FC2ブログ

 

Latest Entries

終わりの始まり

営業利益1000億円のコミットメントを宣言したうえ、年末商戦に突入する前に下方修正等を行わなかった任天堂がついにギブアップ。非現実的でファンタスティックな計画を下方修正しました。営業利益は350億円の赤字に転落し、3期連続の営業赤字となりました。暗黒時代と言われたゲームキューブの頃でさえこんな事にはなっていなかったわけで、岩田任天堂の経営能力に関して、改めて疑問符が突きつけられました。

任天堂が3期連続の営業赤字へ、「WiiU」年末商戦で不振
<経営体制は変更せず>
2012年3月期に初の営業赤字に転落して以来、今期で3期連続の営業赤字に陥る。岩田社長は従来計画の営業利益1000億円を「コミットメント」と述べて、達成しなかった場合の経営責任について言及していた。

同日、大阪市内で記者会見した岩田社長は「責任を感じている」と語ったが、コミットメントが達成できなくても「退任するということでないということは以前から話している」と述べ、引責辞任を否定した。今後の経営体制は「大きく近日中に変わる予定はない」と述べる一方、役員報酬の減額など「なんらかのけじめが必要」との認識を示した。


任天堂、衝撃の赤字転落 ファミコン以降の事業モデル限界に
13年4~9月期の営業損益は232億円の赤字ながら、通期予想を据え置いていたのは、かき入れ時である年末商戦での巻き返しを期していたからだ。結果は「U」の今期世界販売予想は900万台から280万台、ソフトも3800万本から1900万本と大幅に下方修正。携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の世界販売予想も1800万台から1350万台に下振れする。「U」は任天堂が提案していた「新しい遊び方」が浸透していないこと、「3DS」は「ポケットモンスター」シリーズの最新作「X」「Y」の投入もあったが、既に市場が成熟していることが背景とみられる。年末商戦の不振が想定をはるかに上回ったことで、29日の13年4~12月期決算発表を前に下方修正を余儀なくされた格好だ。

WiiUが売れないことは誰の目にも明らかでしたが、国内では好調な3DSでさえ、ワールドワイドでは計画を下回る販売台数となり、ソフト売上も計画を下回ります。『ポケモン』の発売された年でさえ、この有り様です。


どうしてこんな事になったのでしょうか?
その説明は下記の記事が詳しいです。

黄色いピカチュウも青ざめるレベル、任天堂が豪快にコケる
売上高。ここ2年と今日の下方修正で出てきた水準はWiiが出る前の水準よりちょい上。据置で64→GC、ポータブルでGB→GBAの時代っすね。

ところがですね、粗利率がWiiU/3DSでだだ下がりしてる一方で販管費率削れてないのですよ。

販管費の絶対水準が高いまま

販管費が高すぎる点を是正しようとするなら、リストラなり、給与の削減(ネットで噂されてたコミットメント未達での賞与削減?)といった手段を取ることになります。毎年赤字を垂れ流し続けるぐらいなら、社員なんて要りませんからね。貯金箱の方がマシです。豊富なキャッシュがあるとはいえ、地上にお城が墜落した以上、いつまでも天空人のような暮らしはできないんですよね。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2014-01

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター