FC2ブログ

 

Latest Entries

話題はガンホーであって・・・・。

ガンホー1~9月期、営業益28倍の685億円に 10月単月は130億円売り上げ
ガンホー・オンライン・エンターテイメントが10月29日に発表した2013年1~9月期の連結決算は、売上高が前年同期比約10倍の1162億円、営業利益は同28倍の685億円、最終利益は同約15倍の426億円となった。

スマートフォン向けパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」が引き続き好調で、前年同期を大きく上まわる実績に。10月にはテレビCMを投入するなどし、ダウンロード数は2000万を突破した。

10月月次単体売上高見込は130億円(前年同月比526.3%増)となる見込みだ。

業績は絶好調ですが、期待度が高すぎたせいか、株価はストップ安という……。
どんだけ期待がバブってたんだ!
外資系の容赦ない空売り大勝利、ガンホーにアルゴの大人売りが現れて屍が積み重なる

その一方で任天堂は上半期の決算が発表され、為替差益で経常利益こそ黒字だったものの、営業利益はいまだに赤字となり、WiiUの大苦戦が非常に重くのしかかっています。出荷台数のマイナス記載など、なかなかカッコいい数字も載っていて、終末伝説にまた1つ新しい花飾りが……。
任天堂社長「営業益1000億円は年末商戦次第」
 ――山内さんが持っていた株式はどうなるのか。

 「山内さんは約1割の株式を持っており、その動向には投資家も重大な関心を持っているだろう。まだ四十九日の法要も済んでいない段階。相続には投資家に迷惑のかからない方法で協力したい」

うーん、生前に対処しておかなかった辺りはなかなか不可思議ではありますが、相続税の支払いで株式の売却が行なわれれば、株式比率が低くなり、創業者一族の影響力が低下する事になります。オーナー一族とサラリーマン経営陣の間には確執が生まれやすく、日本の大企業でもしばしば悲喜劇が繰り広げられますが、オーナー一族側に有力な後継候補がいないという事情もあって、体質変換が起こる可能性も。

従来の組織文化とはかなり異質のため、社内的な混乱やそれに伴う粛清人事やリストラ組織の最適化&現代化が加速するかもしれませんね。いずれにせよ、迂闊に近づきたいくない万魔殿というか、混乱が収まるまではそっと遠くから見守っていたい感じです。

とはいえ、もはや大した関心も払われてないのが実情ですけど。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2013-10

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター