Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「次」の足音が響き始めましたね

業界内でも「次」はいよいよディスクレスになるのでは?という見解が徐々に増えつつあります。
僕の意見は去年、「次世代はいよいよディスクレス化が進む?」に書いたとおりですが、ライターの新清士氏も同様の見解を表明しています。

新清士のゲームスクランブル
最大のポイントは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が、PSP用の独自メディア「UMD」を維持するかどうかにある。順当にいけば、搭載されないと考えるべきであろう。PSPのバッテリーの持続時間を伸ばすにあたり、UMDディスクの回転がボトルネックになっている。

同意見の人はおそらく、かなり多いでしょう。最大の問題は技術ではなく、流通とメーカーの利害調整です。SCEにとっては大きな仕事。しかし得られるリターンはとてつもなく大きい。

PSPがDSに対して不利な点は、バッテリー接続時間と製造コストの2つで、UMDをはずすことで、この問題をいっぺんに解決できます。さらに対iPodの戦略が本格的に打てるようになり、PSPのポジショニングそのものを拡大できる可能性も高いでしょう。

PSPは旧来の携帯ゲーム機と異なり、かなり現代的な構成になっていて、若いプログラマであればかなり扱いやすいハードです。しかし評判が悪かったのがUMD。開発上の最大のネックが解消すれば、最も性能が良く、最も開発しやすく、最も軽く、なおかつバッテリーが長持ちする携帯ゲーム機が誕生する可能性さえ、夢ではなくなります。

PSP-3000ではマイクが標準搭載されましたが、おそらく入力デバイスも拡張されるでしょう。「ちょっとショット」でUSBカメラに対応していたので、カメラ搭載は簡単でしょうし、タッチパネルも可能性は高い。対DS以上に、対iPodでもタッチパネル搭載のメリットはあります。UMDがなくなって、薄く、軽くなれば、CLIE的な展開も見えてきます。

というようにリターンは数多いものの、流通政策との兼ね合いで、どういう提示の仕方をしてくるか?
個人的には今度こそ「本当にソニーらしい携帯ゲーム機」を打ち出してほしいですね。「VAIO TypeP」がひさしぶりにソニーらしい製品として大きな話題を呼びましたが、あれでもまだ一歩足りない。それを凌駕する、真にソニーらしい製品を軽やかに見せていただきたいところ。

スポンサーサイト

コメント

個人的に、この人の脳内評価はあまり良くないんですよね。
たとえば、BDの容量限界(約47GB)まで使い切った(と、小島秀夫監督が公言している)MGS4を「DVD-ROM2枚組にすれば移植可能かも」とか書いてた人ですし、その制作費を「70億円と言われる」とも書いてましたね。

>タスラム さん
ふーむ。
昔は日本のゲーム企業に対する批判が前面に出すぎていた印象ですが、ここ2年ほどの記事は卓見が多いように感じますね。

まあSCEには割りと厳しめかな。
昔にくらべると任天堂への評価がガラッと変わっていますね。やや過剰評価な気もしつつ・・・・。スクエニをふくめて、日本のゲーム企業への目線がやわらかくなったのは、好感がもてます。

>「DVD-ROM2枚組にすれば移植可能かも」とか書いてた人ですし、
まあ2枚組かどうかはともかく、BDでなければ出せないというのは嘘ですからね。

『MGS4』って、章立てになってますから、最悪、章ごとにディスクをわければ、出せるはずです。章立てになってるのを見たとき、「これ、360にもっていくための構成かなあ」と思った人はいるんじゃないでしょうか。

僕は思いましたよ(笑
やるかやらないかはともかく、やれるようにはしていたんだろうな、と。360でも出せたけど、出さなかったというのが真相なんじゃないかな。「360では無理」という言葉を真顔で受け止めていたゲーム開発者は誰もいないでしょう。リップサービス。

>その制作費を「70億円と言われる」とも書いてましたね。
海外系のうわさをそのまま書いてしまう傾向はたしかにありますね。
まあ「言われる」と書いてるから、嘘じゃないですし、風聞は風聞として受け取っておけばいいのでは。

ゲーム機自体の携帯性は改善されても、ゲーム自体の携帯性は殆ど変わってないんですよね。

先日電車の中で、DSのちっちゃなカートリッジを取り落としてさぁ大変・・・。
(といっても通勤電車ではなく、帰省中の特急。だからですが。)
昔MDプレーヤで同じ事をしたのを思い出しました。

ディスクレス(カートリッジレス)になれば、
そういうことが無くなくなるという点でも恩恵がありますね。

音楽も携帯プレーヤはCDからMD、シリコンオーディオと移り変わった様に、
ゲーム機もそうなってくれると嬉しい。

PSPはPS2/PS3の所持を前提としたインストールプレイ(メディアはDVD/BDで供給)、
DSiは通常カートリッジの内蔵メモリ(SD)へのインストールプレイであれば、
流通の面は今のままでも行けるのではないでしょうか。
※音楽もDL販売はありますが基本はCDですよね。

