FC2ブログ

 

Latest Entries

雑感というか。

コンシューマソフト週間販売ランキング: 2013年7月15日~7月21日
WiiUは『ピクミン3』が落ち着き始めており、ハード牽引も弱まっていますね。初代の路線に戻ったためか、『2』に比べてボリューム不足を指摘する声も多く、累計20万あたりで止まりそうな雰囲気。じわ売れでも累計30万本までいくのかどうか疑問がよぎります。

そもそも論で、ハード普及のキータイトルに据える時点で間違ってると思うんですよね。ハードを買ってまでという熱心な人は限定的で、せいぜい10万人前後ぐらいでしょう。本体持っていれば買うかなぐらいのお客さんが一番多い気がします。

WiiUは『スマブラ』がなかなか発売されなかった場合のゲームキューブになってますね。そもそもリビングに置かれる想定のゲーム機なのに、『マリオカート』や『スマブラ』が本体発売の1年以内に発売されないという時点で、根本的にラインナップ編成がおかしいです。

ゲームの出来が良いとか悪いとか言う前に、3DSの反省をどう活かしたら、こういうラインナップになるのか。いわっち社長の無責任な発言はこれに始まったことではありませんが、すぐバレる嘘をつくのは浅はかすぎるのでは……。いわっち社長の信頼感は、WiiU発売を機に本当に地の底まで落ちてしまった、と残念でなりません。

『マリオ&ルイージRPG4』は、4作目にもなると、飽きてきませんかね……。売上からも消化率からもそう感じますが……。一方、『ルイージマンション2』はかなり売れていて、初代とは比較にならない大成功ぶりです。初代は完成度も低かったわけですが、ようやくにして本当に完成したと言えますね。10年以上経っても通用するゲームプレイでした。

また『討鬼伝』も着実に本数を伸ばしており、『無双マルチレイド』越えも視野に入ってきました。この分だとあき発売の『ゴッドイーター2』にも期待がかかります。


凋落するプラットフォームホルダーという点では、グリーがすっかり話題の的ですが、ベンチャーらしく、素早い撤退を進めており、海外は諦めて、国内のネイティブアプリ市場に集中するようです。海外事業を担当していた青柳氏が日本に呼び戻され、ネイティブアプリの開発と運営を担当するとか。
業績悪化のグリー、エース青柳氏が国内復帰

DeNAも経営面で変化が起きています。夫の病気療養のために経営の一線を退いていた南場陽子氏(創業者)が復帰しつつあるようで、公取委の立ち入り調査やコンプガチャ批判といった逆風の時期をうまくかわしました。


アップルとグーグルの2社が巨大エコシステムを築き上げ、既存のプラットフォームホルダーが利益を失っていますが、中小プラットフォームの乱立は続いています。特徴としては、パブリッシャーとプラットフォーマーの中間的な立ち位置のプラットフォームが増えていることです。

LINEやブシモはその典型といえますし、CAも結果論としてはそうなっていますね。プラットフォームが増えてビジネスチャンスが拡大しているサードパーティに対して、独自色の強いコンテンツを確保したいプラットフォーマーがセカンド契約や共同開発を結ぶケースが増えており、パワーバランスの変化が顕著です。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2013-07

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター