Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真摯な対話を核にした恋愛物語 『レインツリーの国』

レインツリーの国有川 浩
amazon bk1
 なぁんだ、とミサコはつまらなさそうに呟いた。
「結局そのめんどくさい彼女のこと好きなんじゃない」
若手サラリーマンの向坂伸行はふと、昔読んだ小説のことを思い出し、他人の感想を求めてネットを検索。やがて1つのサイトにたどり着きます。「レインツリーの国」という名のそのサイトには、穏やかながら熱い、作品への真摯な思いが伝わってくる感想が書かれていました。

その文章に熱く共感した伸行は、サイトの管理人である女性へのメールを一気に書き上げて送りました。次の日、さっそく彼女からの返事が届いていて――二人のメールのやり取りが始まるのです。そんな所から、この二人の恋は始まります。

ネット上の文通で親しくなるうちに、伸行はひとみと直接会いたいと思うようになりますが、彼女はなかなか会おうとしてくれません。会うのを拒むのには理由があったのです。実は、彼女はある障害を抱えていたのです。

この小説の中盤以降は、その障害をめぐっての伸行と彼女の対話がメインになります。二人のやり取りはどこまでも真摯で、時にお互いの心を抉りだし、血を流し合うような応酬になることもあります。表層的な対話にとどまらず、深く踏み入っていく二人の議論には、凄みがあります。

それでも二人はコミュニケーションをやめようとはしません。すれ違い、傷つけあったとしても、自分の非は謝罪して、でも相手の非も指摘して、前に進むのです。そして、徐々に彼と彼女は、心を縛っていたものから自由になっていきます。

今時こんな二人珍しいよ、とも思うのですが、この真面目な二人を見ていると応援したくなります。それは恋愛小説として、とても大切な要素だと思います。

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。