コピー・中古といった問題は、固有のシリアルを発行して、
インストール時にユーザー認証(登録)させることで対応出来ると思います。
Wiiのバーチャルコンソールの様に購入ユーザーは何度でもインストール出来るが、
メモリーをコピーしても他のゲーム機では動作しないといった風であれば問題ないでしょう。
※ソニーまたは任天堂が潰れてしまうと再インストールが出来なくなりますが、それは無いと考えて。

DAKINIさん
> やるかやらないかはともかく、やれるようにはしていたんだろうな、と。

技術的な面はともかく、MGS4は最初からPS3以外を想定していなかったように思います。
早くからトレーラーに登場していた「メタルギアMk.II(ちびメタル)」はCellプロセッサを搭載している設定ですし(オタコンが自慢げにスネークに説明してました)、サニーがPSPを遊ぶシーンもあったり、6軸センサを操作に取り入れていたりと、「仮に360で出すとしたら、ここはどうするんだろう?」という部分があちこちに見られました(そっくりそのまま移植を実現させたらそれはそれで興味深いですが)。

また章立てでインストールする方式も、当時販売されていたPS3は40GB版のみで、一括インストールの可能な機種が実質的に入手不可能だった事情が関係しているように思います。他のDLCやPSN配信動画を積極的に利用している人ほどHDD空き容量に余裕が無いわけですから、そんな人達が不便を強いられるのを避けるための措置だったのではないかと。

もしくは、(憶測ですが)ディスク一枚あたりにHDDにインストール出来る容量に何らかの制約が存在していたのかも知れません。容量か、あるいはHDD総容量に対する割合か(全体のxx%まで、とか)。
360も昨年のアップデートまでHDDへのインストールを原則認めていなかったそうですしね。

>タスラム さん
トレーラーのリップサービスシーンなんて、どうにもなるでしょうに(苦笑
素人の幻想をぶちまけるのは、素人掲示板だけでやってください。

小島監督がPS3オンリーの約束を守った点を僕は評価してます。
しかしPS3オンリーだけを想定していた、と考えるほどの幻想に浸るのは無理ですね。「やるかやらないかはともかく、やれる想定もあった」と思います。

まあ、リップサービスこそ、現実のすべてと信じるのはユーザーの勝手ですし、そこに水を差す意見を受け入れないのも自由です。しかしここは、素人と信者が幻想を語り合う場ではありません。それが理解できないなら、消えていただく他ないですね。


そもそも、話の発端は移植可能かどうかという事。
移植は可能です。
リップサービス部分を別の表現に置き換えたり、六軸ネタを別のネタにする必要があるにせよ、何とでもなる話。可能かどうかと、可能だけどやらないは、別の話ですよ。

自分も次はディスクレスにはなると思いますね。
ってか、ならなきゃ駄目だろうと。
現状のPSPもメモステにソフトをインストールがもはや常識ですから。
UMDはメモステにインストールするまでの仮媒体にしか過ぎませんし。

本末転倒ですが、PSPを介してPSP2にインストールとか、
UMDにこだわらなければPC用のDVDドライブやPS3を繋げてインスト、
ソフトはDVDで供給って手もありますね。
これならネットインフラが整ってなくても可能ですし。

問題は、VAIO TypePでやってしまった「広報能力の低下」ですね。
流石にあのGパンのポケットに入れるCMは失笑物でした。
UMPCに注目していた人からすれば充分面白い商品なのに、
あのCMのせいで商品の正しい価値が伝わる前に
ネタ商品のレッテル貼られちゃいましたしね…

>BAN/ さん
PS Storeが整うまでは、PSPでのソフト体験版も、PCやPS3経由で供給してましたからね。まあインストールのためだけに外付けドライブを出すという荒技や、ドライブ搭載モデルを併売するなど、手段が無いことは無いでしょう。要は決断できるかでしょうね。

>VAIO TypePでやってしまった「広報能力の低下」
アップルを意識しすぎた点は滑稽でしたね。とはいえ、ソニーを面白おかしくネタにするアンチは存在するし、その辺は割とどうでもいいと思います。アーリーアダプタ層に対して十分な話題性を作れているし、ひさしぶりにVAIOへの強い関心を喚起できた。typePの最初の役割は果たせました。

問題は、Windows Vistaオンリーのせいで、「もっさり」していること。欲しいと思ったものの、検討しているうちに躊躇してしまった「様子見」ユーザーが現状では多いんじゃないかな。まあWindows7が出る頃には、買い頃の商品になっていると思います。

コストアップしますが、ソフトをメモリースティックで供給というのはどうでしょうか。
私の望む「複数のソフトを単一の機械内で持ち運ぶ」は出来ないので魅力減ですが、
消費電力・製造コストの削減は可能ですし、流通も現行で可能でしょう。

ハードの価格減&メモリースティックへの初期投資が不要になるので、
ソフトの価格増分は許容範囲内でしょう。

>VAIO TypeP
英語キーボードモデルがあるのが私には◎
でもとりあえず保留です。
VistaBusinessを選択して、ダウングレード権でXPにするパッケージがあれば良かったのですが。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。