Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「迷い」の霧は晴れたか!? PS3に『無双OROCHI Z』登場

コーエー、PS3「無双OROCHI Z」発売決定
『真・三國無双』シリーズをPS3、PS2、Xbox360で発売してきたコーエーがPS3向けに『無双OROCHI Z』を発表しました。ほっほっほー。これはちょっと意外でしたね。さぷらーいず!

『OROCHI』シリーズは、『真・三國無双』の世界と『戦国無双』の世界が融合したもの。
Wii向けに『戦国無双3』を発表したことで、次はどうなるのか不透明になっていましたが、ようやく「迷い」から覚めたという事ですかね?

『OROCHI』が出せるという事は、『戦国無双』のキャラクターは、HDクオリティで制作した3Dモデルが存在する証です。その気になれば、いつでもHD機で『戦国無双』を出せる。
間接的にそれが示されたのは、『無双』ファンにとって朗報でしょう。

まあ「政治」が絡むので、PS3で『戦国無双』が出るかどうかはわかりませんが、プラットフォームホルダーによるタイトルの奪い合いで、ゲームファンが悲しむ事態が起きないよう、コーエーにはユーザー最優先の決断をしてほしいもの。

まあ仮に「政治」で『戦国無双3』はWiiオンリーだとしても、それならPS3には『4』を出すとかね、それぐらいの英断は下していただきたい。ファンのいるプラットフォームにソフトを供給する。それを誤ったシリーズ、例えばバンダイナムコの『テイルズ』が今どんな事になっているか、PS2時代の「ハーフミリオン上等」は届かぬ天上の数字となり、惨めな数字が続いています。

DSの『ファンタシースター』とPSPの『ファンタシースター』の売上差も、1つの教訓を残しましたね。
ボリューム感があり、歯ごたえのあるタイトルは若いゲーマーに向けてリリースし、(貧弱かもしれないが)クラシカルな雰囲気のゲームはオールドゲーマーに向けてリリースする。例えば、飲食店だって、若い人が好み店と中高年が好む店では異なってくるわけで、ゲームソフトにおいても適切な選択が必要です。


『無双』関連でもう1つニュースが。
バンダイナムコ、PS3/Xbox 360「ガンダム無双2」の追加シナリオ配信を発表
追加シナリオの配信ですか、なるほど、なるほど。
PS2とHD2機種の違いを示す、わかりやすい利点ですね。

PS3はHDDを標準搭載。Xbox360は普及している大多数がHDD搭載。
こういった追加配信は、どんどん積極的に進めていただきたいですね。

ふーむ、これまでPS2、Wii、PS3、Xbox360の4機種は、SDとHDで分けられることが多かったのですが、内蔵ストレージが無い/少ないPS2&Wiiと、内蔵ストレージが豊富なPS3&Xbox360という分け方も可能かもしれませんね。

実際、追加配信については、PS3とXbox360向けのタイトルで非常に活発に行われています。
PSP、PS3、Xbox360といった「ゲーマーの楽園」3機種の利点は、高性能だけでなく、豊富な内蔵ストレージとリッチな追加コンテンツ。

「ゲーマーの楽園」の優位性がよりハッキリと確認できた。
新年早々、心があったまるニュースですね。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>実はOROCHI、およびOROCHI再臨は360版が出ていたりします^^;
PS2『無双OROCHI 魔王再臨』の移植が、Xbox360とPSPで行われていますね。

なるほど。
『Z』は「OROCHI」+「OROCHI 魔王再臨」がベースの可能性がある、という事ですね。

今回の『Z』は、もうちょっと詳細を知りたいですね。
ティザーサイトをみると、新キャラは誰だ?キャンペーンを実施しており、ファンにとっては楽しみでしょうね。「OROCHI」シリーズのこれまでの展開ハードは、ゲーマーの楽園3機種。

