Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代はいよいよディスクレス化が進む?

次世代になると、いよいよゲーム機のディスクレス化が進むかもしれません。
何故なら、競争のルールが変わり、ゲーム機のハードウェア・コンポーネントの重要度が変化したからです。

今世代で内蔵ストレージは必須になった

PS2までの世代では、ストレージはセーブデータの保存領域にすぎず、さほど大容量は必要ありませんでした。

しかし今世代はWiiが512MBのフラッシュメモリー、PS3が20GB~80GBのHDDを標準搭載しており、Xbox360もHDD搭載版の普及率が高く、「Jasper」以降は256MBのフラッシュメモリーが搭載されます。内蔵ストレージの有るモデルと無いモデルを2種類リリースするという、マイクロソフトの選択は長期的には良くない選択肢だった、といえます。

(もっとも、北米市場での普及台数競争において、HDD非搭載モデルによる低価格感の演出には、一定の効果があったはずで、短期的には悪くない戦略。単純に「良くない」と言っていいかどうかは難しい)

プラットフォームホルダー3社はいずれも、ネットワークサービスにかなり力を入れています。
もはやコンテンツだけを提供する時代は終わりを告げ、ゲーム機とネットサービスで勝負する時代になると、各社とも予想しているのです。現時点では、ほとんどのサービスが無料で提供されていて、収益には貢献していませんが、次世代ではいよいよ収益化を念頭に置き、主戦場になる可能性を秘めています。

携帯機でも、PSPがファームウェア・アップデートによって魅力を増していきましたし、部分インストールによって、ローディング時間を短縮できるようになりました。DSiも256MBの内蔵ストレージを搭載し、ファームウェアの更新や、コンテンツのダウンロード、そしてネットサービスに対応しました。

Xbox360はフルインストールが可能になり、ユーザー体験は向上しました。
PS3は当初、コストを下げるためにHDD非搭載モデルを出すのでは、という予想もありましたが、ネットワークサービスが重要性を増した現状では、もはや内蔵ストレージ非搭載はあり得ないでしょう(HDDではなく、フラッシュメモリーなら可能性はあると思いますが)。


ディスクメディアのデメリットが顕在化してきた

逆にディスクメディアはハードを設計・量産する上での足かせになってきています。
PS3においてはブルーレイドライブが量産のネックになり、初期販売で大きく躓いてしまいました。またドライブは消費電力、発熱も大きく、小型化や低消費電力を考えると、厄介な存在です。特にPSPのUMDは無くせるなら無くしたい筆頭でしょう。当然コストも減らせますしね。

携帯機は、据置機よりも小型化、低消費電力の重要性が高いため、ディスクレスへのニーズは強いです。またBDのような次世代メディアも無く、映像コンテンツのメディアとしても、未来は限られています。

では据置はどうか?
これはちょっと難しい。Xbox360ではメディアが片面2層DVDなため、メディア容量の少なさが開発のネックになりがちです。本来なら、ブルーレイクラスのメディア容量は欲しかったところ。そこまで巨大なサイズのファイルをユーザーにダウンロードさせるのは、なかなかシンドイ話です。

コンテンツの供給経路として、大容量ディスクを切り捨てられるかというと、現実的とは言い難い部分があります。またBDはアニメコンテンツに火がついて、着実にPS3の魅力の1つになっています。映像配信は、音楽配信にくらべると、普及が遅く、まだまだコレクター層はディスクを買い求めているのが現状です。


ディスクドライブを搭載するかどうかでモデルが分かれる?

今世代(Xbox360)では、内蔵ストレージの有無によって、複数のモデルが存在しました。しかし次世代では、ディスクドライブの有無によって、複数のモデルに分かれるかもしれません。

ネットワークを前提にできないユーザー、回線速度が遅いユーザーには、数千円高いディスクドライブ版を買ってもらい、高速な回線を利用できるユーザーには内蔵ストレージのみの安くて、軽くて、消費電力も低い推奨モデルを買ってもらう。

ディスクレス版はユーザーにとってもメリットがわかりやすい。
例えば、PSPからUMDが無くなった状態を想像してみてください。本体がより薄く、より軽くなり、これでタッチパネルがつけば、もはやソニー版iPod touchの完成です。PSPのゲーム以外での利用率が非常に高いことを考えれば、UMDを排除して、iPodと競争するのも悪い選択肢ではありません。

