してきた理由をちゃんと考えるべきですね・・・・。国内のゲーム会社に関して言えば、岩田プレゼンのマジックはとっくに切れてます。そりゃ、任天堂の人間の前ではにっこり笑顔でお世辞も言うだろうけどさー(笑 まあ、SCEがグダグダだから、任天堂も危機感をおぼえないんでしょうけどねー。

モンハンに関しては、据置とPシリーズで別物と考えたほうがいいと思います。
「手軽に友人と持ち寄って」をコンセプトに調整されたPシリーズは、
ゲーマー向けではなく、どちらかと言えばパーティソフトとしての面が強いはずです。
そもそもゲーマー向けのソフトが250万も売れるとは思えませんし。
勿論ゲーマー向けの要素がある事を否定しているわけではありません。

初動率が低く長く売れるソフトが店舗の目立つスペースを占有し続ける事の弊害、
成程、確かにそれはあるでしょうね。
大手は美味しいが中小にとってはとんでもない。
しかし、こうした事態はPSの時からあったわけですから
(まぁ一応Best版でコーナーを分けていましたが)
中古裁判や公取委の介入、大店舗法の改正という流れでは当然のことではないかと。
10年以上前から中小に厳しく大手に優しい流れは出来ていたはずです。
それが判っていたからこそハード選択で迷走したブランドが出たのかもしれませんが。

しかし今度はDL販売ですか。任天堂のDL販売には疎いので控えますが、
同じ様なアーカイブスでも利益は出ないようですね。
ま、任天堂は自社コンテンツで食えればそれでいい、というのが本音でしょうし
ソフトがサード頼みなSCEとはそこが違いますからそれでいいのでしょう。
ですが、危機感は持っていると思いますよ。でなければ先日のエントリにあった
外交の成果、この時期に「DQ10はWiiで」なんて事にはならないでしょうし。
任天堂、SCE、そしてスクエニの次の動きに注目したいですね。MS?うーん ^ ^;

最近、MHP2Gを買ったのですが、やはり面白いです。
長期的に売れるのも納得です。

じわ売れにも2つのタイプがあると思います。
主にCMでアピールしていくタイプと、評判が良いか、または協力プレイをウリとしたタイプです。
MHP2Gなんかは今、特にCMを見ませんし、やはり評判が良く、協力プレイ目的で売れてるのでしょうね。
ファンタシースターPはモンハン層に不評だったので、年間を通じたじわ売れタイトルになれなかったのかも知れません。
もともとジャンルも違うし仕方ないとは思いますが。

>774 さん
> そもそもゲーマー向けのソフトが250万も売れるとは思えませんし。
それは暴論でしょう。
いや、774さんのゲーマーの定義がよくわからないのですが(苦笑
僕とはまったく違うようですね。

例えば、『エヴァ』は大ヒットしたアニメですが、あれは「オタク向けのアニメ」なわけです。どれだけ大ヒットして、社会的な認知度があがっても。

「モンハン」もゲーマー向けゲームですし、かつてのバイオハザード(PS1バブルの頃の)もそうでしょう。774さんの定義ではゲーマー向けではない、のでしょうが。僕はゲーマー向けタイトルだと思いますし、そのような定義で語っています。

>10年以上前から中小に厳しく大手に優しい流れは出来ていたはずです。
流れができていたのは確かですね。
その問題が深刻化したのが、DS以降だということです。

また、いわゆる「岩田プレゼン」が自社に都合のいい「初動率の低い利点」を並べても、「初動率の低いデメリット」はまったく触れていないのも確かです。まあそれは、プレゼンを見る者のリテラシーの問題ですが。

とはいえ、任天堂圧勝の状況では、商業ライターの方々はあえてそうした問題にはふれませんから(笑 個人ブログであるここで、問題点を指摘しているわけですね。

>同じ様なアーカイブスでも利益は出ないようですね。
アーカイブスとバーチャルコンソールはエミュ商売ですから、他のダウンロード販売とはわけて考えるべきです。基本的にエミュ商売の場合(VCとアーカイブス)、ソフトメーカー側のリスクが低いため、取り分は少ないです。

オリジナルアプリのロイヤリティーに関しては、任天堂とSCEではかなり違うようですね。SCEはがんばっている、と思いました。好感をもちましたね。任天堂は本気度を疑いましたが。ま、よくいえば、手堅いのかな。