ファンを裏切らない展開が好ましいですね(^^

まさかの無双OROCHIの発売、しかも3月という緊急っぷりに驚きました。発売まで2ヶ月あまりという唐突さに、年度末の売り上げ底上げかと邪推していますが(苦笑)。

>『OROCHI』が出せるという事は、『戦国無双』のキャラクターは、
>HDクオリティで制作した3Dモデルが存在する証です。
これはどうでしょうかね?
無双OROCHIはPS2で発売後に、テクスチャを綺麗にして若干リッチになったXbox360版を発売しています。たしか360版は16:9の画面対応とテクスチャのHD化、表示オブジェクト追加とサウンドの5.1ch化はされましたが、モデルはPS2のSD制作を流用したと記憶しています。
通常なら、「今年PS3とXbox360で三国無双5を発売した事から、戦国無双のキャラをHDで新規作成しているのだろう」と思えますが、「2年近く前の無双OROCHIのデータを流用して新品として発売」なんて事がありそうで・・・。PS3版のみの発表なのも、ちょっと違和感がありますし(あの光栄がXbox360の三国無双5のモデリングを無駄にするとは思えず)。
なんせ、データ流用と猛将伝で定評のある光栄ですから。PCゲームでは追加DXパック商法に何度も泣かされました・・・。(追加DXパックを買わないと未完全な提督の決断2とか)


>バンダイナムコ、PS3/Xbox 360「ガンダム無双2」の追加シナリオ配信を発表
>追加シナリオの配信ですか、なるほど、なるほど。
こちらも驚きましたね。
ガンダム無双2は全くネットワークに対応していないタイトルだったので、「ネットワークで追加シナリオ」なんて事をやってくるとは・・・。


>内蔵ストレージが無い/少ないPS2&Wiiと、内蔵ストレージが豊富な
>PS3&Xbox360という分け方も可能かもしれませんね。
Wiiの内蔵ストレージの少なさは致命的ですね。SDカードを追加購入しても使用できるのは最大2GBというのは、今となっては少なすぎますし。
携帯機のPSPでも8GBのメモリースティックが使用できるのに・・・。
PSPに関しては登場当初は過剰な性能でしたが、2009年の今現在は“ちょうどいい性能”になっているあたり、クタタンの情熱を感じます。PS2へのDVD搭載といい、やはりクタタンの先を見通す目は凄いもだと再認識しました。
逆にWiiは発売当初から無理をしていない性能だったため、2009年現在ではゲーマーには物足りない性能と感じます。Wii MotionPlusが発売され、専用のゲーマー向けタイトルが発売されたらこの認識も少し変わるのでしょうが、如何せん何の情報も出てこないので・・・。

>どすこい さん
そうですね。
突然の発表なので、驚いてしまいました。

『無双OROCHI』シリーズの展開って、PS2、Xbox360、PSP、そしてPS3と、ゲーマーの多いプラットフォームを順番に巡ってるんですねえ。

確かに過去の作品のモデルを使いまわしている可能性は否定できないですね。
新キャラ予想キャンペーンをするぐらいですから、新キャラには期待したいですが。

まあ、完全新作なのか、旧作リメイク+追加要素なのかは不透明な部分もありますが、PS3があれば、無双の大半が遊べるという事が保証されたのは確かです。PS3ユーザーにはうれしいニュースですね。

>携帯機のPSPでも8GBのメモリースティックが使用できるのに・・・。

PSP『アイマスSP』では、初回特典でダウンロードコンテンツが付くようですし、普及台数の多いPSPで、DLC商法を展開したいバンダイナムコのしたたかな欲望が感じられますね。PS Storeの活性化には、目をみはります。

あのDSでさえ4年でDSiが出たわけで、すなわちゲーム機としての寿命が短いということ。PSPは新型番が出ても、旧型番でほぼ同じサービスが受けられますからね。PS Storeは初期型でもオッケー。

Wiiは・・・・。
まー、任天堂とSCEのスタンスの違いですよね。

技術的なことはよく分からないのですが
メモステは大容量化してもスロットが対応していれば、ほぼすべての機器で使えるのに対し
(PSPの場合、アップデートで対応してたこともありましたが)
SDカードはSD,SDHCと形状同じなのに別規格らしく、使えないらしいですが何故なんだろう?と感じます。
これはゲームハードメーカーの問題ではないのですが。

SDカードについてはアップデートでSDHC対応とかは技術的に可能ではないのですかね?

