Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不戦勝しちゃったし、来年でもいいよね?bySCE

というSCEの本音がはっきり出ましたね(笑
いや、非常に正しい決断をしたと思います。さすが平井社長。

次世代コンピュータエンタテインメントシステム「プレイステーション 4」
日本国内で2014年2月22日(土)に希望小売価格41,979円(税込)/39,980円(税抜)にて発売


生産面で不安のあるXbox One。この年末商戦はPS4が圧倒的に有利。欧米に1台でも多く回して、今のうちにリードを広げておきたいと考えるのは当然でしょう。

欧米のゲームファンや業界にとってはPS3とXbox Oneは1年遅かったゲーム機ですが、日本ではまだ1年以上早いゲーム機です。据置ゲーム機よりも携帯ゲーム機が盛り上がってますし、PS3もまだまだ収穫期ですからね。そういう意味では、年末はPSVitaとPS3でがっちりソフトを売っていき、来年満を辞してPS4を発売するのは素晴らしい判断です。

実際、WiiUが死に体で、Xbox Oneはまあ……発売してもらえるだけありがたいと思わなきゃいけないほどのやる気の無さですからね。PS4を慌てて出す理由は皆無なんですよ。

仮に年末商戦でWiiUが100万台、200万台上乗せしたって、それで国内のサードパーティが戻ってくるなんて無いわけで。Wiiぐらい売れたって、ソフトを出してくれるかどうか怪しいわけでしょ、もはや。


PSVitaに関しては新型も発表され、メモリーカードも値下げされ、普及に一段と弾みがつきそうな施策が目白押し。サードパーティのソフトも充実の一途を辿っており、普及台数では3DSに遠く及ばないものの、サードパーティのゲーマー向けのタイトルがしっかり売れる堅調な市場が着実に育ってきています。これがPSフォーマットの強さですね。

サプライズ発表された「PSVita TV」は日本で先行発売されますが、メインターゲットは欧米でしょう。約4万円のPS4、約2万円のPS3、約1万円の「PSVita TV」で、あらゆる所得者レンジにも対応できるほか、普及の進まない欧米市場でPSVフォーマットを拡大するきっかけにもなります。WiiUの入り込む余地がどこにも無くなっちゃいそうですね。


ソフト面では『龍が如く』がローンチタイトルになった他、発売日から『FF14』のベータテストが開始されるほか、PS3版『FF14』を購入していれば、無料でPS4版に乗り換えられる点は素晴らしいですね。これで心置きなくPS3版を買えますし、PS4版はもっとグラフィックが良くなるのだから、PS4にも買い換えたくなりますよね。

『ドラクエ10』はどうでしたっけ……、Wii→WiiUでは、ダウンロード版を半額で購入する権利がもらえるんでしたね。さすがといわざるを得ません。

こういう所にも、サードパーティと協力して、ユーザーに損した気持ちにさせない工夫、次世代機に乗り換えてもらう工夫の差を感じます。スクウェアエニックスという会社は共通しているわけで、どうして差がついたかはSCEと任天堂、ハードメーカーの差ですね。目先のお金をケチって大局を失うのは、低性能戦略を貫く会社らしい決断と言えます。

ハードごとに細かく金を取るのが当たり前と思ってる会社と、クラウド時代を踏まえたうえでユーザー体験とサードパーティのビジネスの両立をめざす会社の圧倒的な差。PSV/PS3/PS4のマルチを推進し、相互にソフトを移植しやすい開発環境を提供する他、ビジネス面でも様々な提案をする。サードパーティが付いてくるか来ないか、その差はこういう工夫の差です。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2013-09

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。