Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス後に思う、来年以降のゲーム機ビジネス

年末商戦の結果が出つつありますね。
3DSがクリスマス効果を存分に発揮し、『パズドラZ』が実売で80万本を超えるなど、賑わっています。しかしそれでもソフト市場は昨年比で大きく落ち込んでいるようです。

旧作・新作いずれも前年同週を下回り、盛り上がりに欠けるクリスマス直前週となる
新作はタイトル数では28タイトルと、前年同週(27タイトル)と遜色ないものの、販売規模はいずれも小さいため、新作の販売本数は34.7万本にとどまり、前年同週(69.2万本)からほぼ半減している。その結果、総販売本数では前年同週比で73.75%と、クリスマス直前週としてはやや物足りない状況となっている。
そしてそれ以上に落ち込みが大きいのがハード市場です。
3DSが昨年比で半分近く、PS3も同様に半減となっています。
ハードの総販売台数は43.4万台、前週比133.79%。週ベースではプレゼント需要による伸びが見られるが、前年同時期との比較では前年比63.37%と、ソフト市場以上に落ち込みが大きい。中でもハード市場の中心となっている3DS系(3DS + 3DS LL)が前年同週比56.56%と半分近く減少。PSフォーマットでもPS3(前年同週比51.60%)、PSP(前年同週比15.04%)の落ち込みが大きく、ここ10年間で最も低調な販売台数となっている。

3DSはかなり普及が進んで、累計1400万台以上。飽和しつつあるという見方が適切でしょう。DSは累計3200万台以上売れましたが、カジュアルユーザーがスマホに流れた現状では、同じ規模で売れる事は望めません。その辺りがだいぶ見えてきました。

3DSはLLの早期投入や大幅な値下げなどで需要の先食いをしていただけで、普及のポテンシャルに関してはアナリスト連中が言っているように、スマホにかなり食われているのですね。脳トレ系やWiiFit系のような、普段ゲームを遊ばない人達向けのソフトも特に当たっておらず、DS時代の続編タイトルがメインですから、当然の結果です。

岩田社長は「スマホの影響は無い」とよく言ってましたが、戯言の極み。ま、戯言を真に受ける会社が無いからこそ、ゲーム大手はスマホに熱心に取り組んでいるわけですが。

WiiUが売れておらず、3DSのハード販売が飽和しつつある今、携帯機のハード売上をどうやって維持するか。3DSを買い換えてもらうためにも、DSiのような新型モデルや海外向けの2DSではないにしろ形状を大きく変えた機種を投入してくる可能性は高いでしょう。誰でも考えそうな陳腐な話ですが、タブレット型も視野に入っているのでは?
3DSの次世代機も投入タイミングが前倒しになっている可能性は当然ありえるはず。

PS3に関しては有力タイトルが不足している事に加えて、PS4が出る直前のため、落ち込みは納得がいきます。またPSPソフトの市場が減った分をPSVitaが補えていないのも明らかで、ユーザーが複数のPS系ハードに分散していると見てよいでしょう。今後数年間は、PS3/PSVやPS4/PS3/PSVなどのPSマルチ展開が増えるでしょうね。

大手の動向に関しては、スマホに大きくシフトしている会社もあれば、スマホが上手くいってない会社もあり、各社の温度感に差が出そうです。急激にハードが普及するとは考えづらく、大手の予算感に見合うほど市場が育つまでに時間を要すはずで、スマホに舵を切っている事情もあって、消極的な展開が予想されます。スマホにまで手が回りきってない中堅以下のメーカーの方が積極的かもしれませんね。

また、洋ゲーの日本国内でのシェアはさらに拡大していくでしょう。コンシューマーゲーム機でのF2Pもいよいよ本格化していくと思われます。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2013-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。