Wiiは、おそらく真の実力を発揮してくるであろうPS3と
タイミング的には新機種を投入してきてもおかしくないX-boxシリーズとに対して
現状のスペックのまま対応していくのでしょうか?
それとも互換性を持った新機種投入?

>のりのり さん
任天堂は開発リソースの不足が表面化してますからねー。
Wiiそのものを長く引っ張るより、HD機種を適切なタイミングで投入したほうがホントはいいんでしょうけど。あれだけ売れちゃうとなー。

次世代の携帯ゲーム機にスペックで抜かれたら・・・・笑えねえ。
スペックはしょうがないとしても、内蔵ストレージの容量に関しては、つくづく残念ですね。

お初にて失礼します。

>Wiiそのものを長く引っ張るより、HD機種を適切なタイミングで投入したほうがホントはいいんでしょうけど。あれだけ売れちゃうとなー。
なるほど、と思いました。Wiiではなかなかゲーマー向けの作品が発売されないので、Wiiを購入してもなお私は敬遠しがちでした。
ですので、もし、任天堂でゲーマー向けのHD機種が発売されれば一ゲーマーとしてありがたいことです。ただ、発売されたとしてもDAKINIさんの仰るWiiの普及台数やら、ここ最近のイメージである「任天堂はカジュアルゲーマー向け」というイメージを払拭するのは大変そうですが。(N64の時みたいですね)

もうOROCHIはこれにて終了なんですかね。
Zってつけちゃったぐらいだし。

まぁ、コーエーさんは凄いですね。
なんというか、ここまで出し続ける度胸に感心しました。
俺はまだHD機で無双をやってないのでこれを機に買ってみようと思います。

>BlueBull さん
> 「任天堂はカジュアルゲーマー向け」というイメージを払拭するのは大変そうですが。

うーん、そうですね・・・・。
まあカジュアルユーザー向けというイメージを背負ったのは、自業自得というか、積極的に自分が作ったイメージなんだから、いいんじゃないですかね。カジュアルユーザーとゲーマーの両方に楽しんでもらうと、言葉で説明しようとしても、そんなもんゲーマーには通じるはずがない。

ゲーマー向けのタイトルを実際に出してはじめて、説得されるわけで、任天堂自身がゲーマー向けタイトルを拡充する、特に定番タイトル以外の新しい大作をリリースしない限り、カジュアルユーザーとゲーマーの分化は進んでいくでしょう。ユーザーはコンテンツで説得するほかありません。この2年ほど、任天堂はコンテンツではなく、メッセージ(CMや社長が訊く等の発言)でユーザーを説得できると、甘く考えていたフシがあります。

Wiiチャンネル等のネットサービスを拡充するのと、ゲーマー向けのボリューム感あふれる新作を作ること、どちらに比重を置くかで、前者を選んだわけです。人が足りなかったわけではない。また仮に人が居ないにしても、マイクロソフトがやったように、お金を出して新しい大作を作ってもらうこともできました。莫大な売上と利益をあげながら、そういう投資はほとんど見られませんでした。

「任天堂はゲーマーのことも考えています。でも人も、お金も出しません。あ、売れるから定番モノは出しますよ」って状態では、任天堂はゲーマーを見切ったと思われても仕方ないでしょう。一番余裕のあるハードメーカーが率先して、ゲーマー向けの新作に投資しないなら、サードパーティだって、大作をWiiに出そうとは思わないでしょう。

論より証拠。弁舌よりコンテンツ。
結局、そういう事です。


>A助様@お兄やん さん
ZZという名前で・・・・w

> ここまで出し続ける度胸に感心しました。
歴史SLGの頃からそうですが、そもそも悪いことだと思ってないというか、当然の事と思ってるんじゃないですか、たぶん。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。