>外交の成果、この時期に「DQ10はWiiで」なんて事にはならないでしょうし。
僕は、「ドラクエさえ獲得していけば、他はついてくる」程度の認識なんじゃないかな、と危惧しています。ドラクエが売れるのは当たり前で、ドラクエが出るからって自社ソフトが売れるとは限らない、というのがソフトメーカーの本音ですね。

サードパーティの動向という点では、『モンハン3』がミリオンいくかどうかでしょうね。ミリオンいけば、やる気を出すメーカーは増えると思いますが、50万を超えた程度だと、モンハンでもそんなもんか。。。。と思うところは多いでしょう。

PS2の据え置きモンハンはPSP版に比べて売れていませんし、携帯機版が売れたからといって、据え置き版が同じだけ売れるわけではありません。しかし、あの頃と比べてモンハンの存在感や認知度が全然ちがいますから、(もしPS2が今でも全然健在なら)100万いっていたでしょう。

そういう見方はあります。だからWiiで100万いかないなら、Wiiのマーケットはそういうマーケットということです。そう判断するところは多いでしょうね。

うーん。苦笑される意味は判りませんが・・・
エヴァに限らず、コンテンツにはディープな層とライトな層とそれぞれにウケる部分があり
そのどちらを面として出すか、で今は分けていますね。
本質としてどうこう、という捉え方ではありません。

ま、それは置いておいて。
「ドラクエが出るからって自社ソフトが売れるとは限らない」
これを各社が理解していればそれでいいと思いますよ。
勿論売れるソフトがあるという事も理解しておいて欲しいですけど。

>トロ さん
モンハンはひさしぶりにゲーマーの口コミパワーを感じたソフトでした。
痛快、愉快、爽快な成功の仕方です。

ここ最近、口コミにおいては、女性層の影響力が強く発揮されるケースが多く、そういう意味では、『おしゃれモード』などは「まあ、そうだろうね」という印象です。店頭で見て売れるんだろうなと思ってそう書いたけど、あたっても特にうれしくもなんともない。「ふーん」「へー」「ま、そうね」って感じかな。

女性向けマーケティングは、発熱地帯の頃に何度か書いていて、僕にとっては「いまさらな」テーマ過ぎて面白くないんですよねー。コミュニティの細分化が激しい男性コミュニティにおける成功事例のほうがずっと刺激的なテーマです。

「モンハン」は色々な意味で、脳トレ任天堂路線とは異質の成功事例。
それがサードパーティから出てきたことは、本当に「痛快なる一撃」。国内Wiiにおける影響度も、ある意味、「ドラクエ」以上。サードパーティ要らずとさえいわれた任天堂にとっても、モンハンは不可欠なタイトルになりつつあり、ゲームらしいゲームの開発比重が下がっていた任天堂にとってはいい薬かもしれません。

DS以降は、マリオ、ゼルダ(カート、スマブラ)さえ出しとけば、ゲーマーも黙るだろ的な雰囲気でしたからね・・・・。ゲーマーの存在感が際立ったのは、ゲーム業界全体にとって朗報でしょう。

モンハン3のミリオンは、ちょっとハードルが高すぎるような気がします^^;
2千万台ハードであるPS2の2dosでもベスト込みで60万くらいです。MMBB(月額8~900円程度)への加入が必要であったことは、大きな枷になっていたと思います。
さらに言わせて貰えば、HDDユニットへの投資という大きな枷があったとはいえ・・国民的タイトルであるFFでさえも、FF11はミリオンなんていう数字からは程遠いわけですしね。

DAKINIさんのおっしゃるとおり、MHP2Gによる認知度の大きさは絶大な影響を持つとは思います。ですが、WiiはいまだPS2の1/3程度の普及台数に過ぎません。また、その中にはWiifitのために買ったような、ライト層ですらない人々もたくさんいます。
ネットインフラの垣根の低下・MHP2Gの大ヒットによる認知度の拡大は大きなプラス要因ですが、月額課金という出費・そしてゲーマー層にはまだ普及が薄いWiiというハードのユーザー層といったマイナス要因も同時に考慮すべきではないでしょうか? 
先日、「カプコン的にはハーフくらいが目標だと思います」って書いたのもそういう考えの上でのことでした。

PCのMHFには、それほどスペックは必要ないです(オンボのノートでも、設定次第でストレス無く遊べます)
若者のPC所有率が高くなっている今でも、PCのMHFがそれほど盛況でないことからも、課金の有無は結構大きいことは分かると思います。

MHPシリーズが必ずしもライト向けだとは言いませんが、ライトにも受け入れられるように、さまざまな面をカスタマイズしたからこそ、250万本も売れたのだと思いますよ。
アドホックによる手軽な協力プレイも、その中の大きな要素の一つではないでしょうか? そして、Wii版ではその要素を持ち得ないのですから。

