Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の新作 FF13公式サイトオープン、PSPはタイトル続々

FABULA NOVA CRYSTALLISのポータルサイトが設置され、『FF13』の公式サイトもオープンしました。いよいよ今年出るんだな、という事がじわじわ実感として湧いてきた方もおられるのではないでしょうか。去年は『MGS4』が約束を守り、今年は『FF13』が約束を果たす。
待ってて良かったPS3。

PSフォーマットはPSP、PS3共に、昨年ソフト売上が大幅に拡大しています(まぁPS3は2007年が酷すぎた感も)。今年はさらなる飛躍が見込めるんじゃないかな。

PSPでは『機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル』(3月26日)の予約が開始されました。また、『絶体絶命都市3』(4月23日)と『とらドラ・ポータブル』(4月30日)も予約がスタートしており、『とらドラ』は当ブログでも予約が好調です。

絶体絶命都市3 -壊れゆく街と彼女の歌- 特典 彼女の歌インナーイヤーヘッドホン付き とらドラ・ポータブル! 超弩級プレミアムBOX 特典 ねんどろいどぷち逢坂大河スクール水着ver.付き

NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム (PS3)
NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム
年末に間に合わなかったのが残念でしたが、年明け早々、威勢のよいお年玉が九州からやってきましたね。制作は、安定した開発力で知られるサイバーコネクトツー。前評判も高く、ナルトファンにHDクオリティのゲームの魅力を伝えてくれることでしょう。

ナルトは海外でも人気のアニメ。海外市場では年末に発売済みですが、できれば日本も同時期に欲しかったですね。
(コメント欄にてOMACさんから指摘を受けて記事を修正。ありがとうございました)


魔界戦記ディスガイア3 PLAYSTATION 3 the Best (PS3)
魔界戦記ディスガイア3 PLAYSTATION 3 the Best
廉価版の特典は、PS2『ファントムキングダム』からのゲストキャラ「ロイヤルキングダーク3世」。ダウンロード用のプロダクトコードが同梱されるようです。

ダウンロードコンテンツを特典化する動きはPS3、PSPともに顕著で、『戦場のヴァルキュリア』のベスト版でも追加エピソードが収録されます。アニメの放映とともに、販売が刺激されるといいですね。個人的には『ティアーズ・トゥ・ティアラ』にも同様の展開を期待しています。

内蔵ストレージはHD画質、Blu-rayディスクに並ぶPS3の魅力の1つ。BDソフトの充実もそうでしたが、ようやく少しずつハードの魅力を使いこなせるようになってきました。


女神異聞録 デビルサバイバー (DS)
女神異聞録 デビルサバイバー
『女神転生』シリーズのシミュレーションRPGといえば、『魔神転生』シリーズ。
スーファミで初代が発売され、ファンを形成しつつあったものの、未完成級だった『RONDE -輪舞曲-』(サターン)の失敗によって系譜は絶たれてしまいました。

時間の掛かるSRPGは携帯機に向いており、DS、PSP共に色々なタイトルが華開いています。アトラスがDSで、SRPGに再挑戦するのも自然な発想。

イラストレーターとしてヤスダスズヒト氏を起用。
ラノベ読みとしては、成田良悟作品や『神様家族』など、そちらでの活躍が印象的ですが、アニメファンには『夜桜四重奏』で知られていのかもしれません。『魔神転生』のファンだったオールドゲーマーを取りこみつつ、絵師によって若い世代も引きつける。DSにおける1つのソフト戦略ではないでしょうか。アトラスは巧みになりましたよね、ホント。


Fallout 3 (PS3)
Fallout 3(フォールアウト 3)【CEROレーティング「Z」】 特典 「サウンドトラックCD」 & 「メイキング オブ Fallout 3(DVD)」付き
Xbox360版より発売が遅れてしまったものの、人気、評価ともに高い海外製RPG。
敵との戦闘が一時停止して、攻撃する部位を選択できる「V.A.T.S.」によって、FPSが苦手なプレイヤーも安心して遊べます。

海外市場でのJRPGの明暗暗暗が明らかになる中、海外製RPGに対するゲーム開発者の注目度も低くありません。いやー、プレイしろしろ言われてるんだけどねえ。


悪魔城ドラキュラ ジャッジメント (Wii)
悪魔城ドラキュラ ジャッジメント
3D対戦アクションになった、新生ドラキュラ。
シリーズのファンの人、小畑健のイラストにひかれた人は、買う前にきちんとジャンルと内容を確認しておきましょう。納得いくならどうぞ。いろんな意味で、Wiiのサードパーティタイトルらしい迷走感をうかがえる一品。普通にドラキュラ作ればいいのに。