Xbox360とPS3でも、熱源が無くなれば、小型化と消費電力の低下が可能になります。
Wiiがトップシェアを獲得した今世代で、競争のルールは変わりました。高性能で大きくて消費電力の大きいハードよりも、低性能でもコンパクトで邪魔にならず、消費電力の小さいハードが有利になったのです。

次世代ではマイクロソフトとSCEはそれぞれ、Wiiを強く意識してくるはずです。
かといって自社の方向性に合致しない設計も難しい。やはり性能はそれなりに求めるはずで、そうなるとディスクドライブを無くすぐらいの大きな変更をしなければ、コンパクトなハードは作れないでしょう。


ディスク版とダウンロード版の併売

SCEは自社タイトルのダウンロード販売を積極的に進めており、PS3では『SIREN New Translation』、PSPでは秋以降の自社タイトル全てがダウンロード販売可能になっています。おそらく自社タイトルでディスク版とダウンロード版の併売実績を作った後、サードパーティにも両対応を促していくのでしょう。

ダウンロード版は流通のマージンが入らないため、ユーザーにはより安い価格を提示しつつ、プラットフォームホルダーとソフトメーカー双方の取り分を上げることが可能です。原理的には中古販売による機会損失もありません。

一番の問題は流通との共存です。
SCE、Xbox360、任天堂の3社は、ダウンロード販売では流通にかなり気を遣っています。基本的にダウンロード市場は、旧ハードのソフトの販売や、容量の小さなカジュアルゲームを中心にしています。SCEのみがパッケージソフトをダウンロード販売していますが、価格面でディスク版と大きな差がつかないように配慮しています。

ディスクレス化で最も大きな課題は、流通政策でしょう。
これはトップシェアの企業ほど、流通での取扱量が大きく、店舗内での棚面積が大きいため、うかつな事はやりにくく、逆にシェアの低い企業の方が大胆な手を打ちやすい。とはいえ、流通を敵に回さないためのビジネスモデルの提示は不可欠です。


実際どうなるか

ディスクレス化するとして、最初から併売にするか、後から出すかは悩ましい問題です。
理想をいえば、ローンチ時にディスクあり版とディスクレス版を並べて提示するのがもっともわかりやすいでしょう。

しかし流通との調整がつかないなら、新型モデルのリリース時期にディスクレス版を出すという選択も考えられます。その場合、過去のソフトをディスクレス化しても動くかどうかを検証する作業が必要になりますが。

次世代のローンチ時点で、各メーカーがどこまで踏み込んでくるかはまだ何ともいえません。しかし次世代のうちには、ディスクレス化されたモデルが登場する、と僕は予想しています。


スポンサーサイト

コメント

>PSPからUMDが無くなった状態
ホントに目指してほしいです。実際私はゲーム機としてよりガジェットマシーンとしての
評価が高く遊べる機械として購入しました。現在メディアプレーヤーとしてお風呂場など
で大活躍中ですw
取りあえずなくすのは直ぐには無理でしょうから、メモリースティック版でゲームを販売し
始め普及を進めて「PSP2」としてUMD無くしメモリースティク版のみ下位互換ありにす
れば(旧ゲームはダウンロード販売にて対応)スムーズに移行出来ると思うのですが。
無論素人考えで権利関係やダウンロード販売するとしてサーバーの問題、メディアの
値段差(殻つきUMDと2G程度のMS)がどの程度なのかが問題でしょうか?

恥かきついでにこちらにもコメントさせてください。

ゲーム機のディスクレス化。なかなか面白いですね。
しかし、3点ちょっと気になるところがありました。

まずはディスクメディアのデメリットについて。
ゲーム機の発熱や消費電力の原因は昔からCPUやGPUでした。
これらを作るメーカーはより高度な処理ができるものを目指し続けています。
だからこそ、Wiiが異端であるとされたのではなかったでしょうか。
進化を止めた愚か者であると。
そして、それ以外の機種はその進化に則っています。これからもそうだと思われます。
もし、消費電力や発熱の問題を解決しようとするとき、
CPUやGPUを差し置いてドライブを選ぶことは無いのではないでしょうか。

次にディスクの有無によるモデル分けについて。
これは無いんじゃないでしょうか。お金をどぶに捨てるようなものです。
もしあるとするならば、XBOX360がやっていたようにしてディスクレスの本体と外付けドライブ
の併売という形になると思われます。

最後にネットを使ったデータの配信について。
近年は高速通信が行き渡ってきており、大きなデータの受け渡しも容易になってきました。
しかし、ネットインフラの負荷は増大しており通信事業者は従量課金を考え始めています。
従量課金となったとき
そこで大規模になったゲームデータの配信はなされているのでしょうか。

なっていくんでしょうね
販売にかかるコストを抑えられ、ソフトを現状よりは安くすることも出来るでしょうし、品切れといった機会損失がなくなり、中古屋に利益を持っていかれることも無い。

メーカーからすればまさに理想の環境。

ダウンロード販売はデータがあまり明かされないので、今どの程度の販売規模なのかわかりませんが、今は小規模でも、完全に地デジに移行する2011年以降、おそらく数年でかなり大きな市場になるんじゃないかなあ、と思ってます。(すべての人がネットに触れるようなものなので)

ディスクドライブの有り無しタイプのハードっていいですね。
機械にうとい人は無難に有りタイプ。いろいろ使いこなせる人は無しタイプで安くあげる。
本当の意味で自分に合ったハードを選択することが出来ますからね。正直ハードディスクの容量の違いとか、色の違い程度で複数ハードは出してほしくないですし。(携帯機ならまだアリですが)

流通との問題は本当に難しいですが、メーカーも慈善事業じゃない以上、年を経るごとに徐々に縮小していくんじゃないでしょうか・・・。メーカーにとっても、ユーザーにとっても有益で、痛くないですから。
ただ少なくとも任天堂はパッケージを出し続ける気がします。メインとなるユーザーがライト層ですから、基本的に機械に詳しくないでしょうし。

ダウンロード販売の規模が年々大きくなり、ゲーム屋ではパッケージだけでなく、データも販売する。
そんなふうになるのかもしれません。

>F4 さん
おっしゃるとおり、メモステ経由のディスクライター的な装置を小売店に置くという折衷案を混ぜつつ、というのも、考えられますね。


>tokihou さん
> CPUやGPUを差し置いてドライブを選ぶことは無い
それはまず第一に、ディスクドライブが必須だと考えられていたからです。実際、PS2世代までは必須でした。プロセッサはシュリンクによって、消費電力を減らす工夫の余地があったけれども、ディスク側では工夫の余地がなかったのが原因です。

>BOX360がやっていたようにしてディスクレスの本体と外付けドライブの併売
デザイン的な見栄えを捨ててもいいのなら、そういう構成もありでしょうね。

>従量課金
その案が通るとは思えませんが?
まー、それ以前に、もし「従量課金」になったら、動画投稿サイトを始めとして、色々なことが変わるでしょうね。


>唯一 さん
内蔵ストレージが当たり前になったことで、ハードウェアを構成するコンポーネントは今世代で増えてしまいました。
ディスク、プロセッサ → ディスク、プロセッサ、内蔵ストレージ。

しかし価格帯は上げにくい(上げたPS3は売れにくくなった)ため、ハードメーカーはコンポーネント数を減らしたいという動機をもっています。ネットサービスが主戦場になる次世代で、内蔵ストレージを無くすことはできませんから、相対的に重要度の落ちるディスクドライブを何とかしたいと考えるのは自然ですね。

・従来型パッケージビジネスからの転換にかかる時間
・ダウンロード型の信頼性の向上(決済システムが一番大きい要因かな?)
・メモリの大容量化とコスト低減においてどのタイミングでハードを投入するのか

などさまざまな要因で、どのタイミングで移行するのか?
の読み方が違っていたのだろうなとは思います。

しょっぱなからの苦戦と、ソフトの集まりの悪さはSCE自身の政治力に問題があったとしても
PSP,PS3の設計思想自体は長期戦を想定しているのだろう、と感じる部分がありますね

PSワールドの場合、PS2のエミュが完成しアーカイブ提供できるようになった段階で
化けるのではないでしょうか
すべてはタイミング次第なので失敗する可能性はあります。

任天堂はハード設計においては現時点でのコストにこだわることでリスクを低減しようとしてますから
DSiのように現段階でSDに対応する機種を提案するのは無難な手だと感じます。
Wiiの内臓メモリの容量の低さは、ぎりぎりのところで読み違えたかな、とも思いますが。

私にはパッケージ販売がなくなるとは思えませんけどね。
また、PSPで言えば起動やロードの時間の短縮と、
それによるバッテリーの持続時間の延長にメリットを感じますが、当然デメリットも感じます。
最大の懸念はダウンロードの安定さとそれに掛かる時間ですね。
多数のアクセスが集中する発売日にプレイできませんというのはやはり苦痛です。
更に、DL販売はメーカーからすれば直接ユーザーの目に晒されるわけで
売れなければ即倒産となる可能性も否定できないと思います。
特に、中古売却ができなくなるとそれだけ様子見をするソフトが増えると予想できる為
話題作への集中傾向が強くなるでしょう。
まぁBest版や発売後一定の時間が経過したソフトはDLで販売して欲しいですけどね。