>大声で微笑む者 さん
Wii「モンハン3」の成功ラインは100万本と書きましたが、「100万本売れる」とは、僕も思ってませんよ。つまり微妙な結果で終わるのだろうな~、と思ってます。

100万本という数字をあげたのは、50万本程度ではサードパーティのWiiへの印象は変わらないからです。大声で微笑む者さんのご意見もわかりますが、50万程度で「やっほー、Wiiでもゲーマー向けタイトルが売れるようになったね♪」などと喜ぶメーカーがいるとは、(まあリップサービスを除けば、)思えませんので。

カプコンの思惑としては、ペイラインは低めに設定してると思います。
安く上げるつもりでしょう。

連投すみません、補足です。

同様に、「ミリオンいったら大金星」とも書かせていただいた通り、ミリオンいく可能性が全く無いとも思ってはいませんし、2dosのラインは超えてくるだろうと、個人的には思っています。
DAKINIさんのおっしゃるプラス要因は、「極めて強い力を持っている」ということには全く異論が無いからです。

ただ、Wiiというハードには不確定要素が多いので、ちょっと控えめに考えている面は多分にありますねw
まぁ、このあたりはDAKINIさんの唱える「住み分け理論」にも沿う話ですのでご理解いただけると思います。

あーーーー!
DAKINIさんのレスと補足分投稿のタイミングが被っちゃったみたいです^^;
そういうことですか、でしたら異論はありません。

今、ゲーム売り場に行くと、露骨なまでに
『任天堂ソフトコーナー』と『その他のコーナー』で別れちゃってますね。

大手ソフトメーカーが自社流通をやりだした頃から
自社の商品をまとめて展示というパターンはあったけどそれはメーカーの都合。
今の『任天堂コーナー』は、販売店やユーザーに望まれてそうなってる感じがします。

ゲームに限らず、どんな物にも言える事なのですが、
市場規模が大きくなるにつれ選択肢は広がっているはずなのに、
むしろ「ブランド力」がモノを言うようになっていきます。
広がれば広がるほど玉石混合の中から玉を拾うのが難しくなるから、
有名なモノを選べば外れないだろうという心理が働くためにそうなっちゃうわけで、
今の売り場だと任天堂はブランドとして認知されて、あとは「その他」になっちゃってる。

サード各社は各ハードの動向を様子見しているのかもしれないけど、
今現在「サード」と一括りに考えられている事について、
もうちょっと危機感を持った方がいいと思う。

>BAN/ さん
> もうちょっと危機感を持った方がいいと思う。

その事に危機感を持ってないサードパーティなんて、いないですよ。
それもあって、任天堂ハードへの一極集中を忌避するムードが出ているわけですから。

ゲームに対して関心の薄い層は、任天堂とその他、という認識。
ゲームファンなら、きちんと1社ごと、区別して認識してくれる。
そのありがたみを実感している会社も少なくないでしょう。

22日発表のソニーのオフィシャル業績予測だと,PS3の販売台数は予定通りなんですよね。
良くもないが悪くもないという。
サードが利益を収穫できるだけの土台は整いましたよね。
まさにちょっと前のPSPみたいな感じ。
今年はおもしろそうですね。

PS3自体も,撤退どころかキーアイテムの一つとして数えられている。
それ自体はよいんだけど,
これによりSCEIの動きが今まで以上にグダグダにならなければよいですね・・・
親会社のノンゲームの意向でゲーム機の本質としての戦略がかき回されるのだけは避けて欲しいですね。

売り上げが予想通り,ということはすぐの値下げはなさそうですね。

>kon2 さん
> ソニーのオフィシャル業績予測だと,PS3の販売台数は予定通りなんですよね。
そうそう。値下げしないのも、販売台数も織り込み済みなんですよね。
今年は本格的な勝負をするタイミングではない、というのは、販売台数の計画を発表した時点でわかっていたことですから。

> PS3自体も,撤退どころかキーアイテムの一つとして数えられている。
そもそも、ソニーの他の製品で、ゲーム機ほどのボリュームが出ている商品って、どれほどあるんだよ、って話ですよ。そんな簡単に切れるもんではありません。製造業はふつう工場から切っていくわけで、競争力をうみだす開発を切るのは愚かな発想です。

PS Storeは当初は全然ダメでしたけど、継続的に改良をおこなって、ここまで良くなりましたからね。大した物です。任天堂は逆に、最初は良かったのに・・・・。思っていた以上にパッケージソフトの体質が抜けない会社だなー、と。