■今週のライトノベル
今月の電撃文庫は『とらドラ』の短編集『とらドラ・スピンオフ』2巻が要注目!
なんといっても、独神が主人公の短編『先生のお気に入り』は読み逃せません。
また『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の入間人間の最新作、『電波女と青春男』も要チェックか? 前シリーズが唐突に終わってしまったからなあ・・・・。

とらドラ・スピンオフ〈2!〉虎、肥ゆる秋 (電撃文庫) 電波女と青春男 (電撃文庫)

他には成田良悟『バッカーノ!1931 臨時急行編』と御堂彰彦『付喪堂骨董店』も登場。


スポンサーサイト

コメント

FF13イエーイ!!ヤッター!!
アギトはPSPだったこともあり、期待も購入の予定もなかったのですが、DDFFをプレイしたことでアギトへの期待も高まりました。
DDFFにはそういう意味もあったのかな?

なんにせよ発売が楽しみです。

PS3は、少なくとも日本市場においては、PS2互換性がなくなってから、人気ソフト販売等のイベントが無い平時において、互換性あった時期より売り上げ台数が減ってるので、
PS2ユーザーの本格以降は、互換性復活以降で、互換性が無ければPS2ユーザーのPS3以降は
なかなか進まない気がします
互換性廃止して値下げしたにもかかわらず、売れる台数が減ったということは、
日本市場では値段よりPS2互換を重視するユーザーが多いとおもいます

PS3ナルトの海外販売

PS3のナルトは北米と欧州では既に昨年の11月に発売済みですよ。
VGCHARTZのGame Databaseによると北米欧州合わせて47万本の売り上げのようです。
(北米23万、欧州24万)
DLC以外のオンライン要素が無いゲームとしては健闘してる方なのか
それともちょっと物足りない数字なのか正直よくわからない数字です。
DLCはすべて無料のようですが。

>OMAC さん
おっと、失礼いたしました。
記事は訂正しておきました。ありがとうございます。

OMACさんの情報を受けて、ちょっとだけ補足を。
ナルティメットストームですが、バンダイナムコの資料(http://www.bandainamco.co.jp/ir/presentation/pdf/20080509_1.pdf)によると、計画本数が40万本(全世界で、という読み方で間違ってないと思います)となってますので、海外だけで目標はクリアできてますね。
国内でどれだけ売れるかは蓋を開けてからのお楽しみですが、ファミ通でもプラチナ殿堂入りするなど前評判や予約状況も悪くないようですので、そこそこの期待は持てるのではないでしょうか。

「とらドラ・ポータブル!」、予約しました。システム的に「前作」といっていいだろう、「ハルヒ」が設定をうまく生かしたシナリオになってた一方、ゲームシステム(というか、ほとんどロード時間のことですが)が脚を引っ張ってしまい、もったいなかった感があったのですが、メディアインストールに対応してくれればそのへんはほぼ解決できると思うので、今回は逆にシナリオがどうなるかが少し心配というか興味あるところですね。

はじめまして!初めての書き込みです!
こうしてみるとPS3は先を見たハードだったのかも知れませんね。
ライバル?の360はDVDの限界が見え始めてますがBDに変えれば値上げは必至、対するPS3は値下げのカードをだせばいいだけですし。Wiiはユーザー層が違うのでなんとも言えませんが。
まだPS2互換を言う人がいますが一応エミュ開発はしているみたいなのでもし完成すればP-storeでなんらかの形で売るんじゃないですか?P-storeで売れば40,80g持ってる人も互換手に入れられるし。
あと互換なくてもPS3って当時のPS2並に売れてると聞きましたが・・60g持ってるけどあまり互換使わないし。

龍が如く3が来月発売、そしてFF13の発売が本格的に近くなったのはPSユーザーには嬉しいですね。

>小林悠士 さん
フォローありがとうございます。
確かに計画をぶっちぎりで達成しそうですねえ!