パッケージ販売はオタクに収集癖がある以上なくならないでしょう。
リストで「貴方はこれだけ持っていますよ」と表示されても味気ないですし
とは言え、そういう思い切ったモデルが出るのは近いでしょうね。

>のりのり さん
PS3の全モデルでHDD搭載にこだわったのは、長期戦を想定していたからでしょうね。

おっしゃるとおり、任天堂はハードのコストに関しては、その時点でのコスト感にこだわる傾向は強いですね。伝統的にハードのメモリ搭載量や、内蔵ストレージ量が少ないのはそのせいでしょう。

まあ総合的な技術力という点では、どうしてもマイクロソフトやソニーには及びませんから、無理をしようとしないのでしょう。


>774 さん
iPodがあれだけ席巻した音楽コンテンツ市場でさえ、いまだにディスク販売は無くなってないわけで、意外としぶとく残るというご意見はうなずけます。ディスクレスのメリットが拡大しているとはいえ、おっしゃるように、デメリットもありますからね。

> とは言え、そういう思い切ったモデルが出るのは近いでしょうね。
そうですね。
ユーザーごとに選択できるようになる日は、遠くない気がしています。
完全に1択になる日は遠いかもしれませんが。

DLCのコスト

DLCはMS/SCEともに、だいたいメーカー(作り手)の取り分が75%とおっそろしくおいしいです。i Appは取り分が55%であまりおいしくないですが、数が売れれば…って感じですね。
Wiiウェアは…この中ではぶっちぎりで数字が悪いです。

光学ドライブは、USBやeSATAのような汎用インタフェースで外部接続するのがバランスがいいように思います。

見栄えよく合体できて動作検証されている純正品だけでなく、サポート外でいいのでPC向けの汎用品が使えれば、メーカーは本体のみの売価を抑えられますし、ユーザーの利便性も損なわないため、かなり割安感を醸し出せるのでは。よくわからない人向けにはセット品を用意すればいいですし。

PSPは・・・、言い訳として純正外付ドライブを出すとか従来機種をドライブとして接続できるとかしてUMDのサポートを残しつつ、ディスクレス化してしまえばいいのではw

>DAKINIさん
お返事ありがとうございます。
>シュリンク
今まで同一ハードの中で最も消費電力が下がったのはPS2では無かったでしょうか?
もちろんシュリンクによるところが最も大きかったのですが、
これはかなりの長期にわたってメインハードであったことが大きかったのではないでしょうか。
実際、PS2内の世代が代わるのにかなりの時間がかかっています。

翻って今世代のハードを見てみるとどのハードもメインハードの座を得ることが出来ずにおり
PS2程の長期稼動は難しそうだと思われます。

果たしてどれだけシュリンクできるのか。かなり怪しく思います。

>デザイン的な見栄え
これについては、旧型PS2の様に最初からスペースを空けておけばいいやと安易に考えておりました。
前面に出すとしてもカバーやベゼルに加工・装飾をすればどうとでもなるよ、と。(笑
やはり難しいものなのですね。勉強になりました。

>従量課金
これは、最悪の場合のことを書きましたが
通信事業者の負荷は逼迫しており、状況は年々悪化しています。
このままなにも解決策が出なければいずれ何らかの制限が加わることは確実だと見ています。

>いつどこ名無し さん
汎用品のドライブだと、実性能のばらつきが大きくて、開発者泣かせになりそうな気もします(汗
まあフルインストール前提で、そのためのローディングさえできればいいのかもしれません。

>tokihou さん
> 果たしてどれだけシュリンクできるのか。かなり怪しく思います。
そういう意味でも、ディスクドライブを外に出したいニーズは増えますね。

>これについては、旧型PS2の様に最初からスペースを空けておけばいいや
そういえば、PS2のHDDは外部接続パターンと内部接続パターンの2種類がありましたね。

スペースを空けておくと、せっかく外に出したのに小型化できなくなってしまう問題があり、一方で外部接続だと、つなげた時の見栄えが悪いですね。

とはいえ、完全に2モデルに分けてしまうのも、生産上のリスクなので、tokihou さんの案もありえますね。

ディスクレスにはなっていくでしょうね。
HDDも広義的にはディスクなので、メモリ価格次第でこれも無くなると予想。
(省スペースストレージとなるメモカスロットはなくならない。)
今、EeePC使ってますが、HDD無しだと起動が早くてメチャ快適ですもん。
こういった「快適性の追求」はコンシューマハードこそ突き詰めて行くハズですし。


