Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゼノギアス 公式設定資料集』が復刊ドットコム過去最大の売上に

ゼノギアスの公式設定資料集が復刊され、なんと2万部も生産されたようです。

No.420「ネットで売れる本」
世の中にこういう本もあるものなのだということを二度も思い知りしました。「ゼノギアス公式設定資料集」の見本が7日に搬入になりました。その本部決(発行部数と定価の最終決定)における生産金額(定価×部数)は、何と1億円を突破いたしました。これはうちの一年間の売上の1/5以上1/4未満に当たります。もちろん過去最大の生産金額です。これまでの最高は藤子不二雄A先生の「怪物くん」の5万部でしたが、定価が低かったので、今回の1/8程度の生産金額でした。幾分抑え目に決めた本部決部数が足りなくなって、発売日に間に合うように行う「発売日重版」となりました。もちろん会社設立以来、初めてのことです。これも初めてですが、世界最大手のネット書店で売上総合1位を数日続けて、現在もトップ100を35日間継続中です。3月末までに全ての予約を出荷しきれないで、半分以上が4月以降の出荷となり、ご迷惑をおかけいたします。


5000円の書籍が2万部以上で、1億円以上の売上に。「怪物くん」の5万部の売上を超えて、過去最高の売上になったようです。復刊ドットコムの「一年間の売上の1/5以上1/4未満」というから、本当にインパクトが大きい。

10数年が経過し、かつて一度発売されていることを考えると、凄まじい熱量と言えるでしょう。僕は当時買っていますが、買い逃した方や手放してしまった方も多くいらっしゃったのかもしれません。



表現としてはPS1ですから、今もう一度プレイすると、リアルタイムポリゴンのシーンなどは少しつらい部分もあるでしょうし、サクサク進むのが当たり前の現在のゲームに慣れた人にとっては100時間近いプレイ時間はシンドイかもしれませんし、終盤のノベルゲーム風の表現などは完成度という点では気になるかもしれませんが、やはりゼノギアスはゼノシリーズの至高にして原初のタイトルであることは間違いありません。

その後は色々ありましたからね……色々。

設定がよりマニアックになりつつ、制作面での不備もあり、3部作になったゼノサーガ。
当初『モナド』というタイトルで発表されたにも関わらず、途中でゼノシリーズの名を冠することになったゼノブレイド。

WiiUで発売予定の新作には、一定の期待をしているとは言っておきましょう。

唯一の不安は、またぞろ作品をぶち壊すような自称編集を入れられるのではないか、ということ。ゼノサーガやゼノブレイドが始原の1本だったら、こうした熱狂は生まれなかったであろうことを想像してみれば、簡単にわかることなんですが……。

(参考:無邪気で天然な「善意」こそがコンテンツを破壊するラスボスになり得る恐ろしさ。

表現力やゲームシステムの完成度はおそらくシリーズ最高レベルに到達しているのでしょう。しかし問題は熱量、作品に込められた狂的な熱量であります。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2014-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。