>>製造業はふつう工場から切っていくわけで、競争力をうみだす開発を切るのは愚かな発想です。
そうそう,それが言いたかった。テレビは切ってもPSを切ることはありませんよ。ウォークマンだって続けてる。
切ろうと思ったら,他に切らなきゃ行けないモノが山積みなわけで。
そりゃ山もあれば谷もあるというか。
あと,初めてうまくいってないからってあれこれ言われすぎですねw
株主だったら一喜一憂もありですが,ハード買っちゃった以上,
望むのはおもしろいゲームが出ることが
ユーザーとしての関心事なんだと思うんですけど。
これは別にPS3だけじゃなく,WiiとかDSでもそうなんですけどね。

うまくいってないなりに事業として採算を取り,
それなりの数字を出して存続させていくというのは大切なことなんだと思いますけどね。
うまくいかなかったらリセットって,ゲームじゃあるまいしw

任天堂はまさにいま勢いの山にいるわけで。
ちゃっかりいつもの任天堂ですよw
いわっちは組長の後継者なんですよ。そりゃあ,ね,と。

(以下ゲームとは関係ありません)
ソニーのテレビ工場集約も,
実はそんなにたいした問題じゃなかったり,
と地元の人間は思ってみたり。
だって,すごい話に見えますが実際の所,
そもそも一宮TECと稲沢TECはブラウン管廃止時に
稲沢は流通,製造は一宮TEC集約される予定だったのですから,
遅すぎると言えば遅すぎる展開なのです。

工場間は10kmも離れてませんので転勤が必要なほど離れるわけじゃない。
むしろ,稲沢TECになって通勤時間が短くなる人もいるかもしんない。
皮肉なことに稲沢と一宮で立場が逆になってしまいましたが,
かなり恵まれたリストラだと思いますよ。
非正規社員の方は大変でしょうけど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>kon2 さん
(「管理人のみ閲覧できます」での補足コメントについて)

> テレビ工場の集約とかPSのうわさとか,本質的にどうでも良いモノばかりが目に触れますね。
まー、
バカ騒ぎしたい連中がノイズを撒き散らしているのも一因でしょうね。

こんにちは。皆さん熱く議論されてますね。
DAKINIさんはモンハン3の売り上げがどれくらいなら合格なんでしょうか?ゲーム開発者の方たちはどれ位の売り上げで、Wiiの市場に先行きありと判断されるのでしょうか?
おそらくモンハン3も有料になると思うので、売り上げに影響するとおもいます。敷居も高くなってしまいますし。素人としては大声で微笑む者 さんと同様に50万本でも成功じゃないかと思いますが。
しかし今の世代はネット接続が前提のソフトが出てきましたが、有料にするか無料にするかなどの問題がありますが皆さんはどうお考えでしょうか?開発者の間ではどういった認識ですか?


                                                            

>虎鉄 さん
> DAKINIさんはモンハン3の売り上げがどれくらいなら合格なんでしょうか?
大声で微笑む者 さんへのレスに書いたとおり、100万本ですかね。
100万本売れれば、サードパーティへのポジティブな影響は期待できると思いますよ。

50万本ではどうですかねえ・・・・。
モンハンでさえこんなもんか、と思って終わりじゃないですか。まあ微妙な数字ですね。

Wiiのモンハン3については売れる/売れないは、人によって意見が違うなあ、という印象です。>開発者の間ではどういった認識ですか?

Wiiのモンハン3は、Wiiの潜在マーケットというよりも
『据置機のマーケットそのもの』を占うのではないかと思っています。

Wiiはそのユーザー層から、PS3と360はその普及台数から、
現状の上限はおのずと見えちゃってる市場。

じゃ、その据置市場の規模はどれくらいなの?って数字が出てくるのが
今回のモンハン3の売上だと思う。

結果によっては、ますます携帯ハード市場へのシフトが進むのかなと。

>BAN/ さん
> Wiiはそのユーザー層から、PS3と360はその普及台数から、
> 現状の上限はおのずと見えちゃってる市場。

まあ年内に限定すれば、そうですね。
来年末ぐらいまでを照準に入れると、なかなか悩ましいところですが。

・Wiiでゲーマー向けのタイトルが現状よりは売れているのか。とすれば、どのぐらいか?
・PS3がどの程度復調しているのか?

据置ゲームの方が単価が高いので、そこをあきらめていいのか、という問題はありますが、確かに悩ましいですね。海外狙いなら、据置は外せないのですが。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。