店頭販売とDL販売についてはボーダーレスになるのではなくて、
より鮮明に住み分けが進んでいくと思います。

コンシューマハードの本体を赤字あるいは薄利で売り、ソフトで利益回収という
ビジネスモデルは小売にとっても同様で、ソフトが全部オンライン化したら、
小売だけが損をしますから、小売が儲かるビジネスモデルとセットにしないと
難しいでしょう。
(かといって利益が取れるほどハードを高くすると売れなくなるジレンマ)

極端な例ですが、
店頭では購入特典のようなゲームデータ以外が付属で付く形を、
DL販売では軽い感じ、あるいは野心的なゲームをという形ですね。

DL販売のメリットは、小売に対する営業(顔色伺い)がいらないって事ですから、
出したいものが好きな時に出せます。
そのかわり“ネット上での営業”が必須になり、あとはスピード勝負でしょう。
いわゆるやったもん勝ちの世界。
「月刊テイルズ」とか「月刊FF」とか、ネタじゃなくてわりとマジでやってくるんじゃないかと。
企業としては定期的な収入は喉から手が出るほど欲しいはずですし、
ユーザーはいつも情報を欲してますからね。
で、総集編とか別冊扱いを店頭販売すると。


ボーダーレスはむしろ据置と携帯ハード間で進んでいくのかなと思います。
来年早々に出る、FFCCはWiiとDSでまったく同じゲームが遊べます。
こういった「全方位でユーザーを取り込む」施策が進んで行くのではないかと。

ただ、フラッシュメモリやHDDのたぐいはディスクと違って保存性がいまいちなんですよね。発売日当日に購入したFF7が未だに起動できる事を考えると、少なくともそれと同等の寿命をお願いしたいところです。

投資回収サイクルは大丈夫?

DL販売の場合、ソフトメーカーの取り分が増えるのですけど、
一方で流通に卸さない=発売時の売上収入が確定しない
というリスクがありますよね。
初動実売が極端に悪い場合、
店頭販売は流通・小売が処分売りのリスクを負うわけですが、
DL販売の場合は本当に収入ゼロになります。

それに対応するには、
消費者への直接的な販促・マーケティングの重要度が
今まで以上に大きくなるのでしょうね。
単純にマージン拡大でウハウハということは、ありえないでしょう。

見方を変えれば、投資額の大きな大作であればあるほど、
投資回収サイクルの短期化や自社リスクの軽減のために、
自社マージンを削ってでも流通に出すべき、とも言えます。
DL専売で対応できる規模は
今世代では国内数万本クラス、
次世代で国内数十万本クラスまでで、それ以上はきつそうだなーと思ってます。

お久しぶりです。そして、あけましておめでとうございます。

DL専売のリスクについては、私も先日ちょっと触れさせていただきました。理由はまさにATさんのおっしゃっている通りです。
また、ハード・新作ソフトでは利益がほとんど出ないという、販売店側の現状も大きいでしょうね。そこに何らかの対策を考えないと、ハードが店に並ばなくなってしまいます。現状、ショップがハードを、新作ソフトを置くのはそこから中古での利益を見込むから、ですしね。

かつてPCソフト用で、「武尊(たける)」というシステムがありました(私はソーサリアンの追加シナリオくらいでしか、お世話になったことありませんがw)。ネットワークインフラも(全国的な視野では)まだまだ数Gクラスでも負荷が厳しいですし、もしディスクレスが主流になるなら、武尊のようなライター方式になっていく可能性ガ高いと思います。それにしたって、SDないしMSDなどの転送速度による、ライティングの時間待ちがネックになりますね。
私はPSPでのディスクレス(もどき)はMHP2Gでしか経験ありませんが、あれのMSインストールにしても10分くらいかかっていました。データ量は1G行かないにもかかわらず、そのくらいの時間がかかってしまう。お店で新作に胸膨らませながら、30分以上待ちぼうけとか、ちょっと・・・・^^; 8倍速のDVD-Rのがまだマシですよ。
そうしたコンパクトストレージの転送速度の進化も、ディスクレスでのソフト販売には必要不可欠かと思います。

そうしたな理由で「近い将来」ではないでしょうけれど、先を見て考えるのであれば・・・そうした移行は当然あるでしょうね。
次世代くらいだと、今以上に「ディスクレスでもいろいろできる」ようにはなるんじゃないでしょうか。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。