あわせてこの資料を見ていたら、『テイルズ オブ ヴェスペリア』が日米アジアで合計50万本、『テイルズ オブ ハーツ』が日本とアジアで40万本。どんだけ強気というか、無茶な数字なんだと・・・・。バンダイとナムコの数字の精度の差は、もはや喜劇ですね。

昨年度もそうでしたが、今年度もPSフォーマットでは全体的に計画通り、計画を大幅に超える成功が目立ち、他プラットフォームでは計画が狂っているように見えますね。バンダイナムコが市場を読めていない事を裏付けています。

それらのタイトルをすべてPS系に持っていくべき、などとはいいませんが、他プラットフォームでも精度の良い予測と、それに見合った予算組みができるようになるべきですし、それに伴ってPS以外のフォーマットでも、販売を伸ばせるような努力が必要ですね。

企画、開発、営業といった会社組織の体質がPSフォーマットに依存しすぎている割に、PS以外のフォーマットを頑張ってしまったのがバンダイナムコ、特に旧ナムコの失敗ですね。

コーエーなんかも、PSフォーマット以外に手を出してましたが、まあ『無双』シリーズは乱発を超えるマルチ連射で、なんだかんだで、PSフォーマットで稼いでます。
『戦国無双』シリーズも結局、PSP、PS3で出しそうな予感。

mixiをはじめとした各所で、SCEがゲーム事業撤退か? なんて話題で持ちきりになってます。重大発表が控えているとか、直近の重役の発言から色々と推測されてるみたいだけど、仮に何らかの縮小はあったとしても撤退なんて事にはならないと思うんですが。
確かに本社の業績が悪化し、ゲーム事業もPS3は赤字が累積したままだけど、バイオ5やFF13が控えている状況で撤退なんて事になったら、やっと迎える収穫を投げ捨てるのと同義ですし。その収穫を待つ事が出来ないほど追い詰められてるなら話は別ですが、やっと芽を出したゲーマーの楽園を捨て去るという決断に至るほど追い詰められているかというと、そこまでとは思えないんですよね。業界内の事情に詳しいDAKINIさんがこれまでにこの件を匂わせる発言を全くしてない事から考えても、やはりないな、と。
とりあえずSCEは、事実と異なるのならば早めに声明を出すべきだと思います。噂が一人歩きをして株価やブランドイメージに与えるダメージは無視できないし、ユーザーの心にPS3の将来への不安を残す可能性も否めないですからね。話題がネット内で収まっているうちはいいけど、テレビや新聞で話題になると多くの人に不安が伝染します。手遅れにならないうちに、早めに対処してほしい所です。

ナルトのPVを見ましたが、映像のクオリティの高さに驚きました。
いまどき第一部の話かよ…なんて声もあるかも知れませんが、ナルトは第一部の方がウケも良いと思いますし、上手くいくと思います。
というか、海外ではもう成功してたんですね。
あちらの方のナルト人気は凄いです。

バンダイとナムコはこう戦略の行き違いを見させられると内部でギスギスしてないか心配です。
太鼓の達人なんかはまだ戦略的に良いんですが、やはり某RPGあたりが問題ですよね。
心配から滑稽へと印象が変わってる人も多いのではないかと思います。
ガンダムゲーはPSPでも鉄板になってきてますよね。
やはりユーザーを安心させる鉄板をつくることが大事なのかも知れませんね。

>トロ さん
鵜之澤氏の予想はある程度当たってますね。
バンダイ側はPSPをポストPS2として認識し、それに合わせたタイトル編成を行なってきました。それにひきかえナムコ側は・・・・orz

http://japan.gamespot.com/news/story/0,3800076565,20363952-2,00.htm
> 特にゲームファンの人たちに今一番近いハードは、間違いなくPSPでしょう。
>
> 弊社の「ガンダムバトルクロニクル」も、おかげさまで好調なセールスを記録しています。
> 前作の「ガンダムバトルロワイヤル」からの数字の推移を見ると、あと1年ぐらいの間に
> PSPは50万本売れるフォーマットに成長するのではないでしょうか。

>アルファコンプレックスさん
>とりあえずSCEは、事実と異なるのならば早めに声明を出すべきだと思います。
ネットを巡る情報というのは現在では対処に慎重にならざるを得ない面はあるでしょうが
さすがに噂の出所が「mixiをはじめとした各所」ってのは
ネガキャンしたい人たちが都合のよい情報を取捨選択して作り上げたネタなのね、と思う人の方が
ネットを見ている人の中でも多いかと思います。
つまり一人歩きする可能性が低い、か実害がない、と判断されるネタでしょう。

悪い意味でいえば企業なんて株主とかそういった人たちしか見ていませんから、
その人たちが積極的にその程度の情報源を信用するとも思えませんし(今後、個人株主等、株主の顔ぶれが変わればどうなるかは分かりません)、
企業がわざわざ反応することはないと思います。

噂に対応すべき/すべきでない、をはじめとして、「状況を見て判断する」ということについては慎重であるべきだとは思います。
しかし、PS系の場合、アンチな人間がPS1,PS2と長期覇権を握っている間に育ち、
(どのような企業にも批判すべき点はありますからアンチファンは生まれます)
PS3でスタートに失敗した段階でそういう人たちが元気になった、という風に見えますから
(PS3撤退って言葉だけなら、スタート時点から飽きるほど叫んでる人たちがいますし)
それをまともに相手にするのはどうか、と思います。

ーーー
ネットに限らず、情報というものは
早く、正確なものを手に入れられる状況にさえあればそれでよい、ということではなく
玉石混合の情報を手に入れたときに、それを適切に、論理的に判断する能力が求められるのだと思います。

それこそ、「正しい」情報だけを並べても、自分の都合のよい解釈しかしない人間は山のようにいますし。

アルファコンプレックスさん

元ネタはこれですね。
http://www.gizmodo.jp/2009/01/ces_3.html

もっとも、情報源である英文ではゲーム事業に関しては一言も触れられていません。つまり「ゲーム事業撤退」は日本語訳した人が勝手に付け加えたものです。

公式サイトもオープンしていよいよって感じです。個人的にはキングダムハーツが二本出るってことだけでお腹いっぱいの年になりそうですがw。ディシディアの売上も好調だし、PSPもいい感じになってきました。まずは二月の龍が如く3、そして三月はバイオ5に、FF13体験版と年度末は忙しくなりそうです^^。今年はPS3の年になるといいな~。

>のりのり さん
おっしゃるとおり、企業がネット上の「噂」に左右されるのはよろしくありませんね。
かえって、愉快犯を喜ばせるようなもの。
そもそも否定したところで、愉快犯は騒ぐのをやめないでしょうし(笑

>タスラム さん
なるほど。
情報ありがとうございます。
まさに「翻訳妄想力」とでもいうべきでしょうか(笑

>ati- さん
PS3のタイトルの充実っぷりは、なかなかのものですね。
Xbox360もまあ悪くない。PSPもいい感じで、タイトルが増えています。
現実問題として、PSフォーマットはだいぶ安心感が出てきましたね。

DSは『セブンスドラゴン』、Wiiは『フラジール』あたりでしょうか。
どちらも新作ですが、両ハードにおいて存在感のあるオールドゲーマーを刺激できるかどうか。前者は『世界樹の迷宮』のクリエイターが手がける新作だけに、そのネームでどこまで売れるのか注目しています。

ナムコもPSPでは結構がんばって来ましたけどねぇ。
ロンチのもじぴを初めとして、ぼく塊、鉄拳DR、ポータブルアイランドなど小粒でも個人的に好きな作品は多いです。
PSP-2000が発売され、モンハンやFFが来てPSPが絶好調になるまでの
冬の時代を地味に支えてくれたメーカーだと思っています。

ただ、実際にPSPが好調に転じた08年以降めっきりPSPタイトルが減ってるんですよねぇ。
バンダイは継続してPSPソフトのリリースを続け、黄金の収穫を迎える事ができたのに・・・。

ナムコはあまりPSPの性能を生かしたゲームを出せなかったのが敗因かなとは思っています。
モンハンの大ヒット以来、ファンタシースター、ガンダムバトルシリーズ、ガンガン、ディシディアFFと
PSPは「マルチプレイ」「対戦」の面白いゲームがヒットしています。
そういう観点で見ればナムコは「テイルズ」というマルチプレイ可能なアクションRPGという
PSPで大化けしうるタイトルを持っていたにも関わらず、移植ばかりで
大魚を逃してしまったなぁ、と思います。

テイルズスタジオにモンハン作れ、とは言いませんが、マルチプレイが面白く、
PSPの特徴を生かしたテイルズを本腰入れて作っていたら、
今頃は50万本以上のタイトルに成長していた可能性も・・・。

>町田 さん
> ナムコもPSPでは結構がんばって来ましたけどねぇ。
あー、そういえば、初期は・・・・。
リッジレーサーズやエースコンバットも出してますしね。

> ただ、実際にPSPが好調に転じた08年以降めっきりPSPタイトルが減ってるんですよねぇ。
冬の時代に頑張って、収穫期には居なくなってる・・・・
それは「セガ化」と呼ばれる現象として、ゲーム業界では恐れられています(ぉい

> PSPは「マルチプレイ」「対戦」の面白いゲームがヒットしています。
> そういう観点で見ればナムコは「テイルズ」というマルチプレイ可能なアクションRPG
そういえば、昔から地味に頑張ってましたね、マルチプレイ。
テイルズシリーズの1つの売りだった、、、、、割には、イマイチ華開いてないですもんねえ。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。